IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

最終面接で好印象を与える逆質問の例文|新卒/転職/中途/役員

就活の面接

最終面接の逆質問は誰でも緊張するものです。最終面接によって採用の可否が決定しますので、後々後悔しないよう下準備はしっかりとしておきましょう。してはいけない質問もありますので、入社後どういった行動をとるかといった前向きな受け答えをしましょう。

更新日時:

最終面接で好印象を与える逆質問の例文

最終面接は採用の可否を決定する大切なものです。最終面接では、最後に「何か質問は」と質問をされることがありますが、こういった場合にはどう返答するのが印象が良く、正しい質問になるのでしょうか。 せっかく質問の機会を与えられたのですから、質問をされた場合には、上手に返答を返して、ご自分のアピールポイントや、熱意を企業に伝えましょう。

「私が志望している部署について詳しく教えてください」 「入社までにさらに勉強しておくことはありますか」 「○○の資格を持っているのですが活かすことはできますか」 「御社で活躍するために私に足りないスキルは何ですか」 「働いていて嬉しかったことを教えてください」

最終面接前にしておくべきこと

最終面接が決まったとしても、まだほかにやるべきことはたくさんあります。最終面接が終了するまでまだまた終わりではありません。 最終面接では、後々後悔しないためにもやれるだけのことは全てやっておきましょう。多くのことを経験し学んだことは、後で必ず役に立ちます。ご自身が希望する職種に関してネットで調べたり、本を読むだけでも何かしら学ぶことはあるでしょう。

自分の特徴を紙に書き出す

最終面接を受けるにあたって、例えばこの企業に勤めたら自分の場合はどういったことに役立てるかといったことについて紙に書きだしてみても良いでしょう。 例えば志望動機に関して入社してからどういった行動を取り企業のために役立てるかといった内容も派手すること、また志望動機をその企業の社風に合った内容に変えるということ、自分が学んできたことや自分の持っている資格がその企業にとってどれだけ役に立つかといった具体的な内容をお話しすると良いでしょう。 たとえそのことに関してお話しする機会が得られなかったとしても、最終面接では「やれるだけやった」、という自信につながります。またその熱意は必ず企業側に伝わります。

最終面接の逆質問での注意点

最終面接で注意すべきことは、まず何か質問をされた時に「何もありません」とは答えないでください。 最終面接では企業側と話しができる最後のチャンスともいえますので、なるべく質問しておきたいことを用意しておき企業側に「興味を持っている」ということを行動で示して下さい。

ホームページや会社案内を見ておくこと

最終面接では、ご自分で調べれば簡単にわかることを質問してはいけません。そのため、事前に最終面接を受ける企業のことをよく調べたうえで最終面接に臨んでください。 会社のことをきちんと理解しているということが伝われば、企業側の印象も良くなります。最終面接を受ける企業のことをどうやって調べるのかについては、会社のホームページに掲載されている「会社案内」という項目を見ればその詳細を知ることができます。 最終面接で逆質問をするということは、それだけ企業に興味を持っているということと、きちんと下調べをしてあるということへのアピールにもなります。

最終面接での身だしなみ

最終面接での身だしなみ

最終面接では、特に第1印象が良いということが絶対条件です。最終面接の時にだらしない髪形や服装が乱れていたりすると、面接官の印象は非常に悪くなってしまいます。 最終面接では第1印象が悪いというだけで、どんなことを話ししても話しをまともに聞いていただけない可能性も考えられます。第1印象を良くするためには、その金曜に見合った服装するということと、一般的な目線で見て「整っている」といえる格好をして下さい。 最終面接ではみんなが同じ格好になりがちなため、印象に残すためにもある程度の個性も必要ですが、奇抜な色のシャツやスーツ、今風にセットしたヘアースタイルは控えておきましょう。 最終面接での身だしなみについては、無難になり過ぎないこと、個性的になり過ぎないことが必要になります。そのため、前もってその企業のカラーや社風を調べておき、それに合った服装で最終面接に臨んでください。

最終面接での発声と口調について

最終面接では、声や口調にも注意が必要になります。いくら身だしなみが整っていても、話し方や声によって最終面接に落ちてしまうことも考えられます。 最終面接にふさわしい話し方や声はどういったものになるのでしょうか。例えばお店のテレフォンオペレーターの方や、企業の話し方や声質をお思い浮かべてみてください。 オペレーターの方の話し方は聞き取りやすく、程良く間合いがとれていて、声も大きすぎず小さすぎず、聞き取りやすい応対をしています。 このテレフォンオペレーターの方の話し方を参考に、日ごろから話し方に注意しておくと、それが自然と身についていきます。

最終面接でのやる気の伝え方

最終面接では、企業側にやる気があるということにせるためにも、逆質問をしたらメモをとるというのも一つの方法です。 その場合は、必ず面接官の方に「メモをとってもよろしいでしょうか、と言って確認をしてからメモをとってください。ただしこの時、メモをとるばかりで面接官の顔を見ずに話しをしてしまったり、メモをとる時間をかけ過ぎてもいけません。 最終面接ではメモをとるということも必要ですが、相手の顔を見ずに話しをするということは相手にとって非常に不快感を与えるものです。せっかく好印象を与えるためにメモをとるのですから、そういったマナー違反はしないよう心がけましょう。

ポイント

最終面接で企業側にやる気をアピールするためには、その企業への志望度が高いということを会話の中にこめて上手に伝えましょう。 例えば、入社したらどうするかといったことについての具体例を話したり、仕事についての意欲や熱意をアピールして下さい。 新卒者の方は何もかもが初めてのため、緊張してしまうのは当たり前です。逆質問をするということは特に緊張するものですが、ここは思い切って面接官の方に「何か質問は」と問われたら、「今迄面接されてきた中で、期待できると感じた方の共通点があれば教えていただけないでしょうか」と逆質問をしてみましょう。 面接官の方の考え方を聴くことで、面接官の方の気持ちをうかがい知ることができ、あなたに対する印象も良くなります。

最終面接での長所の伝え方

最終面接での長所の伝え方

最終面接で逆質問をする機会があった場合には、自分の長所について上手に伝える必要があります。 逆質問で証書を伝えるためには、例えばご自分が持っている資格について役立てることは可能かどうか、またはご自分が得意とすることを話し、仕事上でそれを生かすことができるかどうか、といったことについて逆質問してみましょう。 また、ご自分が意見をはっきりと伝えたい性分で、先輩方に意見を聞いていただける環境にあるかどうかといった逆質問をしてみてもやる気が感じられ、面接官の方に良い印象を与えられます。最終面接で客室も押される時は、面接が最後になってきたという合図になります。 そのため、逆質問をされたらその前の面接で話しきれなかったアピールポイントについて逆質問の形をとってお話しすると良いでしょう。

ポイント

最終面接で逆質問をするときにご自分の長所を伝えるときには、あまり自己主張をしすぎないということが大切です。 例えば「自分は○○が得意です」と断定的な口調で話すのではなく、必ず相手の意見をうかがうようにして「○○が得意なのですが、これはお仕事に役立てられますか」といったように、相手に対する協調性を見せながら、同時にやる気と熱意を伝えましょう。

一次面接と二次面接の違い

一次面接と二次面接の違い

面接は一次面接と二次面接、最終面接でその内容が違ってきます。一次面接や二次面接では、自己紹介に始まりご自分のアピールポイントを伝えたり、その人の特徴についてお話しする機会になります。 これが最終面接ともなると、さらに踏み込んだ質問をされることが多くあります。そのため、最終面接まで進めたら、どういった質問をされるのかについて、あらかじめ念入りにシミュレーションしておく必要があります。

より具体的な質問にも対処すること

より具体的な質問にも対処すること

最終面接で企業側が質問をしてくる内容は、あなたがどんな個性を持っているのかについてや、本当に入社する意思があるのかどうか、その企業に入社したいという熱意についての答えを求められます。 入社する意思があるのかどうかや、その企業に対する熱意について聞かれたらその企業が第1志望であるということと、この会社でなければならないという理由についての個体を用意しておくとよいでしょう。 またその場合、他の企業と比較してその企業が良いと思った点についてお話しすると、より話しの内容に説得力を持たせられます。

逆質問のマナー

最終面接での逆質問については、これまでの面接でのやりとりよりも自由度が高いため、失敗してしまうと面接官の方に悪い印象を与えてしまうという恐れもあります。 逆質問で特に注意をしたいことは、ホームページを見て確認すればすぐにわかるような逆質問をしないということです。 例えば、取引き先にはどういった企業があるのかといった逆質問は、「何も下調べせずに最終面接に臨んでいるのか」と思われてしまいますので、下調べをしたうえで疑問に思ったことを質問すると良いでしょう。 ホームページといったもので企業について調べていくと一つや二つは知りたいことや疑問が出てきます。 逆質問がなかなか思い浮かばないという方は、その企業の商品について特に自信を持っている点や、取引き先をどうやって選んでいるのかについ質問すると良いでしょう。

応えにくい逆質問はしないこと

面接官の質問に対して、逆にこちら側から質問をするという方法もあります。ただし、この逆質問の方法は、今まで話しを聞いていなかったのかと思われる危険がありますので、注意が必要です。 最終面接で逆質問をするときの注意は、仕事の内容ではなく休日が何日あるのか、といったことや、企業側が答えにくい質問をするということです。 例えば、「途中で退職された方はどういった理由でお辞めになったのですか」といった質問は、相手側に失礼になりますので、絶対にしないでください。

逆質問する理由

企業側が、最終面接で応募者に逆質問をする理由にはどういったものがあるのでしょうか。これは応募者のやる気と、熱意を確認するために逆質問をしています。 応募者の方はその企業だけではなくほかに何十社も応募していますので、その企業が第1志望であるのかどうか、といったことを確認するために逆質問がされます。 逆質問をすることで、応募者の方が入社した後でどういったイメージを持っているのかということについて確認し、死亡度の高さを確かめている場合が多く考えられます。

コミュニケーション能力の確認

最終面接での逆質問では、応募者の方のコミュニケーション能力が確かめられます。逆質問では候補者の方の積極性が求められますので、応募者の方がきちんと自分の発言をまとめてきているのかどうか、また、企業側に対して失礼ではない態度をとれるかどうかといった、常識的なマナーについても確認されています。 そのほかに考えられる質問は、応募者の方がその企業についてどういったことに興味を持っているのかといったことについて、応募者の考えを知るために逆質問をしてきます。 応募者の方の逆質問から得られる情報により、その企業にどういった魅力があるのかといったことを確認し、応募者を募るときに企業の仕事を高めるために逆質問が行われます。

逆質問をさせてストレスを見ている

これは珍しい例ではありますが、時々企業側から逆質問をするときに感じの悪い態度を取られる場合があります。これは応募者がどれだけストレスに耐えられるのかといったことについて確認されている場合があります。 特に接客業ではクレーマーや、お怒りになっているお客さまに対して対応しなければならなくなるため、面接官がそういった態度をとった時に、どう振る舞うかについて確認される場合があります。

良い印象を受ける逆質問は

最終面接でも逆質問については、相手に良い印象を与えるためにはどういった逆質問をすると良いのでしょうか。 相手に良い印象を持ってもらうためには、入社後に一緒に働きたいと感じさせる逆質問をすることです。例えば、今まで働いてきた中で一番喜びを感じたことは何でしょうか、といった逆質問がこれに当ります。 またそのほかにも、入社後の自分の役割についてや、これから取り組もうとする姿勢がうかがえる逆質問は、企業側に好印象を与えられます。 社員の意識を向上させるために取り組んでいることについての質問や、女性は全体の何割ぐらいの方が勤務されているのかについての逆質問は、いま世間で問題とされていることについてや、企業がきちんと取り組んでいるのかについて興味を持っているということになりますので、入社することへの前向きなアピールとして有効な逆質問になります。

