IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

FXの失敗例や体験談|サラリーマン/主婦/初心者・失敗しないコツ

投資

FXは投資の一種で、日本円と外国の通貨を売買するシステムです。価格の変動から利益を得る投資なので、日本だけでなく海外のニュースも積極的に調べていくことが大事です。投資の成功には圧倒的な勉強が必要となるので、興味がある人はFXのシステムから学びましょう。

更新日時:

FXの失敗例や体験談

FXの失敗例や体験談

「Foreign Exchange」の略称がFXであり、外国の通貨を売買することで、その価格の変動分から生まれる利益で収益を得る投資システムを意味します。このFXに参入したことで大儲けをして、社会的に成功者となった事例が多く報告されています。 しかしFXはそんなに簡単に儲けられるシステムではありません。成功例に目が眩み、自分にも簡単にできるだろうと判断して、安易な気持ちで始めた結果に失敗する人が大勢います。初めは利益を得たとしても、それに味を占めて大金をつぎ込むことが失敗の元です。 FXは簡単な金儲けではなく、難易度の高い投資システムでもあります。初心者でも収益を得ることは不可能ではありませんが、継続するには勉強が必要です。その点を理解せずにFXを始めても、儲けられないどころか逆に人生を狂わせる失敗を招くことを忘れてはいけません。

サラリーマン

サラリーマン

サラリーマンの人には悩みが多いです。毎日のように続く満員電車に乗った通勤や、勤め先の辛い仕事や低い給与に悩まされます。そして今後の未来に希望が持てず、何とかして金を手に入れたくてFXを始める人も多いですが、金儲けでFXを始めては失敗を招くリスクが高いです。 FXの初心者の頃は、まだわからないことが多いのでリスク管理をします。ですが慣れた頃になると自分一人の力を慢心してしまい、大金を投資するのが失敗の原因です。上手く行けば儲けられますが、予想外の事態で通貨が大暴落する危険もあります。 2008年にリーマンショックが起きたことが原因で世界経済に大混乱が起きてしまい、多くの投資家が失敗し、自らの資産を失う結果となりました。多額の投資も必要な場合もありますが、その際には予想外のリスクへの対策も必要なので、失敗の危険も考えましょう。

主婦

主婦

自宅にいても金儲けができるという理由で、FXに手を出す主婦もいます。確かに家事や育児の空いた時間にビジネスを始められることは魅力的ですし、また家計を助けることができるでしょう。しかし何の勉強もしていない人がいきなりFXを初めても、失敗のリスクは高いです。 また、誰にも知られないままFXで多額の金を投資して、失敗したことを誰にも話さない人もいます。自分のプライドを守ろうと、こっそりとFXを続けて失敗を取り返そうとしますが、それを繰り返しても時間とお金を浪費します。結果、最悪の結果も引き起こす恐れもあります。 FXは時間と少額のお金さえあれば誰でも参加できますが、そのお手軽さが失敗する人を生み出しています。特に主婦はお金と時間があると、自分の家計を守ろうとしてFXを始めるケースが増えています。しかし致命的な失敗を起こす可能性も高いことも考えておきましょう。

初心者

初心者

初心者の人ほど自分の実力を過信してしまい、ニュースをきちんと確認せずにFXで多額の投資をします。まずは3000円から1万円程度の少額から始めて、経験を重ねてからその上の額を投資しましょう。そうすれば、予想外の失敗が起きてもダメージを減らせます。 初めから大成功を果たした投資家は滅多にいません。美談を語っているFXの投資家も、成功の裏で数多くの失敗を経験しました。しかし、それにめげたりせずにコツコツと積み重ねたからこそ、失敗をプラスに変えています。FXも継続が必要なことに変わりはありません。 新しくFXで投資を始めるとしても、まずはリスクをきちんと理解しましょう。そしてどうすれば自分は同じ失敗をしないかを考えて、多くの知恵を得るべきです。短期的な儲けではなく、長期的な視野で挑みさえすれば、FXの失敗も回避することができます。

FXで失敗した人のその後

FXで失敗した人のその後

金儲けをしたくてFXを始めたはずが、思ったように上手く行かず大損してしまい、大失敗をする人が後を絶ちません。そしてFXで失敗した人が、この先どうなるのかも知っておく必要があります。目を背けたくなるでしょうが、知らなければ自分も同じことになります。 投資は自己責任なので、失敗をしても誰かが助けてくれることは滅多にありません。一度や二度ならまだしも、同じ失敗を繰り返してしまえば周りからの信頼を失い、結果的に取り返しの付かない失敗を引き起こします。人生そのものがダメになってしまうリスクがあります。 FXで失敗した人がどうなったのかを知るには、書籍やインターネットで調べることが可能です。その中には目にするのが恐ろしくなるような話も含まれていますが、決して逃げてはいけません。自らへの戒めとして、世の中に溢れる失敗談を取り入れることが大事です。

借金

借金

金儲けを目的にして借金をすると、高確率で痛い目を見ます。FXで失敗をすると家計が苦しくなり、そのリターンを期待して金融機関で借金をしますが、これが深刻な問題に繋がります。借金をしても金利を含めて返済しなければいけませんし、投資に失敗したら返済ができません。 取引は24時間体制で動いているので、一時でも気が緩むと致命的な失敗に繋がります。ほんの少し席を外しただけでも世界情勢が大きく揺れ動いて、貨幣の価値が大きく変わります。プラスに働けばいいですが、マイナスに向かう危険性の方が遥かに高いです。 そんな状態で借金をしても金儲けができないどころか、むしろ借金地獄という名の失敗を経験します。するとFXどころではなくなり、日頃の生活すらも苦しくなります。だからこそ、投資で借金は大きなリスクになるので、安易な考えで挑むのはやめましょう。

離婚

離婚

FXで投資に失敗して多額の損失を出してしまい、離婚をせざるを得なくなった家庭も多いです。家族に断りもなくFXを始めたことがきっかけで、月々の給料をFXの口座に振り込んでしまい、そして損失を出しては大喧嘩になります。最悪の場合、裁判沙汰にも繋がります。 もしも家計を助けたくてFXを始めるとしても、まずは相談をしましょう。そして相手に理解して貰えるよう、自分からFXに関する勉強を重ねて、また失敗の損失を減らせるように少額の投資だけにすることを説明してください。それも守れないなら、FXに手を出してはいけません。 主婦の方でもFXに成功している方は大勢いますが、その人達はきちんと勉強を重ねています。短期間で簡単に大儲けができるとは考えず、また空いた時間を使ってニュースもチェックして、自分の義務を果たしています。むしろ、普通よりも遥かに大変と心得ましょう。

破産

FXが原因で破産した人も多いです。原因は多いですが、一番は余剰資金以外で投資をすることです。FXに限らず、投資で失敗する人は余剰資金がないのに強引な投資を続けたことで、破産を招いてしまいます。本来ならば、余裕がある人こそが投資に挑むべきです。 例え一時は利益が出たとしても、もっと資金を投資すれば儲けられたと考えるのは危険です。そんなに儲けられる機会が何度も来るとは限りませんし、また自分ルールでFXをしては破産を招きます。儲けるよりも、まずは破産しない方法から学びましょう。 FXが原因となる破産を避けて、その方法を教えてくれる人はたくさんいます。周りから反感を買ったり、または心が苦しいと少しでも自覚したらFXをやめましょう。いつ来るのかわからない利益を待っていても、鬱病を招いてしまいます。客観的に考える時間を作ってください。

生活保護

生活が苦しくなって、また借金が重なっても生活保護を申請すればやり直すチャンスが得られます。ただし、身の回りに売却できる資産があれば通らないので、まずは自分の生活環境を把握しましょう。ただし、一番はFXから手を引くことで、他のことで収益を得るべきです。 また、生活保護の申請が通ったら、まずは自分の生活を少しでも立て直すことを優先させましょう。短期間でお金を手に入れようとしては、また元の木阿弥です。失敗を繰り返さないよう、精神科に通ってカウンセリングなどの治療を受けていきましょう。

