IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

初盆のお供えの相場と選び方|宗派別マナー・のしの書き方

ビジネスマナー

初盆は亡くなられた方が初めて迎えるお盆です。その後のお盆よりも特に丁寧に供養をする必要があるため、初盆の法要に招かれた場合には、マナー違反をしないよう十分注意が必要です。また香典やお供え物を郵送にする場合には、期間内に間に合うようお贈りしましょう。

更新日時:

初盆のお供えの選び方

初盆に招かれた時には、香典をお包みしますが、そのほかにもお供えを持っていく場合があります。初盆でもしていくお供えには、その立場によって相場は変わります。また、初盆にお供え物をおもちする際には、亡くなられた方が好きだったものや、初盆のお供え物として定番のものがありますので、その中からそれにふさわしいものをお持ちしましょう。 それでは、初盆にお供えを持っていくには、いつどういったものをお持ちすればよいのか、その相場についても併せてお話ししていきましょう。

お供えの相場

初盆にお渡しするお供えの相場は3000円から5000円程度が一般的です。ご仏前とともに、お供え物をお渡しする場合であれば、3000円から5000円程度を目安としましょう。特に近しい間柄であった場合や、お世話になった方の場合であれば 10000円から5000円程度を目安とします。 また、初盆に招かれた場合には、法要の後に会食を用意されている場合もありますので、会食に必要になる金額も踏まえ、10000円から20000円程度と、少し多めにお包みすると良いでしょう。

お供え物の香典を一緒にお包みする場合

ご仏前として香典とお供え物の両方を用意する場合には、香典を少なめに包む場合があります。ですが、これはその地域によって異なりますので、その地域の慣習に合わせ、亡くなられた方との関係を踏まえたうえでお包みすると良いでしょう。

お供え物の定番は

初盆のお供え物としてふさわしいものは、ご贈答用のを先行やろうそく、そのほかお花や果物、お菓子といった消耗品が一般的です。そのほか、日持ちのするそうめんや昆布、ノリといった食品を選びます。そのほか、亡くなられた方が生前好きだったものを選ばれる方も多くいらっしゃいます。 初盆のお供え物をお送りする場合には、受け取ったご遺族の方が負担に感じたり、たくさん受け取ってもご迷惑にならないものを選ぶと良いでしょう。

初盆の時期

初盆でご仏前、またはお供え物をお送りする場合には、その地域によって異なるため注意が必要です。初盆は、その地域によって異なっており、全国的には8月13日から16日がお盆の時期になっていますが、神奈川方面や北海道、沖縄といった一部の地域では7月13日から 7月16日に行われる場合があります。 ご仏前やお供え物を送る前に日にちについて前もって確認しておきましょう。また、お供え物を送る場合には一言添える必要があります。また、49日の法要の前にお盆を迎えるという場合には、初盆は翌年に迎えることになりますので注意しておきましょう。

初盆にふさわしいお花とは

お菓子と同じく、お花についても亡くなられた方が好きだったお花を送っても良いですが、くれぐれもマナーを守ってマナー違反となるお花は送らないよう注意して下さい。 一般的によく選ばれているお花は、トルコキキョウやキク、アイリス、カーネーションといった淡い色の花にも人気があります。お花は意外と高くつく場合がありますが、トルコキキョウやカーネーションはアレンジメントに入れると華やかさを演出できるためおすすめです。

初盆のお供え物としてふさわしくない花

初盆のお供え物としては花を選ばれる方も多くいらっしゃいます。ただし、初盆のお供え物としてお花を贈られる場合には、ユリのように花粉の多くにおいの強いものや、バラといったとげのある花、ツルのある花はタブーとされています。 そのほか、彼岸花を送ってもいけません。また、花びらの落ちるさまが、頭が落ちる姿に似ているツバキや、黒っぽく見える花も不吉とされていますので注意が必要です。 初盆のお供え物としてお花を上げる場合には、白い花を基調とし、お供えしやすいようアレンジメントをしてもらい贈ると喜ばれます。

