IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

Midworks(ミッドワークス)とは?案件の特徴から保証内容まで徹底解説

入門

ITフリーランスエンジニアが独立するときに、正社員のような保証や、案件の紹介をもらえる独立支援サービス「Midworks」。このページでは、ミッドワークスで紹介される案件の特徴から、保証内容までを解説していきます。登録を検討している方はご参考にどうぞ。

更新日時:

日本のフリーランス人工は17%と増えてきていて、アメリカではなんと35%もいます。今後増えていくフリーランスにとって重要なのが「仕事の確保」です。 これから紹介するMidworksは、フリーランスが案件を探すお手伝いをするだけでなく、安心して仕事ができるように正社員の保証がついています。Midworksへの登録をご検討の方は、ぜひ参考にしてみてください。

Midworks(ミッドワークス)とは?案件の特徴から保証内容まで徹底解説

Midworks(ミッドワークス)とは

Midworksとは、正社員のような保証を受けながら、フリーランスのような自由な働き、適正な対価を受けられる、独立支援サービスです。サービスの詳細な特徴としては次の3つが上げられます。 ①案件 ②充実した保証 ③マージンの透明性 ここからは各項目を解説していきます。

①案件はIT/Web職種が中心

Midworksの案件は、主にIT/Web系のエンジニア、デザイナー、コンサルやPMの案件です。特にWebエンジニアの案件が多数あります。案件によって異なりますが、ほとんどの案件で求められるスキルは実務経験が最低でも1年以上があるものです。プログラミングスクールを卒業した方や、プログラミング初心者の方の場合は、提案の受けられない場合もあります。 案件数は3,000件以上あり、非公開の案件も多数抱えているので、豊富な案件の中から、スキルや希望収入に合わせて案件をアドバイザーが提案します。

②保証が充実

Midworksの最大の特徴が「正社員のような充実した保証」です。保証には大きく「福利厚生」「給与保証制度」「必要経費支援」「freeeの無料提供」があります。

Midworks(ミッドワークス)とは?案件の特徴から保証内容まで徹底解説

各保証をより詳しく見ていきましょう。 ●リロクラブの福利厚生の利用 リロクラブとは、業界No.1の福利厚生サービスです。ツアー割引から、東京ディズニーリゾートなどのレジャー施設、ドミノピザなどの飲食店の割引にいたるまで、幅広いジャンルとお店をお得に利用できます。Midworksで仕事をするだけで無料でリロクラブの福利厚生を受けられます。(➢リロクラブ詳細) ●給与保証制度 フリーランスで仕事を受注できないタイミングが発生した場合、正社員とは違って、その間収入がゼロになってしまいます。Midworksでは正社員のように安心して働けるよう、査定を通った方に、案件が受注できなくても給与を保証する制度を提供しています。 ●必要経費支援 エンジニアやデザイナーなど、IT/Web業界で働くと、新しい技術やデザインの勉強が必要になります。ミッドワークス参加者には、書籍や勉強代を月額1万円まで、交通費も3万円まで支給しています。 ●会計サービスfreeeの無料提供 フリーランスになると、確定申告や税金対策が重要になります。freeeのフリーランス向けプランを無料で利用できるほか、顧問税理士の紹介50%オフの支援を行っています。

③マージンを公開・一律20%

一般的なフリーランス案件紹介サービスでは、マージン(紹介料)を公開せず、単価の高さで魅力を伝えます。しかし、Midworksでは、単価のマージンを公開していて、一律20%としています。 単価が普段非公開にされていると、本来どれくらいの価値ある仕事で、どれだけ紹介者が得をしているのか見えにくい。ミッドワークスなら、一律20%なので、その仕事の元々の価値がわかり、紹介会社も透明性があって安心して仕事を引き受けられます。

他フリーランスサービスとの比較

Midworksと同じように人気のフリーランス案件紹介サービスに「レバテックフリーランス」があります。

Midworksとレバテックフリーランスはよく比較されるので簡単に解説しておきます。結論としては、どちらも登録は無料なので、とりあえずフリーランスになりたい方、案件を探している方は両方に登録しておくと良いでしょう。

Midworksレバテック
特徴充実保証案件数
案件数3,000以上10,000以上
保証福利厚生や経費支援など特になし

Midworksの評判

Midworksの口コミ評判をSNSなどで探してみたところ、下記のツイートを発見しました。

やはりMidworksの最大の特徴である、保証が人気の理由のようです。

Midworks利用の流れ

Midworksで「ミッドワーカー」としてお仕事を始めるまでの流れを簡単に説明します。 ①Midworksへの登録 まずはMidworksに登録しましょう。メールアドレス、電話番号、お名前だけで登録が完了します。(➢Midworksに登録する) ②案件のご紹介 登録が完了すると、Midworksの専門アドバイザーが電話または面談にて、ヒアリングを行い、今後のキャリアパスから、アドバイス、案件のご提案を行います。 ③商談と契約成立 Midworksのアドバイザーとともに、ご希望の案件の企業様と商談をします。 ④案件参画 契約が成立すると、案件の条件次第で現場またはリモートでお仕事をします。定期的にアドバイザーが仕事のフォローをします。

Midworks(ミッドワークス)とは?案件の特徴から保証内容まで徹底解説

フリーランスになるならMidworks!

Midworks(ミッドワークス)とは?案件の特徴から保証内容まで徹底解説

Midworksの特徴まとめ

  • IT・Web職種向けのフリーランス独立支援サービス
  • 他のサービスと比べて保証が充実
  • マージンを公開していて一律20%
  • 社会人からフリーランスになりたい方にもおすすめ

フリーランスになりたい方、現在フリーランスでより年収を上げたい方は、Midworksを利用してみましょう。

関連する記事

アクセスランキング