IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「各位」の意味とメールでの正しい使い方の例文|敬語・社外/社内

メール

あなたは「各位」という言葉を上手に使うことができますか。手紙の中で間違いなく、この表現を支えているでしょうか。もし「各位」の使い方について不安に感じることがあるのであれば、この記事を読んでみてください。「各位」の正確な使い方を理解することができます。

更新日時:

「各位」とは?

会社で作成されている書類に目を通している時に「あれっこれってどういう意味なの」と疑問に感じたことはありませんか。 おそらく、オフィスワークをしている多くの人は、読むことができたとしても、意味を正確に理解することのできていない表現を見かけることがあります。そのような、読むことができたとしても、理解するのが非常に難しいとされている表現の1つが「各位」になります。 では「各位」という表現には、どのような意味があるのでしょうか。また、この言葉を目上の人に対しても使うことができるのでしょうか。ビジネスの場面で抱く「各位」という表現についての疑問を徹底的に理解しましょう。すぐに職場で役立てることの情報を見つけることができるはずです。

「各位」の意味とは?

辞書で「各位」という言葉にどのような意味があるのか調べたとしましょう。どのような説明を見つけることができますか。 「各位」には「皆様方」もしくは「皆様」という意味が含まれているとされています。そのため、誰かの名前を表現したいと感じた時に使うことのできるフレーズであることがわかります。 名前だけを担当直入に言うこともできますが、それだけでは不自然な響きになったり、不敬な態度だと捉えられてしまうこともあるでしょう。 しかし「各位」という表現を使うことによって、そのような事態を避けることができます。非常に利便性の高いことができるでしょう。

敬語

「各位」という言葉を、目上の人に対して使ってよい敬語なのかどうか、疑問に感じておられる方もたくさんいるはずです。取引先の人と会話をしている時や、職場の上司と会話をしている時には、言葉遣いに気を付けなければならないからです。 結論から言いますと「各位」という表現は、職場の上司や取引先の人と会話をしている時にも使うことのできる表現になります。なぜでしょうか。 なぜなら「各位」という言葉には敬称が含まれていることになるからです。そのため、もし、あなたが文法の詳しい職場の上司と会話をしているとしても、心配することなくこの表現を使うことができるでしょう。 そのような人からしても「各位」は非常に敬意を示された表現ですから、不快な気持ちにさせたり、苛立たせたりすることはありません。

丁寧に言うには?

相手を不快にさせないことを意識するがあまり、不自然な言葉遣いをしてしまうビジネスマンはたくさんいます。「各位」という表現を、無意識のうちに間違った仕方で用いてしまっているビジネスマンもいるので、正しい使い方を理解するのは非常に重要です。 例えば「各位」という言葉を使って、相手の名前を表現したいとしましょう。当然ながら、相手の名前の後に「各位」という言葉をつけることができます。 しかし、ここで注意が必要な点があります。なぜなら、人によっては、相手の名前の後に「各位様」という表現をつけてしまっているからです。この表現は、敬意を示された丁寧な言い方ということができますか。

「各位様」は間違い

結論から言うと、正しい表現ではありません。もちろん、敬意を示そうと努力されている表現であることは、誰もが理解することができます。 しかし、実際問題として「各位」と「様」の相手に対して敬意を示すことのできる表現が二重に使用されてしまっています。そのため、文法上は間違いどうなってしまうので、この誤った表現を使うことのないように注意してください。 自分で自分の言葉遣いについて見直すのは非常に難しいことです。しかし、実際に「各位様」という表現を使ってしまっているビジネスマンがいるのも事実です。 もちろん、多くの人は職場の同僚や上司からの指摘によって言葉遣いの間違えを見直すことができていますが、自分自身で 「各位様」を使ってしまっていないかどうか、注意することも大切です。

「各位」を英語で表現するには?

「各位」という表現を日本語で使うのは、それほど難しいことではありません。しかし、もっと難易度が高いのは英語で「各位」という表現を使うことです。どのようにして英語で 「各位」 という言葉を表現することができますか。 英語に詳しい人ならすぐに理解することができるでしょう。一般的にはDear Allという言葉で「各位」と同じ意味を相手に対して伝えることができます。 日本語では「皆様」と「各位」は違う単語になっています。しかし、英語で表現するのであれば、ほとんど同じ単語になってしまいます。 つまり、Dear Allという言葉に行って「皆様」という文章を作成していることになります。もし、何かの機会があって英語で文章を作成しなければならないとしたら、この表現を使うことによって、相手に対する深い敬意を示すことができるでしょう。

「各位」のメールでの正しい使い方と例文とは?

「各位」という言葉の意味について実際に理解することができたとしても、普段の生活の中で使うことは非常に難しいです。 なぜなら、使い方や例文について精通することができていないからです。もちろん、会社の同僚とのメールのやり取りをしている時に「各位」という言葉を周りの人が使っているのであれば、その文章を覚えることによって「各位」を自分も使えるようになります。 しかし、全ての人が「各位」という言葉を使った例文を見聞きすることのできる環境にいるわけではありません。そのため「各位」という言葉を実際に使うことのできる例文についてこれから紹介します。それぞれの例文から「各位」という言葉の使い方を深く学びましょう。

社外や取引先に対して

社外や取引先に対して

例えば、たくさんある取引先の人たちに対して一度に一斉送信でメールを送らなければならないとします。あなたが、そのような重要なメールを作成しなければならないとしたら、どのような言葉遣いで最初に文章を始めたいですか。 「取引先各位」という表現を使うことができます。では「取引先各位」というフレーズを使うことによって、どのような意味を相手に対して伝えることができるのでしょうか。 「取引先の皆様」という意味を伝えることができます。そのため、どの人意識先の人出会ったとしても「取引先各位」とメールの文頭に書かれているからといって、不快に感じる人はいないことでしょう。 相手に対する深い敬意を示したいと感じているのであれば「取引先各位」でメールの文章を始めることができます。

社内での「各位」の使い方

「各位」という言葉が使えるのは社外や取引先の人に対してだけではありません。社内の人に対しても「各位」という表現を使うことができます。具体的にどのようにして社内の人に「各位」という言葉を使うことができるのでしょうか。 例えば、会社の多くの管理職の人に対してメールを送りたいとします。単純に「管理職の皆様ヘ」という文章を作成することもできます。 しかし「管理職各位」という表現を用いることによっても、それぞれの管理職への敬意を示すことが可能になります。 特に、かしこまった言い方をしたい時や、簡潔に相手に対して敬意を伝えたいのであれば「各位」という言葉を選択することができるでしょう。すべての管理職の人は、自分に対して敬意が示されていることを、間違いなく理解することができるでしょう。

「各位」は目上の人や上司に対して失礼?

「各位」は目上の人や上司に対して失礼?

基本的には「各位」という表現を目上の人や上司に対して使ったとしても、何の問題もありません。「各位」というフレーズが使われたメールを受け取った目上の人や上司の人が不快に感じることはないでしょう。 しかし、注意が必要なのも事実です。大勢の人に対してメールを送信しなければいけない時に「各位」を使ったとします。そして、そのメールの宛先に部長や社長が含まれているとします。 この場合「各位」という表現が書かれたメールを受け取ることによって、不快に感じる部長や社長はいないでしょう。 しかし、もしも部長や社長にだけメールを送りたいとします。そして、その文章の中で「各位」という言葉を使うと社長は不快に感じてしまう可能性があります。なぜなら、部長と同じ扱いを受けていると感じてしまうことがあるからです。

「各位」と類語の使い方の違いとは?

「各位」という言葉を、さらに深く理解するために大切なこととは何ですか。それは「各位」という表現の類語やその使い方を理解することです。 そうすることによって「各位」という言葉以外にも、他の表現で同じ考えを伝えることができるようになります。結果として、自分の言葉の表現の幅を広げることにもつながりますので、これから「各位」の類語について紹介します。

「様」「皆様」も類語

「各位」という言葉の代表的な類語は何でしょうか。それは「様」や「皆様」です。この類語については多くの人が精通しているに違いありません。なぜなら、どんな人でも、人生の中で何度も使ったことがある表現になるからです。 例えば「管理職の皆様」と会社の会議の中で言うこともできます。この表現を使うことによって「各位」を使う時と同じような敬意を相手に対して示すことが可能になります。

御中

「御中」という言葉を使うことによっても、相手に対する深い敬意を示すことができます。どのような場合に「御中」という表現を使うことができるのでしょうか。 基本的には、 会社や団体宛にメールを送らなければいけない時には「御中」という言葉を使用することができます。 そのため「株式会社御中」という言葉を使いながら、相手に対する敬意を示せるように工夫してあるメールを見かけることがよくあります。

「各位殿」は間違いか?

新入社員で会社に働き始めたばかりの人達は、メールを作成するときの言葉遣いに敏感になるはずです。言葉遣いが原因でトラブルを抱えてしまうことのないためです。 「各位」という表現を使うことによって、ありがちな間違いのフレーズのいくつかを紹介します。 代表的なのか「各位殿」です。一見すると間違えのに感じることのないフレーズですが、なぜこれらのフレーズを使ってはならないのでしょうか。 なぜなら、二重敬語になってしまうからです。「各位」という言葉を使うだけでも、相手に対する敬意をふさわしく表現することができているにもかかわらず「殿」で同じ意味を繰り返してしまっています。 そのため、不安に感じる可能性もありますが「各位」という言葉だけで十分になります。ビジネスマナーの基本中の基本になりますので「各位」の使い方には、しっかりと精通しておきましょう。

「各位」でふさわしい敬意を示す

相手に対して敬意を示す方法はたくさんあります。顔の表情によって敬意を示すこともできれば、言葉遣いによって敬意を示すことのできる場面もあります。 しかし、最近では取引先の人とのやり取りが、インターネット上で行われることが増えてきているため、言葉遣いによって相手に対する敬意を示すことは、非常に重要なことと見做されています。 そんな、ネット社会においても「各位」という言葉を上手に使うことができれば、相手に対するふさわしい敬意を示すことができます。この言葉の使い方に精通して、上手なコミュニケーションを取ることができるようになりましょう。

関連タグ

アクセスランキング