IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

逸話の読み方(いつわ)/意味/英語表記・逸話の使い方と例文

初回公開日:2018年01月11日

更新日:2020年08月07日

記載されている内容は2018年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の読み方

「逸話」という言葉には、どのような意味があるのでしょうか?また、「逸話」という言葉はどう使用すれば良いのでしょうか?このぺージでは、「逸話」の意味や使い方、読み方などを考察・ご紹介しています。ぜひ、言葉の勉強の一環として、お役立て下さい。

どんな話?「逸話」の意味・使い方

偉人の伝記や有名人の記事などを読んでいると、「逸話」という言葉を目にする機会があると考えられます。「逸話」という言葉は、伝記や記事、書籍などを中心に、日常生活でも比較的頻繁に見掛ける言葉の1つと言えそうです。 しかし、日常的な会話などで、「逸話」という言葉を使うケースは、少ないと考えられます。家族や友人などとの会話においては、あまり使用する機会がない言葉のため、「逸話」がどのような意味を持つ言葉なのか、詳しく理解していないという方もいらっしゃるでしょう。 そこで今回は、「逸話」という言葉をテーマにして、「逸話」とはどのような話を指す言葉なのか、意味や使い方をご紹介していきます。

「逸話」の読み方

「逸話」という言葉の意味や使い方について考えていく前に、そもそも「逸話」という漢字の読み方がよく分からないという方もいらっしゃると予想できます。文章で「逸話」という言葉を使用する上では、読み方が分からなくてもそう問題にはならないでしょう。しかし、会話などで口に出して使用する必要がある場合は、読み方が分からないと誤って読んでしまったり、読めなかったりする危険性があるので、注意する必要があります。 そこでまず始めに、「逸話」という漢字の読み方についてご紹介していきます。

「逸話」の読み方は「いつわ」

結論から言うと、「逸話」は「いつわ」と読むのが一般的です。「話」という漢字は、「わ」と読むケースが多いため、読み方に迷いづらいと予想できますが、「逸」という字は日常的にもあまり使用しないため、読み方に戸惑う方も多いと考えられます。「逸」という字は、「逸話」の他には「逸脱」などという単語にも使われており、「いつだつ」と読むとされています。ですから、「逸話」の場合も、「逸」という字は「いつ」と読むということを、頭に入れておきましょう。

「逸話」の意味

「逸話」という漢字が「いつわ」と読むことを学んだところで、続いては本題である、「逸話」という言葉の基本的な意味について考察していきます。 「逸話」という言葉には、「話」という漢字が使用されていることから、何らかの話を意味する言葉だと想像する方も、少なくないでしょう。実際のところ、「逸話」という言葉にはどのような意味が含まれているのか、引用などを参考にして確認していきましょう。

実在する人物の世間にあまり知られていない興味のある話

「逸話」という言葉の意味について、「コトバンク」では以下の引用のように解説しており、対象となる人物や事件について、語られていないエピソードや事実のことを指す言葉と言えそうです。 一般的には、実在する人物や実際に起こった物事・事件に対して使用される言葉とされており、その人物や事件などについて、世間ではあまり知られていない事実や、ちょっとしたエピソードのようなものを指すケースが多いと考えられます。 上記でも挙げた「コトバンク」では、「逸話」という言葉の意味について、以下のように解説しています。

その人の隠れた一面を知らせる、世間にあまり知られていない面白い話。エピソード。

「逸話」の使い方

続いて、「逸話」という言葉を会話や文章で実際に使用する場合、どのように使うのか、基本的な使い方について考察していきます。意味と合わせて、基本的な使い方なども覚えておくと、会話や文章で使用する際に役立つ可能性があります。

「逸話」の基本的な使い方

「逸話」という言葉の基本的な使い方として、人物や事件・物事などのエピソードやマル秘と言える話を述べる際に使用するのが、適切な使い方であると言えるでしょう。例としては、「戦国武将○○の意外な性格がわかる逸話」といった使用方法が考えられます。 最近では、物事や事実のエピソードなども、「逸話」と表現するケースが多いと考えられます。事実や物事に対して、「逸話」という言葉を使用することは、間違いではないと言えそうですが、「逸話」という言葉の本来の意味にそった使い方は、やはり人物に関する小話やエピソードを意味する言葉として使う使い方だと言えるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング