IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

半袖シャツの選び方と着こなし方|レディース/メンズ・ワイシャツ

ビジネスファッション

半袖シャツの選び方着こなし方を紹介します。2018年、今年の流行などを考えながら、おすすめレディース、メンズの半袖シャツを紹介します。職場や街といったそれぞれの場面、好みや個性に合わせた半袖シャツの選び方とコーディネートをご覧ください。

更新日時:

半袖シャツの選び方と着こなし方・コーデ

半袖シャツの選び方と着こなし方・コーデ

だんだんと暖かい気候になってきました。今年、2018年の春夏の流行を考えながら、レディース、メンズそれぞれの半袖シャツの選び方と着こなし方を提案します。

レディース半袖シャツはパステルカラーがおすすめ!

春夏のレディースファッションは、ラベンダーやピーチピンクをはじめとする淡い色が流行します。半袖シャツもパステルカラーの中から自分の肌を美しく見せてくれる色のシャツを選ぶのはいかがですか。シンプルな白や黒のボトムスと合わせるとオフィスや通勤にぴったりの着こなしになるでしょう。

花柄・水玉もおすすめ

2018年の流行として、花柄やポルカドットも取り上げられています。半袖シャツを選ぶ際に、花柄や水玉はいかがですか。花柄は大きめで洋服全体に広がる総柄がおすすめです。ドット柄は白地に紺や黒の大きな水玉をあしらったボルカドットがいいでしょう。 柄あしらったシャツは無地のボトムスと合わせると落ち着いたイメージになります。柄物はセットアップで揃えるのも便利です。オフィスでは上着をシャツとして着こなし、休日には上下一緒の着こなしで楽しむのもいいでしょう。

バルーン袖とオフショルダーが今年も人気!

半袖シャツのデザインはバルーン袖やオフショルダーが昨年に引き続き人気です。ワイドパンツやフレアースカートと合わせて、柔らかいシルエットになるコーディネートはいかがですか。女性ならではの美しさや華やかさを意識した着こなし方がおすすめです。

メンズ半袖シャツはパジャマシャツが人気!

2018年の春夏には、パジャマシャツやスタンドカラーシャツが流行します。各地の2018年春夏コレクションでは、色は白やピンク、アッシュカラーやスモキーカラーが、柄はストライプや大きな総柄が、さまざまなコレクションで使われています。 ファッションのキーワードでは、セットアップ、リラックス、ユーティリティ、スポーツミックス、ビッグシルエットといった言葉があげられています。全体的にカジュアルダウンした服装が注目されています。

パジャマシャツとは?

パジャマシャツは、オープンカラーシャツや開襟シャツとよばれます。襟元が大きく開いたデザインのシャツです。袖口もゆったりとしたものが多いです。シャツの裾もボトムスから出して着るのが一般的です。アロハシャツもオープンカラーシャツのひとつです。襟、袖、裾と風通しが良く、今から用意して、夏まで大活躍の半袖シャツになるでしょう。 パジャマシャツはワイドパンツと合わせるといいでしょう。今年らしいビッグシルエットの着こなしになります。靴もカジュアルなもの、スニーカーなどを合わせてみてください。

ワイシャツは襟と色で選ぶ!

半袖のYシャツは、襟のデザインが広めのワイドカラーシャツやボタンダウンカラーシャツが人気です。Yシャツですから、色は白が基本ですがブルー系を着こなすビジネスマンも多いです。淡いサックスブルーや、白×青のストライプのシャツも爽やかな印象です。また、襟が白く身頃がブルー系と切り替えをしているYシャツもオフィスに似合うでしょう。 ボタンダウンシャツは白がおすすめです。白地に黒いボタンやステッチがあるデザインの、ボタンダウンシャツもおしゃれです。カジュアルな場所にも似合うでしょう。

Tシャツは無地がおすすめ!

半袖tシャツ無地のものがおすすめです。2、3年前から流行り出したノームコアは、今年も人気です。シンプルな色とデザインで、上質な生地を使ったtシャツは大人のおしゃれ着として欠かせないでしょう。リーズナブルな価格でもおしゃれな無地のtシャツがたくさん出ています。無地tシャツの着こなしのポイントになる襟元のデザインと特徴を紹介します。 ・クルーネック:基本となる丸首シャツ ・Vネック:大人っぽく、セクシーなデザイン ・Uネック:クルーネックでは子供っぽくなってしまう人、馘が詰まって見えてしまう人におすすめ 自分に似合う襟元のデザインや色、お気に入りのブランドなどを見つけて、こだわりのTシャツ選びを楽しんでください。

平凡で目立たない服を身につけるファッション潮流のこと。「ノーマル」と「ハードコア」を合わせた造語で、「究極の普通」「究極のシンプル」の意味。2013年10月、米国ニューヨークのトレンド予測グループ「K-HOLE」が発表した概念で、黒のハイネックシャツを着続けたアップル創業者、スティーブ・ジョブズの影響が大きい。

ポロシャツは定番色と赤系がおすすめ!

半袖ポロシャツは定番色は白や紺、黒でしょうか。ポロシャツはスポーティーなイメージで、ジーンズやチノパンと良く似合います。今年流行のスポーツミックスのアイテムとしても大活躍するでしょう。足元はローファーやスニーカー、サンダルも似合います。 ポロシャツはカジュアルな装いの定番ですががきちんとした印象もあります。思い切り、色を楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。空や緑に映える赤や、今年の流行色のピンクはいかがですか。あまり鮮やかな色を着ない方も、ぜひポロシャツやTシャツから、赤やピンクを着こなしの一色に加えてみてください。

ミリタリーは無地と合わせて!

ミリタリーシャツは無地のパンツやTシャツと合わせると、上手く着こなすことができるでしょう。同じカーキ系の色のワークパンツや黒の細身のデニムと合わせるのはいかがでしょうか。ワークパンツと合わせるとゆったりとしたシルエットでワイルド雰囲気になります。黒い細身のパンツに合わせるとスマートで都会的なイメージになるでしょう。 また迷彩柄ではなく、カーキーやグリーン、紺といった、単色で無地のミリタリーシャツもあります。柄物が苦手な人にはおすすめです。

重ね着は無地Tとパジャマシャツ!

重ね着は、無地の半袖Tシャツに、パジャマシャツをジャケットのように羽織るのはいかがでしょうか。中に着るTシャツは流行色でもある、白がおすすめです。いろいろな色や柄に合わせやすく、白を洋服のどこかに使うとすっきりとした印象になります。 前述のTシャツの選び方でクルーネック、Vネック、Uネックと3種類のデザインを紹介しました。同じ白のtシャツでも、合わせる物によってネックデザインを変えて、全体の雰囲気を変えてみるのもいいでしょう。 パジャマシャツは無地だけではなくチェックやストライプ柄、ミリタリーやアロハ柄のシャツもあります。パジャマシャツの柄を装いのポイントにして、ボトムスは無地ですっきりと着こなしてみてください。

おすすめのビジネス用の半袖シャツ

ビジネス用の半袖シャツは、暑い夏を乗り切るために必要不可欠になってきました。ビジネス用の半袖シャツの選び方とおすすめ半袖シャツを紹介します。

色で選ぼう!

半袖シャツの色ですが、基本の白と青系の色をおすすめします。サックスブルーのシャツは、ビジネスシャツの定番になりつつあります。皆さんのなかでも愛用している方が多いのではないでしょうか。半袖シャツの活躍する季節は夏です。涼しい印象を与える白、青のシャツはおすすめです。 近年の酷暑で以前よりもクールビズがだいぶ定着してきました。ビジカジ=ビジネスにカジュアルな服装を認める職場も多くなっています。ビジネスカジュアルが大丈夫なオフィスでは半袖のポロシャツやボタンダウンタウンの半袖シャツがおすすめです。色はポロシャツならば白や黒、ボタンダウンシャツならばピンクや黄色などの淡い色の半袖シャツがいいでしょう。

襟で選ぼう!

ビジネス用の半袖シャツでおすすめする襟は「ボタンダウンカラー」と「ホリゾンタルカラー」です。半袖シャツをビジネスで着る場合、近年はノーネクタイや一番上のボタンを外して着ることが多いのではないでしょうか。そんな時でもきちんとした印象の襟元がいいのではないでしょうか。 ボタンダウンカラーは、元々ノーネクタイで着ることも多いシャツ襟です。ネクタイが無くてもだらしなくなりません。ホリゾンタルカラーは、開きが180度ある襟です。ホリゾンタルは水平線の意味です。襟の形状は、一番上のボタンを外すと襟が身頃から浮かずに、身体になじみます。とてもすっきりとした襟元になります。

素材で選ぼう!

半袖シャツの素材は綿や麻がおすすめです。綿も麻も夏の和服の代表的な素材です。高温多湿の日本に合っている素材です。また、最近は吸湿速乾の素材のシャツもたくさん発売されているので新素材から選ぶのもおすすめです。新素材の半袖シャツは、比較的安価でビジネスに向いたデザインや色も豊富です。夏に向けて洗い替えができるように、たくさん揃えてみるのもいいでしょう。

半袖シャツにネクタイは必要か

半袖シャツにネクタイは不要です。クールビズでは、半袖シャツを着て首元のボタンを外して、冷房の設定温度が高くても涼しい服装することを奨めています。首元を緩め、涼しくするのですからネクタイはいりません。 また、スーツの発祥の地であるヨーロッパでは半袖のYシャツはありません。ヨーロッパの気候は、夏でも日本のように高温多湿にはならないので、半袖のYシャツの必要性がありません。「半袖シャツにネクタイをするのかしないのか。」と考えることすらありません 。

半袖シャツにジャケットは必要か?

半袖シャツにジャケットもヨーロッパではタブーです。スーツを着る時には、スーツの袖口から1.5cm程シャツの袖が見えることが、格好良い着こなしと言われています。日本もヨーロッパのスーツマナーに倣っています。気候の違う日本でも、外周りの営業職の方は、夏場もまだ、スーツに長袖のシャツとネクタイが欠かせないでしょう。 先ほども紹介しましたが、吸湿速乾性のシャツやスーツが販売されてるので、ぜひいろいろと試してみてください。下着をきたり、許される所ではネクタイや上着を脱ぐ。汗拭きシートや冷感スプレーを使うなど、上手く賢くスーツを着用してください。

半袖シャツのおしゃれをしよう!

いかがでしたか。女性の半袖シャツは、色はパステルカラーが、柄はボルカドットや花柄が注目です。デザインは、昨年に続きバルーン袖やオフショルダーの半袖シャツが今年も流行するでしょう。女性らしいデザインと色の半袖シャツがおすすめです。 男性用の半袖シャツは、パジャマシャツが人気急上昇です。シャツ以外でも、ワイドパンツやスニーカーが注目されています。カジュアルでリラックスした印象の着こなし方をしてみてください。 オフィス用の半袖シャツは、ノーネクタイでも格好いい襟の種類がおすすめです。ホリゾンタルカラーやボタンダウンカラーの半袖シャツを紹介しました。色は、白やサックスブルーを中心に、職場の雰囲気に合わせて淡い色の半袖シャツを選んでみてください。 昨年は、5月に真夏のような気温になりました。この記事を参考にぜひ、一足早く半袖シャツの装いを考えてみてください。

アクセスランキング