IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ですので」の意味と正し使い方|敬語/文頭/履歴書

敬語

普段「ですので」という言葉を使いますか?「ですので」は日常生活ではあまり使わない言葉でしょうが、ビジネスシーンではよく使われる言葉で、使い方を間違えやすい言葉の一つではないでしょうか。今回、「ですので」の意味や使い方を例文を交えてご紹介いたします。

更新日時:

「ですので」とは?

「ですので」とは?

「ですので」とは一体どのような場面で、どのように使われるのでしょうか?「ですので」は当然手前に理由を意味する文章がきて、「~なので」や「~だから」といった意味で使われるのではないでしょうか?そして、「です」という言葉が使われているので、丁寧語の一種なのではないか、といった考えを思い浮かべることができます。 それでは、これから「ですので」について詳しくご紹介いたします。

「ですので」の意味は?

「ですので」とは、「なので」「よって」「だから」「そういう訳なので」などの意味で、主に会話で使われる口語的な表現です。「ですので」は、「です」という助動詞の連体形に「ので」という接続助詞が付いた形です。つまり、「ですので」は一つの接続詞ではなく、2つ以上の言葉をくっつけてできた言葉で連語と呼ばれます。 「ですので」は前文に理由を言い、後に続く文章で結果をいう形になります。「本日はお休みですので、また明日お越し下さい。」のように、「ですので」は理由ー結果の関係を客観的に述べる時に使います。言い換えると、前文で事柄に対しての説明をし、あとの文章で補足しています。

「ですので」は敬語?

「ですので」は敬語?

「ですので」は「なので」の丁寧語ですので、目上の方に使っても構いません。正しくは、「ですので」は相手を敬うという意味合いは持っていませんが、丁寧な表現としてみなされますので、敬語の中の丁寧語として考えてもいいでしょう。「ですので」を使うと、少しかしこまった文章になるので、あらたまった場所で使うことが多いでしょう。

「ですので」の文法と使い方

「ですので」というのは、先に述べたとおり、連語といって、複数の単語から成り立っている言葉です。「なので」も同様で、断定の助動詞「だ」の連体形「な」に接続助詞「ので」が付いたもので、正確に言うとどちらも一つの接続詞ではありません。 使い方も「ですので」はほかの言葉について使われる言葉なので、文頭には置くことはできず、文中で使います。 例文: 明日は飲み会です。ですので(なので)、帰りが遅くなります。→× 明日は飲み会なので、帰りが遅くなります。→〇

「ですので」の類語は?

「ですので」の類語は?

「ですので」の類語: なので・そんな訳で・それだから・ですから・ですので・であるからして・そのため・このため・このために・つきまして・つきましては・そこで・それで・これにより・だから・それ故・それにより・それによって・この事から・従いまして・従って・これによって・という訳で・そういう訳で・という事で・その事から・以上から・以上より・だもんで・っちゅーことで これらの言葉は「ですから」と同じように、文中に使われるものや、一旦文章を終わり、そのあとに続いて使われるものなどがあります。書き言葉になるものや話し言葉として使われるものなどあります。

「ですので」の正しい使い方と例文

「ですので」の正しい使い方と例文

それでは、「ですので」はどのような使われ方をするのか、場面別でご紹介いたします。

履歴書での正しい「ですので」の使い方

履歴書を書くときに、「~ですので」と書いたことはありますか?誰でもなんとなく、違和感を感じるのではないでしょうか。 結論から言うと、履歴書には「~ですので」という表現は不適切です。というのは、「~ですので」という表現は口語的表現で、言い換えれば話し言葉だからです。履歴書に「~ですので」と書きたい場合は、代わりに、「ですから」「したがって」「そのため」などと表現するのがいいでしょう。 例文: こちらの病院は総合病院ですから、多くの科を経験できると思い志望しました。 看護師は一生続けられる仕事ですから、この仕事を選びました。

メールでの「ですので」の使い方

メールでの「ですので」の使い方

「ですので」とういう表現は、先に述べたように口語表現ですから、書き言葉として使うのはNGです。ですから、ビジネスシーンなどでのメールでは、「ですので」は使いません。とくに目上の方であったらなおさらです。友人同士のメールなら例外ですが、ビジネスメールでは「ですので」という表現は避けましょう。 ビジネスメールでは、表現は少しかしこまったくらいがいいでしょう。口語表現では、かしこまった雰囲気はでませんので、文語表現に直して、相手にいい印象を持ってもらいましょう。「ですので」でしたら、「ですから」「したがって」「そのため」などに言い換えるのがいいでしょう。 例文: 商品の発送は明日ですから、しばらくお待ちください。 本日は休業日ですから、次の営業日までお待ちください。

文頭に「ですので」は使える?

最初に述べたように、「ですので」は文頭に使うのは文法的に間違いです。なぜなら、「ですので」の「です」は助動詞です。助動詞は”動詞を助ける”と書くことからもわかりますが、ほかの言葉について意味を補足する言葉ですから、単独で使うことはありません。次の例文のように、文中に使いましょう。 例文: 明日は雨です。ですので、遠足にはいけません。→× 明日は雨ですので、遠足にはいけません。→〇

「ですので」は話し言葉か書き言葉か?

「ですので」は話し言葉か書き言葉か?

「ですので」は話し言葉です

「ですので」は話し言葉です。生活の中にも「ですので」と耳にする場面は多くあるでしょう。では、なぜ「ですので」は話し言葉なのでしょうか? それは、「ですので」が「なので」の丁寧語だからです。つまり「ですので」は「なので」と同じように使われます。

「なので」も話し言葉です

それでは、「なので」という言葉は話し言葉なのでしょうか?書き言葉なのでしょう?「なので」は話し言葉です。「なので」を使った文章を聞くと、どこかカジュアルで軽い印象を持つのではないでしょうか。 例えば、「娘が生まれたばかりなので、まだ仕事復帰はできません。」という文章だったら、どうでしょう。一見、丁寧な文章にみえますが、口にだしてみると、やはりフランクな表現だということがわかるでしょう。日常会話でしたら、まったく問題ありませんが、ビジネスシーンやフォーマルな場所では使えません。

文書には「ですので」は使いません

ビジネスシーンでは会話であっても、「なので」という言葉を使うと、常識がないと思われたり、さらには幼稚なイメージを持たれてしまう危険性があるので、「なので」は使いません。「なので」を使う場合は「ですので」を使いましょう。 さらに、文書となると「なので」は絶対に使いません。「ですので」も文書には使われません。「したがって」などの言葉に書き換えることが必要です。

「ですので」と「ですから」の使い方の違い

「ですので」と「ですから」の使い方の違い

「ですので」と「ですから」の違いをわかりやすく表にしてみました。

基本となる形丁寧語
なのでですので
だからですから

「なので」と「だから」の違いは?

それでは、まず基本となる形の「なので」と「だから」について説明します。

「なので」は連語

まず、「なので」と「だから」の違いを説明します。 文法的に「なので」は断定の助動詞「だ」の連体形「な」に理由や原因を表す接続助詞「ので」がついてできた連語で、一つの接続詞ではありません。よって、「なので」はほかの言葉と結びついて使われる言葉であり、文頭に持ってくるのは間違いです。 例文: 明日は飲み会です。なので、帰りが遅くなります。→× 明日は飲み会なので、帰りが遅くなります。→〇

「だから」は接続詞

一方、「だから」は一つの接続詞で、前に言った事柄が、後から言う事柄の原因・理由になる意味で使われます。したがって、文中でも文頭でも使うことができます。 例文: 今日はとても疲れました。だから早く寝ます。→〇 彼はとても親切な人です。だからみんなに好かれます。→〇

「なので」は文中に、「だから」は文頭に使います

例文: 明日は飲み会です。なので、帰りが遅くなります。→× 明日は飲み会です。だから、帰りが遅くなります。→〇 上の2つの文章の意味は同じですが、「なので」の使い方が間違っています。「なので」は一つの接続詞ではないので、文頭には使えません。それではなぜ、「なので」を文頭に使うという間違いが起こってしまうのでしょうか。

「なので」と「だから」のニュアンスの違い

これは、おそらく「なので」と「だから」のニュアンスの違いによるものでしょう。「なので」は発音が柔らかいですが、「だから」は発音が強いような気がしませんか?「なので」は子音が[n]なので柔らかい印象を与えますが、「だから」は子音に[d]や[K]などの強い発音を含んでいるため、聞いたときに強い印象を与えます。 また「私、下戸だから、今日の飲み会には行きません」という例文からわかるように、「だから」を使うと、言い切っているように聞こえます。「私は下戸なので、今日の飲み会にはいけません」というと、理由を伝えているように聞こえます。このように、「なので」を使った時と「だから」を使ったときでは、言葉のニュアンスが少し違うことがわかります。

つまり・・・

人に物事を伝える場合、相手との衝突を避けて、柔らかく婉曲的に表現するために「だから」の代わりに「なので」を使いコミュニケーションをすることがあります。そのため、文頭では使わない「なので」が「だから」の代役となって文頭にもってこられることがあります。

「ですので」と「ですから」の違い

「ですので」と「ですから」の違い

「ですので」と「ですから」の文法的違い

「なので」と「だから」の違いを説明しましたが、「ですので」と「ですから」の違いも同様のことが言えます。 「ですので」は「なので」の丁寧語にあたり、文法的にも「です」という助動詞の連体形に「ので」という理由を表す接続助詞をつけた連語です。つまり、一つの接続詞ではなく、主に会話で使われる口語的表現です。単独で文頭に持ってくることはできません。 「ですから」は「だから」の丁寧語にあたります。文法的には、断定の助動詞の連体形「です」に接続助詞「から」が付いた形ですが、「だから」の丁寧な表現で、一つの接続詞として位置づけられています。 「ですので」と「ですから」は共に、理由を表す言葉で意味は同様です。しかし、文法的な意味では口語的表現に使われる連語と、接続詞であり少し違いがでてきます。したがって、「ですので」と「ですから」は使い方に相違がでてきますので注意が必要です。

「ですので」と「ですから」を使った例文

例文: 危険ですので、おやめください。→〇 危険ですから、おやめください。→〇 彼は一般の方ですので、名前は控えさせていただきます。→〇 口語的表現 相手は一般の方です。ですから名前は控えさせていただきます。→〇 文語的表現

「ですので」は話し言葉です!

「ですので」は話し言葉です!

これまで、「ですので」とそれに関連する言葉を詳しく説明しましたが、普段どおり「ですので」を使っていただければ、特に問題にはなりません。 敢えて言うならば、「ですので」を使うときに、一番に気をつけて欲しいのが、話し言葉として使うということです。「ですので」は「ですから」と違って、一つの接続詞ではないので、文頭に使うこともありません。 言い換えれば、「ですので」は少し砕けた表現で会話の中で文中に使われる言葉と言えます。しかし、丁寧な表現であるため、ビジネスシーンや目上の方との会話のなかで使われることもあり、失礼な表現ではありません。 ここまで説明してきて、筆者も日本語の奥の深さに感嘆させられました。敬語は大人になると使えないと恥ずかしい思いや、悔しい思いをすることがあります。言葉は一つ一つ、味わいながら覚えていけばいいのですから、ぜひ興味をもって日本語を勉強していきましょう。

関連タグ

アクセスランキング