IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

初めてのハローワーク|服装/持ち物/利用の流れ・失業保険の手続きの仕方

社会人常識

初めてハローワークに行く人がいれば、基本事項、持ち物や服装をどうするか、どういう風に利用すれば良いかなどを頭の中に入れておくと良いです。これらの事は、ハローワークだと本当に大事な部類に入っており、本当に仕事先を見つけられるかどうかにも関わってきます。

更新日時:

ハローワークの基本事項

ハローワークの基本事項

初めてハローワークに行く人は、ハローワークに関する基本事項を理解しておく方が良いです。何もわからない状態で行ったとしても、ハローワークで働いている人が丁寧に教えてくれますが、実際に仕事を探すまでに時間を要してしまいますので、事前に自分自身で調べると適切です。 初めてハローワークに行く人の中で、どうしてもわからない事があれば聞いても良いですが、自分でインターネットなどを通して、検索できる物は、自分自身ですると良いです。そうすれば、ハローワークにいる時には、仕事探しだけに集中する事ができ、どの仕事が自分に合っているかをしっかりと探し出せます。

営業時間

ハローワークの営業時間は、基本的には平日の8時30分~17時15分になっています。そのため、初めてハローワークに行く人は、その時間内に足を運ぶようにしましょう。8時30分~17時15分以外の時間や、休日に行ったとしても空いていないですので、そこだけは充分に注意すると適切です。 ハローワークにも規定の営業時間がありますので、その事をちゃんと頭の中に入れつつ、行動に移すと良いです。特に始めて行く人は、営業時間を間違えて、入る事ができなかったと言う事がないようにしましょう。

定休日

ハローワークの定休日は、土曜日と日曜日の休日と、祝祭日、年末年始になっています。平日以外は、ハローワークは休みである事がほとんどですので、忘れないようにしておきましょう。実際に定休日の時に足を運んだとしても、中に入る事もできないですから、注意すると良いです。

初めてのハローワーク

初めてのハローワーク

初めてハローワークに行く人は、持ち物は何かや、どういう服を着て行けば良いかを事前に調べておきましょう。初めての人にとっては、最初の段階では何もわからず、自分からは中々積極的に動く事ができないですので、意識的に行動をする事に注意すると適切です。そうすれば、自分が今するべき行動を理解でき、実行に移せるようになります。 実際に初めてハローワークに行く人の中には、行きづらいという印象を持っている人がいますが、本当の所は全くそうでは無いです。ハローワークで働いている人は誰もが自分に対して、丁寧に接してくれますから、全く心配はいらないです。そのため、ハローワークは行きづらい所とは考えずに、一歩踏み出していきましょう。

持ち物

初めてのハローワークに行く時にいる持ち物は、あまり無く、手ぶらでも大丈夫とされています。最初の段階では、履歴書なども持ってこなくても良いですので、そこも理解しておくと良いです。初めてだと、履歴書や筆記用具のような物を何か持っていかなければならない気持ちになりますが、そんなに心配する必要性は無いです。 実際に持ち物はいらないですが、アドバイザーの人と話す機会がありますから、そこでどういう仕事に就きたいかをはっきりと言う事ができるように、考えを固めておきましょう。そうすれば、今後どういう風に就職活動を進めていくかを早い段階で決める事が可能で、より集中して取り組めます。

服装

初めてのハローワークに行く際の服装は、なるべく清潔な服を着るようにすると良いです。普段から印象を良くしておかなければ、実際に企業の面接で印象を良くする事はできないですので、ハローワークに行く時からも、どういう服を着るかに関して、充分に注意しましょう。 清潔な服を着るようにしていれば、ハローワークのアドバイザーの人に、さまざまな企業を紹介してもらいやすくなり、良い事が多くなってきます。どのような服を着るかにより、周りの人からの自分に対する印象は少なからず変わりますので、服装について意識する事が大事です。

ハローワークの利用の流れ

ハローワークの利用の流れ

初めてハローワークに行く人は、ハローワークの利用の流れを理解しておきましょう。ただ単にハローワークを使ったとしても、希望の企業に巡り会う事は難しいですが、適切な利用の流れがありますので、それを活用する方が良いです。実際に活用すれば、アドバイザーがいろいろな企業を紹介し、それらの企業の情報を教えてくれますので、就職活動を上手く進められます。 初めて行った際には中々慣れない事が多いですが、回数を重ねる内に慣れてきますので、それほど心配し過ぎなくても良いです。実際に慣れれば、たくさんの企業を探す事ができるようになり、どの企業が自分に合っているかについても、アドバイザーとしっかりと話し合えます。

登録

ハローワークの利用の流れの1つ目は、名前や住所などの個人情報や、どういう職種や業種の仕事を希望するかの情報を登録する事です。まず細かい所まで情報を登録しなければ、ハローワーク側も何から始めれば良いかがわからないですので、そこだけは充分に理解しておくと適当です。

求人情報の検索

ハローワークの利用の流れの2つ目は、求人情報を検索する事です。情報を登録した後には、実際にどういう求人がでているかを調べて、どの企業に応募するかを吟味していくと良いです。その際に、求人情報のできる限り細かい内容まで見るようにして、雇用条件などを確認する事を忘れないようにしましょう。 特にハローワークに初めて来た人は、求人情報の検索の仕方や見方がわからない場合もありますから、そういう時には積極的にハローワークの人に聞くと良いです。実際にハローワークの人は、誰に対しても優しく教えてくれますので、ハローワークに初めて来た人からすると非常に安心できます。

気になる求人についての相談

ハローワークの利用の流れの3つ目は、気になる求人についての相談をする事です。求人情報を検索した後に、少しでも興味や関心のある求人が見つかった場合には、積極的にアドバイザーの所に行くと良いです。そこで、その求人の情報を貰い、本当に自分がやりたい仕事かを関あげましょう。

紹介状を書いてもらう

ハローワークの利用の流れの4つ目は、紹介状を書いてもらう事です。本当に応募したい求人を見つけたならば、実際にアドバイザーに頼むと良いです。そこで、アドバイザーの了承を得る事ができたならば、実際に紹介状を書いてもらう事が可能で、面接に進めます。

ハローワークでの失業保険の手続きの仕方

ハローワークでの失業保険の手続きの仕方は、まず離職票や身分証明書や印鑑などが必要になってきますので、それらを揃えましょう。そこから必要な物をハローワークの受付に持っていき、失業保険の手続きをしたいと申し出ると良いです。そうすれば、受付の人が先導して、何をするべきかを言ってくれますから、それに従い、行動すれば適当です。 実際にハローワークでの失業保険の手続きをする際には、必要な物が揃っていなければ、手続きを進める事ができないですので、そこだけは注意しましょう。そのため、ハローワークに行く前に、失業保険の手続きに必要な物が、本当に揃っているかを入念に確認しておくと適切です。

初めてハローワークに行く時の注意点

初めてハローワークに行く時の注意点

初めてハローワークに行く時にはいくつかの注意点がありますので、その事を頭の中に入れておくと良いです。何回も行った事がある人ならば注意点はわかりますが、初めての人にとっては中々わからない部分が多いですから、今の内に少しでも覚えましょう。実際に今後、ハローワークに足を運ぶ機会のある人にとっては、非常に重要な事になってきます。

初めてハローワークに行く時の注意点1

初めてハローワークに行く時の注意点1

初めてハローワークに行く時の注意点の1つ目は、目的をちゃんと持つ事です。初めての人でも、仕事を探すためとしている人は多いですが、職種や業種を全く決めていない場合がありますので、ある程度絞っておく方が適当です。そうすれば、ハローワークのアドバイザーも充分に対応しやすくなります。

初めてハローワークに行く時の注意点2

初めてハローワークに行く時の注意点の2つ目は、第一印象に気を付ける事です。第一印象の大事さは、実際の企業の面接の時と、ハローワークに初めて行った場合でも同じで、そこで、実際にどういう印象を与えるかは今後にも関わってきます。そのため、ハローワークに初めて行く機会がある際には、企業の面接に行く時と同じような気持ちを作ると良いです。

初めてハローワークに行く時の注意点3

初めてハローワークに行く時の注意点の3つ目は、本当に就職をすると言う高い意識を持つようにする事です。初めての人でも、折角ハローワークまで足を運びましたので、就職をする起業を決めるまでは一生懸命に行動を起こしていきましょう。実際に自分から動いていけば、未来を変える事ができ、就職活動に関しても成功を収められます。

初めてハローワークに行く時の注意点4

初めてハローワークに行く時の注意点の4つ目は、ハローワークがどういう場所かを事前に確認する事です。実際にハローワークは、初めての人でも仕事を探す所と言う事は理解していますが、改めてハローワークに関する事を頭の中に入れておきましょう。そのような意識が、仕事先を本当に見つける事ができるかにも関わってきて、今後の人生にも影響を与えてきます。

初めてハローワークに行く時の注意点5

初めてハローワークに行く時の注意点の5つ目は、自分自身が何に興味や関心を持っているかを改めて考える事です。興味・関心に関しては、仕事の繋がる事があり、それをハローワークのアドバイザーに言えば、いろいろな仕事を紹介してくる部分にもなってきますので、できる限り積極的にアドバイザーに伝えると良いです。

初めてハローワークに行く事

初めてハローワークに行く事

初めてハローワークに行く人がいれば、基本事項、持ち物や服装をどうするか、どういう風に利用すれば良いかなどの頭の中に入れておかなければいけない事がたくさんありますので、今の内から積極的に取り組む方が良いです。特にハローワークに行く事は、自分の仕事先をどこにするかに関わってくる大事な部分ですから、充分に気を付けましょう。 特にハローワークに初めて行く時は、非常に緊張しますが、ハローワークの人は基本的に優しい人が多いですから、全く心配はいらないです。自分がどういう仕事に就きたいかや、どの業種や職種の方面に行きたいかを言えば、さまざまな仕事の求人を出してくますので、本当に味方になってきます。 もし今後、初めてハローワークに行く人がいれば、全く怖がらなくても良いです。意識的に自分から活用していけば、自分に合っている仕事を見つける事ができますので、大丈夫です。

関連タグ

アクセスランキング