IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接が苦手な原因・苦手意識を克服する|コツ/具体的方法

面接

面接試験は、入学や入試などに経験する人も多いでしょう。筆記試験よりも面接試験が苦手な人が多い傾向があります。面接試験に臨むときには、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。面接が苦手な人の特徴とともに苦手意識を克服するコツや具体的な方法をご紹介します。

更新日時:

面接が苦手な人の特徴

面接が苦手な人の特徴

人生の節目などで学生なら入学試験、社会人であれば企業の入社試験、パートやアルバイトの面接を受ける機会は、多くあるのではないでしょうか。面接試験が得意という人は、ごくわずかで面接が苦手という人が圧倒的に多い傾向があります。面接が苦手な人の原因や苦手意識を克服するコツなどをご紹介します。

質問されることの不安

面接では、何を聞かれるかわかりません。質問されることについて色々と考えてしまうこともあるでしょう。質問されることは、いくつか想像できるでしょう。入社、入学の面接だったら学校や会社を選んだ理由、入社や入学したいという強い意志をアピールしてほしいと企業や学校は、考えるのではないでしょうか。明るい雰囲気で自分をアピールしましょう。 そして、面接の中で人格、物の考え方などを知ることのできる質問をされることが多いでしょう。仕事の中でトラブルがあったときや友達との普段のコミュニケーションをどのようにしているかなど具体的な質問をされることも少なくないでしょう。質問されることに苦手意識をもたずに自然に日常生活のことは、上手く答えようとせずに落ち着いて答えましょう。

自分に自信がない

自分に自信がない

自信を持って面接に臨める人がどれほどいるのでしょうか。何を聞かれるのかわからない、自分をアピールするのが苦手だという理由で気持ちが不安でいっぱいになることも多いでしょう。不安や苦手意識を感じているのは、面接を受けるほとんどの人が体験することでしょう。まず、質問に対して自分をアピールできるような回答ができると理想的でしょう。 しかし、極度に緊張しているときに何が質問されるかわからないのに即座に理想的な回答をするのは、誰でも苦手意識を持ってしまうのは、あたりまえです。事前にいくつかの質問されそうな内容の回答を用意してシュミレーションをしておくことをおすすめします。 また、想定外の質問をされたときは、なるべくネガティブな意見や否定的な回答は、しないように心がけながら質問された相手の目を見て答えましょう。回答に少し詰まってしまっても問題ありません。相手に気持ちが伝わるようにしましょう。

面接官の態度が気になる

面接官の態度が気になる

面接では、本来の自分をアピールしたい、面接を成功させたいと思うでしょう。しかし、いつもの自分を出すことは、なかなかできるものではないでしょう。どのような面接官になるのかは、当日ドアをノックして部屋に入るまでわかりません。面接官での態度は、面接を受ける側にとっては、とても気になってしまうことのひとつでしょう。 面接官は、面接する相手をよく知りたいと思い、質問をしてくるでしょう。リラックスするのは難しいですが、緊張しているということが伝わっても熱意が伝われば理解してくれるでしょう。当日は、面接官が数人の場合もあります。数人の面接管に質問をされることもありますが、必ず質問をされた相手の顔を見て落ち着いて受け答えをしましょう。

苦手意識を克服するこつ

苦手意識を克服するこつ

面接では、受ける前から苦手意識を強く意識し過ぎることは、よくないでしょう。なぜなら、苦手意識を持つことで緊張感が増してしまうからです。無駄に緊張感を持つことで言いたいことが言えなかったり、頭の中が真っ白になってしまったりすることもあります。苦手意識に打ち勝つためのポイントをご紹介します。

失敗してもOKと気楽に

面接を苦手だと意識し過ぎてむやみな緊張をしないようにしましょう。肩の力を抜きほどほどの緊張感を保ちましょう。よく思われたいという気持ちだけが先走ってしまうと自分をアピールできないほどガチガチに緊張していまします。面接を苦手と思わずに失敗しても大丈夫という少し開き直りの気持ちを持つことも大切でしょう。 自分が失敗したと感じても個性が表現できることもあるでしょう。面接が得意だから失敗しない保障は、どこにもないでしょう。誰でも面接で失敗することはあります。面接が苦手な人は、失敗するイメージを考え過ぎる傾向があります。なるべく面接を前向きに考えて成功するイメージを持って面接に臨みましょう。

面接で第一印象をよくする

面接で第一印象をよくする

第一印象が良いということは、どのようなことなのでしょうか。まず、印象をよくするには、面接当日に明るい気持ちを持って面接することが大切でしょう。気持ちは、表情に自然と現れます。明るい気持ちでいれば、笑顔も自然に出てくるでしょう。笑顔でいることで話しやすい雰囲気を自分から作っていくことは、印象をよくするポイントでしょう。 明るい雰囲気で面接官の質問したことにきちんと受け答えをしましょう。笑顔で聞かれたことには、多少のエピソードもまじえるといいでしょう。微笑ましい雰囲気であれば、自分も徐々に落ち着いてきて面接官は、印象がよいこともあってまざまな質問をしてくれるでしょう。

論理的の説明する練習

普段の生活では、あまり論理的に話す機会は、少ないでしょう。しかし、面接の場合は、理論的に説明することは、重要といえます。勉強や仕事では、論理的に頭を働かすことができるかで結果が違ってきます。まず、論理的に物を考えて話す練習をしましょう。論理的に考えるための文章を本など見つけて読んで理論的に説明するコツを身につけましょう。 本などを読むときにラインを引くなどして読み込んでいくといいでしょう。本の感想を書いてみましょう。感想文が論理的に書かれているか誰かに見てもらうといいでしょう。読んで考えて書いてといった練習を繰り返しすることで書くことから話すことを身につけましょう。

面接の苦手克服の具体的な方法

面接の苦手克服の具体的な方法

基本質問を押さえる

基本質問というのは、一般的な質問です。自己紹介や志望動機、将来への考えなど聞かれることが多いでしょう。学生時代に打ち込んだことやどんなことに興味を持っているかを確認することも少なくないでしょう。また、入社試験の面接では、入社したらどのような目標などを持って仕事をするなど論理的説明が必要となってくる質問もあるでしょう。 転職歴があれば、会社を辞めた理由などを聞かれることが多くなります。前向きな転職理由を答えるなどマイナスだけのイメージで話を終わらせないように心がけましょう。将来のよいイメージにつながる話をすることがポイントです。志望する場所に合わせて基本の質問は、決まってくるでしょう。質問を考えシュミレーションをしておくことは重要です。

大きな声でゆっくり話す

緊張のあまり思うように声がでないなどの経験をしたことはないでしょか。面接に苦手意識を持っている人は、声が小さくなったり、早口になってしまう傾向がります。面接官に声が小さく聞き取れなかったり、早口のために伝わらなかったりすると印象が悪くなってしまいます。 面接官の印象をよくするには、質問に大きな声でゆっくり話し答えるということがポイントでしょう。人の第一印象は、外見や声、言葉使いなどで決められるといわれています。緊張のなかで無理に笑顔を作るよりは、身だしなみを気をつけてゆっくり話すことを心がけするといいでしょう。また、ゆっくり話すことで徐々に気持ちも落ち着いてくるでしょう。

語尾を言い切る

面接で受け答えをするときに自信のなさや苦手意識から語尾を濁した表現をすることは、面接官の印象を悪くしていまうので避けましょう。語尾を濁すことではっきりしない印象や曖昧な回答をする人などの印象を与えてしまうことが多いでしょう。 語尾をはっきりと言い切ることで言葉に力がある積極的な好印象を与えることができるでしょう。やる気を問われる質問には、「やらせて下さい」「できます」と言い切りましょう。また、通常の受け答えには、語尾に「です」「ます」をはっきりと表現することが大切です。

苦手意識を持たずに前向きに

苦手意識を持たずに前向きに

面接は、苦手だと頭ごなしに思い込まないで面接のシュミレーションや受け答えのポイントなどを事前に考えることで面接への自信となるでしょう。自分が面接が苦手と感じているだけで実際に面接をしてみると意外と上手にできることもあるでしょう。苦手意識を克服して自信を持って面接に臨めるように面接のコツを掴みましょう。

関連タグ

アクセスランキング