IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

保育士からの転職先8つ|キャリアを生かした転職をしよう

転職ノウハウ

保育士の方で労働条件に不満があり、転職を考えている人も多くいるのではないでしょうか。保育士のキャリアを活かせる転職先を見つけることスキルを無駄にすることがありません。ここでは、保育士におすすめの転職先を紹介しているので参考にしてください。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 保育士は親や同僚との人間関係や持ち帰り仕事が多いなど、ストレスが多い職種
  • 保育士の経験を活かせる転職先は意外にもたくさんある
  • 転職先を探そうとしているなら転職エージェントを活用しよう

保育士になりたいという夢を持つ人も多いですが、現実は厳しく過酷な労働条件で世間から問題視される声も多いです。実際に就職したものの保育士とは別の職業に転職したいと転職先を探している人も多いでしょう。 保育士での経験を活かせる職業や求人について知りたいと思っている人は「マイナビエージェント」に相談してみましょう。迅速で丁寧な対応で好評な転職エージェントなので、初めての人でもおすすめです。

保育士から転職するのは難しい

保育士から転職するのは難しい

保育士から転職することは難しい場合が多いです。保育士をやめることを決めれば、企業主が制止することはできませんが、円満退社できない場合は多いです。その理由は保育士の人材不足が大きく関係しています。 保育士にやめられてしまうと業務に支障が出てしまう可能性が高く、新しい保育士に雇うことも簡単ではありません。そのため、すんなり転職をすることができない可能性が高いです。

保育士を転職したい理由

保育士はやりがいのある仕事でもありますが、保育士をやめたいと考えている人や転職を考えている人は多いです。保育士が転職したいと考える理由はさまざまあり、業務内容に満足がいかないことが関係していることが多いです。 保育士の仕事はやりがいがありますが、それ以上に大変な仕事でもあります。主に子供のお世話をすることが多く、油断していると子供を危険な目にさらしてしまう場合もあります。

理由1:人間関係

保育士を転職したい理由

人間関係が悪化してしまい保育士をやめてしまう人が多くいます。保育士は主に子供の相手をする仕事ですが、時には子供の親とも接しなければなりません。最近誕生した言葉でもあるモンスターペアレントに悩まされている保育士も多いです。 また、人間関係で悩んでいる原因が子供の親ではなく、職場の人間の場合もあります。保育士の仕事はただでさえ過酷にも関わらず、馬が合わない上司がいると転職したい気持ちが高まります。

理由2:給料が安い

保育士を転職したい理由

保育士の仕事は大変にも関わらず、給料が安い場合が多いです。そのため、保育士になるために資格などを取得しても実際に働くと想像以上に過酷な労働条件に根をあげてしまう保育士も多いです。 働く際に給料の額を参考にする場合が多く、誰でも給料が高い職場で働きたい気持ちがあります。そのため、保育士の人は、今よりも楽な労働条件で給料が多い求人を見てしまうと転職する気持ちが芽生えやすいです。

理由3:持ち帰りの仕事が多い

保育士を転職したい理由

保育士の仕事は子供を親の元にかえしたら終わりではなく、明日の用意などをしないといけないため、残業や持ち帰りの仕事が多いです。そのため、定時に帰宅することができても明日の準備などをする必要があり、休むことができないことも珍しくありません。 持ち帰りの仕事であるため、当然残業手当も支給されず、無償で働いていることと同義です。残業手当もなく、無償で働いていると気持ちも疲れ果ててしまいます。

保育士のキャリアを生かせる8つ転職先

保育士のキャリアを生かせる8つ転職先

保育士をやめて転職する場合は、保育士であるキャリアが活かせる転職先を見つけることが理想的です。保育士のキャリアを活かした転職をしたい場合は、どのようなことを保育士で身に付けたかを再確認することをおすすめします。 保育士の経歴が長ければ自然に身についている技術が多く、改めて考えないと分からないことも多いです。次に、保育士のキャリアを生かすことができる転職先を紹介します。

1:託児所

保育士は子供のお世話をする仕事であるため、子供の相手をするプロフェショナルでもあります。保育士のキャリアを活かしたい場合は、子供と接する機会が多い転職先を見つけることをおすすめします。 託児所は子供を一時預かる場所でもあるため、保育士のキャリアをそのまま活かすことができます。また、託児所を経営している側も保育士の経歴があれば、即戦力になるため採用することが多いです。

2:介護職

2:介護職

小さな子供は自分の気持ちを言葉で上手く伝えることができません。しかし、保育士の方は小さな仕草などから子供がどのようなことを望んでいるかを判断することができます。そのため、介護が必要とする人とのコミュニケーションもとることができます。 子供の世話と介護の世話では全く同じではありませんが、共通している部分も多くあります。保育士のキャリアを生かせる場面も幾つかあるため、おすすめの転職先でもあります。

3:病後児保育施設

病後児保育施設を知らない人も多くいるのではないでしょうか。病後児保育施設とは、子供が病気になっている時に預けることができる施設のことです。保育園などには病気の子供を預けることができないため、病気が治るまで親が子供の看病をしなければなりません。 しかし、親にも仕事などの用事があるため、常に看病することが難しいです。そのような時に病後児保育施設を利用すれば親の負担を軽減することができます。

4:教師

保育士の多くの人は子供が好きな可能性が高いです。そのため、保育士から転職したいと考えている人の中には、保育士をやめたいが子供と関われる職業に転職したいと考える人も多いです。 そのような人には教師に転職することをおすすめします。教師になるためには資格などを取る必要があり、簡単に転職することはできません。小さい学校の教師に転職することができれば、常に元気いっぱいの子供と接することができます。

5:遊園地の職員

遊園地には小さな子供が多く遊びに来るため、子供の扱いが慣れている保育士には、おすすめの転職先でもあります。保育園などとはまた違った形で子供と接することができるため、保育士であった時よりも楽しみがいを見つけることもできます。 子供好きの保育士の方はもちろんですが、遊園地の雰囲気が好きな人にもおすすめの転職先です。しかし、場合によっては子供だけではなく大人の相手をしなければなりません。

6:塾の講師

塾の講師と言ってもさまざまなジャンルに分けることができ、教える年齢にも制限があることもあります。保育士の人が塾の講師になる場合は、小学生低学年の子供を教える立場になることをおすすめします。 企業などに就職して塾の講師になる場合は、さまざまな試験を受ける必要がありますが、個人の塾の講師をする場合は、特別な資格は必要ありません。

7:接客業

7:接客業

接客業は多くの人と接する職務なため、人との付き合いが上手い人におすすめの職業です。保育士の人は主に子供相手をすることが多いですが、子供の相手をすることができればたいていの人と接することができます。 接客業は相手の気分を損なわないように接することが大前提ですが、保育士の人は自然にその技術が身についていることも多いです。

8:迷子センターの職員

大きな店や遊園地などには迷子になった子供のための迷子センターが常備されていることが多いです。そのため、保育士の人が迷子センターの職員に転職することは多いです。保育園などとは違った形で子供と接することができ、保育士で合った時のキャリアを生かすことができます。 労働環境も保育士とはまた違うため、快適に大好きな子供と接する仕事を行うことができます。 子供と触れ合える業務内容の求人も取り扱っている「マイナビエージェント」では、職場環境まで把握しているキャリアアドバイザーが在籍しているのであなたにピッタリの企業を紹介してくれます。

保育士から転職するメリット・デメリット

保育士から転職するメリット・デメリット

保育士から転職することは難しい場合もありますが、転職することは不可能ではありません。そのため、保育士から転職したい人は諦めずに自分の気持ちに正直になることをおすすめします。 しかし、保育士から転職することで必ずしも幸せになれるわけではありません。次に、保育士から転職することで発生するメリットとデメリットを紹介するので参考にしてください。

メリット

保育士から転職することのメリットは、労働環境や条件が大幅に改善される可能性があることです。そのため、給料が少ないことや休日が少ないことを理由で転職したい人はメリットに感じることが多いです。 転職する際にメリットを得るためには、現在よりよい労働条件の求人を探すことをおすすめします。また、保育士という過酷な労働条件で働いていたことで、たいていの仕事を無難にこなすことができます。

デメリット

職業によって自身のステータスになる場合があり、特に女性の保育士は男性に人気の職業でもあります。保育士をやめて転職することで男性ウケが悪くなる可能性があり、女性にとってはデメリットになりやすいです。

将来を見据えて転職をしよう

この記事のまとめ
  • 保育士は親や同僚との人間関係や持ち帰り仕事が多いなど、ストレスが多い職種
  • 保育士の経験を活かせる転職先は意外にもたくさんある
  • 転職先を探そうとしているなら転職エージェントを活用しよう

転職することは人生の分岐点でもあり、年齢によっては今後の人生を大きく変える選択でもあります。転職する際は気軽に行動するのではなく、将来のことを見据えて転職することを考えるようにしましょう。 自分の理想の条件や転職したい職種が決まっている人は、「マイナビエージェント」に登録してみましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

この記事に関連する情報もチェックしよう!

保育士から転職しようと考えている人は多くいますが、何も考えなしで転職してしまうと失敗してしまう可能性が高いです。下記には、保育士におすすめの転職先ややめたい理由を紹介しているので参考にしてください。

関連タグ

アクセスランキング