IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お断りメールの書き方や例文・おすすめの文句・ステッカー

メール

いろいろな場面でお断りをすることがありますが、その状況に合わせて効果的な方法を考えることが大切です。ビジネス相手とセールスマンで同じ対応はあり得ません。自分の気持ちを相手に伝えることは難しいことですが、明確なお断りは付き合い方の基本です。

更新日時:

お断りメールの書き方や例文

お断りメールの書き方や例文

いろいろなイベントに参加することがあるでしょうが、どうしても都合がつかなくなり欠席する場合もあります。そのようなときは早めにお断りをしなければなりません。具体的には、どのようなお断りをすればいいでしょうか。 もちろん、相手によって言葉遣いや手段は変わってくるでしょう。いくつか具体的な状況で考えてみましょう。ただ、相手が不快感を持たないようにすることが大切であり、その後の付き合い方にも影響してきます。

ビジネス

ビジネス

ビジネスにおけるお断りとはどのような状況でしょうか。例えば、展示会への誘いや商談打ち合わせなどがあるでしょう。相手からの誘いですから断ること自体は問題ではありません。しかし、無下に断るのではなく、丁寧なお断りをすべきです。それは社会人としてごく普通のマナーだと考えてください。 新入社員のときにはそこまでの配慮ができない人もいますから、先輩たちに聞いてみることをおすすめします。今回の誘いはお断りしたとしても、次回のチャンスにはぜひ声をかけてもらうようにしてください。結果として次回も断ることになる場合もあるでしょうが、それはその状況にならなければわかりません。自分が相手の立場になって考えることが大切です。

ビジネスでのお断りとは

ビジネスは今回限りの誘いなのか、今後も継続して付き合う相手なのかによって、お断りの対応を考えてもいいでしょう。提案されたイベントなどは自分の会社では関係ないことであれば、それをはっきりと言ってお断りしなければなりません。相手の営業マンに無用な期待を抱かせることになります。

飲み会

飲み会があまり好きではない人は毎回の誘いを何とかして断ろうと考えているでしょう。お断りのメールや口頭での伝えてください。もちろん、飲み会に参加しないことで不利益を被ることはないでしょう。 ただ、職場内でのコミュニケーションの一つと考えるなら、お断りばかりしていると、周りの人から浮いてしまう場合もあります。自分が置かれている状況や立場など、客観的に判断することが大切です。飲み会では無理にアルコールを飲む必要はありませんし、話をしなくてもいいでしょう。 参加することに意義があると考えている人も少なくありませんから、不参加と言うことが悪い印象になることは否定できません。付き合いが悪い人だとレッテルを張られてしまいます。

内定など

内定など

就職先を探すときには、内定通知をもらったところはまずはキープしておくことが一般的です。しかし、より好条件の就職先が見つかったら、内定をもらった会社にお断りをするはずです。その際はメールではなく、電話で早めに伝えることが大切です。 企業は毎年の人財確保にかなりの労力を使っています。最後になってどんでん返しとなれば、企業は大きな痛手を受けてしまうことになります。就職をしようとしている人なら、その状況は理解できるはずです。 お断りは丁寧な言葉でも、型にはまった言葉でも同じことです。内定を断るのはもっと条件の良い企業から内定をもらったことを意味しています。それは言わなくてもわかりますから、お断りの理由を言う必要はありません。 また、条件の良い企業の名前も明言は避けた方がいいでしょう。入社後にふとしたことで会社間の付き合いが始まる場合もあります。そのときには気まずい思いをすることになります。

お誘いなどをお断りするときにおすすめの文句

お誘いなどをお断りするときにおすすめの文句

お誘いをお断りするときにどのような文句があるでしょうか。基本的には丁寧な言葉遣いでなければなりませんが、お断りする意思を明確にしておくことが大切です。あいまいな文句では相手に意思が伝わりません。ドタキャンをされたと思われてしまいます。 お断りをする場合は、「今回は都合が悪くなり非常に残念ですが不参加とさせていただきます」と丁寧でかつ明確に断らなければなりません。 もちろん、次回へのつなぎをしておくこともポイントです。現実的には二度と誘いが来ないこともありますが、それでも不都合はないはずです。基本は相手が不愉快にならないようにしておくことですが、ビジネスにおいてはたくさんの人に誘いの声掛けをしているはずですから、あなたがお断りをしてもほとんど影響はありません。

お断りにおすすめのステッカー

お断りにおすすめのステッカー

自宅にいろいろなセールスマンが来て困ってしまうと思っているなら、玄関などにお断りのステッカーを貼っておくことも悪くありません。 目立つところに貼っておくことがポイントです。言葉遣いは丁寧にする必要はなく、そのものズバリで「セールスお断り」と大きな文字で書いておきましょう。それでもしつこいセールスマンはいますから、玄関のドアを開ける前に確認することが大切です。

セールスマンへの対応

セールスマンへの対応

セールスマンが来るかどうかは近所の家との配置が関係しています。角の家は始めに訪問しやすいと言われています。角から始めて順番に回って行くのでしょう。また、ステッカーは大きな文字で書く必要はありません。その理由は玄関に張り紙があれば、それはセールスお断りの張り紙に決まっているからです。セールスマンが一番わかっています。 しかし、あまり目立つステッカーだと逆効果になるケースもあります。つまり、多くのセールスマンが訪問している家であるとわかってしまうからです。何とかして丁寧に説明すれば、商品が売れると期待するのでしょう。

チラシ

チラシ

ポストにいろいろなショップのチラシを入れる人たちがいます。自分には関係ないとしても不在時に入れられていますから、断ることもできません。ただ、ステッカーを貼っておけばある程度の効果が期待できます。どのような文句が効果的でしょうか。 それは、「チラシを入れたら不法投棄で訴えます」と書いておくことです。現実的にはそれだけで訴えることは無理がありますが、かなりの抑止力になることは間違いありません。チラシを配っている人はアルバイトをしているだけです。それで訴えられたりすれば止めたくなるでしょう。簡単に、お断りの目的を達成することができます。

NHK

NHKに対するお断りとは受信料の支払いです。この場合はお断りのステッカーを貼っていたとしても、法律上は支払い義務があります。一般のセールスマンへの対応とは違ってきます。もちろん、きちんと支払いをしているなら、払っていますとステッカーで示すことが大切です。1軒毎に受信料の支払い義務がありますが、家族が何人いても増えることはありません。どのような形で支払っているかを明確に理解できるような文章にしてください。

セールス

家庭を1軒ずつ回っているセールスマンへの対応は非常に面倒です。ドアを開けずに対応するためにステッカーを貼っておく人も少なくありません。セールスマンはいろいろな商品を販売していますから、特定の商品だけを断る表現では不十分です。セールスの行為自体にお断りをする表現が求められます。 難しく考えるのではなく、「訪問販売お断り」と書いておけばいいだけです。商品が何であれ、訪問して販売する行為自体に対してお断りをしていることになります。 もちろん、ステッカーを貼ったとしても、セールスマンはやってきます。引っ越してきたばかりであれば近所付き合いも浅いですから、うまく対応できないことが多いでしょう。すぐにできる対応はドアを開けないことです。その後でステッカーを考えてください。

勧誘

商品の販売ではなく、いろいろな会員への勧誘もたくさんあります。玄関に貼っておくステッカーには特定の業種や行為を書くのではなく、すべての訪問をお断りする旨を強調しておきましょう。また、「監視カメラを設置しています」とステッカーに書いておけば、たいていの勧誘は玄関まで来ないでしょう。 門扉から玄関まで距離がある場合には門扉に大きなステッカーを貼っておくと、さらに効果が高まります。言葉巧みに勧誘する人でも、監視カメラに写っていると、後からトラブルとなった場合の重要な証拠となってしまいます。できるだけ避けたいと思うはずです。

訪問販売など

訪問販売など

訪問販売では子ども向けの学習教材から、高校生、一般社会人を対象とした商品など幅広く取り扱っているでしょう。玄関にステッカーを貼ることも大きな効果がありますが、家族構成を書かないことも一つの手段です。ポイントは家に子どもがいるかどうかを、外から判断できないようにしておくことです。 しかし、訪問販売をしている人は経験豊富ですから、子どもがいない家に訪問したら、別の商品を提案してきます。つまり、売れるものなら何でもいいのでしょう。

訪問販売員への対応

日常生活で必要なものを訪問販売で購入する人はほとんどいません。それがわかっていても訪問販売していますから、ある程度は強引な売り方になっています。それは当人がわかっているはずです。ただ、ステッカーを貼られているだけで次の家に行けば、だんだんと行く場所がなくなってしまいます。そのために、いずれはそのステッカーを無視するようになります。

一人暮らしとステッカー

あなたが一人でいることが多いのであれば、居留守を使うことも一つの対抗策です。ステッカーを貼っていても、それを無視してベルを押す人物ですから、油断は禁物でしょう。対等に話してわかる相手ではないと考えるべきです。言いくるめられて、不要なものを購入させられてしまうことのないようにしなければなりません。 ステッカーは自分でできる一番簡単な対処法です。確実な効果ではないとしても、何もしないことはお断りをするチャンスを逃していると考えてください。

効果のあるお断りとは

効果のあるお断りとは

訪問販売などのセーするマンと対等に話ができる人はそれほど多くありません。そのため、不要なものを何度も購入してしまう人が現実にはたくさんいます。言葉で直接お断りができないことを考えておきましょう。そのためにお断りを書いたステッカーが効果的です。 ステッカーの文章を読んだ人がどのように考えるかを意識して、文章を考えることがポイントです。相手を怒らせるのではなく、止めたくなるような言い回しが重要でしょう。いろいろなタイプのセールスマンがいますから、いくつも貼っておいてください。

関連タグ

アクセスランキング