IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「難儀」の読み方/意味/使い方・沖縄で使われる「難儀」とは

更新日:2020年08月07日

言葉の読み方

難儀という言葉があります。悪い目に遭った時に難儀を口にする人がいますが、その意味を知っているでしょうか。また、方言でも難儀という言葉が使われる地域があるので、旅行に行くときは意味を調べてみましょう。意味を知ればコミュニケーションにも役立ちます。

「難儀」の読み方

まずは難儀という漢字の読み方を知りましょう。もちろん、意味を学ぶことも大事ですが、読み方を知らなければ日常生活の会話で難儀という言葉を使うことはできません。そのため、まずは難儀の読み方について取り上げていきます。この機会に学んでみましょう。 漢字が得意で、また読むだけなら大丈夫と考えるのは危ないです。見慣れない漢字だと読むことは難しいですし、また予想外の状況によって読む機会が訪れて、読めないことになったら信用を失います。それはこの難儀も同じなので、読み方と意味を理解しましょう。 難儀は少し難しい漢字であり、また意味もいくつかあります。しかし、少しずつ学習すれば確実に難儀という漢字の読み方や意味を理解できるようになります。まずは難儀という漢字の読み方を理解して、そこから言葉の意味についても知ってみましょう。

なんぎ

難儀は「なんぎ」と読みます。「難」は「なん」という読み方もあり、そして「儀」は「ぎ」と読む漢字なので、この二つを合わせて難儀という漢字ができています。全国的に使われる言葉ですが、地方によっては難儀の意味は微妙に異なっているので注意しましょう。

「難儀」の意味

難儀とは、基本的に何か悪いことが起きた時に使われる言葉です。そのため、マイナスの意味が込められていると考えましょう。使い方としては、予想しなかった災難が起きた時、その状況を落胆するのに難儀という言葉が相応しいです。または面倒なことが起きた時にも使われます。 例えば、仕事が予想以上にハードになったり、または他の誰かとトラブルが起きたとしましょう。「難儀なことになった」という使われ方が多く、大変なことになったという意味と考えましょう。もちろん、ちょっとしたトラブルでも難儀を使う人はいます。 まずは難儀の意味を知ってみましょう。一つの言葉の中にいくつもの意味が込められている例はたくさんあります。それは難儀も同じなので、その意味を知れば正しく使えるようになるでしょう。その一つ一つの意味を理解することで、教養も身に付きます。

苦しむこと

難儀の意味の一つに、苦しんだり悩んだりすることが含まれています。その苦しみは人それぞれで、人間関係や仕事のことなど幅広いです。状況によっては、楽しくて行っている趣味も苦しみの原因になります。そうした状況が、難儀の意味とマッチしています。 もしも誰かの不幸に対して難儀と考えていたら、手を差し伸べてあげましょう。大金を要非する必要はありませんが、話を聞いて悩みを理解してあげるだけでも心は落ち着きます。多くの場合、難儀なことがあってもきちんと理解して、助けてあげれば解決することがあります。

苦労

苦労もまた難儀の意味に含まれています。苦しみと似たような言葉ですが、こちらの場合は何かに成功することを目的で誰かに気を遣ったり、または物事を上手く進めようと頑張った結果として疲れることを意味します。そのため、難儀の意味に含まれています。 苦労は何かを進めるにおいて不可欠です。もちろん、不要な苦労は避けるべきですが、都合によっては難儀となる苦労と出会うケースもあります。もしも誰かがそのような苦労に直面していたら、できる範囲のことでいいので助けてあげましょう。信用も深まります。 苦労を美徳とする訳ではありませんが、成長には欠かせないこともあります。苦労をして、失敗を重ねれば経験に生まれ変わる可能性にもなります。そのため、難儀なことも成長に繋げることもできます。ただし、上でも書いたように明らかに不必要な苦労は避けましょう。

むずかしいこと

難儀の漢字にも使われているので、難しいことに対しても意味が通じます。こちらも人によって内容は異なりますが、何か難しい仕事を任された時、難儀な仕事を引き受けることになったと悩みをこぼしたくなるでしょう。だからこそ、難儀の言葉にはむずかしいことも含まれます。 この場合でも、人に相談してみましょう。自分で解決できればそれに越したことはありませんが、一人の力では限界があります。可能であれば、誰かの力を借りてみましょう。難儀なことであっても、他の人と一緒に頑張れば乗り越えられる可能性は上がります。 もしも今の勤め先でそれが不可能な場合は、環境を変える必要があります。自分の力だけではどうにもならず、また周りの人からの助けが期待できない場合は転職を考えてみましょう。もちろん、自分に問題があれば改善すべきですが、時には違う環境を探す必要もあります。

めんどうなこと

面倒と感じることに対しても難儀という言葉が使われます。難儀の意味には面倒も含まれているので、何か面倒に見えることがある場合も口にするでしょう。難儀は愚痴の意味でも使うことが多く、面倒くさいと感じたら口にする人もいると考えましょう。 そのような意味で難儀という言葉を使いたくなったら、頻度には気を付けましょう。何かにつけて「難儀なことだ」と口にしては、周りからは嫌がられます。そして周囲からの信用を失ってしまい、最後には孤立する恐れもあります。難儀は悪い意味でもあると考えましょう。 もちろん、問題をきちんと指摘するのは必要です。その場合は露骨に嫌な態度を顔に出さず、難儀なことを続けてしまうデメリットもきちんと指摘しましょう。その意味が相手に伝われば、面倒な仕事も解消される可能性があります。建設的な方面に動く方がです。

迷惑なこと

迷惑なことと聞くと、人によって頭の中に浮かべる行動はそれぞれ異なります。ごみのポイ捨てや仕事のサボりを想像する人がいれば、反社会的な犯罪を頭に浮かべる人もいるでしょう。例えは極端ですが、そうした迷惑行動に対しても難儀の意味が通じます。 難儀なことをされたと言えば、迷惑を被ったという意味と考えましょう。もちろん、明らかに危険な行動は許されませんし、被害の度合いによっては法律の裁きを与えるべきです。しかし、誤字脱字などのほんの僅かなケアレスミスで難儀な目に遭っても、許してあげましょう。 同じ失敗を何度も繰り返してはいけませんが、それを必要以上に咎めても相手は萎縮します。そうなっては相手も自信を失ってしまい、失敗の意味が苦しいものと捉えてしまいます。失敗は責めるよりも、一緒に乗り越えて成長することの方が遥かに大切です。

困難

困難とは、難しいことを意味します。その言葉のように、特別難しい仕事を任されたら、難儀または困難を使うことが多いです。もちろん、困難なことに直面したとしても、まずは調べ物から始めてみましょう。今の時代は情報に溢れているので、わからないことでも調べられます。 困難に直面しそうになっても、まずはそれを解決するには何をすればいいのかを考えることがです。インターネットで検索するのもいいですし、紙媒体の書籍だって豊富に揃っています。あるいは図書館に伺って、目的とする分野の本も探してみましょう。 もちろん、得意とする人の力を借りることも大事です。一人ではできないことでも、チームなら成功することも多いです。迷った時は、成功者や知識人からアイディアを頂いてみましょう。その人から成功するヒントや、難しい言葉の意味も聞くことをします。

容易ならぬこと

初回公開日:2018年03月05日

記載されている内容は2018年03月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング