IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

申し上げるの意味や使い方|用法/メール・例文|お願い申し上げる

初回公開日:2017年12月29日

更新日:2017年12月29日

記載されている内容は2017年12月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メール

「申し上げる」という表現はビジネスマンであれば誰でも使うことが求められます。しかし、実はこの表現を、間違った意味で使っている人がいるのも事実です。この記事から「申し上げる」という言葉の正確な意味と使い方について調べましょう。すぐに会社で使うことができます。

「申し上げる」の意味や使い方とは?

「申し上げる」という言葉を使っている職場の同僚と会話をすると、どのように感じますか。おそらく「この人はずいぶん礼儀がいいな」と感じるのではないでしょうか。不思議と今感度が上がります。 しかし、とても礼儀正しい雰囲気のある「申し上げる」という表現を会話の中で使ったとしても、意味を間違った仕方で使っていたとしたらどうでしょうか。その事実に気づいた時には本当に恥ずかしく感じるはずです。 それでは「申し上げる」という表現にはどのような意味があるのか詳しく調べてみましょう。今後の生活に必ず必要な情報を見つけることができるはずです。

「申し上げる」の意味

「申し上げる」という表現にはどのような意味があるのでしょうか。「申し上げる」には「言う」という意味があります。では「申し上げる」という表現の後半部分に「上げる」という言葉がどうして使われているのでしょうか。 実は「申し上げる」の後半部分に使われている「上げる」は敬意を示すための補助動詞です。そのため、ただ単に「申す」というよりも「申し上げる」ということによって、さらに深い敬意を示すことができる表現であることがわかります。 では「申し上げる」という言葉の具体的な意味について知ることができましたが、どのような方法で、この言葉を使うことができるのでしょうか。用法から「申し上げる」について、もっと深く理解しましょう。

「申し上げる」の用法とは?

例えば「来年もよろしくお願い申し上げます」という文章を作成することができます。このフレーズによってどんな考えを相手に対して伝えるていることになるのでしょうか。 直訳すると「来年もよろしくお願いしますと言わせてください」と言っていることになります。この翻訳だと少し不自然に感じられますが、実際には「来年もよろしくお願い申し上げます」は、敬意が深く表れている便利なフレーズです。それに、かなり実際的なフレーズにもなります。

メールでの「申し上げる」の使い方

「申し上げる」という表現を使うことができるのは会話の中だけではありません。メールでも使うことができます。最近では取引先とのやり取りもメールで行うことが多くなってきたため「申し上げる」をメールの中でどのように使う事ができるのか紹介します。 例えば「ご相談申し上げます」という文章をメールの中で使用することもできます。メールを送る相手に対してどのような考えを伝えていることになるのでしょうか。 おそらく、この場合はメールを送る側である自分が相手に対して何かの相談をしたいと感じています。しかし、メールを送る相手は社長や取引先の人など目上の人になります。 そのため「ご相談申し上げます」という表現で敬意を示しながらも、相談する機会を与えてくれるようにお願いしていることになります。

手紙で「申し上げる」を使う

手紙の中でも工夫して「申し上げる」という表現を使うことができます。例えば「ご挨拶申し上げます」という表現を使うことができるでしょう。 当然のことながらこの表現によって、相手に正式な仕方で挨拶を表現していることになります。季節によって挨拶の仕方が手紙の中では変わりますので、その時期にあった挨拶を表現した後に「ご挨拶を申し上げます」という表現を用いることができるでしょう。 手紙では、いつも以上にかしこまった仕方での表現を使うことが重要とされていますので「申し上げる」 を使うことのできる文章はたくさんあります。

「申し上げる」を使った例文とは?

「申し上げる」という言葉を使った例文を知るのは非常に大切です。友達との会話で使うことがあまりない表現なので、例文をとおして「申し上げる」の正確な使い方を知ることにしましょう。 今すぐ使いたいと感じる表現を見つけることができるはずです。

「お願い申し上げる」

「納期を来年まで延長してくださるよう、お願い申し上げます」この文章を作成したとしたら、どんな考えを相手に対して伝えていることになりますか。 基本的には「お願い申し上げます」という表現で「よろしくお願いします」と、強いお願いの気持ちを表現していることになります。しかし、この文章の場合は納期を来年まで延長してもらうようにお願いを申し上げていることになります。 このような表現の場合、自分側だけではなく相手側に対して努力や理解を求めなければなりませんので「お願い申し上げる」という表現を使うのは非常に実用的です。

「お詫び申し上げる」

関連タグ

アクセスランキング