IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

就活ノウハウ

学生にとってはこれから先の長い社会人人生を左右することになる就活。就活のためにはどのような準備をするのがベストなのでしょうか。業種や時期ごとにおススメの準備方法をお知らせします。就活で後悔しないためにも参考にしてみてください。

更新日時:

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

就活で左右されるもの

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

就活を始めるにあたって、さまざまな準備をする必要があります。就活が早期化・長期化していることもあり学生にとっては、就活は非常に負担の大きなものになっています。 日本ではまだまだ新卒一括採用への信頼が根強く、大手企業への入社ができれば「勝ち組」とされる傾向が強くあります。つまり就活でどこに入社できるかが、その後の人生を大きく左右することになります。 そこでいかに就活を勝ち抜くための準備ができるかに注目が集まっています。就活準備のために勉強会などが連日盛況なことも学生たちの関心の高さをうかがわせます。

就活の準備はいつから・何から始めるべきか

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

では就活のための準備はいつから始めるのがベストなのでしょうか。いうまでもなく学生の本分は学業にあります。学業をおろそかにしてまで就活したところで、運良く就職できたとしても苦しむことになる可能性が高いです。 まずはしっかりと自分の専攻について知識と、学習する習慣を身につけておくことが重要です。特に日本の社会人は欧米のビジネスマンに比べてほとんど勉強をしないとも言われています。これは学生時代にしっかりと主体的な学習習慣を身につけてないからが原因とも言われています。 準備に膨大な時間をかけるのではありません。準備とは本番をスムーズに効率よく、かつ結果を出すために行うものと意識しましょう。そこでどんな準備から始めればいいのかを考える必要があります。

学部卒の就活スケジュールと準備

大学院に進まず、そのまま就職する場合のスケジュールはどうなっているのでしょうか。 「経団連加盟大手企業」 大学3年生の3月に説明会が解禁。面接は6月1日解禁となっています。 「経団連非加盟大手企業」 大学3年生の2月ごろから選考活動を開始します。これは早めに優秀な人材を確保しようという思惑によるものです。 「外資系企業」 大学3年生の秋ごろから選考活動を始めます。早ければ年内には内定を出します。 「その他・中小企業」 中小企業の採用活動はさまざまです。通年のところもあれば、大手の選考が落ち着いた夏~秋口から本格化などです。

理系学生の就活準備

理系の場合は日々の授業に追われることが多いです。その中で就活スケジュールを組む必要があるため自己管理が非常に重要です。上記の学部卒のスケジュールが基本ですが授業との両立を考えると、就活の準備は2年生の頃から始めるのも決して遅くはありません。

院生は就活に有利不利どっち?

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

理系の院生の場合は学部生に増して授業で忙しい日々を送ることになります。また学部卒に比べて就活の情報が入りにくくなります。そのため学部生以上に無駄な時間や情報をシャットアウトする効率化を図る必要があります。

高校生の就活準備

高卒は大卒のように自由に就活ができるわけではありません。就活の時期や就職先企業の枠などにかなりの制限が設けられています。まずは学校の生活を規則正しく送ることから始まります。生活態度や学業成績など、日々の行動が就活にそのままつながっていきます。

時期別にみる就活のために準備しておくこと

大学生にとって4年間というのは長くもあり、短くもあります。どう感じるかはもちろん人によっては違います。しかし多くの人に共通しているのは、大学に行くことそのものが目的と化しているきらいがあることです。 特に大学全入時代にあっては、選り好みをしなければみな「大卒」の肩書を得ることができます。しかし大学に行くこと自体が目的化してしまっては今後の就活では苦しむことになります。大学は学業を行うところであると同時に、社会に出るための大事な準備期間でもあります。

1年生で準備したいことは?

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

大学1年生の時期に、就活の準備といわれてもほとんどの人がピンとこないでしょう。将来何になりたいかすらまだ見えてない人が多いのが普通です。1年生の時点で社会に出たらしたいことが決まっている人のほうが少数派でしょう。 また、キツイ受験勉強を乗り切ったことで少々羽を伸ばしたい気持ちにもなります。サークルやバイトなど自分で自由になる時間やお金が増え、遊びに夢中になることも。 もちろんこれらのすべてが悪いことではありません。外の世界に接することも、バイトを通じてお金を稼ぐことや仕事に触れることも今後社会に出るための必要な準備と言えます。

2年生で必須の準備とは?

2年生の時期はしっかりと単位を取っておくことが重要です。というのも3年生になれば徐々に就活の準備も本格化してきます。単位は取れる時にきちんと取っておかないとあとあと苦しくなってきます。 1年生の後半~2年生ともなると大学での生活リズムにもなじんできているころです。注意しておきたいのが生活のリズムを崩し過ぎないことです。いくら遊ぶのが楽しくても毎日深夜まで起きているのは考え物。就活ではスケジュールの自己管理や体力が要求されます。規則正しい生活を心がけるのも立派な就活の準備です。 比較的時間に余裕のある頃でもあります。バイトをして就活資金を貯めておいたり、資格取得の勉強などもこの時期の準備としてはおすすめです。

3年生で押さえておきたい就活の準備とは?

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

3年生の前半はまだ、学校のことに集中して引き続き単位を取れるだけ取っておきましょう。3年生後半に始まってくる就活に備えて、夏ごろに思いっきり遊んで学生時代を楽しむことも必要です。 そろそろ就職をリアルなものとして考えだす頃でもあるので、自分が志望する業界や職種の研究も始めているころです。インターンシップも本格的に行われますので、積極的に参加してみましょう。 この時期は学業と就活準備とを並行することが多くなり、徐々に忙しくなってきます。ただし焦りは禁物です。就活が始まれば嫌でも忙しい日が続きます。就活に全力を尽くせるように息抜きをしておくことも大切です。特に3年生の夏は遊べる最後のチャンスとなることも。精神的にリフレッシュすることも大事な準備の一つと心得ましょう。

12月

一部マスコミや外資系の企業はこの時期から選考が始まったり、早いところでは大学3年生の12月頃には内定を出している場合もあります。 当然これらの業界・企業を志望している人にとっては、通常の就活生よりも早めの準備が必要になります。マスコミであれば大学1~2年生の頃から志望しているなど早めに意識を持つ人も多いです。アナウンサースクールに通うなど準備を進めている人もいます。 一方、通常の場合ですとまだインターンシップを行っている時期であり、春からの就活の本格化へ向けての準備期間中でもあります。

1月

一部の業界や企業を除いて、就活が本格化するのは3年生の3月ごろからとなっています。1月はまだ志望先企業の研究や業界の絞り込みなどで迷っている学生も多く見受けられます。 特に人手不足感が強く、売り手市場の時はいくつもの業界や職種を受けまくらなくても良いのですが、不況時などの買い手市場の時には志望先もいくつも用意して臨む必要があります。就活はその時々の経済状況や世相に左右されることもあります。そこで必要な準備が変わってくることもありますので、世の中の流れについてもアンテナを張り巡らしておく必要があります。

2月

2月に入ったら、いよいよ就活が本格化する前の最後の追い込みの時期です。ただし就活準備も大切なのですが、大学の試験やレポートへの対応も重要です。この時期に必要な単位を取れていないと4年生になってから苦労することになります。 寒さも厳しい時期です。体調管理も就活で欠かせない準備の一つです。たとえばこの季節に流行しやすいインフルエンザにかかると、活動を一時的にストップせざるを得ません。ここでの遅れを取り戻すには2~3週間かかってしまうこともあります。 生活のリズムも規則正しい朝型にシフトしていくことをおすすめします。急激に変えてしまうとバランスを崩しやすいので、余裕を持って体と心を慣らしていきましょう。

3月

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

いよいよ企業の説明会が本格的に始まる時期です。自身が志望する業界、入りたい企業の説明会をしっかりチェックしましょう。スケジュール管理は就活で必須の準備事項です。 時には説明会がバッティングしてしまうこともあります。そんな時の優先順位はどうするのかなど前もってある程度決めておくとよいでしょう。 また、就活に必要なモノはこの時期までに一通り揃えておきましょう。たとえば革靴などは新調しても馴染まないうちはよく靴擦れを起こします。就活が始まる前に何度か履いておき足に馴染ませておくのも準備の一つです。

4月以降のための準備とは?

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

4月以降はESの提出、試験に面接にと本格的に就活に入ることになります。特に経団連加盟企業はおおむね6月から面接が解禁となります。もちろんそれ以前から選考を行っている企業もたくさんあります。 希望どおりの会社から内定を受けられれば良いのですが、そういかないことももちろんあります。そうした時にすぐに切り替えられるようにしっかりとした準備をしておくことが大事です。特に就活の直前に準備を始めた人はこの切り替えがなかなか難しいものです。 早くから準備をしていれば、初めから複数の選択肢を持っていることになり臨機応変な対応をとることが可能です。

就活のために準備しておくもの一覧

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

就活のために準備するものはさまざまです。すぐに準備できるものもあれば、揃えるのに時間がかかるものもあります。何が必要か、準備するためにはどうすればいいのかをリストアップしておき一つずつ消していきましょう。

写真

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

まずは履歴書等に添付する写真です。では写真はどのようなものを準備すれば良いのでしょうか。まずプリクラで撮ったものは論外です。企業に提出するものとしては不適切であり、書類選考ではねられます。 街中にある証明写真機も最近では機能が上がっています。駅など多くの場所に設置されており手軽に利用できます。すぐにプリントができることや値段も高くないので利用する人も多いでしょう。証明写真機では美肌や目を大きくするなどいわゆる「盛る」機能付きのものもありますが、過度に「盛る」のは控えておきましょう。実物と写真があまりに違うと面接担当者に不信感を抱かせる結果にもなります。 可能であれば街の写真館等でしっかりと撮ることをおすすめします。料金も1,000円程度でデーターももらえますので、実際はそれほど割高ではありません。

スーツ

就活用のスーツは、あまり流行を追わずにスタンダードなものを購入することをおすすめします。また華美なものは就活の目的から離れたもので、低評価のもとになりますので避けましょう。 オシャレさのアピールよりも「誠実さ」や「爽やかさ」「真面目さ」などにポイントを置くべきです。多くの場合は第一印象で人となりを判断されます。しかも最初に下された判断は容易には覆りませんスタンダードなスーツを就活用として準備しておきましょう。 また採用試験や面接が行われるのは初夏~真夏が多いです。余裕があれば2着準備しておくと清潔感を保つことができます。スーツだけでなくワイシャツやブラウスも同様のことが言えます。

服装

業界や企業によっては、そもそもスーツ勤務がないこともあります。そのため就活時の面接や試験も私服で行われるところも増えています。そうした企業を志望する場合の服装の準備はどのようにするのがよいのでしょうか。 たとえば先進的な試みをよく行っているような冒険心のある企業では、人と同じような格好で臨んでは評価されないこともあります。服装でもきちんと自己主張できることが求められます。とはいえ過度にオシャレである必要はありません。 実用性や機能性など、自分自身のこだわりを表現できれば大丈夫です。あとは清潔感を忘れないようにしましょう。最低限相手に不快な思いをさせない格好をすることは基本中の基本です。

ほとんどの学生にとって、就活は初めて行うことです。やり方がわからず戸惑うこともあるでしょう。そのような場合に役に立つのが就職に関するさまざまな書籍です。 就活では自己分析、ESの作成、面接や試験対策などやらなければならないことはたくさんあります。すべてを自己流で行うことももちろん可能ですが、効率的とは言えません。せっかく利用できる参考書があるのであれば使わない手はないでしょう。 就活のためのテクニックやノウハウを教えてくれる本がすべてではないですが、参考になることも多くあります。それらで得た知識に自分自身の考えを肉付けしていけばよいのです。 また就活での企業研究として会社四季報を入手しておくこともおすすめです。志望先の企業の情報を得ておくことは大切な準備活動の一つです。

手帳

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

就活が本格化すれば、企業説明会や面接・試験などのスケジュール管理がとても大切になります。大雑把にスケジュールを組んでいたら混乱や勘違いのもとになります。大事な面接の日程を間違えるなんて考えただけでもゾッとします。そうした事態を防ぐためにも手帳を使った日程・時間のコントロールをする必要があります。 おすすめのタイプは1日の予定を時間刻みで書き込めるバーティカルタイプです。1日に一マスだけのカレンダータイプだとすぐにスペースが埋まってしまい、実はそれほど予定は埋まってないのに「忙しい気分」になってしまいます。 バーティカルタイプだと記入漏れも減り、複数の予定の進行を管理しやすくなります。スケジュール管理に適した手帳を手に入れるところから就活の準備は始まっています。

貯金の準備はどのくらい必要?

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

地元企業しか受けない、とか東京などの就職先の選択肢が豊富な大都市圏に住んでいる場合はそれほど感じないことですが、就活はとにかく出費がかさみます。 これまであげたスーツやカバン、靴などの準備はもちろんやはり交通費や宿泊費の負担は重いです。地方の学生が東京などの企業を受ける場合は移動の繰り返しです。すべてを親が負担してくれるのは幸運なことで、学生の中には自分で稼いだ資金をもとに就活をしている人も多くいます。都内だけで就活をしても10万円以上かかることはざらです。地方ともなれば数十万かかるのは珍しくありません。 アルバイトなどで地道に貯金をして就活の準備資金としてプールしておくと、いざという時に困らないです。

就活のためにやっておくこと一覧

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

就活で自分が望むような結果、志望先への就職を勝ち取るにはどのような準備が必要でしょうか。就活は企業に自分を売り込まなければなりません。日本人は、自分を積極的にアピールして売り込むことが得意ではないと言われます。 自分を自信をもって売り込むためには、しっかりとした準備が必要です。中国古代の戦略家・孫子の兵法に有名な言葉があります。「彼を知り己を知れば百戦殆からず。彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し」。 これは自分を知り相手のことも研究して知っていれば勝てる。自分のことを知っていても相手を研究してないと勝負は互角。相手のことも自分のことも知らなければ戦っても負ける、という意味です。いかに事前の研究という準備が必要かということを表しています。

自己分析

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

まずは自分を知るところから始めましょう。就活では自己分析をするところから始まるといっても過言ではありません。自己分析の一番の目的は「自分の強み」を知ることです。 自分を採用すると、企業にとってどんなメリットがあるのか自分の強みを知らなければアピールできません。また強みを探せば、当然弱みも見つかります。たとえば人見知りが弱みだと気づけば営業職を就職先候補から外すことができます。 やみくもに目についた企業を受けるのは非効率的で、精神的にもきつくなります。志望先企業や業界を絞るうえでも自己分析は重要な準備です。

資格取得

資格を持っていると就活に有利だといわれます。たしかに何も資格がないよりはアピールポイントになることもあるでしょう。しかし志望先企業・業界にかかわりのない資格を取るのは時間と費用の無駄でもあります。 最初はどんな企業・業界でも使えそうなものから取得するのがおすすめです。たとえば「microsoft office specialist」などはパソコンを扱う業務があればどの企業でも役に立ちます。「Excel表計算処理技能認定試験」なども同様です。語学などもおすすめです。 その後志望する職種や業界に応じて簿記や情報セキュリティアドミニストレータなど専門性のある資格に移行するとよいでしょう。

セミナー対策

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

面接対策やESの書き方を教えてくれる本を買って勉強するのも最初の準備としてはアリです。しかし、読んで覚えた知識と実際にやってみることでは大違いです。そこで活用したいのが、大学や就職支援会社が主催する就職セミナーです。 就職セミナーでは就活生向けに模擬面接やアピールにつながるESの書き方などを指南してくれます。特に模擬面接では客観的に評価をしてもらえるなど就活にかなり役に立ちます。多くの就職セミナーは無料ですが、中には有料のセミナーもあります。まずは無料のセミナーに参加して雰囲気を掴んでから、必要に応じて有料のセミナーに申し込むのがよいでしょう。

説明会対策

説明会は、企業が就活生向けに自社のことをアピールする場です。1社が単独で開催することもあれば複数企業が集まる合同企業説明会もあります。 さて、気をつけなければいけないのは説明会に「お客さん気分」で参加しない方が良いこと、です。というのも説明会の参加が採用選考試験のための条件になっていたり、説明会後に面接や試験が行われることもあるからです。 自社のことをアピールする場であると同時に、就活生の説明会にのぞむ態度をチェックしていることもあります。説明会中に気を抜いて寝てしまったり、スマホをいじっていたりするのはNGです。説明会も採用選考試験と同様の気持ちの準備をして参加することを心がけましょう。

エントリーシート対策

エントリーシートは採用選考の最初の関門です。ほとんどの人は書類選考ではねられてしまいます。複数社を受ける人にとってエントリーシート作成はけっこうな負担です。だからといって使いまわしは避けましょう。自分の強みなどの部分に関しては同じものでも良いのですが、志望動機などは職種や業種ごとに、それぞれ準備しておきましょう。