お菓子

初盆のお供え物としては、お菓子も定番の一つです。お菓子のほかには果物や飲み物といった皆さんで負けて食べられるものが人気です。初盆のお供え物として果物を送る場合もありますが、果物はものによっては腐りやすいため、日持ちのする焼き菓子といったお菓子が良いでしょう。 その地域によっては、法要の後にお供え物を開封し、参列した方々で分け合い、持ち帰るしきたりがある場所もあります。そのため、おかしを送る場合には、ご親戚の方々で分け合えるよう、初めから小分けに包まれているものがおすすめです。 そのほか、亡くなられた方が生前好きだったものを送ると良いでしょう。初盆の場合は、冷蔵庫に入れる必要がなく、日持ちのするクッキーやおせんべいのほか、ゼリーや水ようかんといった水菓子なども人気があります。お菓子をお供え物としてあげる場合の相場は、3000円から5000円程度が一般的です。

そうめん

そうめんを初盆のお供え物としては定番のものです。なぜお盆や初盆でそうめんを送るのか、その意味についてご存じでしょうか。お盆や初盆にそうめんを送るようになった由来やその意味についてお話ししましょう。

そうめんをお供えする由来

初盆やお盆の際にそうめんを送る意味については諸説あり、その地域によっても意味が異なっています。そうめんをお供え物として挙げる意味については、次のものが一般的です。 まずは、細く長くといった縁起をかつぐための意味。仏様が家にお帰りになる際に、荷物をくくるためのひもとして使うため、仏様は馬に乗ってお家に帰ってくると考えられているため、その手綱として使うため、疫病といった病気の予防を願う意味といったいわれがあります。 細く長く幸せを得られるように、ということでは年末にためる年越しそばも同じ意味で食べられます。日本ではおせち料理にも一つ一つの料理に意味があるように、お盆にお供えするものについても一つ一つ意味があります。そのため、そうめんを初盆のお供え物として挙げるのには、幸せや喜びを細く長く続けるためにお供えされます。

荷物を運ぶ紐に見立てたもの

お盆では精霊馬をお供え物としてあげます。これはご先祖様の例がキュウリに見立てた馬に乗ってお家に帰ってくるためです。そのため、そうめんはこのキュウリに見立てた馬の手綱としてもちいられます。 また、お盆や初盆では、ご先祖様の例をお迎えするにあたりいろいろな料理やお供え物をしてもてなしをします。それを持ち帰っていただくためのその荷物をくくるためそうめんがひもとしての役割を果たします。

疫病や熱病を防ぐ意味

あまり知られていませんが、そうめんは食べれば熱病にかからないと信じられてきました。また昔は疫病や熱病よけとしてそうめんがお供えをされていました。その習慣が現在も残っており、お盆や初盆のお供えとして、病気にかからないように、といった願いを込めてお供えされます。そのほか、お盆は夏にとり行なわれる教示のため、季節の食べ物として振る舞われます。

線香とろうそく

線香とろうそくはお供え物として定番のものです。先行やろうそくはどんなものを送ってもマナー違反とはなりません。そのため一番無難なお供え物として人気があります。とはいえ、あまり多く送られてもそれほど使う機会もないため、贈る数や贈られる方が大勢いらっしゃる場合は、かえってご迷惑になってしまう場合もあります。 初盆の法要に参列される方が限られていらっしゃる場合には、参列される方同士で話し合い、何をお供え物として挙げるかどうかを把握したうえで送ると良いでしょう。

提灯

初盆では、香典やお供え物のほかに、提灯をお送りする場合があります。初盆に用いられる提灯は模様の付いていない無地の白提灯です。これは、初盆の時だけに用いられる提灯にはなりますので、初盆が終わり次第、処分することになります。 あなたが提灯を受け取られる側であった場合には、その処分方法について迷われている方も少なくないでしょう。初盆で用いられる白い提灯は、その後のお盆に用いられることがありませんので、初盆が終わり次第処分することになります。この白い提灯は、送り火をたく際に一緒に燃やしても構いませんが、最近ではごみの処分方法は厳しくなったため、菩提寺に収める方が良いでしょう。 送り火と一緒に燃やすのであれば、白い紙や新聞紙に包み処分をします。菩提寺にお願いし、お焚き上げをしていただく場合には、引き受けていただけるかどうか確認のうえ、引き取っていただきましょう。

宗派別の初盆のお供えのマナー

初盆の盆棚または精霊棚の飾り方は、その宗派によって異なります。その宗派によってはお供えをしない場合や、お供えしてはいけないものもありますので注意しておきましょう。それでは次に、その宗派ごとの盆棚の飾り方についてお話ししましょう。 初盆の法要に招かれた場合には、亡くなられた方のお宅の宗派に合わせる必要があります。そのお宅の宗派がなんであるのかを前もって確認しておきましょう。

曹洞宗

曹洞宗は日本において禅宗の一つです。曹洞宗では、精霊棚にほおずきやお水、そうめんやお団子といったお供え物を用意します。また曹洞宗の初盆では、ほかの宗派と同じく白い提灯を飾ります。 曹洞宗では盆棚にお膳を上げ、お膳はそれぞれ配置が決まっており、お箸を仏さまのほうに向けておきます。そのほか曹洞宗がほかの宗派と異なる点は、盆棚を白い布で覆うということです。

日蓮宗

初盆での日蓮宗の盆棚の飾り方は、仏壇の両わきに青竹を立てます。青竹を立てた後は縄を張り、それにほおずき、青垣、青リンゴといった季節のものを吊るします。棚の下の方にはまこもを編んだ敷物を広げ、蓮の葉を敷き、水やそうめん、酢の物をお供えします。 そのほか、ナスやキュウリに割りばしを刺して足をつくった精霊馬を飾ります。仏壇の前に盆棚をつくり、仏壇の一番上の段の中央には日蓮大聖人像を飾っておくのが特徴です。 臨済宗ではその奥には曼荼羅を飾りますが、そのほかのお供え物としては、ろうそくやお線香を、お花、お茶、お菓子、果物などほかの宗派と変わりません。

臨済宗

臨済宗の場合には笹竹とほおずき、ヤマユリ、果物とそうめん、クリ、お団子といったものをお供えします。生花は仏壇に飾っても構いませんが、仏壇の上に「餓鬼棚」を作り、その上に飾る場合もあります。また果物のほかには、ヒジキやお金、昆布、かんぴょう、高野豆腐、干椎茸といったものを飾ります。 また、トウモロコシやナス、キュウリ、カボチャ、トマトといった野菜も用意しましょう。また臨済宗では蓮の葉や里芋の葉に洗ったお米をお供えします。お水は毎日取り換えるよう心がけてください。

天理教

天理教は基本的に方法がありません。その代わりとして毎年三月と九月に「御霊祭り」が行われます。これは天理教の教会で行われ、個人のお宅で行われることはありません。そのため、天理教の場合には初盆であっても特に何かをするということはありません。

故人との間柄別の初盆のお供えの相場

初盆とは、亡くなられた方が49日の法要後に初めに迎えるお盆のことを言います。また、地域によっては初盆のことを新盆とよぶ場所もあります。初盆の法要は、ご親戚のほかにも ご友人や会社関係の方もご招待を受ける場合がありますので、それぞれの立場別にそれにふさわしいお供えの相場を覚えておきましょう。 また、初盆の法要にご招待を受けた場合には、なるべく参列するのがマナーとなっていますが、どうしても参列できない理由がある場合には、なるべく早くご遺族の方に連絡をしましょう。 欠席するにあたっては、その来連絡やお供えを送る際にもマナーがありますので、ご遺族の方に失礼の内容マナーを守る必要があります。

親子

亡くなられた方と親子関係にあり、初盆の法要をとり行なう側であった場合には、香典の必要はありません。ですが、お経を読んでいただくにあたって僧侶の方にお布施をお渡しする必要があります。 お布施については、「この金額」といった明確な数字はありません。もしも僧侶の方にお伺いしても「お気持ち程度で」というお返事しかいただけません。お渡しする場合はだいたい3万円から5万円をお包みするのが一般的となっています。 もしも施主の方が長男であり、あなたが次男、または三男というのであれば、親の初盆には1万円程度が相場です。それ以下の金額をお包みする方もいらっしゃいますが、実の親御さんの初盆の場合は、なるべく1万円以上お包みしましょう。

兄弟

初盆の法要で、ほかにご兄弟がいらっしゃる方の場合には、金額に差がつかないよう相談してからきめましょう。ほかのご兄弟とあまり金額に差がついてしまうと、後でトラブルになる場合も考えられます。 ご兄弟のための初盆の法要では、香典に10000円から30000円程度を用意し、お供えをするのであれば3000円程度が相場です。これはあくまでも相場ですので、ほかのご兄弟と相談のうえ決めてください。

最近では長寿命のため、お孫さんが初盆に招待される場合もあります。この場合は一般的には、5000円から10000円程度をお包みするのが相場です。ですが、まだ学生の方の場合であれば、仏壇にお前にをしたりと、参列させていただくだけで香典の必要がない場合もあります。

友達

亡くなられた方がご友人であった場合には、その方とどの程度のお付き合いであったかにもよりますが、10000円以上お包みする必要はありません。ご夫婦の連名でお包みする場合であれば、10000円程度、個人でお贈りする場合には3000円から5000円程度が相場となります。 この相場については、亡くなられた方との関係性や地域によっても異なります。ほかの方に比べて多くなり過ぎても少なくなり過ぎてもいけませんので、ほかに参列される方にも確認のうえ、お供え物やお包みする金額について相談しておきましょう。御供物料としてお供えをお送りする場合には、友人関係にあった場合には2000円程度で構いません。

知人

初盆の場合には、付き合いのあったご近所の方から香典やお供え物をする場合があります。これは地域性の強い習わしになりますので、金額は地域によってかなり違いがあります。一般的な相場としては、亡くなられた方と近所付き合いがあったのであれば、一人1000円程度1件につき3000円程度が相場です。 あまりお付き合いがなかったというのであれば、1000円程度で構いません。ご近所同士で連名で香典やお供え物をお送りする場合には、一人につき500円から1000円程度でよいでしょう。

友人の親

ご友人の親御さんのための初盆の法要では、3000円から5000円程度が相場です。ですが、近しい間柄であった場合や、お世話になった方であった場合には、それ以上をお包みしても失礼には当たりません。 あまり高額をお包みするのと、「負担をかけてしまうのではないか」、と心配であれば、ほかにお供え物を上げても良いでしょう。その場合は果物の盛り合わせやお菓子の詰め合わせがおすすめです。果物を贈るのであれば、なるべく身の固い、日持ちのするものを選びましょう。

嫁の嫁ぎ先

娘さんの嫁ぎ先に初盆の香典やお供え物をする際には、肩身の狭い思いをさせないよう失礼のない金額または品物を贈りましょう。初盆で香典やお供え物をいただいた後にはお返しをする必要があるため、相手の方に気を使わせないよう配慮して、お送りしない場合もあります。 ですが、この場合はあくまでも娘さん側からお断りの連絡があった場合に限ります。もしも香典をお包みする場合には、5000円程度で構いません。これは地域によっても慣わしが違い、金額に違いがある場合がありますので、あらかじめ娘さんに相談のうえ金額やお供え物をきめましょう。 また、香典を受け取っていただけない場合でも、提灯やお菓子の詰め合わせといったお供え物を送ると良いでしょう。

初盆のお供えののしの書き方

初盆では、香典のほかにもお供え物をお送りする場合がありますが、その場合ののし紙の表書きの書き方と、お名前の書き方についてご存じでしょうか。お供え物をお送りする場合にも、のし紙の書き方にはきちんとしたマナーがあります。ご遺族の方に失礼にならないよう、表書きやお名前の書き方を覚えておきましょう。

お供えをする場合の表書きの書き方

初盆での香典をお包みするときの封筒の表書きには「御仏前」または「御沸前」「御供物料」と書き入れるのが一般的です。 品物をお供えする場合には、黒と白もしくは黄色と白の結びきりの水引きが付いたものを選びましょう。その際には、誰からのお供えかが分かるよう、外のしを付けてお渡しするのはマナーです。

お名前の書き方

初盆でお供え物をする場合には、のし紙をつけるのがマナーとされています。お店で初盆のためにお供え物を購入すると、そのお店でのしが身をつけていただけますので、初盆用のお供え物であるということを、店員の方にお話しすると良いでしょう。 のし紙にお名前を書き入れる場合には、水引を中心としてその上の部分に「御供え物」と表書きを書いたその下の中央部分にお名前をフルネームで書きいれます。ご夫婦で連名にされる場合には、ご主人のお名前をフルネームで書き入れましょう。

初盆のお供えの添え状の書き方

初盆でお供えを郵送する場合には、香典やお供え物だけを送ってはいけません。香典やお供え物を郵送にする場合には、初盆の法要に参列できなかった理由や、お悔やみを一言述べた添え場を必ず同封しましょう。ただお金や品物を贈っただけでは失礼になってしまいますので、注意して下さい。

お供えを郵送にする場合の添え状の例文

初盆で香典やお供えとともに同封する添え状は、なるべくご自分の言葉で書いた方がより気持ちが伝わります。ですが添え上の書き方について全く分からないといった方の場合には、次の例分を参考にしてみてください。初盆の法要の場合であっても、葬儀や法事と同様のマナーが必要になります。使ってはいけない言葉にはくれぐれも注意しておきましょう。

〇〇様がご逝去されましてから月日が経つのも早いもので初盆を迎えられることと存じます。 本日心ばかりではございますがお供えの品をお送りさせていただきました。 故人の面影を偲びつつ、遠方から合掌させていただきます。

初盆のお供えの郵送の仕方

例えば遠くにお住まいになっている場合や、ご友人の親御さんが亡くなられた際の初盆の法要では、亡くなられたことがすぐに分からず、お供え物や香典を郵送する必要がある場合があります。お供え物をお送りするか、香典をお包みするかは亡くなられた方との関係性によって決めましょう。 また、香典とお供え物の両方を送る場合もあります。地域によっては、関係性の深さにかかわらず、その両方をお贈りする場合もありますので、前もって確認が必要です。 郵送する場合の香典の相場は個性円から10000円程度です。香典を送るのであれば、香典袋を現金書留で送りましょう。現金書留用の封筒の中に、香典袋とともに添え場を同封し送ります。

郵送する場合の水引は

初盆の香典を郵送する場合には、不祝儀袋に水引が印刷されたものでも構いません。また香典袋の水引は、双銀、または藍銀のものを選びますが、関西方面では黄色と白の水引が付いたのし袋にお包みするのが一般的です。 のし袋の表書きは、水引を中心として上の段に「ご仏前」または「を仏前」と書きいれます。その下の段にはお名前をフルネームで書き添えましょう。を供物料としてお送りする場合であれば、3000円前後が一般的な相場となっています。香典やお供物料を郵送にする場合には、現金書留に入れる必要があるため、かさばらないよう、印刷されたのし袋をご使用になるのがおすすめです。

金額に見合った熨斗袋を

初盆に香典をお送りする場合には、金額の保のし袋の選び方に注意が必要です。のし袋は結びきりのものを選びますが、これは弔辞といった悲しいことが何度も続かない事を願って選ばれるものです。 のし袋にお包みする金額が10000円以下と少額であった場合には、あまり立派なのし袋は失礼に当ります。その場合、あらかじめ印刷されてあるのし袋を選びますが、現金書留にのし袋を入れるとかさばってしまうため、10000円以上をお包みする場合にも印刷されたのし袋を使う場合もあります。

初盆のお供えはいつまでに送るか

お供え物や香典を送る時期については、初盆のお盆の入りの前日には届くように送りましょう。お盆の時期については、7月にとり行なわれる地域と8月にとり行なわれる地域がありますので注意しましょう。 初盆やお盆は13日から四日間とり行なわれますので、その前日である中に日までに届くよう送りましょう。ですが、初盆を迎えるにあたって、ご遺族の方は準備をする必要があり慌ただしいため、12日といわず、なるべく早くお送りした方がよいでしょう。 香典やお供物料を郵送にする場合には、お悔やみの言葉や、初盆の法要に出席できない旨を書いたお手紙を同封することを忘れないよう注意して下さい。

初盆のお供えのよくあるマナー違反

意外に思われますが、よくある失敗にお金を入れ忘れてしまうといったことがあります。これは弔辞に限らず結婚式でもある失敗ではありますが、お金を入れ忘れていても、受け取られる側は「お金が入っていませんでした」とはなかなか言えません。 また、お金を入れ忘れていてもお返しする必要があるため、相手の方に気を使わせてしまいますし、相手の方によっては不快に思い、そのもの関係性にも影響が出てしまいます。お金の入れ忘れを防ぐためにも、まずお金をのし袋に入れてから、表書きやお名前を書き入れると良いでしょう。

初盆のお供えと提灯代は別に用意すべきか

初盆で提灯、または提灯代をお包みする場合には、香典を別に用意する必要はありません。初盆の場合には、もともと提灯を送るのが一般的な慣わしでした。 提灯は数に決まりがないため、香典やお供え物のほか、提灯を贈られる方が今でも多くいらっしゃいます。初盆での提灯は模様の付いていない白い提灯を送るのが一般的です。提灯の価格は安価なものから高額なものまで様々です。 また、提灯代としてお包みする場合もあります。提灯代としては 10000円程度であれば失礼には当たりません。

初盆のお供えのお返しのマナー

初盆で香典やお供え物をいただいた場合には、その半額程度をお返しするのがマナーです。一般的にはお供え物や香典をいただく金額は3000円から 10000円程度が相場となっていますので、それを目安にお金を用意しておきましょう。 初盆の法要に参列していただいた場合には、その後の会食にもご招待します。その場合は、引き出物を用意しますが、引き出物の金額はおよそ1500円から3000円程度のお品物を用意しておきましょう。 香典やお供え物を郵送でいただいた場合にも、半額程度をお返しをするのがマナーです。

お礼状の送り方

初盆のお返しをお渡しする方法は、ご自宅にお参りにいらした方には、お帰りになる際に直接お渡しします。お供えいや香典を郵送をしていただいた場合には、同じように郵送でお返しをしますが、その際お礼状を同封します。 お返しをする場合には、初盆から2週間以内に送るよう注意しましょう。また、を開始にものし袋が必要になりますが、その場合ののしは、黒と白、または銀色の結びきりののし袋を使いましょう。またその表書きには、「志」「初盆志」「御初盆志」「初盆供養」と書きいれます。下の段には施主の方のフルネーム、または家名を書き入れます。

マナーを守って故人を悼みましょう

初盆やお盆は、亡くなられた方を悼むための大切な法要です。そのためマナーには十分注意をしましょう。特に初盆は亡くなられた方が初めて迎えるお盆になりますので、特に丁寧に供養する必要があります。 初盆を迎えるご遺族の方にお邪魔する場合には、亡くなられた方の思い出話しをしたり、ご遺族の方とともに個人の死を悼みましょう。また、初盆やお盆はその地域によって迎える時期が違いますので、お供え物や香典を郵送にする方の場合は、間違えないよう注意が必要です。 マナー違反をしてしまうと、そのもの関係性にも響いてきてしまいますので、十分注意をしてあらかじめ相場やマナーについて覚えておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング