IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

企業説明会の質問例文|金融/エステ/建築/IT/ホテル/航空会社

就活ノウハウ

就活をする上で企業説明会での質問は、直接企業のことをより深く知ることができる重要な機会です。そこで、企業説明会の際にどんな質問をするといいのかを業種別にまとめました。企業に質問する際のマナーや注意点も合わせて確認しておきましょう。

更新日時:

企業説明会での質問の例文をご紹介!

企業説明会での質問の例文をご紹介!

企業説明会では、相手企業の話を聞いた後に質問をする時間がありますので、積極的に質問をしましょう。質問をすると良いメリットは、自分がわからないと感じた内容をすぐに解決できる事や、企業のより詳しい情報を知る事ができる部分です。そのため、特に企業説明会での質問は大切で、上手く活用していくと良いです。 企業説明会で質問をすると、相手企業に顔や名前を覚えてもらいやすくなります。実際に面接などに行った際に、企業説明会で質問をした効果が出る場合もあるため、質問をできるかできなかは重要になってきます。少しでも選考を上手く進めていきたいならば、企業説明会で意識的に質問をするようにしましょう。

金融

金融

企業説明会での金融の企業に対する質問の例文は、「普段からどれだけお金に関わる仕事に携わる事ができますか」や「教育制度はしっかりとしているのか」です。学生としては、金融の企業は実際にお金に関わる仕事をするのか、新卒でも充分に仕事ができるようになるか知っておきたい部分です。 金融の企業に興味や関心があるならば、企業説明会に行く前に質問をいくらか考えておく方が良いです。実際にその場で考えても中々思い浮かばなく、質問の内容ばかりに気を取られ過ぎていると説明を聞き逃す場合が出てきます。

エステ

エステだと、それなりの技術が必要になってきたり、普段からお客さんの身体を綺麗にする事をしているため、他の企業に比べるとお客さんと近い距離に立っています。その事を踏まえると、企業説明会でのエステの企業に対する質問の例文は、「初めての人でもエステの技術を身に付ける事はできますか」や「どれだけ人と関わった仕事をする事が可能ですか」になってきます。

建築

建設だと、実際に建物を建てるための資格が必要になる事が多く、経験が無い人だと難しいと感じる人が多いです。そこで、企業説明会での建設の企業に対する質問の例文は「何の資格が必要ですか」や「全く経験がない人でも仕事をできますか」です。少しでも建設に興味がある人で疑問に感じたならば、実際に質問をしてみると良いです。

IT

IT

ITだと、多くの人の中でパソコンを使うイメージがある上に、文系よりも理系の人が就職する所と考えています。そのため、企業説明会でのITの企業に対する質問の例文は、「パソコンをどれぐらいまで使う事ができれば良いですか」や「理系で無ければ応募できないですか」です。実際には多くの人がイメージしている事とは違うため、ITの企業の人の口から直接聞く方が良いです。

ホテル

ホテルの仕事だと、接客業が普段からある上に日中だけではなく、夜の時間帯もホテル内では仕事をしている人がいるため、夜勤もある可能性があると学生側は感じています。そこで企業説明会でのホテルの企業に対する質問の例文は、「接客業がどれぐらいありますか」や「労働時間はどうなっていますか」です。

航空会社

企業説明会での航空会社に対する例文は、「何も経験が無いのだけれどパイロットになる事ができますか」や「キャビンアテンダントになるためにはどういった訓練をするのですか」です。特に航空会社が行っている仕事は多くの人の想像に付きやすいのですが、実際の部分を知らない人がたくさんいるから、そういう所を質問してみると適当です。

福利厚生

学生側としては福利厚生が整っていない所だと、中々働きたい気持ちが湧いてこないです。そこで、企業説明会での福利厚生に対する質問の例文は、「育休制度はしっかりとしていますか」や「医療面は他の企業に比べて充実していますか」です。相手企業の説明を聞き、パンフレットなどを見た際に、特に福利厚生に疑問に感じた事があれば質問に踏み切りましょう。

企業説明会の質問でのマナーや注意点について

企業説明会の質問でのマナーや注意点について

企業説明会の質問をする際には、マナーや注意点をわきまえなければいけないです。それはやはり質問をする事は決して悪い事ではないのでありますが、質問の仕方を間違えてしまうと、相手企業の人に良い印象を与える事ができなくなってしまうためです。そこでマナーや注意点を実際に質問をする前に理解して、少しでも正しく質問ができるようにしましょう。 相手企業にとっては、学生がどういう質問をしているかに注目しているだけではなく、質問をしている時の姿勢や目線の送り方も見ているため、学生としては充分に注意しなければいけないです。その対策としては、今の内から少しずつでも質問の仕方の練習をしておき、企業説明会で本当に質問をする際に評価を上げられるようにしておくと良いです。

企業説明会の質問でのマナーや注意点1 立つ

企業説明会の質問でのマナーや注意点の一つ目は、質問をする時にはその場で立つ事です。実際に企業説明会の場を見ると、ほとんどの学生がしている事で、意識的にする方が良いです。特に質問をする時に立つ事はもはや暗黙の了解になっていて、誰もがするべき事になっているから、忘れないように記憶の片隅に留めておくと適切です。 企業側としては、質問をする際に立つかどうかを注意深く見ていて、この段階からどの学生が良いかを見定めている場合もあるため、学生は質問で立つ事に関しても細心の注意を払いましょう。そうすれば相手企業の人の印象を下げる事は無く、質問もスムーズに行う事ができます。よって質問の際に立つ事はかなり重要になってきて、決して忘れないようにすると良いです。

企業説明会の質問でのマナーや注意点2 挨拶

企業説明会の質問でのマナーや注意点の二つ目は、大きい声で挨拶をする事です。その理由としては実際に質問をする前に、一言でも大きい声で挨拶を入れるだけで相手に与える印象も変わってきて、とても良い雰囲気で質問に移る事ができるからです。そのため質問をする機会があるならば、大きい声で挨拶をする事に重点を置いてみても良いです。 相手の企業の人からすると、普段の仕事をしている中で挨拶をする事の重要性を身に染みてわかっているため、企業説明会の場で大きい声で挨拶をしている学生がいたら目に止める事が多いです。したがって学生側は、質問の時でも大きい声で挨拶をして、少しでも自分自身をアピールできるようにしましょう。

企業説明会の質問でのマナーや注意点3 名乗る

企業説明会の質問でのマナーや注意点の三つ目は、自分がどこの大学に所属しているかを質問の前に名乗る事です。例えば「○○大学 ▽学部 ○年 ○○と申しますが質問はよろしいでしょうか」のように言えば、相手の企業の人からしても礼儀正しいと映ります。そのため、自分が所属している大学名を言ってから質問するように、徹底しておくと良いです。 特に企業説明会だと、他にもたくさんの学生が来ている事もあり、その中から相手の企業の人に名前を覚えてもらうには、質問の時が最も良い場面だから上手く活用しましょう。その活用の仕方次第で、選考の進み具合も違ってくるため、質問の前に名乗る事などを積極的にしていく事が大切になってきます。

企業説明会の質問でのマナーや注意点4 言葉使い

企業説明会の質問でのマナーや注意点の四つ目は、言葉遣いを気にする事です。なぜなら企業説明会のような場だと、正しい言葉遣いが求められており、少しでも間違った言葉遣いをしてしまうと、それだけで相手の企業の人に悪い印象を与えてしまう事になるためです。そのため、質問の際には前もってどういう言葉遣いをすれば良いかを考えるようにしましょう。

企業説明会で質問をする事に関して

企業説明会で質問をする事は、とても重要な部分になってきます。実際に質問をする際には、それぞれの職種や仕事に合わせた内容しなければいけないから、質問の内容には充分に気を付けましょう。そうしなければ、論点がずれた質問をしてしまうと相手企業も中々答えづらくなってしまうためです。 その他にも不適切な発言をすると相手の企業の人の印象を下げてしまい、自分にとって良い事が起こらないため、企業説明会で質問をする際には正しいマナーや注意点を前もって理解しておかなければならないです。したがって正しいマナーや注意点も頭の中に入れておき、決して行動に起こさないように注意すると良いです。

関連タグ

アクセスランキング