IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

母の日のカーネーションの選び方・手作りカーネーションの作り方

社会人常識

5月の第2日曜日は、何の日かご存知でしょうか。「母の日」いつまでも大好きな母親に感謝を伝える事が出来る大切な日です。今回はそんな母の日の贈り物の「カーネーション」についておすすめの選び方や手作りの仕方をを紹介していきます。

更新日時:

感謝の日

母の日のカーネーションの選び方・手作りカーネーションの作り方

母の日は年に一度訪れる母親に感謝を伝える日です。普段感謝の気持ちを伝える事ができている方、日々の忙しさで伝える事ができていない方や感謝を伝える事が恥ずかしくてという思いを抱いている方など、人それぞれ違えど、改めて母の日に感謝の気持ちを形にして伝える事が大切です。 母の日といえばカーネーションです。ではなぜカーネーションを母の日に贈るようになったのか。紹介していきます。

世界の母の日

母の日のカーネーションの選び方・手作りカーネーションの作り方

母の日は日本だけで伝わっている行事ではありません。イタリア、オーストラリア、タイ、シンガポールなど贈る花や習慣、制定されている日付はその国々で違います。母の日にカーネションを贈るのは日本とアメリカと言われています。贈る花や習慣は違えど、共通して言えるのは母親に感謝の気持ちを伝えるという事です。 今は世界中で伝わる母の日はいつから始まったのでしょうか。

母の日にカーネションを贈る由来

母の日のカーネーションの選び方・手作りカーネーションの作り方

母の日にカーネションを贈るようになったのは、諸説ありますが、アメリカが始まりだと言われています。 母の日が正式に母の日と制定された背景にはひとりの女の子、アンナ・ジャービスの存在がありました。母親が亡くなった2年後に娘のアンナは母親を追悼する会を教会で開きました。その時にアンナが参列者に配ったのが、母の好きだった白いカーネションだったと言われ、このアンナの行動が母の日の始まりと言われています。

母の日のカーネションのおすすめの選び方

母の日のカーネーションの選び方・手作りカーネーションの作り方

日頃母親への感謝の気持ちを感じながらも、日々の忙しさの中で母の日のプレゼントを選ぶのにどうしたらいいのか迷います。カーネションをプレゼントする時、選ぶ基準があると迷いもなくなります。 カーネーションを贈る時の鉢植えや花束のメリット、カーネーションを購入する時ポイント、贈る際の方法を紹介します。

鉢植え

カーネーションの鉢植えは、花束と比べ鉢植えの大きさや部屋に置いた時などに感じる花の華やかさがあります。とても魅力的です。 鉢植えの強みは切り花と比べて、花が長持ちするところです。鉢植えは次の年にまた花を咲かせることもあります。またプレゼントされた方も庭に植えたり、プランターに植え替えたりとプレゼントをされた後、育てる楽しみが増えます。カーネーションを育てる楽しみが、母の日にプレゼントしてもらえたと幸せを長くかみしめることができます。

花束

購入後に花の手入れの必要がないことが花束の手軽さを感じます。購入後に花瓶があると華やかさが増します。他の花と花束を作ることも楽しみの一つです。購入の際に予算を立てやすい事もあります。購入するお花屋さんで、予算を伝えると花束を見立てよく作ってくれます。

フラワーアレンジメント

カーネーションで作られたフラワーアレンジメントも売られています。フラワーアレンジメントは花束や鉢植えと違いは、花や葉などを整理し器や粗材を整理しながら組み合わせるという違いがあります。フラワーアレンジメントは関係を整理しながら自由な組み合わせを楽しむことができます。中には器と花、バルーンやクマの人形などと花を合わせたものも売られています。 購入後は花は生き物ですので、水やりや日当たりなどの環境を整える必要があります。 花だけでは感じることができない楽しみや母の日の特別な感じをより強く感じます。カーネーションと器などの組み合わせも楽しみです。

カーネーションの花束の本数の意味

花束で有名なのが薔薇です。薔薇の花束には、薔薇一本はあなたしかいないという意味があるそうです。しかしカーネーションは薔薇のように花束の本数に決まった意味はありません。自分の予算の中でカーネーションの花束を楽しむことができます。 カーネーションの花束の意味ではないのですが、ヨーロッパでは花束の本数に意味があります。母の日に花束を作る時に組み合わせて作ると、花束をより深く理解しながら贈ることができます。紹介します。

本数意味
一本感謝
二本誠実
三本幸福
四本信頼
五本希望
六本愛情
七本情熱
八本真実
九本尊敬
十本栄光
十一本努力
一二本永遠

カーネーションの花の色

母の日のカーネーションの選び方・手作りカーネーションの作り方

カーネーションは赤、濃い赤、白、黄色、紫、オレンジ、青、ピンクと色とりどりの色があります。 それぞれの色には花言葉があります。贈る相手好きな色とそれぞれの花言葉の意味を踏まえて、プレゼントするといいです。花言葉の中にネガティブなものもあります。プレゼントする時には避けた方がよいでしょう。また母の日の始まりとされる白いカーネーションは、母の日に感謝を伝える日には贈らない方がいいでしょう。

花言葉

カーネーションの代表的な赤には無垢で深い愛という花言葉があります。色別に紹介します。

花の色花言葉
深い愛(母の愛、愛を信じる、熱烈な愛)
濃い赤私の心に哀しみを、欲望
純粋な愛、私の愛は生きています、愛の拒絶
黄色軽蔑
誇り、気品
オレンジ熱烈な心
永遠の幸福
ピンク女性の愛、純愛、美しい仕草、感謝

カーネーションの値段は?

やはり気になるのがカーネーションの値段です。感謝の気持ちは伝えたいけど、予算もあります。カーネーションの一本の値段から、年間でどのくらい値段が推移するのかを紹介します。 カーネーションは、五月と一二月が値段が高いです。一本の値段は二百円程度です。カーネーションの開花時期の五月は安くなりそうですが、母の日という事もあり高いです。

送料無料

プレゼントは気持ちと聞きますが、やはり予算はあります。日々の時間のない中、便利なの通販です。携帯やパソコンを使って自宅で簡単に購入できます。 購入する際に気をつけたいのが、送料です。一定の金額を購入すると送料が無料になったり、全国に送料無料で送ってくれるお店もあります。母の日の直前にお店を選ぶのではなく、時間に余裕をもってお店選びをしましょう。

産地直送

カーネーションを直接花屋さんやスーパーなどに購入しに行く方法もありますが、山形県や兵庫県、茨木県などカーネーションの産地からインターネットを通し直接送っていただく方法もあります。 育て方も書かれたものも販売されており、細やかな気配りを感じることもできます。何よりカーネーションの産地を気にして購入する事でよりカーネーションに愛着がわくことでしょう。花も新鮮なものが届くことでしょう。母の日にあわせて、どこの産地から購入しようかと買うときの楽しみも増えます。

運送会社

母の日に合わせて帰省できない方も多いでしょう。離れて暮らす母にも、母の日に感謝の気持ちを伝えるのに便利なのが、運送会社を利用してプレゼントを贈る方法です。 この時送料がかかります。カーネーションの値段と送料を含んで予算を立てましょう。事前に送料を確認しておくとよいでしょう。カーネーションを事前に購入しておく必要があります。

通販

母の日のカーネーションの選び方・手作りカーネーションの作り方

通販のメリットは短時間に多くの品物を見ることができる事です。贈り先を購入する方に伝えておくと、相手の方に直接送ることができます。短時間でプレゼントの準備ができます。 便利な分だけデメリットもあります。特にカーネーションは生花ですので、通販では直接花の状態を知ることができません。以前利用したことがあるお店や、普段利用しているお店の通販を利用することが、満足のいく買い物ができる近道です。購入する前にお店を一度確認してみるといいです。

母の日におすすめの手作りカーネーションの作り方

母の日のカーネーションの選び方・手作りカーネーションの作り方

子供に行事を伝える事も大切です。そんな時、母の日のカーネーションを子供と一緒に作ることができたら素敵な時間と共に、思い出も増えるでしょう。 手作りで母の日のカーネーションを作る方法を紹介します。

花紙

子供のころに一度は手にしたことがある花紙を覚えていますか。運動会やお遊戯会、卒園式などで飾られていたりする軟らかい紙でできた花です。 生花にはない、ゴージャスさや長い事楽しめるのが花紙の魅力です。行事の大切さを子どもに伝えたいお母さんもお子さんと楽しみながら簡単に一緒に作ることができます。 花紙を利用したカーネーション作りはインターネットでさまざま紹介されています。どの花紙のカーネーションも花にも負けない華やかさがあります。準備するもの、作る手順はとても簡単です。手順を見ただけでも簡単さが伝わってきます。簡単なだけではなく、ゴージャスさも感じる作品になります。花紙を使ったカーネーション作りをご紹介します。

(作り方)※作り方のニューバージョンがあります!→コチラです 1. 花紙12枚を(もっと少なくてもいいかも・・・)9cm×9cm(お好みの大きさで)にカット。 2. 2辺を写真のようにギザギザに切ります(できるだけ細かく。でも子供が作る場合などは省いてもいいかも)。 3. ギザギザに切った辺にペンの腹を使って色を付けます(マッキーなどの油性ペンがいいかも)。 4. アコーディオン状に折ります(昔さんざんやりましたよね~)。 5. 2枚と10枚に分け、10枚のほうを写真のように3分割にカット、2枚のほうを2分割にカット(全部3分割でもいいんですが、なんとなくこっちのほうがイイ感じなので)。 6. 2枚のほうを下にして重ね合わせ、ワイヤーなどでとめます。 7. あまりぴっしり揃わないように気をつけて開いていき、できあがり!

こちらは好みの布でカーネーションのコサージュを作ることができます。布ならではの温かみのある素敵なコサージュです。準備するものも、手芸用品店で購入する事ができます。時期を問わず楽しめるプレゼントです。

不織布

花紙と作り方は似ていますが、そのままプレゼントができたり、箱につけるリボンになったりと用途は多様です。袋の結び口につけたりと、一味違ったプレゼントの贈り方を楽しめます。素敵な母の日を演出してくれること間違いありません。プレゼントの幅が広がります。不織布で作ったカーネーションの魅力は応用が自由なところです。 不織布は、文具店、ラッピング用品を扱うお店で購入できます。不織布を使うと、ふんわり優しい印象のカーネーションを表現できます。 心を込めて選んだプレゼントのラッピングに花を添えてくれます。自分だけの手作りのプレゼントを楽しみましょう。世界に一つだけの素敵なプレゼントができます。

折り紙

折り紙は子どもと一緒に簡単に楽しめる事ができるおもちゃです。子どもと一緒に作ることで、母の日という行事を子どもに伝える事ができます。 メッセージをそえたり、イラストをそえたりと、家族のぬくもりや温かさが伝わる母の日の素敵なプレゼントになります。 子どもと一緒に作ることで、親の思いも伝わります。千里の道も一歩から。仕上がりに時間がかかってしまっても、経験が子供を成長させます。ぜひたくさん折って、華やかに楽しんでください。年に一度の母の日を喜ばせてあげてください。

ギフトラッピング用のティッシュペーパーを使って

ギフトラッピング用のティッシュペーパーを使うことで、華やかなカーネーションの花ができあがります。 好きな色を重ねて作れる楽しみもあります。プレゼント用でも華やかな印象を受けます。机に飾ることで、空間を華やかに演出してくれます。 生花にはない温かさやぬくもりを感じる事ができるのが手作りの魅力です。作る過程で行事の大切さや家族のありがたさを感じることもできます。

カーネーションと共に

母の日のカーネーションの選び方・手作りカーネーションの作り方

母の日といえば、カーネーションです。しかしカーネーションの他にも素敵なプレゼントがあります。またカーネーション以外で母の日に感謝の気持ちを伝えたい方にもおすすめです。 今回は似顔絵、手形・足形で作る色紙、ケーキを紹介します。

似顔絵

母の日に花と共に、似顔絵をプレゼトする方法もあります。プロの方にお願いしたり、お孫さんが祖母の似顔絵を花と共にプレゼントすると、世界に一つだけのプレゼントのできあがります。 似顔絵にメッセージをそえると、普段口にすることができない感謝の気持ちを伝えやすくなります。思い出のプレゼントになること間違いありません。 似顔絵を家族全員のものにすると、離れて暮らす家族に顔をみせることができ、元気な様子を感謝と共に伝える事ができます。

手形・足形

手形や足形をカーネーションに見立て、イラストを作る方法です。 準備するものはインクと色紙、ペンです。この時、赤、ピンク、青などの色とりどりのインクを準備すると仕上がりがカラフルな楽しいものになるでしょう。 色紙にインクを付け、手形や足形をとります。この手形がカーネーションになるので、色紙の上に手形を取りましょう。手形や足形の下にカーネーションの葉や茎を書きます。メッセージや風景を描いても楽しいものになるでしょう。 手形や足形を通して、お孫さんの成長を感じられる、心がこもったプレゼントです。

ケーキ

母の日のカーネーションの選び方・手作りカーネーションの作り方

お母さんと一緒に楽しめるのが、ケーキです。ケーキを購入し、一緒に食べると会話も弾みます。普段買えない人気のケーキはより嬉しさがますことでしょう。何より直接顔をあわせることで、安心感がうまれます。日々のありがたさや親への感謝の気持ちなど普段感じない感情を感じる事でしょう。 直接会う事ができない遠方に住んでいる方でも、カタログギフトがあります。普段食す事が少ない人気のスイーツを楽しめる嬉しさがあります。一緒に食す事ができなくても、母の日に感謝の気持ちは伝わります。特別な日に食べるスイーツは思い出に残ります。感謝の気持ちはたくさん伝えましょう。

母の日は感謝できる素晴らしい日

母の日のカーネーションの選び方・手作りカーネーションの作り方

いかがでしたか。今回は母の日に贈るカーネーションにスポットをあて、カーネーションの選び方から花言葉、カーネーションの値段、手作りのカーネーションの作り方を紹介しました。 プレゼントを贈る際には、母の日の始まりと言われる白いカーネションやネガティブな花言葉がある黄色いカーネーションを避けた方がよさそうです。 感謝を伝える方法は一つではありません。自分なりの感謝の気持ちの伝え方を見つけ、母の日を楽しんでください。 年に一度の母親の日に感謝の気持ちを込めて、普段の気持ちを伝えましょう。言わなくてもわかるのではなく、伝えるからこそ気持ちが通じます。カーネーションは気持ちを伝える事に花を添えてくれるものでしょう。素敵な時間を過ごし、思い出を増やしましょう。

アクセスランキング