IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ですので」の意味と正し使い方|敬語/文頭/履歴書

更新日:2020年11月19日

敬語

普段「ですので」という言葉を使いますか?「ですので」は日常生活ではあまり使わない言葉でしょうが、ビジネスシーンではよく使われる言葉で、使い方を間違えやすい言葉の一つではないでしょうか。今回、「ですので」の意味や使い方を例文を交えてご紹介いたします。

「ですので」とは?

「ですので」とは一体どのような場面で、どのように使われるのでしょうか?「ですので」は当然手前に理由を意味する文章がきて、「~なので」や「~だから」といった意味で使われるのではないでしょうか?そして、「です」という言葉が使われているので、丁寧語の一種なのではないか、といった考えを思い浮かべることができます。 それでは、これから「ですので」について詳しくご紹介いたします。

「ですので」の意味は?

「ですので」とは、「なので」「よって」「だから」「そういう訳なので」などの意味で、主に会話で使われる口語的な表現です。「ですので」は、「です」という助動詞の連体形に「ので」という接続助詞が付いた形です。つまり、「ですので」は一つの接続詞ではなく、2つ以上の言葉をくっつけてできた言葉で連語と呼ばれます。 「ですので」は前文に理由を言い、後に続く文章で結果をいう形になります。「本日はお休みですので、また明日お越し下さい。」のように、「ですので」は理由ー結果の関係を客観的に述べる時に使います。言い換えると、前文で事柄に対しての説明をし、あとの文章で補足しています。

「ですので」は敬語?

「ですので」は「なので」の丁寧語ですので、目上の方に使っても構いません。正しくは、「ですので」は相手を敬うという意味合いは持っていませんが、丁寧な表現としてみなされますので、敬語の中の丁寧語として考えてもいいでしょう。「ですので」を使うと、少しかしこまった文章になるので、あらたまった場所で使うことが多いでしょう。

「ですので」の文法と使い方

「ですので」というのは、先に述べたとおり、連語といって、複数の単語から成り立っている言葉です。「なので」も同様で、断定の助動詞「だ」の連体形「な」に接続助詞「ので」が付いたもので、正確に言うとどちらも一つの接続詞ではありません。 使い方も「ですので」はほかの言葉について使われる言葉なので、文頭には置くことはできず、文中で使います。 例文: 明日は飲み会です。ですので(なので)、帰りが遅くなります。→× 明日は飲み会なので、帰りが遅くなります。→〇

「ですので」の類語は?

「ですので」の類語: なので・そんな訳で・それだから・ですから・ですので・であるからして・そのため・このため・このために・つきまして・つきましては・そこで・それで・これにより・だから・それ故・それにより・それによって・この事から・従いまして・従って・これによって・という訳で・そういう訳で・という事で・その事から・以上から・以上より・だもんで・っちゅーことで これらの言葉は「ですから」と同じように、文中に使われるものや、一旦文章を終わり、そのあとに続いて使われるものなどがあります。書き言葉になるものや話し言葉として使われるものなどあります。

「ですので」の正しい使い方と例文

それでは、「ですので」はどのような使われ方をするのか、場面別でご紹介いたします。

履歴書での正しい「ですので」の使い方

履歴書を書くときに、「~ですので」と書いたことはありますか?誰でもなんとなく、違和感を感じるのではないでしょうか。 結論から言うと、履歴書には「~ですので」という表現は不適切です。というのは、「~ですので」という表現は口語的表現で、言い換えれば話し言葉だからです。履歴書に「~ですので」と書きたい場合は、代わりに、「ですから」「したがって」「そのため」などと表現するのがいいでしょう。 例文: こちらの病院は総合病院ですから、多くの科を経験できると思い志望しました。 看護師は一生続けられる仕事ですから、この仕事を選びました。

メールでの「ですので」の使い方

次のページ:「ですので」は話し言葉か書き言葉か?
初回公開日:2018年02月23日

記載されている内容は2018年02月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング