IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【父親・母親別】授業参観の服装・季節別の服装|小学校

社会人常識

授業参観があるが服装はどうしようかと悩むことが多いですが、ポイントを押さえれば問題ありません。季節に応じて、また場に応じて授業参観にふさわしい服装も変わるので、いつどこの参観に行くのかを考えてコーディネートされることをおすすめします。

更新日時:

授業参観の服装は場や時を考えて選んでください

授業参観の服装は場や時を考えて選んでください

授業参観があると聞いて、着てく服はどうすればよいのかと頭を抱えてしまうこともあります。直前になって慌てないように、事前に準備しておくと良いです。その場で浮かないように注意をする必要はありますが、ポイントさえ押さえておけば難しく考える必要はありません。 小学校の授業参観でよく着られている服装と、私立中学の授業参観でよく着られている服装も異なります。場所にあわせて服装を選ぶなど、臨機応変に対応ができるとベストです。かしこまったほうがよいのか、ラフな感じでも良いのかも考えることをおすすめします。 また授業参観は年に数回あるので、季節に応じて服装をコーディネートする必要もあります。季節ごとに気をつけたほうが良い点もありますので、お子さんに恥ずかしい思いをさせないためにも慎重に選ぶようにしてください。

小学校はカジュアル目でも問題ありません

小学校の授業参観は、地元で行われることからカジュアルな服装の方も多いです。入学式や卒業式のように華やかな感じ、かしこまった感じで決める必要はありません。しかし部屋着や普段着などラフ過ぎる格好ですと、場で浮いてしまうことも考えられます。 電車に乗って街に出かけるときに着る服装など、軽くおしゃれをされることをおすすめします。そして蛍光色など派手目の色や柄が目立つものは避けて、落ち着いた雰囲気を感じさせられる服装にしてください。場に溶け込むような感じで、目立ちすぎないように心がけるとよいです。

私立中学はしっかり感を出すほうが良いです

私立中学の授業参観に行く際は、公立の小学校や中学校と比較して服装を重視される方が多いです。カジュアルな服装ですと逆に目立ってしまう恐れがあるので、正装に近い形にされることをおすすめします。 入学式や卒業式のように正装で固める必要はありませんが、スーツを着るなど気をつけたほうがよいです。お仕事の途中や帰り道に授業参観に寄られる場合は、スーツのまま行かれる方もいます。 スーツでなければ、ワンピースにジャケットを羽織るなどきちんと感が伝わるようにするとベストです。私立中学といっても学校よって授業参観の雰囲気も違うので、他のお母さんやお父さんの格好も参考にしながら、何を着ていけばよいか考えることをおすすめします。

母親の授業参観の服装は何がベストか

授業参観でお子さんが頑張っている姿を見たいと張り切ってしまうお母さんも多いですが、目立ちすぎないようにして、お子さんが恥ずかしい思いをしないように気をつけることが大切です。

カジュアル過ぎない格好で行くのがおすすめ

公立の小学校など近場で授業参観があるときは、近いから普段の格好で良いやと普段着で行こうかと考える方もいます。カジュアルな格好でも良いですが、カジュアルすぎると浮いてしまうことが考えられます。 中はカジュアルな服装でも上からジャケットを羽織るなど、しっかり感が感じられるアイテムを1つでも良いので取り入れることをおすすめします。ジーパンを履いても良いですが、上はTシャツではなく無地のセーターやブラウスを着るなど、全体がカジュアルにならないように気をつけると良いです。

事前にママ友に聞いておくと安心

はじめての授業参観なので服装をどうして良いか分からないと思ったら、ママ友に聞くのもおすすめです。お姉ちゃんやお兄ちゃんがいて既に参観に出たことがある先輩ママさんに聞くと、皆さんがどんな格好をしているか分かります。 はじめての授業参観の時は顔合わせもあるのでしっかり目で、2回目以降は少しカジュアルでも良いなど、詳しい話が聞けることが考えられます。迷った時には1人で悩まずに、先輩ママに聞くなど情報収集をして備えれば良いです。

父親の授業参観の服装を気をつけましょう

授業参観があるが何を着ていけば良いか分からない、着ていく服がないと悩む方も多いです。基本的にはカジュアルすぎず、少しきちんと感がある服装で行けば場で浮くことはありません。Tシャツにジーパンではなく、スラックスにワイシャツやポロシャツなど清潔感が感じられる服装がおすすめです。 スーツが無難だろうとスーツを選びがちですが、授業参観でスーツを着ていくとしっかりし過ぎていて逆に目立つことが考えられます。入学式や卒業式はスーツでも良いですが、参観は式の時と比べて少しラフな感じに崩されるとベストです。

季節別の授業参観の服装も考えてください

授業参観は年に何回かありますので、季節にあわせて服装を選ぶ必要があります。季節を感じられるアイテムを取り入れることで、おしゃれ感も出て好印象です。季節ごとに注意をしたい点もあるので、以下紹介をしていきます。

春は明るいアイテムを取り入れて

入学式が終わったら、早々に授業参観の日程が知らされることが多いです。はじめての参観ということもあって、服装はどうしようかと緊張する方もいらっしゃいますがポイントを押さえれば問題ありません。 春らしいアイテムを取り入れるのもおすすめで、淡い黄色やピンクなどをあわせると綺麗に見えます。中は涼しげな感じがするワンピースを着て、上からジャケットを羽織ると春らしくて素敵です。 春は時期によってはまだ肌寒いこともありますので、中は半袖か薄手の長袖を着用し上からジャケットやカーディガンを羽織れるようにしておくのもおすすめです。春夏と併用をしたいと夏用のおしゃれ着を購入される方もいますが、上から何か羽織ると春らしさも出て良いです。

夏は薄着にならないように

夏は暑く、つい薄着になることが考えられます。他の季節と比較し薄着の服装でも問題はありませんが、授業参観では肌の露出が高い服装は避けるのがベターです。キャミソールやタンクトップを着用する際は、上からカーディガンを羽織るなど肌が見えすぎないように注意をしてください。 汗をかくのではないかと心配される方も多いですが、中に綿のキャミソールやタンクトップを着用すると汗をすってくれるので安心です。上から半袖のカーディガンもしくはブラウスなど着用をすると上品なイメージも出ます。麻やシルクが使われている服を選ぶのもおすすめです。 外は暑くても教室の中は空調がきいていて、途中で肌寒くなることもあります。寒くなったときはさっとカーディガンを羽織るなど、対策をとられることもおすすめします。

秋は軽すぎず重たくなりすぎずに

2学期がはじまり早々に授業参観が開かれることもあり、時期によっては秋とはいえまだまだ暑いことも考えられます。しかし夏とは違い秋らしい服装になるよう、心がけることをおすすめします。半袖で行っても良いですが、茶色やベージュなど秋らしい色を取り入れることで季節感も感じられておしゃれです。 冬が近づくにつれて寒い日も増えますが、冬着にならないように気をつけるのも大切です。黒など重たい色にならないよう、紺色など少し明るめに見える色も取り入れて軽さを出してください。 黒色の服装を選択される際は、ストッキングはベージュ系にするなど全体的に暗くならないようにするのもベターです。

冬は黒ばかりにならないように

冬に授業参観が行われるときは、つい厚着をしてしまう方もいらっしゃいます。寒いのではないかと重装備で行ったら、教室内は暖房がきいていて汗をかいてしまったとの体験談もあります。暖房がきいていると念頭に入れて、脱ぎ着がしやすいよう調整して行かれることをおすすめします。 コートなど上着は脱いで手に持っている必要があることも多いので、手が疲れないように軽めの上着を選択するのもおすすめです。 冬に授業参観に行こうと服装を考えていたら、全体的に黒ばかりになってしまったというケースもあります。黒ばかりですと重たいイメージになりますので、中もしくは上着のどちらかは黒にならないように避けるのもベターです。ストールをつけられる際はベージュや白などを選択するなど、明るいアイテムを取り入れるのもおすすめです。

季節によって変えるなど授業参観の服装選びを楽しんでください

授業参観に行く服装はどうしようかと頭を抱えることもありますが、季節感が感じられるようコーディネートするなど楽しむこともできます。お子さんが恥ずかしい思いをしないよう、目立ちすぎず大人な雰囲気でまとめると良い印象も出ます。おしゃれなお母さん、お父さんとお子さんに褒めてもらえるよう考えてみてください。

関連タグ

アクセスランキング