IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

初彼岸の迎え方と法要のマナー|香典の相場/お返し/服装

社会人常識

故人が亡くなって初めて迎えるお彼岸のことを初彼岸とよびます。この初彼岸には、どのようなことをするべきなのでしょうか。初彼岸の迎え方と、その法要のマナーについて詳しく紹介いたします。初彼岸の法要を行う方は、ぜひ参考にしてください。

更新日時:

初彼岸とは

みなさんは「初彼岸」という言葉をご存じでしょうか。初彼岸とは、故人が亡くなってから初めて迎えるお彼岸のことです。初彼岸には、故人が初めて、悟りの世界である極楽浄土にいくことができると言われています。初彼岸の迎え方や法要のマナーを説明する前に、初彼岸について詳しく紹介いたします。

いつ

初彼岸とは、人が亡くなり四十九日が過ぎて最初に迎えるお彼岸のことです。四十九日前にお彼岸を迎えていた場合でも、四十九日の前のお彼岸は、一般的には初彼岸と呼びません。お盆もこの考え方と同じで、四十九日が過ぎて最初にくるお盆を初盆と呼ばれています。 お彼岸の期間は、3月の春分の日と、9月の秋分の日を中日として、前後3日間を含む計7日間をお彼岸の期間といいます。お彼岸の初日は「彼岸の入り」とされ、春分の日と秋分の日のことを「中日」とされています。また、最終日は「彼岸明け」と呼ばれています。

初彼岸には何をする

初彼岸には何をする

初彼岸を迎える家族は、どのようなことをするべきなのでしょうか。家族が亡くなり、初彼岸を初めて迎える場合には、初彼岸に何をすべきかと戸惑ってしまう方もいらっしゃるでしょう。しかし、初彼岸といっても、何をすればよいのかと難しく考える必要はありません。特別に僧侶を招いて読経をおこなう、法要をしなければならないという決まりはありません。 初彼岸は、いつものお彼岸と同じように、家族で祖先のお墓参りに行きお供えすることが一般的です。お墓の掃除をし、故人が生前好きだったものをお供えするとよいでしょう。初彼岸ということで、自宅などに僧侶を招いて読経を行う法要をする場合もあります。法要に出席する場合は、お供えやお香典を持参することがマナーとなっていますので、忘れず持参するようにしましょう。

初彼岸の迎え方と法要のマナー

初彼岸を初めて迎える場合などには、初彼岸にどのようなことをするべきか、悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。初彼岸に僧侶を自宅などに招いて法要を行う場合もありますし、家族で祖先のお墓まいりをする場合もあります。ここでは初彼岸の迎え方と、法要をする際のマナーについて紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

初彼岸の香典の相場

初彼岸で法要を行う場合には、出席する際にはお香典やお供えものを持参するのがマナーとなっています。初彼岸でのお香典の金額の相場は、3000円から5000円ほどです。お供えものを持参する場合の相場も、お香典と同じくらいで良いでしょう。お供えものとしてお金を包む場合もあります。お供えの場合は、お金でも品物でのどちらでも結構です。 また、現金と一緒にお供えものを持参される方もいらっしゃるでしょう。その場合には、お金の相場は3000円ほど、お供えものの品物の相場は1000円から2000円ほどとなります。お金と品物を足して、5000円ほどになるようにすればよいでしょう。あまりにも高い金額を包みすぎるのも、先方に気を遣わせてしまうことになります。お香典やお供えものは相場の範囲で考えるようにしましょう。

水引

初彼岸でお香典を渡す場合、お金を不祝儀袋に入れて渡すのがマナーとなっています。また、黒白・黄白・双銀の結び切の水引を使用します。 初めは白一色だった水引の色ですが、時が経つにつれ染めた水引を使用するようになりました。現在では、紅白、金銀、黒白、黄白、青白、双金、双銀などの水引が使用されています。初彼岸などの弔辞の場合には、一般的に黒白や黄白の水引を使用します。 黒白の水引を使用するのか、黄白の水引を使用するのかは、地域や慣習によって異なります。一般的に関東では、四十九日までの場合は黒白の水引、四十九日以降の場合は双銀の水引を使用することが多いです。一方関西や北陸では、黄白の水引を使用することが一般的となっています。地域や慣習によって異なるので、事前に水引の色について確認しておくようにしましょう。

服装

初彼岸に法要をする場合の服装ですが、一般的に3回忌までの法要の際には礼服の着用がマナーとされています。初彼岸で法要を行う場合には、礼服を着用していくのがベターでしょう。 また、初彼岸を迎えるお宅を訪問するなどの場合には、喪服ではなく平装でも構いません。しかし、平装といってもマナーを考えなければなりません。だんだんと暖かくなってくる3月に初彼岸を迎える場合には、華美な服装は避けましょう。男性なら落ち着いた色のシャツにパンツ、女性なら落ち着いた色のシャツやワンピースの着用が好ましいです。 まだまだ残暑が厳しい9月に初彼岸を迎える場合には、短パンやTシャツ、サンダルなどの軽装はマナー違反です。お宅を訪問する際に、失礼のないような服装をしていくように注意しましょう。

祭壇

初彼岸で法要を行う場合、祭壇を設けたときには、祭壇にのみ、ご飯や果物などのお供えものをお供えするようにします。初彼岸なので特別なことをしなければならない、というようにあまり堅苦しく考える必要はありません。祭壇には、毎日ご飯やお茶を取り換え、地域によって異なりますが、お彼岸の中日には彼岸団子をお供えするのが一般的となります。 位牌は祭壇に出しますが、仏壇には通常、ご本尊が置かれていますので、扉は空けておく方がよいでしょう。マナーとしては、昼間は明け、夜に扉を閉めるのが一般的です。

お供え物

初彼岸のお供えものには、お菓子やお茶菓子、果物や飲み物など、日持ちをするものをお供えするようにしましょう。また、いつもより効果な線香やろうそくなどのお供えものもよいでしょう。お菓子やお茶菓子などの食べ物をお供えする場合には、故人が生前好きだったものをお供えするのが基本とされています。食べ物の保存状態に気をつけて、お供えするようにしましょう。 仏花はもともと飾られている場合が多いのですが、故人が花が好きだった場合などには、生花をお宅に郵送したり、持って行ったりすると喜ばれるでしょう。

彼岸団子

お彼岸のお供え物の定番といえば、彼岸団子が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。また、ぼたもちやおはぎをお供えする方も多くいらっしゃるでしょう。お彼岸の際に言われる言葉には、「入りもたもちに明け団子、中の中日小豆飯」と言われており、お彼岸の入りにはぼたもちやおはぎをお供えし、中日には小豆ご飯、彼岸明けには団子をお供えする、という意味があります。 前に述べた言葉のように、彼岸入りに彼岸団子をお供えし、中日には彼岸入りでお供えした、彼岸団子を一度下げ、ぼたもりやおはぎを新たにお供えします。彼岸明けには、再度新しい彼岸団子を用意してお供えすることが一般的なお彼岸のお供えものとなっています。 彼岸団子は、あんこがない団子で、積み上げてお供えをする決まりがあります。団子の数は奇数であれば何個でも構いません。彼岸団子には、白や紅白、よもぎを混ぜ込んだものなど、さまざまな種類があります。

お布施

お彼岸というのは、日本の古くからある文化の一つで、仏教行事とされています。そのため、個人でお墓まいりをするだけでなく、お寺でお彼岸法要を行う場合があります。初彼岸の法要では、お寺で行われる法要に参加したり、個別でお寺に法要を依頼したりと家庭によってさまざまです。法要を執りおこなう場合には、お寺にお布施を渡すのが一般的となっています。 お寺によって異なりますが、お寺が開催している合同の初彼岸の法要に参加する場合には、お布施は3000円から1万円程度が相場とされています。また、個別に法要を執り行う際には、3万円から5万円が相場となっています。お寺ではなく、自宅に僧侶を招いて初彼岸の法要を行う際には、距離により、お車代として3000円から5000千ほどを、別途お渡しするようにしましょう。

お布施の渡し方

初彼岸の法要で、お寺や僧侶にお布施を渡す際、直接お布施を手で渡すことはマナー違反です。お布施を渡す際には、小さなお盆にお布施を乗せて渡すのが基本のマナーです。また、お盆が用意できない場合には、ふくさを用いてお布施を渡すこともできます。

塔婆

塔婆とは、供養のために用いられる細長い板のことを指します。塔婆を立てることが、善とされており、塔婆を立てることが善を積むという考えから故人の冥福につながるとされています。塔婆料とは、塔婆に梵字や経文を書いてもらうために、お寺や僧侶に対して支払うお金のことを指します。 一般的に塔婆料の相場は2000円から10000円とされています。しかし、あくまでも目安であり、お寺ごとに塔婆の長さや料金が決められている場合があります。正確な塔婆料を知りたい場合には、事前にお寺に確認してみるとよいでしょう。複数で塔婆を立てる場合には、全員の塔婆名簿を作成し、お寺に送る必要がありますので、事前に用意しておきましょう。

お返し

お返し

もともと初彼岸は身内のみで行われるため、お返しは不要となります。もし、お返しをされる場合には、3分の1から半額ほどの予算で、食べ物などをお返しするとよいでしょう。お返しの品としては、お香典返しや、法要の引き出物と同じようなものを贈るとよいでしょう。お茶、タオル、海苔など、長期保存ができる食品や洗剤などは、お返しとしておすすめです。 そのほかにも、家にある果物やお菓子などを、おすそ分けと渡したり、仏前に上がっているものを下して渡すのもよいとされています。

のし

初彼岸のお供えやお香典のお返しをする場合には、のしを掛けて渡すのがマナーです。黒白や黄白の結び切の弔辞用の掛け紙を用意しましょう。掛け紙の中央上段には、「初彼岸供養」や「粗供養」「志」などを表書きを使用し、下段には自分の氏名をフルネームで書きましょう。

初彼岸のマナーを学ぼう!

いかがでしたでしょうか。初彼岸には、普通のお彼岸と同じように、特別に何もする必要がないとされていますが、初めて迎えるお彼岸ですので、いつものお彼岸よりも丁寧に考えてみてはいかがでしょうか。初彼岸の迎え方のマナーを学び、故人をしのび、お墓参りでは心よりの供養をすることを心がけましょう。

関連タグ

アクセスランキング