IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

目標設定シートの記入例|事務職/営業/SE/リハビリ・作成方法

営業

目標設定シートを活用する事は仕事を高いモチベーションで行っていく時に大切な物になっており、もはや必要不可欠ともされています、特に仕事をする上では目標を設定する事が大事で、その際に目標設定シートがあるかどうかで非常に変わってきます。

更新日時:

目標設定シートの記入例

目標設定シートの記入例

目標設定シートの記入例はそれぞれの職業で違ってくるから、実際にどういう書き方をすれば良いかを事前に知っておくと良いとは思いませんか?それをちゃんと知っていなければ自分の目標を設定できませんし、仕事をする時にも自分の立てた具体的な目標と現在地を確認するためにも、目標設定シートを書いてみることをおすすめします。 仕事は目標を立てているかどうかでモチベーションも変わり、どれだけ続ける事ができるかにも関わってくるので、大事な部分になってきます。その時に目標設定シートの役割が大きく、実際に文字で書く事で頭の中にその内容をちゃんと入れられます。そこで今回はそれぞれの職業の目標設定シートの記入例を見ていきましょう。

事務職

事務職の目標設定シートの記入例は、どれだけデスクワークをできるかに絞る方が良いです。特に事務職だと毎日こなさなければいけないデスクワークが多く、とても大変とされているからです。その際に目標設定シートを活用して、するべき事を明確にしておけば、どれだけ多くのデスクワークの量があったとしても対応することができます。

営業

営業

営業の目標設定シートの記入例は事務職とは違い、足で稼いでいく事が多いので売り上げをどれぐらいの売り上げを上げるかの具体的な数を書くと良いです。特に営業だとそれぞれに課されているノルマや売り上げがあるので、それを実際に書ければ適当な目標になってきます。このため営業で何を書くかを迷っている人がいれば、参考にしてみる事も一つの手段です。 特に営業だとノルマや売り上げも明確な目標が無いと、中々動く事ができませんので、前もって目標設定シートを活用して明確な部分を決めておくと、あまり困らないです。

SE

SE

SEの目標設定シートの記入例は、どういうシステムの設計や開発をしているかをはっきりと書く事です。SEは専門的な職業ですので、システムの設計や開発をするにしても難しい部分があります。このため、どういう風にしてモチベーションを保つかが大変だからです。 その際に自分がどういうシステムや開発をしたいかをはっきりとさせておけば、モチベーションを高い位置で維持できます。そうすればSEの他の仕事にも身が入り、ちゃんと自分がやらなければいけない事をこなしていけます。

接客

接客

接客の目標設定シートの記入例はどれだけ良い接客ができるかと言う所を自分なりの視点でポイントを挙げてみる事です。接客だとどういう目標設定を掲げれば良いかを挙げにくいけれど、他の人には無い自分だけのポイントで判断すれば良いです。それが接客をより良くできる部分になってきて、上手くなるコツにも成り得ます。 接客の場合はいろいろなお客さんと接しなければいけないけれど、その中でどれほどの良い接客ができるかが重要になっています。そこの目標設定のポイントを置けば普段から意識できて、実際に接客の向上にも繋がってきます。

リハビリ

リハビリの目標設定シートの記入例は、患者の怪我をどれだけ治すかにすると良いです。リハビリだと普段から患者に付きっきりだから体力もかなり使い、精神的にも大変で非常に苦労が多い仕事とされています。そんな中でモチベーションを上手く保っていくためには、やはりどれだけの患者の怪我を治したかになってきます。 実際に自分のリハビリの腕前で患者の怪我の治りも早くできるので、日常的に良い治し方を研究していくと良いです。そうすればより多くの患者を助ける事が可能になってきて、目標設定シートに記入した怪我をどれだけ治すかの数にも大きく関わってきます。

介護

介護の目標設定シートの記入例は、介護を必要としている人にどれだけ優しく接する事ができるかです。その理由としては、特に介護を必要としている人は高齢者が多いので、その人達と良い関係を築いていくためには、優しさがかなり大事になってくるためです。だから少しでも優しく接する事ができるように、目標設定シートに書き込むと良いです。 介護を必要としている人と最初はあまり上手く接する事ができなくても、段々と関係を築いていけば徐々に優しさも出てきます。介護は難しい仕事だけれど、目標設定シートにしっかりと目標を書いて、少しづつでもこなしていけば大丈夫です。

スポーツ

スポーツ

スポーツの目標設定シートの記入例は、1シーズンでどれぐらいの成績を上げる事ができるかに着目すると良いです。特にスポーツは結果をどれだけ上げられるかで周りからの評価や給料を決められるから、目標設定シートに書く事はなるべく成績に拘る物の方が良いです。それが自分自身のモチベーションに繋がってきて、普段のプレーにも適切な影響を与えます。 スポーツの世界ではライバルが多く、そのライバルよりも良い成績を上げなければ生き残る事ができないから他の仕事に比べると厳しさはかなりあります。そうは言ってもそこで目標設定シートに成績の事について詳しく書いて、少しでもモチベーションを良い状態で保っていけばチャンスは少なからず出てきます。

目標設定シートの作成方法

目標設定シートの作成方法

目標設定シートの作成方法はまず何の目標を設定したいかを明確にする事です。それは仕事以外にも学校の勉強でも良いので、そこを最初にはっきりとさせておく事が大事です。そして次に実際にどういう目標を立てるかと言う部分になってきて、なるべく自分が達成できるかどうかの微妙なラインを選ぶと良いです。 簡単に達成できる目標を設定シートに書いたとしてもほとんど意味をなさないので、どういう目標を設定するかはかなり大事になってきます。だから目標設定シートを充分に活用したいならば、しっかりと目標設定の部分を考えなければいけないです。

目標設定シートを使ったメンタルトレーニングの例

目標設定シートはただ単に自分自身の目標を書くだけではなく、メンタルトレーニングにも活用できるので、少しでも興味や関心がある人がいれば実際にやってみると良いです。特にメンタルを鍛えていればさまざまな所で役に立ち、今後の人生の中でも大事な部分になってきます。 そこで具体的に目標設定シートを使って、どうやってメンタルトレーニングをすれば良いかを見ていきましょう。割と簡単に誰でもできる物だから、積極的に行う事が大切です。

おおきく振りかぶって

メンタルトレーニングの例として、漫画の「おおきく振りかぶって」を挙げます。「おおきく振りかぶって」の中で目標設定シートを使って、メンタルトレーニングをしている描写があるので参考にすると良いです。漫画だけではなく、実際に行ったとしても効果は少なからず出てくるからやってみる価値は大いにあります。 具体的には人生の目標とスポーツの目標をそれぞれの項目に10分間で書くようにしています。限られた時間の中でどれだけ目標を書けるかと言う物だが、時間内だと普通の人ならばどうしても焦ってしまいます。しかしどれだけちゃんと書けるかが大事になっていて、そこがメンタルトレーニングにも繋がってきます。 したがって「おおきく振りかぶって」で行っていたメンタルトレーニングは意味のある事で、メンタルが弱い人は実践してみると良いです。そうすれば自然とメンタルが鍛えられて、ある程度の事には動揺しなくなります。

目標設定シートでモチベーションUP!

目標設定シートでモチベーションUP!

目標設定シートは仕事を頑張る上で大事な部分になっており、特に、どれぐらいモチベーションを保てるかにも関わってきます。しっかりと前もって目標設定シートを立てる事ができれば、仕事に対して真摯に取り組めて良い業績を見込めるようになります。したがって、本当に仕事を頑張りたい際には、目標設定シートにまず取り組んでみてはいかがでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング