IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

イベントの企画書の簡単な作り方|見本/テンプレート

ビジネススキル

企画書の作り方をわからない人や見本や本、フォーマットを見ると良いです。その他にも目的別で企画書の作り方は違っているから、実際に書く前に自分がどういう目的で企画書を作るかで、作り方を変えましょう。そうすれば適切な企画書を作る事ができるようになります。

更新日時:

企画書の作り方

企画書の作り方

会社で新しい企画を提案する時には、適切な企画書を作る事が重要になっています。それはやはり企画の内容がちゃんとした物で無ければ、会社の上司も納得してくれないためです。そのため、今後企画を提案機会があるならば、具体的な企画書の作り方を知っておく方が良いです。そうすれば会社の上司に企画書を提出したとしても、受け取ってくれる可能性は高まります。 企画書の作り方と言うと、難しいイメージを持たれがちではありますが、実際の所はそれほど難しくはないため心配しなくても良いです。実際に企画書を全く作った事が無い人でも良い物を作成できるから、積極的に具体的な企画書の作り方を頭の中に入れていきましょう。それが仕事の幅を広げる事にもなってきて、仕事に対してのやる気や楽しさにも繋がっていきます。

見本

初めて企画書を作る人にとっては、どのように作成していけば良いかがわからないため、そういう時には企画書の作り方の見本を参考にすると良いです。なぜなら企画書の作り方の見本には、基本的な作成方法や細かい注意点までさまざまな事が書いてあり、誰でも簡単に作れるようになっているからです。 実際に見本には必要最低限の書くべき事以外にも、何を記載すれば相手に良い印象を与える事ができるかなどのアドバイスも書かれているため、初めて企画書を作る人からすると非常に役立ってきます。そのため企画書を作る際には、書かなければいけない情報だけではなく、その企画書を読む事で、相手がどういう風に感じるかにも重点を置くと良いです。

企画書の作り方を知りたい人はその事に関する本を調べて、勉強すると良いです。実際に最近では社会人のための本がたくさん出ていて、企画書の作り方についての本もあるから積極的に活用していくと良いです。企画書の作り方だけを取り扱っている本なため、非常に細かい部分まで説明されていて、企画書の作り方の基本的な所から学ぶ事ができます。 会社であれば、企画書の作り方を上司から教えてもらう事も可能ですが、本を活用する方が一掃細かい所まで学べます。その他にも、本であれば自分の好きな時に読めるため、本当に手軽とされています。そのため企画書の作り方を知りたい人は、一回でも本を手に取って読んでみると適切です。

テンプレート

企画書の作り方がわからない人向けに、実際にどういう風に作れば良いかのテンプレートが用意されているため、テンプレートを使用する事も一つの手としてあります。テンプレートの場合は、空欄の部分に自分が考えた企画書の内容を書くだけでほとんど完成するため、非常に簡単とされています。よって初めて企画書を作る人は、作り方を勉強する意味も込めて使ってみると適当です。 それに企画書を作る際に、相手に企画の内容をできる限りアピールするために工夫が必要になってきます。しかしながら企画書の正しい作り方が守られていないと、アピールに繋がっていかないから、まず正しい作り方を身に付けるためにも、テンプレートを活用してみると良いです。そうする事で、企画書の作り方を体に染み込ませていくと良いです。

企画書の大事さ

企画書の大事さ

企画書を書く事は、自分が考えた内容を相手に理解してもらうだけではなく、自分のためにもなってきます。実際に文字として表す事で、自分が頭で思い浮かべている内容をもう一度確認できて、客観的に見られます。そこから企画書に書いてある内容を掘り下げられて、より良い企画書を作り上げる事が可能です。

企画書の作り方 注意点

企画書の作り方 注意点

企画書と言う物は、自分だけが内容を理解しているのではだめで、どれだけ相手に企画の内容を伝える事ができるかが大事な部分になっています。その他にも、もし内容を伝えられたとしても企画書の書き方が雑で、さまざまな所に情報が散らばっていては見る側としても大変なため、どういうフォーマットで書くかも重要です。 これらの事より、企画書を作る時の注意点はできる限り相手に分かりやすく書き、特に要点がどこかを充分に伝えられるように書き方を工夫しましょう。実際に企画書を作る際には書き方を変えるだけ、見やすさがかなり違ってきます。そのため自分の目線ではなく、極力相手の目線に立ちながら企画書を作っていくと良いです。

目的別の企画書の作り方の例

目的別の企画書の作り方の例

企画書の作り方は目的別で違ってくるため、自分が何の目的で企画書を作るかで変えていく方が良いです。それはやはり、どの目的でも同じ方法で企画書を書いていれば、相手に伝わらない可能性が充分にあり、その企画が採用されない場合が出てくるためです。 よって、意識的に目的別で企画書の作り方を変えるようにしていきましょう。

イベント

イベントの企画書の作り方については、イベントをなぜ開催するかに重点を置くと良いです。実際にイベントを企画する際には何かしらの理由があり、その事をはっきりとさせていなければ、企画書を受け取った人が中々実際に開催に向けての行動を取りにくです。よってイベントの企画書を作る際には、理由をより詳しく書いていくようにしましょう。 企画書を受け取った人も、イベントを開催する事は良いと判断しても、その理由が曖昧では良い感触を得にくいから特に理由をどうするかに力を入れると適当です。そのためイベントの開催の理由を考える際には、誰が見ても納得できる物と言う事を念頭に置く事が大事です。そうすれば考えもより深まり、企画もとおるようになります。

番組

番組

番組の企画書の作り方に関しては番組がどういう内容で、視聴者が興味が湧く物かどうかに着目する事が大事になっています。なぜなら番組ならば視聴率をどれだけ取る事ができるかに重点が置かれており、面白さが追及されてくるためです。そのため誰もが簡単に思いつく物ではなく、できる限りひねった内容の物にする方が良いです。 特に番組の企画書では、採用される数はかなり少ないため、できる限り多くの企画を考えなければいけないから非常に大変です。そうは言っても視聴者に面白い番組を届ける楽しさもあるため、決して大変な事だけでは無いです。したがって番組の企画書を作る事は難しい部分もありますが、やりがいも大きいです。

広告

広告の企画書の作り方は、どの年代層をターゲットにしているかと、商品をどういう風に輝かせる事ができるかに重点を置くと良いです。特に広告は影響力が大きく、実際に見た人にインパクトを与えられるから、どの年代層をターゲットにするかや、商品の輝かせ方の方法が重要になってきます。 広告次第で商品の売り上げは変わってくるため、企画書を作る段階で何回も考えを練り込む方が良いです。何回も考える事により頭の中が整理されてきて、より良い企画の案が浮かんでくる可能性があります。よって今の段階で良い企画の案が無かったとしても決して心配はいらなく、意識的に考える事を続けていけば大丈夫です。

旅行

旅行の企画書の作り方は、旅行客をどれだけ楽しませる事ができるかに着目すると良いです。特に団体旅行は、多くの人に楽しんでもらわなければいけないため、企画力がかなり必要になっています。実際に多くの人を楽しませるためには、どこに行けば良いかや、どういうルートで観光地を回ると適切かなどを入念に考える必要があります。 そうは言っても旅行の企画書に関しては割と自由度が増しており、行き先がある程度決まっているわけでは無いため、自分の行きたい所も入れる事ができるようになっています。その際には企画力がいるから、旅行の細かい部分まで考える必要があります。よって旅行の企画書を作る際には旅行客をどれだけ楽しませるか以外に、企画力も気を付けましょう。

新製品

新製品の企画書の作り方は、その製品がどういう物で、実際に使うとどういう効果が出るかに重点を置くと適当です。新製品の場合はまだ誰も使った事が無い物で、企画書を受け取った人も興味や関心が湧かなければ、中々次のステップに踏み切る事は無いです。そのため、企画書でどれだけ新製品をアピールできるかが重要になってきます。

新事業

新事業

新事業の企画書の作り方は、具体的な事業内容とその事業を行う事で、どういう利益を生み出せるかをなるべく詳しく記載するようにしましょう。新事業をする際には、多額のお金が必要になってきて、さまざまな人の手を借りる事になるため、適切な内容の物でなければ企画書を渡された人も納得できないです。 本当に利益を生み出せる勝算がある物ならば、ある程度の事業は行う事が可能なため、企画書の段階で新事業で生み出せる利益がどれぐらいかを細かく計算してみると良いです。そこで上手くいけば、本当に新事業ができる可能性が高まってきます。

簡単な企画書の作り方

簡単な企画書の作り方

企画書と聞くと、難しいイメージを持つ人が多いですが、実際には簡単な作り方もあります。それは企画書を作る事が初心者の人であったとしても大丈夫で、時間もあまりかからないです。そのため、企画書を始めて作る人や時間が限られている中で作る人がいた際には、簡単な作り方を採用すると良いです。

1枚

簡単な企画書を作る際には、1枚で充分とされています。その一枚に書く内容しては企画をする詳しい内容と、なぜその企画をしようと考えたかの理由、実際にその企画をする事でどういう効果や利益を出す事ができるです。これらの事が充分に書かれていれば、簡単な企画書だとしても採用される可能性があるため、積極的にやってみると良いです。

企画書を作る事について

会社で新しい企画をしたい際には、適切な企画書を書かなければいけないため、企画書の正しい作り方を知っておくと良いです。そこで活用すると適当な物は、企画書の見本や本、テンプレートで、もし分からない事があれば積極的に使っていきましょう。そうすれば企画書を始めて書く人だとしても、作り方で困らないです。 企画書の作り方は、イベントや番組、広告、旅行などの目的で違っているから、それぞれの目的別で作り方を変えていきましょう。むしろ、そうしなければ企画書を提出したとしても採用されないため、異なる作り方をする事が大事になってきます。そのため自分がどの目的で企画書を書くかを理解して、それぞれの目的別で、適切な作り方を参考にすると適切です。

関連タグ

アクセスランキング