IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

協調性をアピールする自己PRの例文・協調性を示すエピソード

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

協調性をアピールする自己PRの例文とはどのようなものでしょう。協調性を自己PRにすることは印象が良いように思えますが実際に考えてみるとなかなかまとめることが難しいです。そこで、協調性の自己PRをさまざまな例で記事にしてみたので参考にしてみて下さい。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

協調性をアピールする自己PRの作り方と例文

協調性をアピールする自己PRの作り方は、普段の生活の中にヒントがあったりします。学生の方は、学校でも協調性を必要とする場面が結構あります。そのような経験の中からこれは良いと思えるものを選んで、実際に自己PR文を作成するのも良いでしょう。 例文としては、読み手側になってみて自分の協調性に関する自己PRを読んでみてどう感じるかが重要です。協調性は会社に入社する時にとても大切なチェック項目です。

職務経歴書の自己PR

職務経歴書の自己PRの作り方としては、職務経歴書全体の文章を自己PRのようにすることもできますが、経歴とは別に職務経歴書に自己PRを記載してもとても読みやすいでしょう。内容としては、自分の経歴と関係して協調性が仕事などで必要になった場面を自己PRの文章にすると良く伝わるでしょう。 会社にいれば、色々な人と話しをする機会があるため協調性が必要となることが多々あります。例文としては、「前職の会社で営業職として、会社のスタッフと協力してチームで新規開拓の営業を成功した経験があります。この経験をいかしどのような営業でも協調性をもって取り組みます」が挙げられるでしょう。

エントリーシートの自己PR

エントリーシートの自己PRは基本的に職務経歴書の自己PRと同じでも良いでしょう。ただし、エントリーシートは採用で扱う書類の中でも非常に重要なものになるので、自分でさらに工夫した内容の自己PRを記載すると良いです。 例文としては、「私は人とコミュニケーションをとることが得意です。この能力を発揮して協調性をもって御社の営業として売り上げに貢献します」などがあります。

面接の自己PR

面接の自己PRは、自分の協調性に関する具体的なエピソードを言えれば良いでしょう。履歴書のような書類と違うのは、自分の声で話すことで相手に協調性を伝えることなので、分かりやすく自己PRを発言することが大切です。 例文としては、「学生の頃は長いことサッカー部に所属していました。その中でチームワークを発揮して試合などで勝つことができました。このような経験から身に付けた協調性を活かして御社でも他の社員と協力して業務を遂行します」となります。

協調性を別の表現で言い換えると

協調性を他の表現で言い換えると色々な表現があります。それは、チームワークであったりその他の表現であったりします。場面によって協調性という言葉の表現を言い換えることでより分かりやすく相手に協調性を伝えることが可能です。 例えばチームワークであれば、協調性という意味も含みますが、みんなで協力して何かをすることも意味します。そのため、学生の頃のエピソードなどでは、チームワークなどを使用すると良いでしょう。

チームワーク

協調性をチームワークと言い換えると、非常に分かりやすくなります。協調性という表現は、人によっては理解しにくい人もいるでしょう。それに対してチームワークはより人が理解しやすい言葉ではあります。 考えてみれば、幼少の頃からチームワークという言葉は使っています。また、協調性という言葉は幼少の頃ではあまり使用しません。就職などでチームワークを使用して具体的なエピソードを記載することは意外と簡単にできるでしょう。

コミュニケーション能力

初回公開日:2018年01月05日

記載されている内容は2018年01月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング