IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

印象アップに繋がる?面接後のお礼メールの送り方

就活ノウハウ

印象アップに繋がる?面接後のお礼メールの送り方

更新日時:

man-holding-microphone

就活での面接後、お礼メールは送った方が良いのでしょうか?また、送るとしたらどのようなタイミングで、どんな文面を送れば良いのか。困っている就活生は多いと思います。そこで、この記事では面接後に送るメールについてのマナーやポイントをご紹介します。

面接でのお礼メールの送り方

なぜお礼メールを送るべき理由

そもそも、お礼メールって送るべきなのでしょうか? もちろん必須ではありませんが、送っておいた方がより企業に誠意やあなたの熱意が伝わるでしょう。送っておいて損はありません。

また、面接を受けてあなたがその企業からなんらかの感銘を受けたことや、感謝の気持ちを伝えるためには、お礼メールは良いツールとなります。

お礼メールはあくまでも、あなたが企業に対する思いを伝えるためのものです。自己PRや面接でアピールしきれなかったことを伝えようとするのは、悪い印象を与えかねないのでやめておきましょう。

お礼メールのタイミングとポイント

お礼メールは、なるべく早く送っておいた方が良いでしょう。なぜなら、選考の早い企業だと当日や翌日に合否が決まることもあるからです。面接をした当日や、遅くとも翌日にはメールを送っておくことが大切です。

件名はしっかりとつけること

いつの面接か、自分がどこの大学の誰なのか、一目でわかるような件名をつけることが重要です。

本文はわかりやすく、簡潔に

長々と書いても多忙な人事の方の迷惑になってしまう可能性があります。わかりやすく、なるべく短い文章でお礼の気持ちを伝えましょう。また改行などを効果的に使うと、読みやすいメールになります。

お礼メールに書く内容

まずは、自分に面接の時間を割いてくれたことに対するお礼を述べておきましょう。そのうえで、面接によって得られた知識や、企業に対する感想・感謝・印象に残ったことなどを伝えます。

メールの最後には署名を

メールの最後には、署名を必ず添えておきましょう。自分の大学、学部・学科名、氏名とともにメールアドレスと電話番号なども記入しておくとベストです。

具体的な「お礼メール」の例

件名:〇次面接のお礼について(〇〇大学・氏名)

株式会社〇〇 △△様

大変お世話になっております。本日はお忙しいところ、
貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。

△△様よりいただいた、××××というお話が大変印象的に残っており、
貴社で働きたいと思いがより強くなりました。
(また、××××といったことが理解できました、
××といったところに感銘を受けました、など)

面接のお礼を申し上げますとともに、
貴社のご発展と社員皆様のご多幸をお祈りいたします。

〇〇大学 〇〇学部 〇〇学科
氏名:〇〇〇〇
メールアドレス:〇〇〇〇
電話番号:〇〇〇〇

お礼メールで好印象を上乗せ

面接のメールは、礼儀正しく、わかりやすく簡潔に、がポイントです。企業に対する感謝や誠意が伝わるよう適切なタイミングでメールを送れば、それが面接での印象の相乗効果で、良い印象を上乗せできるかもしれません。ただ、あまり媚びすぎると、逆効果を与えかねないので、十分注意を払いましょう。

志望企業の内定獲得のカギは「自己PR」

就活の面接時、ESや履歴書で他のライバルと差をつける「自己PR」。自分らしさを採用担当者に伝え、注意を惹き付けるためには、論理的で採用担当者が見ているポイントを抑える必要があります。 穴埋めだけで、自己PRのポイントを抑えられる資料をこちらに用意しました。自己PRで内定を獲得し、納得の年収と、圧倒的成長を実現できる企業への切符を手に入れましょう。

関連タグ

アクセスランキング