FXで失敗する人の特徴

FXで失敗する人の特徴

FXは失敗する人は後を絶ちません。自分こそは大丈夫という根拠のない慢心が失敗を引き起こします。ですが、どうすればその慢心を捨てられるのかを考えましょう。時間はかかりますが、自分から勉強する姿勢さえあればFXでの失敗も減らすことができます。

勉強不足がFXの失敗を招く

勉強不足がFXの失敗を招く

FXを始めればすぐに儲けられるというのは大きな間違いであり、むしろ悪徳業者に付け入られる隙を見せてしまいます。信頼できる業者は多いですが、中には悪質なセミナー商法で参加者から大量のお金を騙し取っている業者も存在します。それを避けるには、勉強が一番です。 書店ではFXの専門書が多く取り扱っているので、そこから多くの知識を取り入れましょう。また、信頼できる成功者を見つけたら積極的にコラムを見て、自分の参考にするべきでしょう。他にも、リアルタイムで世界情勢をチェックできる環境も作ることがおすすめです。 FXは海外の通貨を取り扱ったビジネスなので、世界情勢に関する知識が不可欠です。外国の製造メーカーが良い業績を見せたら、その国は信用されます。すると国の通貨も価値が上がるので、そちらに投資すれば利益が出ます。積極的にニュースを見ましょう。

簡単に金儲けができる思い込みがFXの失敗に

何度も繰り返しますが、FXは楽に金儲けができる仕組みではありません。単純にお金の売り買いをするのではなく、それを行うことで国にどんな影響を与えていくのかを考えましょう。マネーゲームと考えているようでは、自分のお金をどんどん浪費する失敗に繋がります。 決してFXでの金儲けを否定することはしません。FXのシステムをきちんと理解して、また簡単に金儲けができると考えないことです。少しずつでもいいので、確実に知識を積み重ねていけば失敗を減らせます。時間がかかってでも学び続ければ、長期的には利益が出ます。 FXで成功している人は手間暇を惜しまないで、自分の力を慢心せずに勉強を重ねています。リスクの管理が上手いので、仮に何らかの失敗が起きても被害は最小限で済みます。一度や二度の失敗に心が揺らがないよう、まずはきちんと知識を積み重ねていきましょう。

FXの失敗談をきちんと読む

FXの失敗談をきちんと読む

FXで失敗した人は分析能力が高いです。どうして、自分が失敗したのかをきちんと振り返り、それを理解した上で失敗を引きずったりしません。反省はするべきですが、いつまでも失敗に囚われていても次に進むことはできません。時には諦めることも肝心です。 また、成功している人は他人の失敗談をきちんとチェックしています。FXは簡単に儲けられるシステムではないことを理解しているので、他人の話をきちんと聞く習慣があると言えるでしょう。自己判断に走らず、基本を大事にすることがFXを成功させる条件でもあります。 わからないことがあればすぐに調べましょう。調べる習慣を付ければ知識が身に付き、失敗の対応も可能になります。自分が優れているという思い込みはすぐに捨てて、起こしかねない失敗に目を向けましょう。他人事と考えてしまうことはとても危険です。

FXで失敗しないコツ

FXで失敗しないコツ

失敗しないコツは、とにかく勉強を重ねることです。その上でまずは少額の投資から始めて、トライアンドエラーを繰り返してみましょう。単純なようですが、小さな成果を出し続けることが最優先です。目先の利益に溺れないで、堅実に収益を出していけば自信も身に付きます。 また、FXに関するシステムのことも理解しましょう。FXには損切りや証拠金を始めとして、多くの専門用語が飛び交っています。それが理解できないまま、FXを始めるには無謀すぎますし、当然ながら失敗の原因にもなります。まずはFXに出てくる用語を理解してください。 それが面倒だと考えているなら、FXだけでなく全ての投資から手を引きましょう。厳しいことを言いますが、大した努力もしようとせずに金儲けをしたいと考えても、ただ自分の人生を浪費するだけです。悪質な詐欺師の格好のターゲットにもなってしまいます。

損切り

FXを始めたい場合、まずは損を小さくすることを優先させてください。それを実現させるシステムが損切りであり、損をすることがわかっていても決済して、その取引を終えることです。通貨の価値が下がってしまった頃に、早めに手を打って被害の拡大を防ぐことです。 勿体ないと考えるでしょうが、楽観的な考えは捨てるべきです。根拠もないのにこれから通貨の価値が上がると考えても、実際にそうなる可能性は低いです。むしろ通貨の下落が激しくなる方のことがよっぽど懸念すべきなので、早めに手を打つことが大事になります。 すぐに損切りをしておけば、その分だけ資産が手元に残ります。また落ち着いた頃にまたFXの投資もできるので、長い目で見れば失敗も活きるようになるでしょう。FXで大損する人は、この損切りをするタイミングをきちんと決めていないことが多いです。

証拠金

FXを始めるには、会社で口座を用意する必要があります。その後に決められたお金を担保にして会社に預けることで取引が可能となります。この時に用意されたお金を証拠金と呼んで、その範囲内でFXの取引が可能です。それを元手に取引を行うのがFXのシステムです。 また、その証拠金によってレバレッジも変動します。レバレッジとは投資した金額を元手にして、大金の取引を可能とするシステムです。50万円の取引を行いたい時は、10万円の証拠金を用意して、それから5倍のレバレッジを設定しましょう。レバレッジとはてこを意味します。 レバレッジを設定できる倍率は業者によって変わります。そしてFXを行うならば証拠金を用意しながら、レバレッジのコントロール方法を学びましょう。通貨の価値が下落したらレバレッジの分だけ大きな損を引き起こすので、設定は慎重に行って下さい。

デモトレードでFXの練習を

FXで投資をすることは無謀と考えて、興味があっても躊躇する人がいるでしょう。しかしFXの業者はデモトレードという練習方法も用意しています。このデモトレードで使われるお金はただのデータなので、失敗をしても現実で損をすることはありません。 当然ですが、練習と本番では状況が異なります。しかしFXの感覚を掴み、その上で本番に挑めば失敗を減らすこともできます。デモトレードだけでなく、電話対応などのユーザーに対する保証が整っている会社を選びましょう。初心者でも失敗しにくい環境は揃っています。 デモトレードでは上手く行っても、慢心してはいけません。デモトレードは練習であって、本番のFXは世界情勢に合わせて通貨の価値が上下されます。練習だけでなく、広い視野を持つことも必要です。練習とニュースチェックを両立させて、本番に挑みましょう。

FX以外の収益を得よう

FX以外の収益を得よう

今以上に高い収入を得たいと考えているからこそ、FXに挑んでいるでしょう。しかし世の中にはFXに限らず、収入を得る方法はたくさんあります。FXに向いていない人もいるので、まずはそちらのことも知っておきましょう。そこから自分に向いた方法を選べばいいだけです。 FXで利益が出ているなら、そのまま続けても問題はないです。しかしFXしか稼ぐ手段がないと考えるのは危険です。広い視野を持てば、仮にFXで失敗しても他の方法でリカバーをすることができます。現代では金儲けをするハードルが下がっているので、その知識を得ましょう。

本業

本業

当たり前ですが、まずは本業の仕事に力を入れましょう。ブラック企業やサービス労働などの問題点は残っていますが、基本的に日本の企業は従業員に対する福祉が手厚いです。労働者には災害補償などの保険は用意してくれますし、また企業勤めをすれば社会的な信用も得られます。 そして今の企業が気に入らなかったとしても、転職のハードルも低くなっています。転職サイトも多数用意されていますし、また特定のスキルを得る勉強だってインターネットで行うことが可能です。自分から動き出せば、いくらでもやり直せる機会を手にすることができます。

副業

副業

近年では働き方改革の一環として、副業を解禁する企業が増えています。一つの企業だけでなく、複数の企業に勤めることで社員のスキルや収益を上げることに役立っています。 また複数の収入先を手に入れることができれば、一つの場所で失敗してもやり直しが利きます。 ただし、副業を始めるならば会社の就業規則を確認しましょう。いくら副業が認められている企業が増えたとしても、自分の勤め先もそうであるとは限りません。また、副業が認められたとしても、本業を疎かにするのは危険です。体調や時間の管理をする必要があります。

クラウドソーシング

近年では在宅でも仕事をするフリーランスの人に向けて用意されたクラウドソーシングサイトも普及しています。仕事を外注する企業と、仕事を求めるフリーランスの仲介をしていて、登録すれば誰でも利用することができます。自分の得意なことがあれば、こちらで収益が得られます。 中にはFXを始めとした投資の記事を書くライティングの業務もあります。もしもFXで成功した経験を持っているなら、それを記事にしてみましょう。思わぬ副収入となりますし、また継続して続けることも可能です。成功と失敗に限らず、FXの経験が活きます。 注意するべき点は、クラウドソーシングで得た収益は自営業として扱われることです。クラウドソーシングで生計を立てるなら、税金や保険金などの手続きを自分ですることも忘れてはいけません。それを怠ったら脱税と扱われてしまうので、気を付けましょう。

ココナラ

何か物作りが得意なら、それをインターネットで売ることも可能です。ココナラというサイトを利用すれば、イラストや文章作成に限らず自分のスキルを売ることができます。FXのように、自宅にいても稼げるので、物作りが好きな人は試してみることをおすすめします。

どうして金儲けをしたいかを考える

どうして金儲けをしたいかを考える

FXをやる前に、どうして金儲けをしたいのかを考えましょう。生活をするにおいてお金は必要ですが、お金は手段でしかありません。また現代ではクラウドファンディングなど、新しいビジネスを始めるにおいて必要な資金を調達する方法だって揃うようになりました。 FXに限らず、お金を得る方法は現代では多く揃っています。むしろ、お金を得てから何をするべきかを考えることの方が遥かに重要になります。ただ漠然とした理由で金儲けを考えても、金を目的とした人生に変わるだけです。お金だけを見つめる人生は、あまりにも寂しいです。

まずは生活コストを見直して

まずは生活コストを見直して

月々の生活で必要コストを見つめ直しましょう。スマホの利用代がかかるなら格安スマホに切り替えるべきですし、また不要な買い物はやめるべきです。自己投資と考えている習い事も、身に付けたスキルを活かす機会がないのなら手を引きましょう。 決して自分の楽しみを犠牲にしろという意味ではありません。自分が心から楽しいと思えることにはお金を使うべきですが、惰性の人付き合いや娯楽は続けても浪費するだけです。たまには断捨離をする時間も作って、自分の身の回りを整理整頓すれば心も穏やかになります。

金そのものに大した価値はない

大量のお金があれば人生が豊かになると考えるでしょう。でも実際にはお金は信用を数値化した存在であり、お金自体は大した費用もかからない紙とコインに過ぎません。むしろ、お金を受け取る側にいる人のことも考えましょう。お金と同時に、人も大事です。 いくら大金持ちであっても、信用がなければお金を活かすことはできません。極端な話になりますが、強盗や詐欺で大金を得たとしても、それを簡単に使っては警察に捕まります。だからこそ、お金以上に信用が大切になります。信用がない人にお金は集まりません。

人と助け合えばFXの失敗もない

人と助け合えばFXの失敗もない

お金がなくて困っているなら、周りの人に助けを求めましょう。困った時に誰も助けてくれないのであれば、それはお金ではなく自分自身に問題があります。本当に信用されている人ならば、例えお金がなくなったとしても助けてくれる人は必ず現れます。 もしも信用を得たいと考えているなら、自分にとって心が許せる相手の信用を得るようにしましょう。何かプレゼントを贈ってもいいですし、無料で面白い話を提供してもいいです。あるいはイラストをプレゼントするなど、信用を得る方法はいくらでもあります。 周りにFXをしている人がいたら、互いに情報交換をしてみましょう。一人よりも数人でやった方が互いに切磋琢磨し合えますし、また無謀な投資を止めることもできます。そしてわからないことがあれば教えることもできるので、仲間を作るメリットは多いです。

FXで失敗したくないなら

FXで失敗したくないなら

FXで成功するには海外の通貨に関する知識が必要です。それを得るには普段からニュースをきちんと確認して、チャートを見ながら投資しましょう。投資はとても難しく、失敗のリスクも高いです。しかし地道に勉強と投資を重ねていけば、FXの失敗も減らすことができます。

関連タグ

アクセスランキング