IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

初盆の時期と迎え方のマナー|服装/お布施/お返し・宗派別注意点

ビジネスマナー

初盆についてご存じですか?初盆の意味や、初盆を迎えるにあたって準備することやマナー、宗派別による初盆の迎え方の違いなど基本的なものについて紹介しています。実際に初盆を迎える方はもちろん、そうでない方も一般常識として知っておきましょう。

更新日時:

初盆について知っていますか?

初盆について知っていますか?

みなさんは、初盆について知っていますか。初めて聞いたという方や、なんとなく知っている方も、初盆について詳しく知っておきましょう。

初盆ってなに?

初盆は、故人が亡くなってから四十九日を過ぎて迎える最初のお盆のことをいいます。そのため、その年のお盆の時点で四十九日の法要が終わっていない場合は、翌年のお盆が初盆となります。 ちなみに、お盆とは年に一度帰ってくる故人の霊を祀る(まつる)儀式のことです。お盆の時期に、実家に帰省される方も非常に多いかと思われます。 主に現在では、8月13日から16日までを中心に行われます。お盆は、ご先祖様の霊が帰ってくるということで、家族や親戚同士で集まって食事をしたり、お墓参りに行ったりする方がほとんどでしょう。 初盆は、故人の霊が亡くなられてから初めて里帰りするお盆となりますから、通常のお盆よりも、より手厚く供養する必要があります。

読み方は?

初盆の読み方は、「はつぼん」です。ちなみに、全国的には「はつぼん」と読まれることが多いようですが、一部の地域では「ういぼん」と読む地域もあります。 また、初盆以外にも「新盆」という言い方があります。主に、西日本では「初盆」が使われ、東日本では「新盆」が使われています。 「新盆」の読み方は、「にいぼん」「しんぼん」「あらぼん」などといったいくつかの読み方があり、地域によって異なります。 一般的には「にいぼん」と読まれることが多いです。また、「しんぼん」は関東地方、「あらぼん」は北関東地方で使われています。 さらに、茨城県では、「初盆・新盆」のほかに、「入盆」(にゅうぼん)と呼ぶ地域もあります。

いつやるの?

いつやるの?

お盆が主に、8月13日から16日に行われることについては、ご存じの方も多いのではないでしょうか。では、初盆の時期はいつになるのでしょうか?先ほど、初盆の意味についてお話ししたとおり、故人が亡くなって初めて迎えるお盆ということですから、初盆の時期も同じく、8月13日から16日ということになります。   ちなみに、一部の地域では現在でも8月13日から16日ではなく、旧暦の7月13日から16日に行う地域もあります。 また、初盆の意味に、故人が亡くなって四十九日の法要が終わってから迎える初めてのお盆のこととあります。そのため、12日までに四十九日の法要が終わっている場合、その年のお盆が初盆ということになります。

初盆を迎えるにあたってのマナー

初盆を迎えるにあたってのマナー

初盆を迎えるにあたり、招待する側もされる側もさまざまなマナーがあります。相手の方に不快な思いをさせないためにもきちんと知っておきましょう。また、マナーについては地域による違いも多いですので、お寺や身近な方に聞いておきましょう。

服装は?

初盆における法要の場での服装は、施主や遺族など招く側である場合、喪服が基本となります。ですが、暑い時期に行われるため、現在は略礼装を着用して行われる場合が多いです。 また、招かれた側についても、略礼装が基本です。招かれる際、「平服でお越しください。」と言われることがありますが、平服とは略礼装と同じ意味です。

男性の場合

略礼装とは、男性の場合はブラックスーツです。黒など地味目な無地のスーツに白色のシャツ、黒のネクタイ、靴も黒で、できるだけ飾りのないものを着用します。

女性の場合

女性の場合の略式礼装は、ワンピース、スーツ、アンサンブルです。色は黒や紺、グレーなどダークな色のものを着用します。靴やバッグなども黒で統一します。

お布施について 金額は?渡し方は?

まず、お布施とは、法要の際に来ていただいた僧侶の方に渡す謝礼のことをいいます。お布施の金額の相場は、初盆の場合は3万円程度です。また、自宅やお墓まで僧侶の方に来ていただきますので、御車代として、5,000円程度包んで渡しましょう。 次に、お布施の包み方、渡し方についてです。お布施は、無地の白い封筒にお札を入れ、表面に「御布施(お布施)」と書くかもしくは何も書かなくても大丈夫です。裏面には住所、名前、金額を書きます。また、水引についてですが、基本的に御布施に水引は必要ありません。ですが、一部の地域では水引を使用する地域もあります。 また、お布施を渡す際は、直接渡すのではなく、お盆の上にのせて渡しましょう。

お返しは?

お返しは?

まず、初盆の法要の場では、参列者は故人に対し香典を持って行きます。施主や遺族などはそれに対し、引き出物や食事の場を用意することでお返しをします。 お返しの予算は、参列者から頂いた香典の金額の半分から3分の1程度です。次に、引き出物の品物についてですが、夏の時期ですのでそうめんやゼリー、海苔などの食品や、食品以外ですと、洗剤やタオルなどが人気です。 次にお返しの包み方、渡し方についてです。お返しを包む際には、弔事用の白黒の水引を用意しますが、西日本では黄白の水引を使用する場合もあります。のしは基本的に内のしで、表書きは「初盆」「志」「初盆志」が一般的です。そして名前の部分には施主の氏名か家名を書きます。家名を書く場合は、「○○家」というふうに書きます。

香典について

香典について

初盆に招かれた場合は、故人に対し現金を包んだものを持参します。これを香典といいます。香典の相場は、5,000円~10,000円が一般的ですが、法要のあとの食事会にも参加する場合は、その分も上乗せしてキリのいい金額にして包みます。食事会は、内容にもよりますが、5,000円程度上乗せして包みます。 次に、香典の包み方についてお話しします。香典を包むのし袋には、上の段に「御仏前」「御佛前」「御供物料」と書き、下の段に氏名をフルネームで書きます。この際、墨は濃い墨を使用します。そして、双銀、藍銀、黄銀、黄白の結び切りの水引を使用します。 ちなみに、香典に使用するお札は、新札はできるだけ避けるようにします。

祭壇の飾り方は?

初盆の祭壇の飾り方は、宗派や地域によりさまざまですが、今回は基本的な祭壇の飾り方についてお話しします。また、最近では簡単に祭壇の飾りつけができるセットなども売ってあります。 まず、精霊棚と白提灯を用意し、精霊棚の左右横に白提灯を置きます。精霊棚は仏具店で5,000円~購入できます。仏壇の中から位牌を取り出し、1段目中央に置きます。また、仏壇の扉は閉めておきます。そして、きゅうりの馬・なすの牛、素麺、昆布、水の子(洗った米、なすときゅうりをさいの目切りにしたものを水と一緒に器に入れたもの)、ほおずき、みそはぎの花、生花、季節の野菜や果物を飾ります。 また、祭壇を飾るのは、前日の夕方~13日の朝までに飾り、17日以降に片付けます。

挨拶はどうする?

初盆の法要の際、施主の方は来てくださった方に対し挨拶をします。具体的にどのような挨拶にしたらよいのでしょうか。 まず初めに、お参りに来ていただいたことに対し、感謝の言葉を伝えます。次に、故人との思い出や、今後についてお話しします。また、法要のあと会食をする場合はその旨についてお伝えします。 次に、初盆の挨拶の一例をご紹介します。 「本日はお忙しい中、亡き○○の初盆の法要にご参列いただき、誠にありがとうございます。早いもので○○が亡くなって初めてのお盆を迎えることとなりました。こうして皆さまにお集まりいただき、さぞ○○も喜んでいることと思います。(故人との思い出など)今後とも変わらぬご指導のほどよろしくお願いいたします。ささやかではございますが、お食事をご用意させていただきましたので、どうぞごゆっくりお過ごしください。」

初盆を迎える際の注意点 宗派別

初盆を迎える際の注意点 宗派別

みなさんは自分の宗派についてご存じですか。日本では普段宗教についてあまり関心がない人も多いですので、宗派までは知らないという方も多いでしょう。一度、自分の家の宗派について確認しておきましょう。ここまで初盆の意味やマナーについてお話ししてきましたが、宗派別に迎え方の違いはあるのでしょうか。

浄土真宗

浄土真宗は、他の宗派と違って基本的に初盆だからといって特別なことはしません。盆提灯や精霊棚を飾ったりすることはありません。なぜなら浄土真宗では故人は亡くなられた後、浄土に往生していて、お盆に帰ってくるというものではないとされているからです。 ですが、浄土真宗でも新盆の際は仏壇を普段より少し豪華にします。まず、打敷と呼ばれる布を掛け、仏飯、三具足(五具足)、お餅、お菓子や果物、白いろうそく(新しいもの)、花を飾ります。また、花もいつもより少し豪華なものにします。

曹洞宗

曹洞宗は、お釈迦様を本尊とする宗派です。曹洞宗は、仏教の宗派の中でも最も信者が多いといわれています。 曹洞宗の場合は、どのように初盆を迎えればよいのでしょか。基本的に曹洞宗の場合は、これまで説明したとおりの準備をします。まず、「初盆の準備」で紹介したように精霊棚を飾ります。次に、ご先祖様が家に帰ってくる際、道を間違えないために「迎え火・送り火」をします。 「迎え火」は13日の夕方、「送り火」は16日の夕方に家の門前、もしくは墓前で麻幹(おがら)を焚きます。また、送り火については、15日の夕方に行う地域や深夜に行う地域もあったりと、地域によって違います。自分の地域について確認しておきましょう。

真言宗

真言宗の場合もこれまで説明してきたとおりの準備をします。 まず、白い盆提灯を用意し、精霊棚を飾ります。そして13日の夕方に迎え火を焚きます。お盆期間中は、お坊さんに来ていただいて読経をあげてもらい、親戚や親しい知人と会食をしたりお墓参りをするなどして過ごします。お坊さんに渡すお布施や、参列者へのお返しを準備しておきます。最後に16日の夕方に送り火をし、16日当日か17日に片付けを行います。

初盆をしないということは?

初盆をしないということは?

浄土真宗の場合は初盆でも特になにもせず、普段通り過ごすとお話ししましたが、それ以外で初盆をしないことはあるのでしょうか。 初盆はやはり、亡くなられた方が初めて帰ってこられるお盆ですので、普段のお盆よりも丁寧に行うのが基本です。ですが、特別な理由があってこれまで説明してきたような準備や法要ができないこともあるでしょう。 そういうときは、白提灯を飾る、お供え物をお供えするくらいでもいいでしょう。お坊さんを呼んで読経ができなかったり、なかなか親戚一同集まることが難しいこともあります。 大切なのは、故人を偲ぶ気持ちです。お盆の期間中は特に丁寧にお墓を掃除したり、来ていただいた方にお線香をあげていただいたり、故人の思い出を話したりすることで亡くなった方の供養になります。

故人を忍ぶ気持ちが大切です

初盆のまとめとして、準備、当日、片付けまでの流れを振り返りましょう。 初盆当日に必要なのは、法要、お布施とお返し(招待客の場合は香典のみ)、精霊棚です。法要の後の食事の手配や精霊棚の準備など、これらに関しては前日までに準備しておきます。そして、13日の夕方に迎え火・16日の夕方に送り火をし、16日当日か17日に片付けを行いましょう。 初盆については、故人を偲ぶ気持ちが大切です。事情があって初盆をしっかりできなくても、キットを活用したり簡略化するなどして出来る範囲で供養をしましょう。

関連タグ

アクセスランキング