IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活の準備で必要なもの|服装/小物/写真/自己分析/履歴書

就活ノウハウ

就活の準備について紹介しています。服装のおすすめコーデ、小物や面接、適正試験対策など幅広く網羅しているので、就活を控えた3年生も、1.2年生の皆さんも参考にして見てください。就活の準備は早いほど有利です。志望企業の内定を勝ち取りましょう。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活の準備で必要なもの

就活の準備で必要なもの

いざ就職活動を始める前にまず準備が必要ですが、なにからどう手を付けてよいのか戸惑います。就活ではいかに準備を行ってきたかが成功の鍵となります。 見事希望する企業の内定を勝ち取るため、早めに事前準備をしておきましょう。このページでは服装、小物から自己分析などの事前準備と、面接筆記試験などのシーン別準備に必要なことについて紹介しています。ご覧下さい。

服装

就活準備にまず必要なのは服装です。身だしなみでや第一印象でその人がどんな人なのか判断されるため、服装選びは大事にしましょう。 服装で必要になるはスーツですが、スーツは何色にするか、どのような形のものを選ぶか迷ってしまいます。無難に皆に合わせようとしてスーツ選びをすると垢抜けない感じに見えてしまいますので注意しましょう。 次に男女別就活の服装お勧めコーデとポイントについて紹介しています。

就活お勧めコーデ 男性

スーツを着慣れていない就活生がスーツを着ると七五三のようななんともこなれていない感じが出てしまいます。かといってバリバリのビジネスマンのようにびったりしたおしゃれスーツを着るわけにもいきません。 スーツ選びのポイントとしてサイズが合っているかが重要になります。大きすぎるとだぶっとした印象で野暮ったい子供感が出てしまいます。また面接時にお辞儀した時や座ったときにしわになってしまい見た目にも綺麗に見えません。 上記コーデのようにジャケットはぴったりしたものを、パンツは比較的ゆったりめを選ぶと見ていて違和感がありません。スーツ専門店で購入する場合上下同じサイズを選びがちですが、面接や企業訪問を想定し腕を曲げてみる、座ってみるなどしてラインが綺麗に見えるものを選びましょう。

就活おすすめコーデ 女性

就活の服装で女性が特に気をつけたいのはスカートの丈です。特に小柄な女性の場合スカートの丈が長いと子供っぽく、幼く見えてしまいます。プライベートの場合はかわいいですが就活ではNGです。 上の写真の女性は皆と同じリクルートスーツですがウエストは絞ってスカートはAラインにしているため野暮ったくなく、すっきり見えます。受付の女性などに見られるような人前に出てもおかしくない身だしなみです。 就活の場合皆同じダークスーツですが、サイズがあっているかで見た目の印象がかなり変わります。女性の場合は外見の雰囲気も重視されるため、勝負の一着を見つけてください。

小物

就活準備に必要な小物として、手帳、ペン、時計があります。いつもはスマホをメモ代わり、時計代わりにしている人も多いですが就活ではスマホは封印し上記の3点を持ち歩きましょう。 決して高いものを揃える必要はありません。必要事項を口頭で言われた場合にすぐに対応できるようにバッグから取り出せるようにしておきましょう。

写真

履歴書やESに貼る証明写真ですが写真の印象でぐっと好感度が増します。どうしても証明写真は緊張してしまい不自然な表情になってしまいがちです。その緊張した顔は面接の時にも知らずに現れてしまうものなので、自分はどんな顔になっているのかを確認しましょう。 就活用の証明写真に有名な写真館がいくつかありますが志望する業界で求められるイメージが異なるため志望する企業のことはあらかじめリサーチしておきましょう。

自己分析

就活生が志望動機と共に苦手とするのが自己分析です。自分の強み、弱みなど取り繕うとすると不自然になってしまいます。自己分析は対策が可能です。あらかじめ準備をしておけば就活を始めたときに困りません。 リクナビなどの就活サイトで性格診断を行うことができます。自分の性格をあらかじめ知ることは就活の適性検査でも役に立ちます。長所、短所を把握し短所はどう改善する努力をしてきたか、面接の時に答えられるように準備をしておきましょう。

履歴書

履歴書

履歴書もあらかじめ準備をしておくと良いでしょう。手書き提出が求められる企業もあればパソコンでの作成が可能な企業もあります。手書きの場合は書き間違えるとまた一から書き直しになります。そのため履歴書を書く練習と共に自己PRも考えておきましょう。

就活の準備はいつから始めれば良いのか

就活の準備はいつから始めれば良いのか

就活の準備はいつから始めるのがベストでしょうか。始めるのに早いということはありません。在学中からインターンシップやOB・OGなどとの交流を持って業界研究を行いましょう。 志望する企業の先輩方の生の声に触れることは就活だけではなく就職してからも役立ちます。インターンシップを通じて感じたことや学んだこと、先輩たちの話を聞いてどう感じたかなど、自分の言葉で伝えられるようにしましょう。現場の空気に触れることは最大の就職準備になります。 志望する企業のインターンシップがない、先輩がいない場合はその企業が手がけている商品やサービスの研究を行います。企業の姿勢について自分はどう感じたか、就職したらどのように感じたことを活かしていきたいかを考えると就活の際に役立ちます。

それぞれの就活での準備すべきこと

それぞれの就活での準備すべきこと

3年生の終わりごろになるといよいよ就活が本格化します。この時期には服装や自己分析など就活の下準備はすでに終わらせていなくてはいけません。 今までの準備したことを活かしていざ本番に挑みましょう。採用試験で準備する事について場面別に紹介をします。

会社説明会

会社説明会に参加する場合は案内文の確認をしましょう。企業によっては私服でお越し下さいと記載されている場合があります。その場合の服装について私服かそれともスーツか、今までの傾向を踏まえて準備をしましょう。 会社説明会ではESや履歴書の提出を求められる企業もあるため事前に準備が必要です。受付表が必要な場合もあるため案内文にて必要なものを確認しましょう。

適性検査

SPI適性検査はテストセンターで受ける場合と、企業で受ける場合があります。テストセンターの場合の適性検査は、自宅で受検し筆記試験をテストセンターで行います。あくまでテストを受けるだけのため、服装は自由です。身分確認のため学生証は必ず持参しましょう。 適性検査の対策は数多く出ているため、問題に慣れておくことが大切です。非言語問題は限られた時間で問題を解くため、あせりが生じますが、早く計算できるように練習しましょう。正解が続くと、問題がどんどん難しくなります。難しくなったことは正答率が高い証拠です。落ち着いて解答しましょう。 性格検査は良く答えようとすると、矛盾が生じてつじつまが合わなくなります。そのため就活サイトで行っている性格検査を受検して、自分の性格の傾向をつかんでおくと慌てなくなります。素直に回答することが成功の鍵です。

筆記試験

筆記試験ではあらかじめどのような問題が出題されるのか、対策問題を確認しましょう。計算問題はよく出題されるため早く正確に解く練習を行うことが大事です。

面接

最大にして最後の関門の面接です。面接ではまず基本的な立ち振る舞いが見られています。声の大きさ、表情、マナーなど、鏡を見ながら自分がどう写るかを客観的に捉えましょう。友達同士で模擬面接の練習をしてその動画を撮って自分の癖や動きなどをみるのもひとつの方法です。 インターンシップやアルバイト、部活動など集団生活で得たこと、社会で学んだことを自分の言葉でエピソードとして話せるようにして、それを志望動機とどう結び付けていくかが面接の大きな鍵になります。

準備は入念に!本番はリラックスして!

準備は入念に!本番はリラックスして!

就活の準備について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。就活準備と堅苦しく考えずに社会との接点を持ち、その経験や感じたことをどう活かしたいかを考えながら行動するといざ就活本番を迎えても慌てずにすみます。 試験場所や時間を間違えたり、持ち物を忘れたりすると大きな減点になります。大事な部分はマーカーを引くなどして確認する癖をつけましょう。社会に出たときも確認する癖は役に立ちます。 準備は入念に行い、就活本番はリラックスしてあなたらしさを出して下さい。成功へと繋がります。

関連タグ

アクセスランキング