IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フラゲの意味|ゲーム/ネット用語・フライングゲットの例

言葉の意味

今ではいろんなところで当たり前のように使われるフラゲですが、一昔前までは別の意味で使われていたこともあります。そこで、今回はこのフラゲの意味について詳しく解説し、現代日本におけるフラゲの考え方もまとめていきます。はたして、フラゲは善と悪どちらなのでしょうか。

更新日時:

フラゲとは

フラゲとは

フラゲというのはいわゆるネットスラング的な要素が強いので、インターネットにだいぶする人が昔よりも圧倒的に多い現代においては目にする人々も増えたでしょう。このような一部界隈にのみ通じる言葉というのは、いわゆるニッチな層とは遠いところにいる人には意味不明なワードとなってしまいます。 そこで、まずはこのフラゲの意味を分かりやすく解説いたします。意味だけが気になっているという方には一番最初からポイントになってきますので、確認していってください。

「フラッシュゲーム」の略語

インターネットにおけるフラゲというワードの意味の一つがこのフラッシュゲームです。ただ単にフラッシュで作られたゲームが略されてフラゲとなったと考えてください。意味については詳しく後述いたしますが、いわゆるadobeのflashを用いて作られたゲームになります。 昔はフラッシュゲームが学生をパソコンユーザーを中心に流行していたので、フラゲといったらフラッシュゲームの意味となっていましたが、昨今の日本のゲーム界隈ではスマホゲーが圧倒的な猛威を振るっていてフラッシュゲームがかなり下火になっていますので、こちらの意味ではほとんど使われていません。一部の若い人たちにも意味が通じない言葉になりつつあります。

「フライングゲット」の略語

もう一つの意味がフライングゲットの略語となります。フライングゲットの意味については後述いたしますが、今ではこちらのほうがネット界隈で使われているフラゲの主流になっていますので、フラゲという言葉が出てきたのならばフライングゲットの意味で考えましょう。

「フラッシュゲーム」のフラゲの意味

「フラッシュゲーム」のフラゲの意味

それではフラゲの一つ目の意味となっていたフラッシュゲームについて詳しく解説いたします。こちらのワードについては知らないという人もいるでしょう。そんな方々のために具体的な紹介をさせていただきます。

意味はゲーム用語の一つ

フラッシュゲームとはadobeのflashを用いて作られたゲームであり、どのOSや環境でも左右されずに気軽に遊ぶことができる非常に特徴的なゲームです。パソコンの知識というのは非常に幅がありますのでパソコンゲームは敷居が高いと思われがちですが、フラッシュゲームは簡単にプレイすることができるので今でも一部の方には好まれるジャンルではあります。

adobeのflashを用いて作られたゲーム

adobeのflashを用いて作られたゲームの最大の特徴は先ほど紹介したように、「インストールやダウンロードさえできてしまえば、簡単にプレイすることができる」ことです。ちょっとした隙間時間にプレイするという人も多く、ちょっと気になったものがあれば次々とダウンロードする方もいます。事前にflashのインストールは必要ですが、こちらも簡単です。 しかし、この「ちょっとした隙間時間」を今はスマホゲーが埋めてしまっているので、フラゲの意味がフラッシュゲームから遠ざかってしまっているのが実状です。

フラッシュゲームの種類について

フラッシュゲームの種類について

フラッシュゲームには多くの作品群が用意されていて、アクションもあればシューティングもあればパズルゲームもあればホラーゲームも存在します。 フラッシュゲームはシンプルにプレイできるものが多いのですが、今ではパソコン環境も昔より圧倒的に良くなってadobeのflashの性能も向上しているので、「これがフラッシュゲームなのか」と驚くレベルの作品も多数あります。 また、フラッシュゲームは無料で配布されているものも圧倒的に多いので興味がある方は次々と除いてプレイするという方もいます。何か面白いものはないのかいろいろと探っているというフラッシュゲームを愛する方々です。

「フライングゲット」のフラゲの意味

「フライングゲット」のフラゲの意味

今ではこちらの意味で使われることが多くなったフラゲことフライングゲットですが、ある意味こちらは問題となっている部分もありますので、意味を理解した方は問題提起も確認してもらいたい項目となっています。

ネット用語の一つであり意味もネットから

このフラゲはネット用語の一つで非常に人気のある商品が発売される前日や1週間前から高頻度で登場することになります。時間があるたびにネットをチェックしているという方はゲームの大人気ソフトの発売前日や大人気グループのCDの発売前日でよく見かけることになります。

発売日よりも早く入手という意味

発売日よりも早く入手という意味

フライングゲットとは要するに「フライングスタート」をして「ゲット」するという行為なので、発売日よりも早く入手することとなります。このフライングゲットが許されている商品やメーカーもあれば、絶対に許さない界隈やメーカーもありますので、実行できるかどうかは定かではありません。

早売りだけでは意味が違う

商品によっては早売りを公然としているところもありますが、発売日よりも早く売りに出している状態なので、これを入手したらフライングゲットをしたといえるでしょう。意味は間違いなくとおりますので、早売りも対象内となります。 週刊誌などを前日に入手してしまうこともフラゲとなりますので、人生で一度は体験したことがあるという人も多いでしょう。案外身近なことでもフラゲすることがあります。このように使われる頻度が高く意味も分かりやすいので、こちらのフラゲの意味が主流となっています。

フライング販売の商品購入もフラゲになる

フライング販売の商品購入もフラゲになる

フライング販売も昔からありましたが今でも続いているところがあり、一部のCDやDVDを発売しているメーカーは「フラゲ対象商品」ならばフラゲを保証するとはっきりと記載しています。このように認められている商品を買ってももちろんフライングしてゲットという意味を満たしているのでフラゲとなります。

フラゲは商品ではなく情報の時もある

フラゲは商品ではなく情報の時もある

フラゲは基本的には発売日よりも早く商品を入手することではありますが、それが商品ではなく情報の場合もフライングゲットという扱いをすることがあります。 いわゆる内部情報が外に漏れた場合にフラゲしたという使い方をされますが、情報の場合はデマであることもありますし、仕様変更でその情報が役立たずに化けてしまうケースもありますので、だれよりも早く入手した極秘情報をフラゲとして扱わない人も多いです。

フラゲはそもそも許されているのか?

フラゲはそもそも許されているのか?

フラゲの扱いというのは非常に難しく、フライングゲットの意味を理解したうえで悪であると断定する人も多いです。問題提起として、このフラゲは許されているのかを意味を理解したうえで確認していきましょう。

購入者側にはフラゲするだけなら罪はない

購入者側にはフラゲするだけなら罪はない

発売日よりも早くフラゲするだけならば違法性はありません。ただし、先に入手した情報をネットを通じて動画投稿サイトに流したり画像を流出してしまった場合には、著作権侵害に該当して罰せられる可能性はあります。フラゲを意味のままに実行した方は黙ってひっそりと楽しみましょう。 実際に、発売前の人気漫画をインターネット上にアップロードした人は逮捕された事例もありますので、著作権侵害に当たりそうな行動は慎んでください。さすがにこれはシャレになっていないです。

ゲームの場合はいろいろと難しい

この著作権侵害に当たるのかどうかがゲームの場合は非常に判断が難しく、仮に動画で非常に大きなネタバレをしてしまったとしても法的ペナルティは生じにくいと考えられています。 ゲームメーカー側からすると「ネタバレによって具体的にどのような損害があったのか」を立証する必要があり、この立証が非常に難しいので罰せられない可能性のほうが高いととある弁護士の方は考えていました。

ゲーム業者もフラゲの意味をしっかり考えている

このフラゲに対してゲーム業界も毅然とした態度をとっていることが多く、YouTubeのような動画投稿サイトにフラゲ配信をしているユーザーがいれば速攻で動画削除に動くこともあります。フラゲがどのような意味があるのかを分かったうえでの行動でしょう。状況次第ではアカウント削除といったペナルティも発生するので、控えたほうがいいです。 フラゲによるゲーム実況は動画視聴者数を稼ぐある意味チャンスではありますが、かなりリスクが高い行為なので、控えたほうがいいでしょう。

お店側の責任について

お店側の責任について

お店側もフラゲの意味を理解しているうえでの行動であっても、法律で罰せられることはほとんどありません。しかし、基本的にショップ側にはメーカー側との契約が存在しているので、このメーカー側との契約を無視して販売することになります。 このメーカー側の契約破棄におけるペナルティはメーカーによっても異なりますが、日本のゲーム業界はかなりきつい傾向にあり、フラゲが通報された場合には取引量の減少や取引契約の破棄につながってしまいます。 大人気作品を多く背負っているメーカーの商品を全く扱えなくなるというのは小売り側からすると深刻なダメージとなってしまいますので、ある意味メーカー側が最も気を付けるべき行動となっています。

ものすごい自爆をした結果お店が巻き込まれた例

フラゲはプチ自慢したくなるでき事ではありますが、これもある意味リスクが伴う行為になりますので避けたほうがいいです。 実際にネットが発達した現代社会では、フラゲをしたことがあまりにもうれしすぎてレシートまでSNSに挙げてしまいどこのお店なのかをメーカー側に特定された結果、その商品が扱われなくなったというケースもあるといわれていますので、自重したほうがいいです。 どうしても自慢したくてしょうがないという人は購入したという事実だけを公表して、中身についてはぼかして紹介する程度に抑えましょう。 どのような敵がいてどのようなラスボスがいてどのようなエンディングになっているのかを公表し、すさまじく意味のあるフラゲをしてしまった場合は多くのファンが興ざめします。twitterのタイムラインに突然画像付きでラスボスを紹介されると回避することは難しいです。

しかし海外のフラゲ規制は難しい

これが日本限定のでき事だった場合は、日本のゲームメーカーは毅然とした態度で挑むことができるのである意味安心ですが、海外にまでその規制の手を伸ばすことはできませんし、海外でのフラゲ規制は非常に難易度が高くなっています。 その最大の理由が二つで、一つは発売日直前に商品を送ると非常に僻地にある地方では間に合わないので、店頭日よりもだいぶ早く商品を送る必要があるからです。この直前納品ができない国はどうしても大量のフラゲが発生してしまいます。 二つ目は海外は日本よりもゲームソフトに対する管理がずさんなところが多いことにあります。2016年に発売されたポケットモンスターのサンとムーンでも10日前にフラゲされてさらにデータ解析までされてROMのデータまで拡散される状態になりました。ある意味人気がありすぎるゆえのトラブルなのですが、日本のネット界隈も騒然としたもはや事件です。

フライングゲットが話題になったCDやゲームの例

フライングゲットが話題になったCDやゲームの例

フライングゲットは発売日よりも早く入手できるという意味で使われることが多く、CDやゲームを早く入手すると一時的にですがSNSや某掲示板で注目されることになります。実際にそのようにちょっとした騒ぎになったCDやゲームをご紹介します。

ジャニーズ

ジャニーズ関連の商品は今も昔も人気がありますので、SNSでもよく「嵐のアルバムフラゲできた」といってアップする人がいます。またジャニーズ公式カレンダーなどのグッズ商品もフラゲする例がありますので、意外と難易度は低いでしょう。

嵐のフラゲ情報はネット上にも頻繁に上がりますし、友達との会話でもちょくちょく出てきます。ヤフー知恵袋やアメーバブログなどでも嵐のCDをフラゲしたといった意味の書き込みが多数みられます。

キスマイ

キスマイのDVDもフラゲするためにいろんな努力をしている方もいます。こちらもヤフー知恵袋などに「どうやればキスマイのDVDをフラゲできますか」といった質問をしている人がいますので、CD界隈ではある意味浸透していることがわかります。

関ジャニ∞

関ジャニ∞のフラゲはTwitterでもしばしば出てくるワードで、「コンサートDVDフラゲできなかった」と嘆く人や無事にフラゲしてライブDVDが届いて狂喜乱舞している人もいます。やはりジャニーズ系統のDVDやCDはフラゲというワードがつきものになります。

セカオワ

音楽グループのセカオワもフラゲに拘る人が多く、NEWシングルなどはフラゲで購入するのが当たり前になっている人もいます。ネットで検索してみても、セカオワの「Hey Ho」をフラゲしたという報告をしている人があっさりと見つかります。

遊戯王

遊戯王におけるフラゲはある意味豊富で、3種類も考えられます。それは当時の漫画で出ていた遊戯王をフラゲしていたという意味が一つ目、二つ目が任天堂3DSといったゲームとして発売されているゲームソフトのフラゲという意味、三つ目が今でも非常に人気がある遊戯王のカードゲーム関連のフラゲ情報という意味です。 2018年現在においての遊戯王フラゲ情報となった場合は、基本的に遊戯王のカードゲームの情報となりますので、何らかの情報が流出したと考えるといいでしょう。

フライングゲットの考え方について

フライングゲットの考え方について

非常に楽しみにしている漫画やゲームやDVDは1日でも早くプレイしたり続きを読みたいと思ってしまいます。一部の人たちはそれらの商品そのものを楽しみに仕事や学業に励んでいるものなので、馬鹿にはできませんしそれにより労力が増すのならばいい意味で役立っているといえます。 しかし、その気持ちが前のめりになりすぎるとフラゲしてでもやりたいという気持ちになってしまいますし、フラゲできなかったとしても情報の入手だけでもしたいという気持ちになります。

フラゲ情報を流出は悪か善か

フラゲ情報を流出は悪か善か

このように少しでも情報を早く入手したい人にとって、フラゲした方々の意見やフラゲをした方々の意見は非常に参考になりますし、さらに期待を高める要因になってくれることもあります。フラゲした人からの情報配信によってこのような恩恵を受けている人から見れば、その行いは善に見えるでしょう。 しかし、事前情報を入手したくないし実際に映像を見て興奮したいという方やプレイして楽しみたいという方にとってはフラゲ情報は不要なものであり、誤ってみてしまった場合はネタバレを目撃してしまうのでフラゲ情報は悪い意味を持つことになります。このようにマイナス作用が働いてしまった人にはその行いは悪に見えるでしょう。

フラゲ情報を見たくないなら見るなというけど

フラゲ情報を見たくないなら見るなというけど

このようにフラゲ情報を記載する集中して記載するサイトは限られていますので、フラゲ情報を楽しみにしている方に「迷惑だ」と指摘したところで「嫌なら見なければいい」とばっさり切り捨てられるでしょう。 某掲示板は「ここを除いている人はフラゲ情報を待ち望んでいるから遠慮なく情報開示してほしい」というスタイルが多いので、「嫌なら見なければいい」が大正解です。確かに意識してみないようにすれば防げるものならば、無駄なフラゲ情報を入手しないで済みますが、フラゲ情報が簡単に拡散されてしまう現状はなんとも言えない情報社会の弊害の一つです。

フラゲの意味は簡単だが善悪の判断は難しい

現代日本におけるフラゲの意味はフライングゲットとして使われることが非常に多いですが、このフラゲという行為は法律で罰することが難しいなんとも微妙な状態になっています。トラブルになることも多いフラゲですが、フラゲ情報を楽しみにしている人がたくさんいるのも事実なので、フラゲそのものの善悪の漬け方は難しいでしょう。 逆に言ってしまうと、フラゲをしたとしても誰にも情報を開示せずに一人で楽しむというスタンスを取れば、周りの人たちへの迷惑は一切かかっていないので問題はなしです。辺に自慢したくてSNSに投稿すると大騒ぎになってしまうこともありますので、その気持ちはこらえて一人で楽しみましょう。

関連タグ

アクセスランキング