IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

初盆の法要と飾り付け|宗派別マナー・提灯の準備/処分・服装

ビジネスマナー

初盆についてみなさんはどれくらい知っていますか。宗派によって飾り付けに違いがあるなど、初盆ならではのマナーがあります。どんな服装で行ったらいいのかなどさまざまな初盆の疑問を解決できます。初盆を迎える方も、初盆に出向く方も、必見です。

更新日時:

初盆とは?

毎年夏になるとやってくるお盆は、日本の伝統風習でもあります。「お盆=休み」とあって、心待ちにしている方も多いのではないでしょうか。しかし本来は、この世に戻ってくる先祖の霊を迎え入れ、供養するの期間のことです。 お盆は、あの世とこの世を隔てる釜のふたが開き、亡くなった人の霊がこの世に戻ってくる特別な期間です。 特に初盆は、亡くなった人が初めてこの世に戻ってくる、いわば「初めての里帰り」です。灯篭や提灯などを飾り付け、盛大に行うのが一般的です。 地域によっては「新盆(にいぼん)」と呼ぶところもありますが、初盆も新盆も言い方の違いだけで意味は同じです。一般的に東日本では新盆、西日本では初盆と呼ぶ地域が多いとされています。

初盆の時期

初盆の時期

初盆は「故人が亡くなり、四十九日を過ぎてから初めて迎えるお盆」です。つまり、初盆の時期は次のようになります。 ・お盆前に四十九日を迎えた場合は、その年のお盆 ・お盆中・お盆を過ぎてから四十九日を迎えた場合は、翌年のお盆 気をつけなければならないのは、命日から数えて初めてのお盆ではなく、四十九日を過ぎてから初めてのお盆と言うことです。6月末からお盆の期間中に亡くなった場合は、翌年のお盆が初盆になるので注意が必要です。 うっかり間違ってしまっては失礼に当たりますから、亡くなった方の命日といつ四十九日を迎えるのかをしっかり記録しておきましょう。

宗派別初盆の法要と飾り付け

お盆の時期はどこのお寺も忙しいので、初盆の法要と言っても何時からとぴったり決まっているわけではありません。おおまかな時間をお寺から伝えられるので、準備をして待ちましょう。準備とは盆棚や精霊棚を飾り付けておくことです。 お坊さんが来て読経をしてくれた後、ご遺族や親戚で焼香を済ませるのが一般的な初盆の法要です。葬儀や四十九日のように、場所をセッティングして会食をするような大々的な法要とは異なります。これはどこの宗派もほとんど同じです。 初盆の際には仏壇の他に「盆棚」や「精霊棚」といった特別な祭壇を用意して飾り付けます。飾り付け方もお盆独特のもので、地域や宗派によって変わってくることがあります。知らずに恥ずかしい思いをしてしまう前に、勉強しておきましょう。

臨済宗

臨済宗の初盆の飾り付けは初盆用の白提灯、盆灯篭をともに仏壇の両脇に飾り付けます。精霊棚にござを敷いてお供えをする場合もありますが、必ず敷くというものではありません。 臨済宗では精霊棚に、笹たけ・ほおずき・生花・果物・団子・そうめんなどをお供えします。これをお供えしては駄目と言うものはありませんので、お酒やタバコといった嗜好品もお供えして構いません。

浄土宗

浄土宗では、盆棚の横に初盆用の白提灯を飾ります。盆灯篭も盆棚の左右飾り付けます。初盆用の白提灯はどの宗派でも一般的な飾りですが、浄土宗ならではの初盆の飾りつけがあります。 精霊棚の上にござを敷いて、その上にお供えを飾り付けます。 飾るお供えは、生花・季節の野菜・果物・お菓子などです。個人の好きなものをお供えしたりしますが、お酒やタバコなどの嗜好品を供えるのはあまり良くないとされます。またオガラを「井」型に並べて迎え火を行うのも浄土宗の特徴です。

浄土真宗

浄土真宗では一般的な初盆は行いません。なので、盆棚や精霊棚なども必要とせず、盆提灯なども飾りません。浄土真宗では、先祖はあの世で仏様になるためこの世に帰ってくることはないと考えられているからです。 他の宗派に合わせて一般的な飾り付けを伴う初盆を行うケースもあるので、絶対にしないとは言い切れません。故人が浄土真宗であった場合は、初盆を行うのかどうか確認したほうが安心です。

曹洞宗

曹洞宗でも初盆用の白提灯、盆灯篭を飾りつける点は他の宗派と変わりません。曹洞宗ならではの初盆の飾りつけと言えば、精霊棚を白い布で覆うことです。白い布で覆った精霊棚の上に、お供え物をお盆に乗せて飾ります。 お盆に乗せるお供えは、お線香・果物・お菓子・生花・灯明・お水・ご霊膳です。ご霊前のお箸は仏様つまり仏壇の方に向けて置きます。曹洞宗では、お酒やタバコといった嗜好品もお供えして良いとされていますので、故人の好きなものをお供えするといいでしょう。

日蓮宗

日蓮宗も他の宗派と同じように、初盆用の白提灯、盆灯篭を飾り付けます。日蓮宗独特の飾りつけは、盆棚の両脇に青竹を立てることです。他には仏壇の最上段にはご位牌ではなく、日蓮宗の開祖である日蓮大聖人像を飾ります。 精霊棚に飾り付けるお供え物は、生花・水の子・きゅうりの馬・茄子の牛・お茶・ご飯などです。他にもお供えしたいものがあれば一緒に供えて問題ありません。水の子とはさいの目に切った、きゅうりや茄子を洗った米と混ぜ、水と一緒に器に入れたもので、毎日新しくしなければいけません。

真言宗

真言宗の初盆の飾り付けは、初盆用の白提灯、盆灯篭を飾り付けるところは他宗派と同じです。お酒やタバコと言った嗜好品もお供えして問題ありません。 他宗派と違うところは、精進料理をお供えすることです。野菜や煮物、お新香、ご飯、お味噌汁といった精進料理をお箸を添えて食べられる状態でお供えします。そこにご先祖様がいる、といった感覚でお供えすればいいでしょう。これは真言宗ならではの初盆のお供えです。

神道

神道では初盆とは呼ばすに「新盆祭」や「新御霊祭(あらみたままつり)」と言います。御霊が安定し、子々孫々まで守護してくれる御霊となるように執り行われる大事な行事です。神主さんを呼んで祝詞奏上を行い、集まった遺族や親戚が玉串奉奠を行います。その後、会食の場を設けるのが一般的です。 祭壇は北向きにならないように注意します。祖霊舎を上段、左右に榊を置きます。米・日本酒・水・塩・丸餅・昆布・魚・野菜・果物・お菓子などを三方に乗せてお供えします。お供えを三方に乗せるのも神道ならではの飾り方です。 さらに13日には餡の乗った団子を、15日には餡のない団子を祭壇に供えます。「迎え団子」「送り団子」と言い、これも神道ならではです。

初盆の提灯の準備と処分の仕方

初盆の時に提灯を飾るのには意味があります。あの世からこの世へ帰ってくる故人の魂が迷わず帰ってこられるように、目印として提灯を飾ります。こんな優しさが提灯には込められています。いざと言う時揉めないように、誰が買って初盆の後はどうしたらいいのか、提灯のあれこれについて見ていきましょう。

誰が準備するのか

まず始めに提灯は誰が準備するのでしょうか。一般的に初盆用の白提灯は、初盆を迎える家で準備します。白提灯以外の模様が入ったものや、家紋入りの盆提灯は兄弟や子供といった近い親族から贈られる場合が多いです。 しかしこれも宗派や地域性によっては違いが出てくることがあるので、お寺や近い人に尋ねてみましょう。初盆は度々あるものではありませんので、知らないからと言って恥ずかしいことはありません。分からないことは思い切って聞いてみるのが近道です。

値段

初盆用の白提灯は、初盆の時にしか飾りません。値段は高いものから安いものまでさまざまですが、一度きりしか使わないので高価なものを購入する人は少ないです。安いものならば一対で一万円ほどから購入できるので、一万円から一万五千円が白提灯の相場と言われています。 故人のことを想うと、贅沢な白提灯を用意してあげたくなりますが、一度きりしか使わないものですから、あまり無理をせずお財布にあった額の白提灯で初盆を迎えましょう。

飾り方

初盆用の白提灯は、故人の霊が迷わずに帰ってこられるようにするための目印ですから、玄関や門柱など外から見える場所に飾ります。しかしどうしても飾れる場所がない場合や防犯を気にする場合は、縁側や軒先、ベランダに飾っても問題ありません。 基本的には外に飾るものですから、雨が降ると濡れてしまいます。雨に濡れて破れたからと言って縁起が悪いということはないので、気にならないならそのままでも大丈夫です。ですが白提灯を購入する時に雨カバーを付けてくれるところもあるので、あるなら雨カバーを使いましょう。わざわざ濡れさせる必要はありません。また雨の間だけ白提灯の場所を移動してもまったく問題ありません。

処分方法

初盆の時だけしか飾らない白提灯は、初盆が終わったら処分するのが一般的です。処分方法は「お焚き上げ」が基本です。送り火で燃やしたりする場合もありますが、お墓があるお寺でお焚き上げをしてくれるところもありますので、処分に困ったらお寺に相談してみると良いでしょう。 お墓のあるお寺が遠方で、お焚き上げしてもらうのが難しい場合は、各市町村の分別に従ってゴミとして処分することもできます。ですがゴミというのが気になるようであれば、近くの同じ宗派のお寺に相談してみてはいかがでしょうか。檀家でなくともお焚き上げをしてくれる場合もあります。

初盆の盆灯篭の相場と飾り方

白提灯と違って、綺麗な模様が入り、回転したり少し派手なイメージがあるのが盆提灯です。盆提灯は故人と近い関係にあった親族が贈るのが一般的です。盆提灯の相場と飾り方について見ていきましょう。 スペースの都合で貰っても飾りきれないという場合もあります。「盆提灯を贈りたいけれど、どうでしょうか」と訪ねるのは失礼ではありません。また、地域や宗派によっては提灯を贈らないこともあるので、提灯を贈りたい場合は確認してからにしましょう。

相場

親族が贈る盆提灯は、初盆だけでなくお盆が来るごとに飾ることができます。値段もやはりさまざまで、安いものならば一万円ほどで購入できます。相場としては二万円前後のものが多く贈られています。 盆提灯は毎年使えるものですから、伝統の和紙や日本伝統の技術が使われた、十万円を超える高級品もあります。末永く使ってもらいたいなら、そういったものを選ぶのも一つの選択です。

飾り方

色とりどりの盆提灯は、精霊棚から見える位置の左右に一対、二対と飾ります。飾る数やタイプに決まりはないのでどれだけ飾っても問題ありません。また吊るすタイプや回転するタイプなども提灯としての意味は同じなので好きなものを飾ってください。 部屋の広さも限りがありますが、多少狭くなってしまってもできる限り、頂いた盆提灯は飾るのがマナーです。数が多ければ多いほど、故人が慕われていた証ですので誇らしいと考え、初盆ではなるべく全て飾るようにしましょう。贈った方にも喜ばれます。

初盆のお布施の相場と渡し方

初盆にお坊さんに渡す「お布施」ですが、どれくらいの金額を渡したらいいのか、どうやって渡すのがマナーなのか、悩みは尽きません。多く払う必要もないけれど、少なすぎても申し訳ないです。お布施の相場や渡し方について見ていきましょう。

相場

お布施は、お坊さんに読経をしていただくことへのお礼です。初盆もお坊さんに読経してもらうのならば、お布施を渡す必要があります。宗派や地域によっても異なりますが3万円が相場と言われています。 また、お坊さんに家まで来て読経してもらう場合はお車代として、五千円から一万円を渡すのが一般的ですが、お車代の考え方は地域によってもさまざまなので周りの人に確認するといいでしょう。 近頃では、明瞭さのために料金を提示しているお寺もあるので、確認してみることをおすすめします。

書き方

初盆で渡すお布施は奉書紙で包むのが正式な形ですが、市販の封筒でも構いません。市販の封筒を使う場合は、無地の白い封筒を使います。郵便番号の欄のないもの、二重になっていない封筒を選びましょう。特に、二重封筒は「不幸が重なる」として避けるのがマナーとなっています。 薄墨ではなく黒い墨で書きます。うっかり薄墨で書いてしまわないように気をつけましょう。

表書き

初盆のお布施の表書きは、「御布施」「お布施」「御経料」などと書くのが一般的です。その下には、「○○家」と書くか施主の名前をフルネームで書きます。 お車代は、表書きに「お車代」と黒い墨で書いて終わりです。名前を書く必要はありません。

初盆の服装のマナー

お葬式や四十九日などの法要であれば喪服で参加しますが、初盆はどんな服装で行けばいいのか迷う方が多いのではないでしょうか。喪服なのか、通常の服装でいいのか、マナーや決まりはあるのでしょうか。知らずに恥をかかないためにも、初盆の服装について見ていきましょう。

平服

初盆の服装で悩んでいる時に「平服でいいよ」と言われることがあります。「平服」と言われると、通常の普段着のことを言っていると考えがちですが、これは間違いです。冠婚葬祭においての「平服」とは、省略した礼装のことです。略式喪服とも言います。 どんな服装が「平服」なのか具体的に見ていきましょう。 ・男性の場合、黒・紺・グレーなどダークカラーのスーツ、白いシャツ、黒の靴下、黒い靴、ダークカラーのネクタイ(柄はあってもよいが控えめなもの) ・女性の場合、黒・紺・グレーなどダークカラーのスーツかワンピース、ストッキング(黒・肌色どちらでも可)、黒い靴、髪留めをするなら黒か紺、アクセサリーはパールのみ ・子供の場合、制服、制服がない場合はダークカラーを基調とした服装 ダークカラーの服装でも、金の金具が付いていたり光る素材が使われているものはマナー違反とされていますので気をつけましょう。

喪服

施主など招く側の親族は、喪服を着るのが正式とされています。ですが、施主が喪服の場合は来ていただく方もそれなりの服装をする必要があります。参加するみなさんの負担を減らすためにも、施主や親族であっても略式喪服を着用することが増えています。 また初盆は喪に服すわけではなく、この世に帰ってくる故人の霊を迎えるための法要との考え方から、初盆に喪服はおかしいと考える場合もあります。地域によっては、平服すら着用しない、本当に普段着で初盆を行うところもあります。服装で浮いてしまわないように、初盆の際にはお寺や周りの人に確認するとよいでしょう。

初盆は夏の暑い時期にやってきます。初盆を略式礼服で行うことが多い理由は、暑い季節であることに考慮しているからでもあります。 夏であることを考えて、男性のシャツは半袖でも問題ありませんが、室内はエアコンが効いていることも考えられます。スーツのジャケットは持っていった方が無難でしょう。女性は、半袖のワンピースや半袖シャツ、半袖のアンサンブルでも大丈夫ですが、暑いからと言って生足は失礼です。肌色か黒のストッキングをはきましょう。 また地域や宗派によっては本当に普段着で初盆を行うところもあります。そのような場合でも、露出の激しい服装やサンダルなどで出向くのはさすがに失礼です。どんなに暑い夏だからとは言え、最低限のマナーは守りましょう。

初盆で供える金品の相場と渡し方

どんなにカジュアルに行おうと、初盆は立派な法要ですから、お香典やお供え物などが発生します。相場はいくらくらいなのか、どうやって渡すのかは気になるところです。相場や渡し方にマナーはあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

香典

初盆の香典の相場は、故人との付き合いの深さによっても変わりますが、一般的な相場をあなたとの関係別に見ていきましょう。 ・両親(義両親も含む)の場合は、三万円から五万円 ・祖父母の場合は、一万円から三万円 ・兄弟姉妹(義理も含む)の場合は、一万円から三万円 ・叔父叔母の場合は、五千円から一万円 ・友人知人、ご近所の場合は、三千円から五千円 この他に果物やお供え物を贈る場合もあります。会食がある場合はその金額をお香典にプラスして包むのがマナーです。お香典にはお返しが用意されます。お返しの金額を考えて、施主の方がマイナスにならないように気配りするのがマナーです。

提灯代

初盆には、初盆を迎える家で白提灯を、子供や兄弟といった近い親族が盆提灯を贈るのが一般的です。しかし、部屋の広さなどで盆提灯をもらってもこれ以上飾れないといった都合も出てきます。そのような場合は、盆提灯代に相当する金額を「提灯代」として包みます。 提灯代の相場は、一万円から二万円と言われています。この金額の盆提灯が一番売れているので、提灯代に迷ったら提灯代の相場を包むようにしましょう。

お供え物

初盆のお供え物の相場は三千円から五千円と言われています。旬の果物や缶詰、ゼリーや、乾麺、海苔など日持ちするものを選びましょう。贈答用のお線香やローソクも喜ばれるお供え物の定番です。 お供え物を選ぶポイントは、季節感があり日持ちするものを選ぶことです。地域によっては、初盆が終わった後にお供え物をわける習慣があるので、そういった場合は個別包装になっていてわけやすいものを選ぶと喜ばれます。

のし

初盆の提灯代などを包むのし袋ですが、「不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)」を使います。不祝儀袋にのしは付かないのですが、一般的にのし袋と言われています。 黒白、銀黒などの色の水引が付いたものが不祝儀袋と言われる物です。水引の結び方は結び切りか鮑結びのものを選びましょう。文房具を扱うお店やコンビニなどでも手に入りますが、一枚くらいは家に予備を置いておくと慌てずに済みます。

表書き

提灯代の場合は、上段に「御提灯料」か「新盆献灯料」と書きます。「御提灯料」をさらに丁寧にした言い方が「新盆献灯料」です。迷った場合は丁寧な言い方である「新盆献灯料」と書いた方が間違いありません。下段には、贈る側の自分の名前をフルネームで書きましょう。 お香典の場合は、上段に「御仏前」と書き下段には自分の名前をフルネームで書きます。お供え物を用意するかわりに現金を包むことを「御供物料」と言いますが、この場合も上段に「御供物料」下段に自分の名前をフルネームで書きます。 いずれの場合もインクの色は薄墨ではなく黒で書きます。間違えると失礼になりますので、間違えないように気をつけましょう。

初盆のおもてなし料理

初盆で家に来てくださった方をおもてなしするのに何を準備したらいいのでしょうか。初盆は何件も回る方もいるので、長居をする方は少ないでしょう。また何時に何人来るかというのも分からないので、料理の準備はとても気を使います。 冷たいお茶と、お菓子・果物などさっと出せるようなものを準備しておきましょう。料理を準備するにしても、煮物など日持ちするものが良いです。また、すぐ帰られることを考慮して、太巻きやお稲荷さんなどを詰めたものを準備しても喜ばれます。 田舎だと車で来られる方が多いので、お茶のほかにノンアルコールビールなどを用意しておくと、おもてなしの気持ちが伝わります。お茶請けは個別包装されているものを選んで、その場で食べなければ持ち帰ってもらうようにしましょう。

初盆のお返しの相場と選び方

初盆に来て下さる方にお香典を頂いたら、お返しをしなければいけません。「粗供養」「志」「初盆志」など呼び方はさまざまですが、頂いた香典の半額を返すのが一般的です。お香典の相場は五千円から一万円なので、お返しの相場は二千五百円程度と考えましょう。 お返しの品は、消耗品を選ぶのが一般的です。例えばお茶やコーヒーの詰め合わせ、海苔や調味料、乾麺、タオルセットなどです。 故人の好きだったものをお返しとして準備するのも素敵な心遣いです。 注意点としては夏場であることを考えて、生物だったり賞味期限が短いものは避け、日持ちするものを選びましょう。また、持ち帰る人のことを考えあまり重量感のあるものは避けるなどの心遣いも忘れずにしましょう。

初盆は日本の素敵な風習

初盆は法要の一つではありますが、あの世から帰ってくる故人の霊を、家族や親しい人たちで盛大にお迎えする日本の風習でもあります。迷わないように家の外に提灯を飾ったり、たくさんのお供え物や盆提灯で飾った精霊棚を飾って故人を偲んだりと初盆の意味や理由を知ると、故人や先祖を思いやる優しい素敵な風習だと分かります。 初盆はゆっくり優しい気持ちになって、故人を偲んで語らう場です。飾り付けや、お香典のマナーことで頭がいっぱいになってしまう気持ちも分かりますが、初盆の本来の意味を思い出して優しい気持ちで過ごすことができたら素敵です。

関連タグ

アクセスランキング