IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

印鑑の正しい訂正の方法・訂正での注意点|二重線/バツ/違う印鑑

事務

公的な書類や重要な書類などには、印鑑が必要になります。そんな重要な書類に押印するときに、間違って印鑑を押してしまったという経験はありませんか。ここでは、印鑑の正しい訂正の方法や、訂正での注意点について詳しく紹介いたします。

更新日時:

印鑑は重要

印鑑は重要

公的な書類や重要な書類では、必ずといっていいほど印鑑の押印が必要になります。その重要書類に印鑑を押す際に、意味があることを認識しているでしょうか。 現在は、三文判やシャチハタなど、印鑑を安く手に入れることができます。ビジネスや公の場所では、印鑑は大変重要な意味を持っています。大切な書類に押印するということは、「この書類は自分が作成した」「間違いなく作成した」ということを法的に表していることになります。 そのため、印鑑の押し間違いや、印鑑を押すのに失敗してしまった場合には、自分で判断した適当な対処ではいけません。失敗した印鑑を対処するには、法的に訂正しなければなりません。社会人のマナーとして、印鑑の押し間違いをしたときの正しい訂正方法を学びましょう。

印鑑の正しい訂正の方法

印鑑の正しい訂正の方法

書類に印鑑を押して失敗してしまった場合、あなたはどのような対処をしますか。大切な書類上で印鑑の失敗をしてしまったら、焦ってしまうこともあるでしょう。しかし、正しい訂正方法を知っていれば慌てる必要はありません。書類の効力がなくなることはありませんので、安心してください。 印鑑を押すのに失敗してしまったら、少しずらして空いているところにもう一度押すことが大切です。間違えて押してしまった印鑑の上に、ちょっとずらして印鑑を再度押します。これで間違えた印鑑が無効になります。また、捺印欄の近くも空いているスペースがあれば正しい印鑑を押し直します。これだけで正しく印鑑を訂正することができます。

印鑑の訂正での注意点

大切な書類に、押し間違えた印鑑を訂正する場合に、注意しなければならない点がいくつかあります。失敗してしまった印鑑の訂正方法は、文章や文字を訂正する方法とは異なった方法ですので注意してください。

二重線

印鑑の失敗や誤りを訂正する際、間違えた箇所に二重線を引いて訂正してしまいそうになります。しかし、この二重線での訂正は正しい訂正方法ではありません。 印鑑に二重線を引いて訂正する方法だと、偽物の印鑑で修正することが可能になってしまいます。改ざんを防止するには、失敗した印鑑の上からちょっとずつずらして、再度同じ印鑑で押します。その横に改めて押印します。文章を失敗して訂正する場合は、二重線の上に訂正印を押す必要があります。その場合と同じように、本人が修正を行ったという意味を持たせるために、印鑑で訂正する必要があります。

バツ

押し間違えた場合や、押すときに失敗してしまった場合などには、バツ印で消しているケースもよく目にします。しかし、この方法も正しい訂正方法とはいえません。印鑑には法的効力がありますので、自己流の訂正方法では訂正したことになりません。 上でも述べたように、失敗した印鑑を訂正するには、間違えて押してしまった印鑑の近くに再度丁寧に押し直します。見えやすいように、少し空白になっているような部分があれば、よりよいでしょう。訂正をするときには、バツなど特別に何かを書き足す必要はなく、近くに再度印鑑を押すだけで訂正したことになります。

違う印鑑

訂正する際には、違う印鑑を使用しては、自分が修正したという証明にならないので、訂正したことにはなりません。訂正に使用する印鑑は、間違ったときに使用した印鑑を使用するようにしましょう。 現在は、細くて小さな認印のような訂正印があります。しかし、この訂正印は法的拘束力のない印鑑です。印鑑を押すのに、失敗してしまった印鑑を再度使用することで、自分が修正したという証明になりますので、訂正する際には同じ印鑑を使用するようにしましょう。

押す箇所

押す箇所

訂正するために再度押印する場所については特に決まりはなく、空いている箇所であれば問題ありません。しかし、訂正したい箇所から離れた場所だと、どの部分を訂正したいのかが分からなくなります。このため、訂正したい箇所の少し離れた場所にスペースを見つけ、再度押印しなければなりません。押印するのに十分なスペースを見つけましょう。

印鑑の押印の失敗例

印鑑の押印の失敗例

印鑑の押し間違いや失敗には、色々なケースがあります。印鑑の押印の失敗例を、ケースごとに紹介いたします。

薄い

重要な書類に押印する際、つける朱肉が少なすぎたことにより、印鑑がとても薄くなってしまった経験はありませんでしょうか。これは、朱肉が十分につけられていない場合もあれば、印鑑を押す場所がとても固く、柔軟に押印できない場合あります。 印鑑を押す前には、必ず朱肉はたっぷりとつけるようにします。つけすぎた朱肉があれば、押印する前にティッシュなどで拭き取るとよいでしょう。また、印鑑を押す際には、マットなどを引くと固くなりすぎず、印鑑が薄くなることを防ぐことができます。

かすれ

次に、印鑑の失敗例としてポピュラーなのが、印鑑のかすれです。印鑑がかすれて綺麗に押印できない原因のほとんどが朱肉の問題です。印鑑を押す前に、まずは朱肉自体がかすれていないかどうか確認してみましょう。 乾燥性の朱肉の場合、朱肉の見た目が赤くなっていても、朱の油が乾燥してしまっている場合があります。その際には、朱肉の交換か朱の油を足すことで朱肉自体のかすれの問題が解決することができます。 朱肉をつけるときには、力を入れ過ぎないことが大切です。印鑑の重みで朱肉をつけるというイメージで朱肉をつけていきます。印鑑を押すときには、印鑑マットなどの柔らかい素材のところで押すと綺麗に押すことができます。また、印鑑の押し方は「の」という文字を書くように押すと綺麗に押すことができるので、両手でしっかりと構えて重心を前後左右に動かしながら印鑑を押します。

押す場所

そもそも、印鑑を押す場所を間違えてしまった、ということはよくあることです。印鑑を押す場所には、「印」の文字や、○で囲んでいる場合がほとんどです。しかし、その指定の場所とは別の場所に、押印してしまう、という失敗例があります。 このような場合には、間違えて押印した印鑑の上に、少しずらす形で印鑑を再度押します。その際、印鑑が薄くなったり、かすれたりしないように注意しましょう。そして、本来押印しなければならない指定の捺印場所にも正しく印鑑を押します。書類によって印鑑を押す場所が分かりにくい場合がありますので、押印する前に確認するようにしましょう。

逆さま

次の印鑑の失敗例は、印鑑を逆さまにして押印してしまうという失敗です。印鑑は、丸い形のものが多いですので、上下を間違えて押してしまうという失敗をされた経験はありませんでしょうか。逆さまに押してしまった印鑑は、無効になるのか、というと、無効になることはありません。上下逆さまに押しても斜めに押しても、印鑑が無効になることはあり得ません。 したがって、再度印鑑を空いているスペースに押す必要はありません。しかし、やはり見栄えはよいとは言えません。印鑑を押す前には、印鑑の向きを確認してから押すように確認しましょう。

おすすめの印鑑の訂正印セット

市販では、印鑑を間違えて押してしまったときに、訂正をしやすくする訂正印や認印などがセットになって売っています。認印や訂正印がセットになり、さらには印鑑ケースや朱肉などがセットになっているものもあります。印鑑専門店だけではなく、文具店やインターネットでも注文することができます。

印鑑の訂正方法のマナーを学ぶこと!

いかがでしたでしょうか。印鑑を間違えて押してしまったときには、二重線やバツ印で訂正するのではなく、間違えた印鑑の近くの空いたスペースに再度押印することが、間違えた印鑑の正しい訂正方法です。押印するのに失敗してしまうと、焦ってしまうのですが、自分勝手な訂正はせず、落ち着いて訂正することが大切です。 社会人にとっても、大切なビジネスマナーですので、正しい印鑑の訂正方法を習得しましょう。

アクセスランキング