悪い印象を受ける逆質問は

企業側に悪い印象を与える最終面接での逆質問は、「いつからお勤めできますか」といった、すでに採用が決定しているかのような態度をとることです。 まだ採用される前から「有給休暇はどのように取ったらいいですか」、または「どの程度の期間であれば長期休暇は取れるでしょうか」といった、仕事の内容よりもプライベート優先させたいと気持ちが透けて見えるような逆質問は、企業側に失礼になるばかりではなく、自分にとってもデメリットにしかなりません。 こういった、応募者側から企業のために行えることよりも、企業側から得られる点についてばかりお話しされると仕事に対するやる気を疑われてしまい、企業側も「採用してみよう」という気持ちがなくなってしまいます。

よくある質問と逆質問

最終面接を成功させるためにも、最終面接でよくある質問についても調べておき、好印象を与えられる適切な答えを準備しておきましょう。 企業側は必ずと言っていいこと最終面接においてしてくる質問は、なぜこの企業を選んだのかどうかについてや、その企業が第一希望であるかどうか、ほかにどういった企業を受けているかどうかについて尋ねられます。 一次面接や二次面接に比べて踏み込んで質問が多く、すでに内定が決まっている企業があるかどうかといった少し答えづらい質問もされることがあります。また、入社したらどういったことをしたいかどうか、どういった部署を希望しているかといったことについても尋ねられます。 そのほかには、その企業に対するイメージについても尋ねられることがありますので、答えに困り返事ができなくなってしまわないよう、前もっていくつかの答えを用意しておきましょう。

逆質問の答えは人と被らないように

逆質問の答えは人と被らないように

最終面接では特に入社の意思や、入社後にどれだけ働く意欲があるかどうかについての質問が特に多くなってきます。 その企業によっては、特徴的な質問をしてくる場合も考えられますので、なるべく多くの質問の例を考えておき、落ち着いて自分の考えや意思を企業側に伝えられるよう十分に準備をしておきましょう。 また、質問の答えは他の方と被ることがないよう、ご自分の持ち味が感じ取れる答えを用意しておきましょう。

転職する際の注意

転職される場合には、社会経験を積んだということを武器にして、ご自分の希望に合った企業を選んでください。新卒者の方と差をつけるためにも、以前勤めていた企業と比較し、今応募している企業で働きたいという意欲あるのかといったことについてお話ししましょう。 転職される方の場合には、いろいろな経験を積んできたという点で、新卒者の方よりも有利な部分をアピールして下さい。また、最終面接では、今まで経験したことに対して感じたことや、今後はどういった働き方をしていきたいか、どういった仕事をしたいかといったことについてお話ししましょう。 その場合、いくら内定をもらうためとはいえ、適当な嘘を話さないよう注意して下さい。せっかく意を決して転職をしたのですから、ここで嘘をついて合わない企業に勤め、また転職しなければならないといった結果にならないよう、最終面接では正直に自分の気持ちをお話しして下さい。

転職の心構え

せっかく転職するのですから、ご自分に合った企業を吟味して、本当に働きたいと思える企業を探しましょう。転職される方の場合には、必要以上に自分を押し売りしたりするのではなく、自分の希望とその企業の社風が合っているかどうかといった点について注目して下さい。 そのため、すぐには自分の希望にマッチした企業が見つからなかったとしても、それはそれで仕方がないと考えておきましょう。 常に心に余裕をもち、この企業が合わなかったとしても自分で納得のいく企業を探し出した方がよい仕事ができる、といった心構えでいた方が、面接でも落ち着いて対応することができます。転職では考えすぎるとかえってストレスいなってしまいます。 自分を追い込むのではなく、こういった企業もあるのだといったふうに社会勉強のつもりで最終面接に臨んでください。

なぜ中途採用するのか

企業側がなぜ中途採用を応募するのかというと、新卒者だけでは人材が不足している場合が多くあります。 例えば、突然欠員が出た場合や、新規事業を立ち上げる場合に新卒者だけでは対応できない、といったことが考えられます。新しい事業を始めるにあたっては、新卒者だけでは対応しきれず、即戦力となる社会経験のあるものが必要とされます。 そのため、中途採用に保護される方の場合には、勉強させてもらいたいといったことや、育ててもらおうと思いますといったことは、お話ししない方が無難だということを覚えておきましょう。

新卒者との違い

新卒者との違い

新卒者と中途採用者との違いには、新卒者の場合には、一回の方法により採用がされますが、中途採用者は年間を通して応募しており、採用に関する明確なスケジュールは設定されていません。 中途採用者に関しては、入社後の仕事内容にも違いがあり、すぐに取り組んでもらいたい強風や新規事業といったことについて即戦力となる人材が求められています。そのためこれまでの経験や実績といった能力が求められることになります。

中途採用者に求められている事

新卒者の方の場合には、将来性に期待されているため、社会人としてのマナーや専門知識を1からしっかりと学ぶことが可能です。ですが中途採用者の方は、それができないということを覚えておいてください。 また採用の可否に対しても、新卒者と中途採用者の方とでは違いがあります。新卒者の方の場合には社会経験がないため、学生時代の評価や人柄といったことが採用の奇襲になりますが、中途採用者の方の場合には、これまでの実績やスキルが採用の基準となっています。

転職者に求められていること

新卒者の方と違い、中途採用の方の場合には、その志望理由やコミュニケーション能力といったことに重点を置かれます。 また入社後に部署が決定されるのではなく、決まった部署に対して法をされている場合が多くあります。そのため、配属される部署に対して、中途採用の方がその条件を満たしているかどうか、といったことで応募の可否が決められます。

先方は急いでいる

企業側が中途採用者を起こしている場合には、すぐに人員を埋める必要があるため、方法の可否が2回から3回と、通常に比べ少ない数の面接により決定する場合がほとんどです。

役員面接とは

役員面接とは

役員面接とは、就職活動において最終段階にされる場合が多くあり、そこで採用か不採用が決定する場合が多くあります。 そのため、役員面接を顔合わせ程度に考えていらっしゃる方も多くいらっしゃいますが、役員面接を受けるということが内定を取るということではありません。役員面接も、これまでの面接と同じように企業の方針や、求めている人材と会わない方の場合には不採用となることも考えられます。 そのため、役員面接を受けるからと言って安心することなく気を引き締めて取り組んでください。

評価のポイント

役員面接では、これまでした準備をしてきたことが全く役に立たないという場合が考えられます。役員面接では、とにかくその企業に勤めたいという熱意が伝わらなければ不採用になってしまう場合が多くあります。 また、面接官の価値観が、あなたの価値観とあっているかどうかについても大きくかかわってきますが、これは人それぞれ違ったものですので、どう答えたら良いのかという正解がありません。 そのため、とにかく入社した後には何がしたいのかといったことや、入社した際には企業の多いった点についてかんばり会社のためになりたいと考えている、といった具体的なお話しをした方が良いでしょう。 そういったこともあり、最終面接まで残り役員面接を受けることになった場合には、入社した後の具体的なイメージを持っておくと良いでしょう。 役員面接では自分を偽るようなお話しはせず、正直な気持ちを熱意を持って伝えることをおすすめします。

どこを見られているか

役員面接では、企業が求めている人材と保護者の求めていることがマッチしているかどうか、といった点について見られています。 そのため、それまでの面接では人柄や一般常識、経験やスキルといったことに注意点をおかれますが、役員面接では社風と合っているかどうかという点について重点を置かれる傾向にあります。役員面接に通るためには、会社とのマッチングに合ったアピールをする必要があります。

役員面接でよくある質問

役員面接では、応募者が入社後にやりたいことについてや、今後会社のためにどうしたいか、といったことについて聞かれることも多くあります。そのため、応募者がどのように働きたいかといったことではなく、自分のスキルや経験地は会社にとってどのような利益があるのかといった点について答えなければなりません。 入社してから経験やスキルを生かして会社のために役立てる点について具体的にお話しし、どれだけ企業側にメリットがあるのかについてアピールすると良いでしょう。 企業側は、応募者の熱意ややる気に関しても見ていますので、例えば新卒者の場合には「どういった資格を取れば企業のためになりますか」といった向上心の感じられる逆質問をすると良いでしょう。

最終面接での逆質問の数

最終面接での逆質問については、あまり数多く逆質問をするというのはマナー違反になります。質問が多すぎると面倒臭いと思われてしまいますし、応募者はほかにも応募者はいらっしゃいますので、かえって迷惑にもなってしまいます。 逆質問の数は、多くても三つ程度にしておきましょう。ただし、最終面接での準備段階では、五つ程度の逆質問を用意しておくと良いでしょう。

逆質問をしない場合は

最終面接も終わりに近づくと、「最後に何か質問はありますか」と聞かれる場合が多くあります。その時に何も用意していないと、何を聞いたら良いのか分からず、しどろもどろになってしまいます。 また、何も質問はなかった場合には、「特にありません」とお返事して良いのかどうかについても迷ってしまうことでしょう。逆質問は数が多かったり、必ず逆質問をしなければならないというわけではありません。また、逆質問をしたからと言って、それで面接の可否に影響するというわけでもありません。 失礼な逆質問をしてしまったり、「無理やり逆質問をしているな」とすぐにわかってしまう逆質問をすると、かえって最終面接に不利に働く場合が考えられます。 逆質問は用意しておくにこしたことはありませんが、本当に何もない場合には「特に質問はありません」といってしまってもかまわないでしょう。

最終面接中の疑問を逆質問する

これまでの面接においてしっかりと準備をし、マナーを守って面接を行ってきたのであれば、逆面接を利用して、無理にアピールをする必要はないでしょう。 ただし、最終面接という結果を左右する面接の最後に「何もありません」だけでは不安に思われる方も多くいらっしゃいます。何も逆質問の用意をしていかなかったという方の場合には、最終面接での面接官その話しの中で疑問に感じたことがあるのであれば、そのことを面接官の方に逆質問しても良いでしょう。 その場合、逆質問のことばかり考えて面接に集中できなくなるというのであってはいけません。

最終面接の終わりには

最終面接で逆質問を求められた場合には、面接官の方が本当に答えを求めていらっしゃる場合もありますし、その企業によっては、ただ決まり文句としてお話しされている場合もありますので、それほど重くとらえる必要はありません。 「何もありません」とだけ話しするのが不安だというのであれば、最後に「内定をいただきましたら一生懸命頑張らせていただきますので、どうぞよろしくお願いたします。」といって最終面接を締めくくっても良いでしょう。

長い質問はNG

長い質問はNG

逆質問に限らず、面接では一人一人に与えられたおおよその時間が決まっています。そのため、最終面接で注意すべきことは、要点を端的に話だらだらと長話しをしてはいけません。 また、面接官に対して上から目線な口調になっていないか、といった点に注意をしましょう。要点を端的に話すということは、それだけコミュニケーション能力の高さを測られています。話しを端的に話すということができる方は意外にも少なく、これができるというだけで、面接官に良い印象を与えられます。 最終面接では、一人当たりに与えられた時間は2分から3分程度、と考えておきましょう。そのことを頭に入れておき、最終面接での時間配分を考えて逆質問をするようにして下さい。

よくある失敗

最終面接での逆質問をするにあたってよくある失敗は、調べればすぐにわかるといった逆質問のほかにも、企業の職種に関係ない質問をしてしまうということです。 新卒者の場合には就職経験がないため、それほどくわしい専門知識を必要とした逆質問をする必要はありませんが、全く関係ない企業についてのお話しは避けてください。 関係ない話しや調べではすぐにわかるような質問をする方は、そういった手間を面倒くさがる人間だと誤解されてしまいます。 簡単な知られ者さえできない方は、自分でもできる仕事をほかの方に任せてしまったりといった他の人は仕事の手を塞いでしまう可能性があるため、採用されない場合が考えられます。最終面接では十分に下調べをしたうえで臨むようっこ心掛けてください。

NGポイント

最終面接での逆質問について、避けるべき質問にはどういったものがあるのでしょうか。逆質問は、自分をアピールするうえで有効なものではありますが、間違った逆質問をしてしまうと、かえって不利に働いてしまいます。 最終面接では仕事に対する意欲や熱意を伝えるようにして、福利厚生や待遇といった労働条件に関しての質問、または残業時間といった、仕事の内容に関係のないことについては逆質問しないよう心掛けてください。 また給与といった質問に関しては、それは入社してからのことになりますので、まだ内定を受け取っていないうちからすでに入社が決定したかのような質問をすることは避けてください。

最終面接でやってはいけない逆質問のNG例

残業時間や残業代、または休日や休暇といった待遇についての逆質問は、仕事をするうえで大切なことです。とはいえ、それを最終面接において面接官の方に逆質問してはいけません。 最終面接で休日や休暇といった逆質問をすると、仕事に対する意欲を疑われてしまいます。休暇についての質問は内定を受け取ってからすれば良いことですので、最終面接ではお休みに関する逆質問は控えてください。 内定が決まるまでは、できるだけ仕事を早く覚えたいという意欲を見せる必要があります。そのため、残業について逆質問をしたい場合には、ほかの社員の方たちが毎日何時くらいまで仕事をされているのかどうかといった質問の仕方や、早く仕事を覚えるために産業するためといって逆質問をすると良いでしょう。

「いつから働けばいいですか」 「有給休暇はいつから使えますか」 「福利厚生はどうなっていますか」 「給与はどのようにして決められますか」 「マネージャーにはどのくらいでなれますか」

福利厚生についての質問

求人情報を見ただけでは、どうしてもわからない質問というのは出てきます。ですが最終面接においての逆質問で、待遇についての質問はなるべく控えておきましょう。 最終面接では仕事内容以外の逆質問はマイナスに働いてしまう恐れがあります。福利厚生や給与に対する質問は、仕事を覚えるよりも給与の金額の方が大事なのか、と勘違いされてしまうため、こういった質問はしない方が無難です。

プライベートについての質問

面接官の方のご家族に関しての質問、といったプライベートな質問をする必要はありません。これもまた仕事内容には全く関係のない話しです。 仕事の内容に関係のない逆質問は面接官の方も問を言って答えたら良いのか分かりませんし、ご迷惑になってしまいます。最終面接において逆質問をするというのであれば、仕事に関する内容だけに止めておきましょう。

否定的な言葉

最終面接での逆質問については、会社に対する否定的な言葉は避けてください。例えば前任者の方が退職された理由について質問をしたり、「中途採用が多いのはどうしてですか」といった面接官の方が困ってしまう質問はしないでください。

選考結果に対する質問

今回の結果がいつ頂けるのかといった選考結果に対する質問は避けましょう。この企業にどうしても勤めたいといった熱意を伝えることは非常に大切なことではありますが、これはまだ、面接の段階でしても良い質問でありません。 結果が気になるのではあれば、最終面接が終了した後で採用窓口の方に確認をとれば済むことです。

最終面接に通るために大切な事

最終面接は方法の可否を決める最後の難関でもあります。応募している企業についてはなるべく多くの情報を集めておきましょう。 情報はなるべく多く集めておくにこしたことはありません、面接官からの質問に対してあらかじめお話しする内容を決めておきましょう。また、簡潔にわかりやすくお話しをする練習もしておくことをおすすめします。 逆質問は自分をアピールするための最後のチャンスでもありますので、しないよりは逆質問はしておくことをおすすめします。最後に「何か質問は〜」と聞かれた時にも落ち着いて応答ができるよう、逆質問しておく内容についてはなるべく具体的に細かく決めておきましょう。 そして何よりも最終面接に大切なことは、明るく丁寧な態度です。質問に対してはっきりと返事をし、自分なりの感想やお礼をきちんと述べるよう心がけ、ビジネスマナーが身に付いた人間であるということをアピールして下さい。

関連タグ

アクセスランキング