WEBテスト対策

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

採用選考の最初の窓口をネット上に設けている企業が多くあります。WEBテストを活用すればコストや時間を節約できるので企業にとっては都合がいいからです。 WEBテストでは、まず時間配分を意識しましょう。というのも出題される問題数は膨大です。一つの難問に詰まってしまってロスするのはもったいないです。満点を狙わなくても7~8割方取れれば大丈夫です。焦らずにできる問題から解いていきましょう。

筆記試験対策

筆記試験のうち、各企業独自に出される試験があります。多いのは小論文です。試験を受ける企業の業界に関わりのあることや、時事的なことから出題されることがほとんどです。 準備としては、業界研究をしっかりと行っておくことはもちろん新聞などで世の中の流れや時事用語を理解しておかなければなりません。 また文章を書くというのは、当たり前のようにしていることですが、意外に難しいものです。起承転結や守破離などを意識して書けるように読書や日記をかくなど日頃から文章に接するような準備をしておくことをおすすめします。

適性検査対策

多くの企業で取り入れている適性検査。SPIが有名ですが、その他にも玉手箱などいくつかあります。協調性や積極性などの性格、業務への適性、基本的な頭の良さなどを複合的に採点します。 似た様な問題を重ねることで、誤差が出ないように問題は計算されています。潜在意識が出ますので事前の準備はあまり効果がないとも言われています。 ただし、問題の雰囲気に慣れておくと慌てずに済みますのでSPI対策本などで準備をしておきましょう。

面接対策

面接対策としては先ほど述べた就職セミナーなどを活用しましょう。人前で話をしたり客観的な評価を受けることは準備として有効です。 自分でできる面接対策としては、鏡の前での表情チェックがおすすめです。自分では笑顔のつもりでも第3者から見ると笑っているようには見えないことはよくあります。トップセールスマンは毎朝出かける前に笑顔練習をすると言います。事前の準備こそ成果を出すための秘訣です。

マイナビ

就職情報の入手先としてマイナビを利用する就活生は多いです。会員登録しておくと適性検査のWEBテストを受けられたり、さまざまな情報を入手できるので早めに登録しておくとよいでしょう。

就活に人脈は必要?

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

ここまで就活の準備について、主にテスト対策や揃えるものについて説明してきました。実はそれ以外にも就活であると便利なものがあります。それは人脈です。なぜ人脈があると便利なのでしょうか。

友達は多いほうがいい

まず友達が多いと、就活の準備や対策を一緒にできます。初めてのことだらけで不安になりそうな時でも仲間がいれば心強いです。またお互いに切磋琢磨したり刺激を受けることで頑張ることができます。 時には就活が上手くいかないことを愚痴り合ったり、ESの客観的な採点をしあったりもできます。持つべきものは友達、と感じることが多いのもそれだけ就活が大変だということです。

部活・サークルに入っておくと有利?

部活やサークル活動を履歴書やESで自己アピールに使う人は多いのではないでしょうか。もちろん組織の中で何かを行った経験というのは就活には活かせます。 ただし気をつけたいのは、採用担当者は多くの就活生を見てきている、ということです。単に就活に有利になるからとサークルやボランティアをしていればすぐにバレます。薄っぺらいことを書くのは逆効果になるので注意しましょう。あくまでも真実を誠実に記載するのが大事です。

コネは能力か?

コネを使うのを良しとしない人も中にはいるでしょう。しかしコネも立派な能力の一つです。人はただ単に頼まれても容易には動きません。「その人のために」という思いが必要です。相手にそう思わせるのは誰にでもできないことです。良いコネを持てるのは、他人の役に立つことができる人だけです。

就活で左右されないために

就活の準備はいつから始めるか・時期別の準備・準備すること一覧

いかがでしたでしょうか。就活で準備することはたくさんあります。また準備を始める時期もどんどん早くなってきています。 大事なことは就活を一過性のものと考えずに、これから先の仕事に活かせるような準備をすることです。たとえば自己分析で自分の強み弱みを認識することは今後のキャリアプランに活かすことができます。 就活に翻弄されずに、何のために働くのか、働きたいのかをしっかりと考えることがなによりも重要なことです。

アクセスランキング