IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ノマド的節約術で消費を減らす|固定費・収入を増やす|株主優待

独立ノウハウ

ノマド的節約術を実践している人たちも最近多くいます。いままで存在しているような固定概念に縛られないで、これからの時代を生き抜くための節約術、お金への考え方を考え実践することです。節約というものは、いろいろな方法があり、案外楽しいと思えるものかもしれません。

更新日時:

ノマド的節約術とはなにか

ノマド的節約術とはなにか

今回お話しするのは、ノマド的節約術についてです。みなさんも、一度はノマド的節約術という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。いま、ノマドワーカーという言葉もよく聞くことがあります。 ノマド的節約術も、おそらく共通の意味を持っているのでしょう。

ノマドワーカーとは

日々通勤列車に巻きこまれて生活することは、とても大変で疲れることです。多くの人たちが同じ方向性の仕事の仕方をしているからそのようなことになってしまうのでしょう。しかし、一方、いつも自由に場所を選んで働いている人々も増えて来ていると言います。そのような人たちのことをノマドワーカーと言います。

ノマドの意味

「ノマド」はフランス語のnomadeを語源としています。それは「遊牧民」という意味を持つ言葉であり、本来日本においてあまり使用される言葉ではありませんでしたが、現在、日本でノマド族と言えば、カフェなどでノートPCを開いて何か仕事をしているように見える人たちを指す言葉として定着するようになって来ました。 ノマドワーカーは、「遊牧民」のように、仕事場が定着することはなく、ノートPCやタブレット型端末を使い、自分自身の業務をこなす仕事の方法をしている人たちのことです。

フリーランス

そこには、営業職から編集者、デザイナーやプログラマーまでいろいろなお仕事があります。「フリーランス」をノマドと、混同しがちです。確かにフリーランサーであり、かつノマドワーカーである人は沢山いますが、これらの意味は本来同じではありません。 ノマドの場合は、企業に勤めていることや、いないことに関わらないで、仕事をする場所を固定しない働き方と言っていいでしょう。

ノマド的節約術

ノマド的節約術

現在景気がいいと指摘する人たちもいますが、一体庶民にとって景気の良さはどこに感じることができるのでしょうか。まだまだ、景気のいい恩恵など、ほとんどの人たちが受けていないと言ってもいいです。 そのような時代背景かあるから、ノマド的節約術というキーワードも話題になっていると言っていいでしょう。ノマド的節約術で、どのような節約と向きあえばいいかといえば、方法は様々ですが、ノマド的節約術には、ノマドという言葉がついているので、ノマドワーカーに近い方法とは言えます。 ノマドワーカーは敢えて言えば、収入の安定感がそれほどないというイメージもあり、そのような意味ではフリーターと一緒なのですが、そのような人たちが実践した節約術のノウハウと考えてもいいでしょう。 ノマドでない方々も、効率のいい節約を実践するために是非、実践してみてはいかがでしょうか。

ノマドワーカーの実践する節約術

松本博樹さんという方の個人ブログから、ノマド的節約術という発想がスタートしたとも言われています。松本博樹さん自身の体験に基づき、節約術が紹介されていて、まさに、お金にまつわるあらゆる細々とした情報がここから発信されています。

ノマド的節約術の基本

ノマド的節約術の基本

ノマド的節約術の基本として、現在の生活にかかっている費用を洗い出す作業が必要と言っています。まずは、客観的に家計の状況を把握する必要があり、家計簿をつけるということも大事なポイントとして考えていいでしょう。 まずは大事なのはお金の流れを把握することであり、それができれば、方法は別に問われる訳ではありません。紙の家計簿や家計簿ソフトはもちろんのこと、家計簿アプリでもしっかりと家計の状況を数値化できるものであればいいです。 まずは、現代社会の人たちは、この家計簿という概念が苦手ではないでしょうか。自分自身のなんらかの方法によって、お金の流れを把握できることが大事です。それが、ノマド的節約術の最初の一歩として考えてください。

家賃などの固定費を削る

家賃などの固定費を削る

家庭には、様々な消費に対しての節約のポイントがありますが、ノマド的節約術でまずしなければならないのは、家賃などの固定費を削ることです。 多くの人たちが、食費を節約しようとうモチベーションが起こるの可能性がありますが、食費の節約では、精神的にもかなり負担と感じてしまうことでしょう。 ノマド的節約術のために偏った食事になって、体にも影響が出てしまってもなんなので、固定費に意識を向けてみることで、毎月自動的にお金に余裕を生むことができるでしょう。

消費を減らす

ノマド的節約術をどこからスタートしていけばいいかといえば、使わなくていい所にお金はかけないという意識を持つことです。自分が生きていく上で、最低限必要な出費は何かということを、いつも自分自身で考えて行動するようにしましょう。 次にしなければならないことは、頭の中で、生きていく上で、最低限必要なものとそうでないものとを区別して明確にすることです。そのような考え方をすると、意外と、生きていく上で必要なものって少ないということがわかって来ます。 その時、ごくごく身近にあるモノに対して、無駄も見えて来ることになります。

収入を増やす

収入を増やす

ノマド的節約術では、少しずつでいいので稼ぐという意識を持つことになります。そのような方法も、いかにもノマド的という感じではないでしょうか。ノマド的節約術として、節約術にだけ目を向けていても何もいいことはないでしょう。 使う金額を減らした分だけ収入が増える、と言うことができます。これは消極的な収入増加法として考えることができます。 ノマド的節約術の立場から、もう少し積極的に収入を増やす方法についても考える必要があります。

消費を減らす見直し

消費を減らす見直し

まず、ノマド的節約術は、使う金額を減らした分だけ収入が増えるという立場に立ちます。固定費に意識を向け、まず、ターゲットは家賃です。

ノマド的節約術 より安い家賃の家に引っ越す

住居を購入した人たちでも、住宅ローンの見直しや、借り換えによって負担が減ることがありますので、そのような方法も一度検討してみてはいかがでしょうか。

毎月家賃を振込

家賃は、振り込みになる場合があります。振り込み自体、手間のかかる作業ですし、いちいち手数料にも本来気にするべきです。 そのとき、ネット銀行の住信SBIネット銀行を使うと、作業を自動化できてしまうというのをご存じでしょうか。それは、住信SBIネット銀行の「定額自動入金サービス」と「定額自動振込サービス」を利用する方法です。 定額自動入金サービスは、自分の名義の他の銀行から住信SBIネット銀行に手数料無料で入金できるサービスです。(会員ランクにより他行宛の振込手数料が月1~15回まで無料)

ノマド的節約術 UR賃貸住宅なら家賃がお得?

ノマド的節約術 より安い家賃の家に引っ越す

いま、ノマド的節約をしている人たちは、UR賃貸住宅に住むという方法を取っている人たちも多くいます。家賃は一般的な賃貸よりも安いし、完全リフォームされているし、居住区域の整備も行き届いていて、実際に、住んでみれば、これほどいい条件はないと言ってもいいでしょう。 間取りは、4LDKであるのに対して、例えば本来の家賃は月々83,700円という人たちが、割引制度によって59,500円まで節約に成功できたということです。 このような住居だから、それほど期待は多くの人たちがしていない可能性もありますが、内装の綺麗さにまず多くの人たちが驚くと言います。 部屋の壁、フローリング、畳はもちろん、お風呂・トイレも最新式という感です。まさに、一度、節約術のために、このような方法に向きあわない手はないと言っていいでしょう。

ノマド的節約術 保険

ノマド的節約術 保険

ノマド的節約術として、一度、保険見直しという概念も取り入れる必要があるのではないでしょうか。ファイナンシャルプランナーにお願いしているという人たちもいますが、ほけんの相談Chというサイトを利用するのも方法です。 ほけんの相談Chでは、近所にある保険の相談窓口を検索でき、無料で見直しをしてもらえることができます。実際に、保険の見直しを独断の判断ではせず、プロフェッショナルの意見に耳を傾けるのは大事です。

ほけんの相談Chの方法

ほけんの相談Chのサイトにアクセスし、「駅」、「住所」から、最寄りの相談窓口を検索してみます。氏名・住所などを入力して予約してください。 そしてほけんの相談Chから予約確認の電話がかかって来ます。予約を確定させることができれば、予約日時に相談窓口へ行く流れです。明るくて、入りやすい雰囲気なので、気楽なモチベーションで相談してみてはいかがでしょうか。

ノマド的節約術 通信費

ノマド的節約術 通信費

NHK受信料が全額免除や半額免除になる方法があるということはご存じでしょうか。ノマド的節約術としては、そのような方法にもクビをつっこむ必要があるのではないでしょうか。 いま、NHK受信料を支払いしない人たちが法廷で裁かれているようですが、そもそも、多くの人たちは、NHK受信料を支払いしたくない心理も知っているはずです。 無駄と言えば無駄であり、ノマド的節約術の見地からは、NHKは、見ないから受信させないでくれとつい言いたくなってしまいます。 全員が全体、やってみて対象になるということはありませんが、条件に当てはまれば免除ということもあります。

「全額免除」になる対象

「全額免除」になる対象は、公的扶助受給者たちです。 生活保護法に規定する扶助を受けている場合などです。 身体障害者や、知的障害者、精神障害者たちもその対象です。 災害にあわれた人たちへの全額免除もあります。

NHK受信料が半額 免除になる対象

なかなか全額免除が厳しいという人たちは、半額免除に挑戦してみてはいかがでしょうか。NHK受信料が半額免除になる対象は、視覚障害または聴覚障害により、身体障害者手帳をお持ちの人たちです。 障害等級が重度(1級または2級)の人たち、重度の知的障害者と言った人たちです。 免除の可能性のある人たちは、まずは申請に必要な免除申請書を手に入れましょう。

イモトのWi-Fi

ノマド的節約術 通信費

イモトのWi-Fiとは、海外旅行するときにもインターネットが使えるようにとWi-Fiルーターをレンタルすることができるサービスです。世界200カ国以上の国や地域をカバーしていて、プリペイドSIMカードを買おうという人たちもいるでしょうけど、行く国によって対応していない可能性もあり、そのような人たちは、このwifiによって面倒くささは解消されることでしょう。 Wi-Fiルーターなので、ルーターの近くにさえいれば複数人で使うことができます。プランによって1日あたりの料金が決まり、料金体系は1日ごとに定額料金です。 ノマド的節約術として考えてみてはどうでしょうか。 1カ国だけの場合はプリペイドSIMのほうがお得な場合もあるので、ノマド的節約術とし、しっかり比較する意識を持つようにしてください。

新聞やテレビ

新聞やテレビ

新聞、テレビにだって、お金がかかりますよね。このような問題とも、ノマド的節約術では向きあう必要があります。そもそも、みなさんは、当たり前にテレビは必要なものとしての意識を持っているのではないでしょうか。 敢えて言えば、新聞以上に必要がないのがテレビと言っていいでしょう。ノマド的節約術は、テレビなしの生活をスムーズに過ごすことです。 できない人たちに無理にとは言いませんが、いま、大きなテレビを購入して、テレビを中心として生活を作ることがステイタスシンボルのようになっています。

過剰に押しつけてしまう

しかしそれがそもそも大きな間違なのでしょうか。テレビの存在によって、いろいろな他方に対して向きあう時間を消失させられてしまっている訳ですから。 そしてテレビではいろいろなことを私達に過剰に押しつけてしまって、自分自身が考えるという能力も消失させてしまっている恐れがあります。自分自身の目を持つという意味でも、ノマド的節約術に徹し、テレビを見放す時です。 ノマド的節約術として考えてみましょう。

新聞の方がいい?

ノマド的節約術の見地から、新聞は無駄と思っている人たちが非常に多いです。しかし、テレビと、新聞両方、見放しては、孤島に住む人となってしまうので、おそらく選択肢は、新聞の方です。 新聞をじっくり読んで、自分自身で考えるクセをつけましょう。ノマド的節約術をしている人たちには、居心地のいい時間が確保されるはずです。

車

ノマド的節約術としては、クルマについての問題もしっかり解決しなければなりません。果たしてクルマは必要か、自分自身の生活をしっかり見つめてみましょう。 クルマがあればいいな、という人たちが多くいます。しかし、都会に住んでいて、一人暮らしの人たちには、クルマは、よけいなものであり買うべきではないと考えてください。 そもそも、クルマは購入するのにもお金がかかりますし、維持費がかかり過ぎです。都会になるほど、電車でメインな場所には、ほとんど行くことができますし、クルマで行きたいと思うケースはあるでしょうけど、決して多数ではありません。

一人暮らしの場合

クルマで、プラスαの娯楽を求めているとすれば、やはり、ノマド的節約術として、そのような気持ちを排除するべきでしょう。ノマド的節約術は、最低限必要なものを考えるということを貫く必要があります。 ノマド的節約している人たちは、遊んで駄目と言っている訳ではありません。ここでは、プラスαの欲求など持つなと言っているまでです。しかし、田舎や、家族で住んでいる場合、移動でクルマが必要であり、合理的という場合はあるでしょう。

ノマド的節約術 収入を増やす方法

ノマド的節約術 収入を増やす方法

ノマド的節約術は、節約術と同時に、収入を増やす方法についても考える必要があります。ケチケチという言い方はあまりしたくはないですが、様々な細かい部分にも追求して、収入を得る方法はないかということをチェックしてみる必要があります。

ノマド的節約術 株主優待

株主優待も、みなさんに、いろいろなメリットをもたらしてくれることでしょう。企業が、そのようなものを提供してくれているのですから、ノマド的節約術をしている人たちは、利用しない手はありません。

これだけの割引率だと気持ちも楽しくなって来る

JR東日本(東日本旅客鉄道)の株主優待を使用すれば、最大で40%も運賃を安くすることができるということです。まずは、JR東日本の株主優待を手に入れることからスタートします。 チケットショップで販売しているものを買うのも方法です。 チケットショップで購入すれば、2枚で4,700円という感じであり、もちろん、儲けるのもノマド的節約術をおこなっているあなたの今後次第です。 無駄に行動するのも、ノマド的節約術的立場からして、意味がないような感じもありますので、ノマド的節約術として計画をたてて、しっかり運賃など確認して、購入するようにしましょう。 JR東日本の株主優待は1枚持っていると、20%の割引が可能です。 最大2枚まで使えて、40%引きもできます。これだけの割引率だと気持ちも楽しくなって来ますよね。新幹線や、特急電車でもJR東日本の区間であれば使用することができます。

定期預金

定期預金

実際には、段々と期待薄になって来ている定期預金ですが、そろそろ、ノマド的節約術としては定期預金ではなく、投資の方法を考えた方がいい可能性もあります。投資はハイリストハイリターンを避けることができないため、基本は分散型です。 ノマド的節約術として小さなお金で、FX、バイナリーオプションなどいろいろな方法を考えてみてはいかがでしょうか。

定期預金にもいろいろ違いがある

そして、同じ定期預金にしても、 静岡銀行インターネット支店0.110%、 野村信託銀行0.050%、 イオン銀行0.030%と言った感じで、いろいろ金利に違いを見ることができますので、ノマド的節約術では様々なものをチェックして比較してみましょう。 みずほ銀行0.010%ゆうちょ銀行0.010%と比較したら、あまり聞き慣れない銀行の方がいい定期預金の金利を期待できる傾向はあります。 ノマド的節約術としてそこもチェックします。

投資信託

ノマド的節約術として、投資信託というのも有効的に利用したい方法です。 コツコツというのが、ノマド的節約術のモチベーションではないでしょうか。まずは、投資信託購入の準備です。 証券会社への口座開設して、証券会社への入金し、買いたい投資信託を探します。 証券会社への口座開設ができたら、続いて口座にお金を入れておきましょう。 同時に、これから買おうと思っている投資信託を探します。おすすめは手数料無料の投資信託と言った感じでしょうか。ノマド的節約術として、ひふみプラスや、たわらノーロードシリーズなどはいかがでしょうか。

楽天証券は100円から投資信託

投資信託

「ひふみプラス」を選択した場合、 楽天証券で、投資信託の詳細ページから、「通常注文」のボタンを押します。 注文画面に移動し、ここで買付金額を入力します。 楽天証券は100円から投資信託を購入することができるので、まずは試しに、その額で購入してみましょう。「再投資型」を選択して、 確認画面から、間違いをチェックして、問題ないなら、暗証番号をいれ、「注文」ボタンクリックします。

フリマ

ノマド的節約術の考えからして、無駄なものを買わないというモチベーションがあり、現在存在している無駄をどのような廃棄処分すればいいかという問題があります。 そのような時に、フリーマーケットに参加するというのはどうでしょうか。若い人たちは、大きなガラガラのついたスーツケースを移動させて、いつも天気のいい日、公園などでフリーマーケットに参加していたりします。

メルカリ

みなさんが、要らないと思っているものに対して、需要があり、人と人のいいコミュニケーションがここに作られているという感じではないでしょうか。いま、スマートフォンを使用して、 フリマの体験をしている人たちもいます。 ノマド的節約術として利用したいメルカリは、かんたんに売り買いができて、あんしん・あんぜんな取引ができるフリマアプリです。スマートフォンで写真を撮って特徴を入力するだけで、簡単に出品できて、すぐに購入することができます。

キャンペーン

ノマド的節約術をしている人たちは、細々としているキャンペーンに注目しています。FXに挑戦するのも、しっかり海外、国内を比較して、メリットデメリットを追求して、入会したらボーナスをもらうことができるなど、キャンペーンの特典を有効的に活かしたいです。

ノマド的節約術とは

ノマド的節約術とは

ノマド的節約術とは、お金にとらわれないで、自由な生活を送りたいと願う方法のことを言います。とはいうものの、お金の概念にとらわれないというのは無理です。 つまりノマド的節約術は、固定概念に縛られないで、これからの時代を生き抜くための節約術や、お金への考え方を考え実践することではないでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング