IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

佐藤航陽社長の経歴・佐藤社長のビジネス成功の秘訣を学ぶ方法

経営

世界中が注目している人物だけども知らない人が多い、佐藤航陽とはいったいどんな経歴がある人物なのでしょうか。昨今、世界的な通貨革命が起きていると言われている時代で、いち早くAIを使った仮想通貨にともなう事業を立ち上げた人です。佐藤航陽とはどのような人物でしょう。

更新日時:

佐藤航陽社長のプロフィール

佐藤航陽社長の経歴・佐藤社長のビジネス成功の秘訣を学ぶ方法

佐藤航陽社長と言っても、普通の日本人で知っている人はごくわずかではないでしょうか。世界的には名前が知れ渡っている人であっても、一般の人にとっては佐藤航陽と聞いても誰なのかなとおもってしまう程度です。 歴代一代で起業し大企業を興した実業家は、みんな若くして成功した人物ばかりです。苦労を重ね試行錯誤しながら学び成長させていった経歴をもって大成功しました。佐藤航陽と言う若い実業家の経歴や生い立ちも含めてご紹介して行きましょう。

さとうかつあき

佐藤航陽社長の名前の読みは、一度見ただけでは誰もが読み間違えてしまいます。名前の「航陽」を「かつあき」と読むとはすぐにわかる人はいないでしょう。名な体を表すと言われます漢字から読み取れば、陽を一杯帆に受けて人生の海を自由に航海してほしいとの願いが名前から見えます。

日本の会社経営者

佐藤航陽社長の経歴・佐藤社長のビジネス成功の秘訣を学ぶ方法

アメリカでへ行って一攫千金「アメリカンドリーム」をつかみ人生を豊かに生きていく。日本の「ジャパニーズドリーム」は実際にあるのですが、世界もうらやむ程の大成功ではないからでしょうか。 日本では起業家が育ちにくいと言いますが、そこそこ若い会社経営者も育っています。莫大な資産を持った人もいます、夢を追い求める事に変わりはありませんただ夢の大きさがアメリカと日本では少し違います。

若手起業家 佐藤航陽

佐藤航陽社長も若手の起業家です、若き起業家は日本にも意外と多くいます。時代と共に起業する事業内容は変わっていますが、「機を見るに敏」と言う言葉がありますが今も昔も若くして起業する人は行動的です。 人に使われるよりも苦労しても自分のやりたい事をやって、お金を得たいと考えて起業する人もいます。また、必要にかられて起業する事になった人もいるでしょう。人それぞれ形は違っても、人生をエンジョイして楽しんで生きている人達です。

ベンチャー企業

佐藤航陽社長の経歴・佐藤社長のビジネス成功の秘訣を学ぶ方法

ベンチャー企業と聞いて何をおもい浮かべますか、日本では新しい技術を新しい形で行なうために起業された会社と考える人が多くいます。本来海外では投資を行なう会社と言う認識が強いのですが、広い意味では似た意味とも言えますまたベンチャー企業と言う言い方も和製英語です。 佐藤航陽社長もベンチャー企業を起こし、世界を相手に競いながら会社を大きくしています。ベンチャー企業は比較的年齢が若い人には向いている起業です、頭の柔らかい回転の速い人や新しい事に興味があり常に学習能力に優れている人向きです。

株式会社メタップス

佐藤航陽社長の経歴・佐藤社長のビジネス成功の秘訣を学ぶ方法

株式会社メタップスを創業した佐藤航陽社長は、新しい通貨やテクノロジーであるAIで新しいシステムを構築しました。「メタップス」の主力事業はオンライン決済サービスで、シンガポールを拠点にアジア各地で展開しています。 スマホのアプリは数多く開発されていますが、開発してもあまり利益が出ない実態がありがそこに商機を見つけ佐藤航陽社長は商売に繋いでいきました。リワード広告と言う広告の仕方をご存じでしょうか、メタップスが行なっている広告のやり方です。 リワード広告とは広告にアクセスした人に対して、決められたポイントなどの報酬が支払われる仕組みをリワード広告と言います。佐藤航陽社長が立ち上げたメタップスは、リワード広告でのサービスをシンガポールを拠点に始めました。

生年月日

佐藤航陽は1986年(昭和61年)5月31日福島県生まれです。五月と言う月はさつきとも読みますが、梅雨を前にして爽やかな五月晴れが続く良い季節です。名前の航陽はこの季節の陽気も関係しているのでしょう。

年齢

佐藤航陽は1986年に生まれていますから、20前後と言う失敗を恐れない何でもできる若い年齢で自分の人生を見極め起業しました。若さは時として武器にもなり、未熟さゆえに挫折していく時もあります。まだまだ柔軟性のある頭脳で、失敗を人生の経験の一部として学んだ事が今に繋がっています。

略歴

佐藤航陽社長の経歴・佐藤社長のビジネス成功の秘訣を学ぶ方法

佐藤航陽社長は、1986年に福島県に三人兄弟の末っ子として生まれました。訳あって母子家庭で忙しい母親を見ながら福島の地で育ちました。 お母さんはデザインの仕事をしていましたが、佐藤航陽社長は子供の頃から母の仕事を手伝い小遣い稼ぎをしていました。中学生になると自分で商売のまねごとをしお金を稼いでいました。商売のまねごとと言っても、TVゲームのソフトの売り買いとか今でもよく見かけるレベルです。 高校は県内でもトップクラスの高校、公立福島高校へ進学し法律への興味から大学進学のために貯蓄し始める。この頃は弁護士か政治家になろうかと考えて、大学は早稲田大学の法学部に進学しました。 早稲田大学は1年で退学し残ったお金で起業、サイト制作やマーケティング代行を請け負う「イーファクター株式会社」を設立したのが2007年20歳の時です。

メタップスの設立

佐藤航陽社長と言えども初めから上手くいくはずはなく、黒字になるのに3年掛り当初は苦労の連続でこの間の苦労を学びとしてちくせきされ今の会社「メタップス」につながりました。 世界を相手に仕事をしたいと言う気持ちが強く、会社を売却し1億円を作りシンガポールでスマートホン向けの会社「メタップス」を設立する事になりました。2015年2月にアメリカの投資ファンドから50億円強の資金を調達事業展開し、同年8月東証マザーズに株式を上場させました。 投資ファンドは起業家にとっては頼れる会社です。しかし、アメリカの投資ファンドは世間ではハゲタカと異名をとっていて、時として世界的な規模でショックを起こす作用もあります。

佐藤航陽社長の生い立ち

佐藤航陽社長の経歴・佐藤社長のビジネス成功の秘訣を学ぶ方法

佐藤航陽社長をつくりあげた土壌は、やはり幼い頃からの環境が一番影響しています。東北はいつでも我慢して生きてきた歴史があります、特に福島は幕末から明治時代に掛けても悲劇的な時代を過ごしています。 佐藤航陽社長は母子家庭で育ちました、母子家庭はどの地域であっても大変な苦労を親子共々しています。佐藤航陽社長のお母さんも子供達三人を必死で育てていくのに懸命に働いていました。苦労しながら生き抜くDNAは、全ての県民の中に受け継がれていると言う事でしょう。

佐藤航陽社長が育った佐藤家の教育方針

佐藤家のルールというのが「自分で全ての責任を取る」、お母さんから決められた決まり事です。何をやってもいいけれどもやった事の責任は自分で全てを負うこと、このルールを守れば何をやってもかまわないこのルールがあったから自立した性格に育ったと言えます。

佐藤航陽社長の学歴

佐藤航陽社長は福島で小中高校まで過ごしています、出身高校が福島高校ですから成績が良かった事はわかります。世の中が誰にとっても公平と言う事はありませんが、佐藤航陽社長にとっては小さい頃からの不平不満が常にあったと語っています。 「弁護士か政治家になって世の中を正して生きたい」の、おもいから早稲田大学の法学部に進学しました。大学進学の資金は自分で高校在学中に、露天商などのバイトと言うよりも仕事をして貯めました。入学金を払った後に手元には、もう一年だけ大学にかよえる学費しか残らなかったと言います。 そこで学費が続く間に司法試験に合格しようと考えました、猛勉強をしてそこでわかったこともあります。二年で司法試験を受かった人はいます。でも自分には無理だという事がよくわかったと後に佐藤航陽社長は語っています。

佐藤航陽社長の経歴

佐藤航陽社長の経歴・佐藤社長のビジネス成功の秘訣を学ぶ方法

佐藤航陽社長の決断は早く、早稲田大学を一年で中退し手元にある資金を使って起業しました。消去法で決めた感はありますが見極めの早さはさすがで、今の事業展開を見ても若さだけではない才能の片鱗を見る事ができます。 東証マザーズにメタップスが、上場後の佐藤航陽社長の活躍は華々しものがあります。そんな、佐藤航陽社長の活躍をご紹介していきます。

フォーブス「日本を救う起業家ベスト10」

2014年12月25日発売のフォーブスジャパン2015年2月号で、佐藤航陽社長は「日本を救う起業家ベスト10」8位に選ばれました。フォーブスジャパンは「明日の孫正義」をテーマに、さまざまな角度からベストな10人を選出し紹介しています。 一人一人の評価はカテゴリーにおいて違いますが、ただ共通している評価もあります「志の高さ」「社会への影響力と貢献力」この2項目が全員に共通している評価です。成功した人は「富めるものは貧しい者のために貢献すべき」、と言う格言が欧米では言われています。 フォーブスジャパンでは、「日本を救う起業家」と銘うって毎年選出しています。日本毎年選出できるくらい起業家がいるのかと頼もしくもあります。

AERA「日本を突破する100人」

アエラ誌上の「日本を突破する100人」とは、一瞬突破するとは何と考えてしまう特集記事です。読んで字のごとく日本を飛び出して世界で活躍している100人、と言う意味なのだと選ばれてメンバーを見ればわかります。 佐藤航陽社長も日本を突破する100人に選ばれています、日本を離れシンガポールを拠点に世界を目指して仕事をしている人物ですから当然選ばれるでしょう。世界的な流れで新しい通貨やテクノロジーが世界を変える時代の真っただ中にいます。 今後も佐藤航陽社長のように、世界を相手に大きく飛躍する人が出てくる事が日本にとってもより飛躍できる時期に来ているとも言えます。

30歳未満のアジアを代表する30人

佐藤航陽社長の経歴・佐藤社長のビジネス成功の秘訣を学ぶ方法

「30代未満のアジアを代表する30人」に佐藤航陽社長も選ばれています、メタップスを設立して日本を飛び出してシンガポールに拠点を移したのは20代の頃でした。イーファクターを売却した時には、社員の誰もが佐藤航陽社長の真意を測りかねたぐらい会社は順調でした。 佐藤航陽社長のみが勝算ありとふんで勝負をかけました、しかし闇雲に勝負した訳ではありません。きちんとした下調べを行なっていたからこそ、確信を持って勝負ができたとも言えます。 アジア地域でも30代や20代で起業して、世界を相手に戦って多くの利益を得ている人も多くいます。30歳未満でアジアを代表する起業家は若さと思量深さ、まためまぐるしく変わる世界の流れを上手くつかまえて逆らったり流れに沿ったりしながら成功した人達です。

「Under30Asia」などに選出

「Under30Asia」などに佐藤航陽社長は選出されています、選ばれたからすごい人と言うわけではありません。このような選ばれ方をされ雑誌に名前がでる事で、一般の人にも名前や考え方などを見る機会ができ参考にしたり勉強になったりします。 彼と同じように世界へ出て勝負して行く若い世代にとっては、方向性を絞れる良い機会でもあり勉強できる機会ともなります。これからの世界は、経済も多様化し自由に選べるかわりに危険も多様化してきます。学校で学ぶ事は基本だけです、全てが正しいわけでもありません。 自己責任で何をやってもいいと言う教育は時として必要です、自己の権利を主張し守るには責任も自分で負わなければいけません。何をすべきかを学ぶ良い機会が、各雑誌での紹介記事は良い機会ですたくさん学んでください。

佐藤航陽社長のビジネス成功の秘訣を学ぶ方法

佐藤航陽社長の経歴・佐藤社長のビジネス成功の秘訣を学ぶ方法

佐藤航陽社長の略歴や人となりがわかったら、成功の秘訣など学んでみてはいかがでしょうか。佐藤航陽社長の書籍やブログなど、学ぼうと思えば学べるツールがたくさんあります。一番安易に見られるのがtwitterでしょうか、人によっては毎日書き込みがされたりお互いにコミュニケーションを取る事もできます。 対談やインタビューなど解りやすい言葉で、誰にでもわかる内容でまとめられていたりします。ビジネスや国際情勢など経済の流れがより解りやすく、今現在世界を相手に商売している若いリーダーの言葉は貴重です。

書籍

佐藤航陽社長の書籍は数冊出版されています、ご自分で書かれた本や対談本などビジネスに関して学習できる良い教材となります。一度読んで解りにくくても何度も読み返す事で解ってくる事もあります。 起業して成功したいなら、本はたくさん読んだ方が良いと佐藤航陽社長も言っています。部屋にいながら世界の成功者の考え方や、世界の動向の一端が見えたりします。 著書「お金2.0」は、お金の事だけではなくこれからの世界の経済の流れなどをほんの中に書かれています。本を読んだ感想のレビューがありますが、人によっては自分の興味のある分野とは違うと感じる人も実際にはいます。 ご紹介している「未来に先回りする思考法」では、多くの人がビジネスの基本入門書として最適と言っています。自分のこれまでの経験から未来を見すえた物の考え方、思考を未来に合わせて今を生きる事の大切さを著書に書かれています。

著者の講演会を聴いてから本を読みました。講演会は若いのに天才を感じる内容でしたが、この本でそれは確信に近いものに変わりました。 未来は必然的に効率の良い仕組みや技術を取り入れる方向へ動いていく、これを先取りする為には過去の歴史的パターンを学び、進む可能性の高い方策を実験的に色々試してみること。知識は実践してみないと本当の意味でわかることは出来ない。そんな話でした。

ブログ

佐藤航陽社長のブログ記事を見ると、現在起きている通貨や世界経済の流れの変化についても学ぶ事ができる内容が書かれています。経済や通貨の仕組みについても、一つ一つ学びながら勉強する事ができます。 お金を払って講演を聞きに行かなくても、佐藤航陽社長のブログでたくさんの事を学習し学ぶ事ができます。通貨のことだけではなく、近未来の宇宙の話まで多岐にわたって記事がアップされています。

twitter

ブログと違ってtwitterは、とにかく気軽に参加できる身近な手段の一つです。佐藤航陽社長のtwitterは難しい経済や医学の話もありますが、ごく普通の人なのだと感じる事ができるツイートも多くあります。直接参加できて質問や疑問をそのままツイートして、何でも聞く事が可能なtwitterは便利な学習手段です。

インタビュー

佐藤航陽社長の対談形式の記事もいくつかネット上で見る事ができます。インタビューを受けている記事もある意味対談と言えなくもありません。難しい経済の話でも対談で話している内容は、とても解りやすく経済や通貨について話をしています。 佐藤航陽社長は自分が今行なっている仕事の世界について、あまり詳しくない人でもなるほどと納得できる話し方や説明の仕方をしています。同じ世界で競う事を考えている人達には良い勉強になり、ただの興味だけでのぞくだけでも学ぶ事はおおいにあります。

堀江貴文との対談

佐藤航陽社長と堀江貴文氏の対談ではとても興味深い話をしています。世界の国は国と言う今の形を今後維持できるのか、通貨に関しては国の役割を企業が行なっていく世界がすぐそこに来ていると対談で語っています。 あまり考えた事がなかった話や、なるほど深く考えたらそうなのかと納得できる楽しい対談です。インターネットが発達して世界が近くなったと言われています、しかし変わる事に抵抗がある人は以外と多くいます。 佐藤航陽社長と堀江貴文氏の対談は奇想天外の話ではなく、近未来の話しなのだと感じられるところがとても興味のわくところです。

佐藤航陽社長と言う人物

佐藤航陽社長の経歴・佐藤社長のビジネス成功の秘訣を学ぶ方法

佐藤航陽社長は本人の言葉を借りて言えば、「選択しの中で一番難しい道を選ぶ」そんな生き方を常に選んできた人です。ある人は天才と佐藤航陽社長の事を言います、ある意味起業して成功した人は皆天才なのでしょう。 佐藤航陽社長の場合は、初めからPCやプログラミングを使いこなしていた訳ではありません。必要になってから必死で覚えていきました、「できないは絶対に言ってはいけない」と佐藤航陽社長は言います。 何でも興味があったらやってみる、自分で自分の世界を狭くする必要はない。チャレンジしてみる事が大切だと佐藤航陽社長は言っています。チャレンジできる環境は自分で作る頑張る事が大切だと言えます。自分の人生を時間軸で眺めてみて頑張ってみませんか。

アクセスランキング