IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「申し訳ございません」の正しい使い方・類語・言い方|敬語

更新日:2020年11月19日

敬語

「申し訳ございません」という言葉をみなさんは使ったことがあるはずです。しかし、この「申し訳ございません」という言葉。実は注意しなくてはいけない言葉だってご存知ですか。さまざまな例文とともに「申し訳ございません」、そして謝罪についてまとめました。

「申し訳ございません」は間違いなのか?

謝罪というのは、人生に何度起こるできごとでしょうか。謝罪は、これからの自分の人生を左右するかもしれないとても重要な場面であることは確かです。 しかし、謝罪はとてもむずかしく、言葉選びにも苦労した経験があるでしょう。なにげなく使っているあの言葉も、掘り下げてみるとなかなか手ごわい言葉でした。

謝るときあなたはどの言葉をつかいますか?

謝罪の場面でみなさんが使われる言葉をパッと思い浮かべてみてください。「ごめんなさい」や「申し訳ありません」、「申し訳ございません」。さまざまな言葉が思い浮かばれますが、ここでひとつ問題があります。「申し訳ございません」を選ばれたあなた。この言葉、実は注意しなければならない言葉ということをご存知でしたか。

「申し訳ございません」は誤用!?

注意しなければならないというのはいったいどういうことなのでしょうか。もしかして、間違っているということなのでしょうか。

「申し訳ございません」

「申し訳ございません」の構成について確認してみましょう。まずは「申し訳ございません」を要素ごとに切りわけてみてください。

「申し訳」+「ございません」

「申し訳」+「ございません」と切りわけたあなた。 そうです。これが問題です。 実はこの切りわけかたが間違いとされています。

「申し訳ない」で一語だった!

そもそも、「申し訳ございません」の通常表現と考えるひとがおおい「申し訳ない」についてですが、これは「申し訳ない」で一語の複合形容詞です。

本来は「申し訳ない」で一語!

「申し訳ない」で一語ということは、「申し訳」+「ない」の切りわけかたで考えるのは間違っているということです。 この「申し訳ない」を活用しようというのなら、「申し訳なかろう」「申し訳なくない」となります。つまり「申し訳ない」の「ない」だけを活用するのは誤った使いかたです。

しかし

しかし、「申し訳ございません」という言葉は正しいと考えるひともいます。

初回公開日:2018年04月02日

記載されている内容は2018年04月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング