IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接が苦手な人の対処法・苦手な理由と克服方法・職種別対策

就活の面接

みなさんは生きていくうちの何回かは面接をする機会があるでしょう。面接官の前で自分をプレゼンして、じぶんという人間をわかってもらう作業です。面接に苦手意識をもつ人もたくさんいます。そういう人達はどうやって苦手を克服すればよいのでしょうか。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接が苦手な人の対処法

面接が苦手な人の対処法

面接の苦手をなくす必要があるのか

ある程度の年齢になれば、みなさん面接を経験するでしょう。それは、就活のときもあれば、受験生として面接を受けるときもあるでしょう。面接は苦手意識がはっきりと分かれるところです。 面接が得意な人は面接なんて特に気にもとめないてしょうが、苦手な人にとっては一大事となります。ですが、苦手意識があろうがなかろうが面接が避けられないときはあります。そういう場合はどういうふうに対処をすればよいのでしょうか。 一言に面接といっても、就活や転職、派遣、アルバイト、入試では少し対応の仕方が変わってくるでしょう。それぞれに共通しているところ、違ってくるところを詳しく説明していきましょう。 面接を、避けられるならば対策は必要ありませんが、残念ながら面接を避けることは極めて困難でしょう。避けることを考えるくらいならば克服する方法を考えたほうがいいでしょう。では、それぞれどうすればよいのでしょうか。

就職

就職

では、就活の時の面接の苦手意識からみていきましょう。就活は人生を左右するターニングポイントと捉えられることが多い場面です。ここがうまく行くかどうかで、その先の人生が左右されてしまうと考えがちです。 なので、就職の面接が苦手な人は過度に緊張してしまっている場合があります。あるいは過度に重く捉えてしまっているのでしょう。

心構え

たしかに、希望の会社に就職ができるかどうかはその後の人生に大きく影響を及ぼします。それは事実でしょう。しかし、その会社に入れなかったからといって人生が失敗することに直結するのでしょうか。 答えは否です。その会社に入れなかったとしても幸せになる方法はたくさんあります。さらに中途採用や転職などという道も残されています。 中途採用は毎年やっている場合も多いので、チャンスはまだまだあります。スキルアップをしてリベンジもできます。就職を重く捉えないことが大切でしょう。

転職

転職

今度は転職活動での面接に苦手意識を感じてしまう人について紹介していきましょう。転職活動での面接で、なぜ緊張してしまうのでしょうか。 そもそも転職ということは、一度他の会社で働いているということです。これは何を意味するのでしょうか。ひとつは社会人としてある程度スキルや経験が求められることです。一度社会人を経験してるがゆえに、新卒より採用担当者の目は厳しくなります。そこへのプレッシャーを感じてしまうのでしょう。 さらに、新卒は面接で落とされても、大学生の自分が落とされたという言い訳がききます。しかし、転職だと社会人としての経験をすべて否定されたかのような気持ちになる人もいます。これではメンタルが持ちません。 対処法としては、就職活動も転職活動もマッチングだと捉えることです。相性があるので、落ちるときは誰でも落ちます。そういうマインドで肩の力を抜いておきましょう。

派遣

派遣

次は派遣社員として働くときの面接で苦手意識を感じてしまう人について記述していきましょう。 派遣社員として働く前の面接でなぜ苦手意識が働くのでしょうか。そもそもその人がコミュニケーション能力が低いということもあるでしょう。さらに、基本的に派遣社員は正社員より不人気です。雇用条件に差がありすぎるからです。それでも派遣社員を目指す人は、なにかしらの原因があり社会にでるのが、遅れた人で社会復帰を目指す人か、そもそもだらしのない人でしょう。

気長に待つ

だらしのない人は置いておきましょう。問題は社会復帰をするための一歩として派遣社員として働こうとする人たちです。こういう場合は普通の人よりもメンタルが弱いことが多いでしょう。 なので、対処法としては焦らないことです。焦っても空回りをするだけです。いまは充電期間だと言い聞かせることが大切です。そうすればいづれは社会に貢献できるような会社に受かるでしょう。

アルバイト

アルバイト

次はアルバイトの面接で緊張してしまい、苦手意識を感じてしまう人について記述していきましょう。 そもそもアルバイトをするということは、高校生か大学生かフリーターの人でしょう。アルバイトはいくつもあるので、落ちたら次を探せばよいと思えば苦手意識はなくなるでしょう。しかし、高校生や大学になどは、アルバイトの面接そのものになれていない場合もあるので、これは経験を重ねるしかありません。経験を重ねるうちに苦手意識も克服されます。 また、なかなかアルバイトに受からないと面接に苦手意識を感じるようになるでしょうが、いくらでも新しいところはあります。気楽にいきましょう。そちらのほうが反っていい結果になる可能性も高いです。

入試

入試

入試の面接でも緊張して、苦手意識を感じてしまう人もいます。しかしこれは当然と言えます。いまから大切な入試の面接なのにヘラヘラしているほうがどうかしているでしょう。適度に緊張しているほうがむしろ普通でしょう。特にこれは問題ありません。 緊張とは、悪いことばかりではなく、本番に備えているという意味合いもあります。なので、直前で緊張をして本番をしっかりこなせばそれで問題ないでしょう。

心構え

過度に緊張してしまう人もいますが、対処法としては普段から勉強をしっかりして学力をつけるより他はありません。入試の面接はあくまで、あまりにも以上な人を弾くために実施されます。ほとんどはテストの点数できまります。なので、テストをしっかりこなしたら面接は普通に会話するだけで大丈夫です。

面接が苦手な理由と克服方法

面接が苦手な理由と克服方法

面接の苦手を分析する

面接の苦手を分析する

では、ここで面接が苦手な人がどうして、面接が苦手なのか原因を探っていきましょう。苦手なものは苦手と思うでしょうが、それではいつまでたっても解決しません。どうして苦手なのか徹底的に突き詰めることで対応策がでてきます。まずは、そこからです。そして対応策ができてしまえば、あとはそれを実際に克服する努力をすればよいでしょう。 自分がどこで面接が苦手だと思っているのか、それを十分に分析してから、どうすればその苦手意識がなくなるのかをしっかりと検討していきましょう。 一概に面接が苦手と言っても、過去の失敗がトラウマになっているのと、敬語がうまく使えないから苦手なのとでは、意味合いが違ってきます。 意味合いが違うと適切な対処法も変わってきます。ここでは、うまく話せない、受け答え、怖い、緊張、敬語の5つにわけて説明していきましょう。

面接で上手く話せないから苦手

面接で上手く話せないから苦手

さて、先程は面接が苦手な人対処法を、シチュエーションにわけて説明してきました。ここでは、苦手意識の理由について説明していきます。まずは、上手く話せないから面接が苦手な人に対してです。 やはり、人間なので話が上手い下手はあります。それはどうしようもありません。しかし、話が下手な人でも克服することは可能です。そもそも話が下手な人は普段からあまり喋らない人が多いです。なので、経験が不足しています。なので、無理矢理にでも話をする機会を増やしましょう。 また、上手く話せないからといっても、面接で聞かれることはある程度は決まっています。なので、ほとんどの内容は事前に準備がである内容です。これは苦手とかの問題ではなく、努力するかしないかの問題です。 しっかり準備すれば、乗り越えられる問題を苦手の一言で済ましてしまうのは、甘えでしかありません。みんなそれくらいの努力はしています。

面接での受け答えが苦手

面接での受け答えが苦手

面接に苦手意識がある理由として、受け答えがしっかりできるのか不安だという人もいます。しかし、面接でよく聞かれる内容はかなり固定化しています。面接の質問集という名前の本まで出ています。なので、それらをしっかりと読み込み準備すれば、克服はできるでしょう。 さきほどの話が上手くないという項目と同じですが、しっかりと努力すれば克服できるところで、苦手の一言で片づけるのは甘えでしかありません。そこのところはしっかりと見極めておきましょう。 また、面接で奇抜な質問が来た時に受け答えができないと心配する人もいますが、奇抜な質問はみんなパニックになるので、焦る必要はありません。困っているのは自分だけではなくみんな苦戦していると理解しておきましょう。

怖い

面接に対する苦手意識のひとつとして、面接が怖いというものがあります。面接は面接官が本人を審査する場所ですから、当然圧迫面接のように高圧的な面接でボコボコにされるときもあるでしょう。それを経験しているがゆえに怖いと感じる人もいます。 対処法ついては、自分が何に怖いと感じているのかをもう少し細分化することです。細分化すると課題解決へに近道となります。 過去の面接での経験がトラウマになり面接が怖いと感じているのか、そもそもコミュニケーション能力が低くて、人と話す面接が怖いと思っているのかでは、まっかく状況が変わってきます。 それらに対して個別で対処法をねる必要があります。そして、怖いと感じる人に足りないのは自信ですので、自信をつけるために、体を鍛えたり、成功体験を積み重ねたりするのが大切でしょう。

緊張

緊張

そして、面接が苦手な人のなかにはあがり症の人もいます。極端に緊張をするということです。こういう場合は緊張をしてしまう原因をかんがえることが大切です。緊張するとはある意味で自信が過剰であるということもあります。つまり、思い上がっているということです。 本当は自分はもっとスキルがあるが、本番で力を発揮できなかったらどうしようと考えている場合です。この場合は思い上がりもいいところです。もちろん本当に実力がある場合もあるでしょう。しかし、実力がそもそもないのに思い上がっているときもあります。自信をもつことは大切ですが、自信と慢心は紙一重です。謙虚な姿勢を示すことも必要でしょう。 緊張してしまうことへの対処法としては、自分の実力以上のことは期待しないこと、緊張すらも凌駕するほどの実力を身に着けてしまうことなどです。そうすれば緊張から面接が苦手だと思うことも減るでしょう。

敬語

敬語

緊張もしない、恐怖も感じない、受け答えも得意、話しも上手な人でも面接に苦手意識を感じている人もいます。それは、敬語を使うことが苦手な人です。敬語を使えないと面接官への印象は最悪です就職活動の面接ならば一発アウトもありえます。それほどまでに敬語を使えないことはタブーでしょう。 社会人になるための面接やアルバイトの面接では、敬語を使わないことはありえません。苦手意識の問題ではなく禁止ということです。無理やりにでも敬語になれてしまいましょう。 学生の入試などの面接でも基本的には同じです。保育園の面接ならば敬語でなくても大丈夫でしょう。しかし、中学受験以上は敬語が使えないとアウトとなります。成績がよくでも台無しになります。 学生は敬語を難しく捉えていますが、ですます調で話すだけでも大丈夫です。微妙な間違いまでは学生のうちは見逃してもらえます。

面接が苦手な人のための職種別対策

差をつけるには

次は面接が苦手な人のための職種別対策をみていきましょう。ここまでは面接が苦手な人のための大切なとして、一般的に全員に当てはまることを説明してきました。 しかし現実はここの職種によって面接での注意するポイントは変わってきます。そこを押さえておくかどうかでライバルたちと差をつけることがであるかどうかにも繋がってきます。 たとえば、実力主義な職場で仕事さえできれば喋れなくてもやっていけるという場所とお客様を始め、仕事仲間とも連携をとって仕事を進めなければならない職場では面接の重要度も変わってくるでしょう。ですので、自分が受けるところがどういう人材を求めているのか知っておくことが大切になります。

教員

まずは、教員になりたい人のための面接の対処法を紹介していきましょう。 教員は当然生徒との密接なコミュニが求められます。それが仕事のすべてであると言っても過言ではありません。なので、当然面接も厳しくなるでしょう。対策としては、当然よく聞かれる面接の問題を押さえておくとともに、自分の教員としての熱い気持ちをしっかりとプレゼンできるようにしましょう。 熱意がないならば、なにかしら喋る内容を用意しなければいけませんし、上手く喋れないならば、しゃべる練習をひたすらこなしましょう。みんな本気で就職をしようと考えています。なので、面接の練習くらいはしっかりとやりましょう。

看護

看護系の仕事に就きたい人の面接の苦手意識はどういうふうに無くせばよいでしょうか。看護も人と人とのコミュニケーションで成り立っている職場です。コミュニケーション能力は必須となります。なので、面接でもしっかりとした受け答えができるかどうか面接官は眼を光らしています。人の命に係わることもあるので当然でしょう。 看護師のひとつの連絡ミスで大事になることもありえます。それらのリスクを回避するために、しっかりとした人材が求められます。対処法としては、準備をするしかありません。友人でも親でもいいので、面接の練習をしてもらいましょう。

公務員

お次は公務員を目指す人に向けての面接の苦手意識の克服の仕方をみていきましょう。公務員の仕事は一言では表せません。公務員といっても自衛隊も公務員ですし、市役所の役員も公務員ですし、県庁の人も公務員ですし、教師も公務員に分類されます。 面接が苦手な場合ですが、職種によっては面接ができず、コミュニケーション能力が不足していると捉えられて落とされる可能性もあります。ですので、自分の職場がどれほどのコミュニケーション能力を求められているのかを把握しましょう。

エンジニア

エンジニア

エンジニアの場合はどうでしょうか。エンジニアにも当然コミュニケーション能力は必要です。しかし、よほどのスキルをもったエンジニアならば面接が多少苦手でコミュニケーション能力に少し不安があっても雇ってくれるところはあるでしょう。 ですので、自分に自信があればスキルをアピールすればいいですし、そこまで自信がないならば、面接の練習をしてコミュニケーション能力が人並みにはあることをアピールしたいところです。実力主義の会社ならば、普通のコミュニケーション能力があれば十分でしょう。

面接の苦手意識は克服できる

面接の苦手意識は克服できる

ここまで、面接が苦手な人の対処法についてたくさんのことを記述してきました。面接が苦手な理由と克服方法や面接が苦手な人のための職種別対策などとその具体例についてです。 面接に苦手意識をもつ人はたくさんいます。しかし、残念ながら面接を避けて生きていくとこはかなり難しいでしょう。面接はそれほどまでに何をするにしてもつきものとなります。なので、面接が苦手だから避けるくらいならば面接を克服するほうがよほど簡単でしょう。 大切なことは面接が苦手という意識は変わらなくても対策が打てることは知っておくべきでしょう。しっかりと準備してしまえば、面接はとくに怖くはありません。用意してきたものを出すだけで済むからです。 そして、面接に慣れていくうちに次第に苦手意識もなくなってきます。最初から苦手意識をなくそうとするのではなく、力がついていくうちに苦手意識がなくなります。

関連タグ

アクセスランキング