IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

投資信託のコツとおすすめの銘柄・メリット/デメリット

投資

「資産を増やしたい」誰もが考えることでしょう。この記事では、簡単にできる<投信積立>を紹介しています。積立することでリスクを軽減し、資産を育てていくという、初心者にはおすすめの金融商品です。特に長期で資産を育てたい方におすすめですので、ぜひ読んでみてください。

更新日時:

積立投資の種類

積立投資の種類

「貯蓄から投資へ」というキャッチフレーズが一昔前にありました。「投資は日本人には向かない」と言われながらも、<投資>というものがメジャーになってきました。 しかしながら、興味はあるものの、どこから手を付けて良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。「投資で損をしたらどうしよう」とか「投資した資金が紙くずになったらどうしよう」などといった不安を抱えている方はいませんか。 一度に資金を投資してしまい、投資した商品が下落、最悪の場合、暴落を起こしてしまったら、人間だれしもやはりショックを感じざるを得ません。 この記事では、そんな一か八かの危険な投資(投機)ではなく、分散して積立てて行く投資商品をおすすめしています。積立で商品を購入することでリスクの分散化ができます。 ではまず、どんな種類の積立投資商品があるのか、またおすすめなのかを紹介します。

株式累積投資

株式累積投資

<株式累積投資>とは、毎月ある一定額で株式を購入していく投資方法です。俗に「るいとう」とも呼ばれています。 1つの銘柄につき毎月1万円以上、1,000円単位での一定額で買い付けていきます。通常の単元株を買う場合よりも少ない資金で株式投資ができます。選んだ銘柄の一部を所有している状態です。 一部を所有している状態なので、株式の名義は出資者個人ではなく、取扱証券会社の株式累積投資口名義になります。しかし、配当金や株式分割などの際は、持ち株数に応じて支払われます。 毎月買い進めて、積立てていくうちに、単元株の株数にまで達した時は、晴れて出資者個人の名義となって株主となれます。このため、議決権を行使したり、株主総会に出席することもできます。

投信積立

投信積立

<投信積立>とは、株式や債券をパッケージにした金融商品である<投資信託(投信/ファンド)>を毎月一定金額で買い付けていく投資方法です。 通常の<投資信託>ですと、基準価格に応じた資金が必要となりますが、<投信積立>では、例えば<楽天証券>では、月々ワンコイン100円という安さから始めることができます。このように少額で始められるメリットがあります。 ですから、今すぐにはまとまった資金が集められない、投資のタイミングが分からない、<投資信託>を初めて買ってみようという方にはおすすめの商品です。

外貨積立

外貨積立

<外貨積立>とは、「米ドル」や「ユーロ」をはじめ外貨を、毎月、毎週、毎日というように購入者のペースに合わせて購入、積立てる投資方法です。 日本国内の金融機関では、雀の涙ほどの利息しか付かないので、高い金利を求めて多くの方が、この外貨積立に注目しています。 例えば<住信SBIネット銀行>では、最低500円から<外貨積立>をスタートできますので、初心者でも安心です。 そして、何と言っても魅力的なのは、日本円にはない高金利です。通貨によっては日本円の金利と何十倍の金利差があります。その上、為替差益も狙える商品です。平均購入単価よりも円安になった時に引き出すと、為替差益の恩恵も受けられます。 <外貨積立>も、少額から始めたい、投資のタイミングが分からないという方におすすめの商品です。

純金積立

純金積立

<純金積立>とは、毎月一定の金額で「金(ゴールド)」を購入していく方法です。毎月1,000円や3,000円からという少額から<純金積立>をスタートすることができます。この商品は、貴金属商や商社などで取り扱っています。 「金(ゴールド)」を購入しようと、例えば1kgを買い付ける場合、数百万円の資金が必要ですが、<純金積立>ですと少額からコツコツと積立てられます。 積立てた「金(ゴールド)」は「金地金」の他、「金貨」や「金のジュエリー」などにも交換ができます。ゴールドのジュエリーが欲しいという方にもおすすめです。 <純金積立>は、古来から価値を持つ「金(ゴールド)」に投資しますので、「株式」などと違い、価値がゼロになることはないです。ただ、「金地金」の買い付けには数百万単位の資金が必要になりますので、少額から「金(ゴールド)」を買い付ける<純金積立>はおすすめです。

投信積立がおすすめな理由

投信積立がおすすめな理由

「投資」がメジャーになって幾久しいですが、まだ投資をしたことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。 <投信積立>では、毎月一定額て<投資信託>を買い付けていくので、初心者でもタイミングなどを気にする必要がありません。また、少額からトライできますので、毎月無理のない範囲で投資ができます。お小遣い程度の金額から始められるので、嬉しくもあり、おすすめな点です。 さらに、2018年から始まる<つみたてNISA(積立NISA)>という新たな少額投資非課税制度があります。毎年の非課税枠から得た利益や分配金は非課税となります。利益や分配金が非課税というのは魅力的で、おすすめできる点です。

メリット

<積立投信>のメリットは次の2点が挙げられます。 1. 少額から始められる 毎月500円、1,000円というポケットマネーの中でも非常に少額から投資できます。先に紹介しましたが、<楽天証券>では、100円から買い付けられるものもあります。これくらいの金額なら安心ですし、おすすめできます。 2. タイミングに悩むことがない 利益を得るにはタイミングが重要という投資家が多いです。しかし、素人である我々はそのタイミングが分からないのも事実ではないでしょうか。<積立投信>ですと、あれやこれや悩んでいるのではなく、毎月一定額投資されていきますので、タイミングに悩む必要はありません。悩んで、神経をすり減らすこともありませんから、こういった点もおすすめできます。

デメリット

デメリットは手にする利益が減ってしまう可能性があることです。 株式市場が上昇を続けている場合、得られる恩恵(利益)が少なくなることです。実際に株式に投資し、上昇相場が続いた場合、株式に投資するよりも利益は少なくなります。 しかしながら、利益は確保できますので、初心者には問題ない程度のデメリットではないでしょうか。

投信積立のコツ

<投信積立>だけではありませんが、継続して買い付けていく場合、おすすめとされている方法があります。聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。<ドル・コスト平均法>です。 購入時期を1回に決めて投資してしまうと、基準価格が下がっていく不安や恐怖、いらだちは辛いものがあります。<ドル・コスト平均法>では、複数回に分けて購入していきますので、このリスクを軽減できます。 買い時が分からない初心者にとって、おすすめできる方法です。この<ドル・コスト平均法>の詳細は、以下のリンクよりぜひチェックしてみてください。

証券会社を選ぶコツ

証券会社を選ぶコツ

<投信積立>を考えた場合、以下の2点を比較して、証券会社を選ぶことをおすすめします。

1. 低コストの<投資信託>がラインナップされている

<投資信託>という商品には、基本的に以下3つのコストがかかります。 1-1. 購入時手数料(販売手数料) <投資信託>を購入する時に支払う手数料です。中には手数料無料の<ノーロード投資信託>というものもあります。 1-2. 運用管理費用(信託報酬) <投資信託>を保有している期間中に、毎日かかる費用です。商品によって年率約0.05%~3%と差があります。 1-3. 信託財産留保額 <投資信託>を解約、換金する時にかかる費用です。 これら3点に注意して商品を決定することをおすすめします。

2. 給料振込口座からの引き落とし

<投信積立>では、毎月一定額を買い付けていきますから、毎月その度に資金を納入するのも面倒です。ですから、給料振込口座から自動的に引き落しが可能でしたら、このような手間が省けます。

投信積立で人気のファンド

積立ていく上で大切なのは、将来基準価格が上昇して行く<投資信託>です。テーマ別の<投資信託>を選ぶと、ブーム時には調子が良いですが、ブームが去ると大きく基準価格が下がってしまうこともあります。 何年も先のことを見越して投資するのはプロでも難しいことです。ましてや素人の私たちができるとは思えません。 こういった理由で、株式や債券の市場の平均を表す指標(インデックス)に連動するように設定された<投資信託>が人気がありますし、おすすめできる商品になります。

投信積立の始め方

投信積立の始め方

実際に<投信積立>を始めてみようという方、次のステップを参考にしてみてください。 1. 目標設定 例えば「60歳までに3,000万円」などという具体的な数値を決めましょう。 2. 資産配分を決める どのような投資信託にどのくらいの金額を配分するのかを決めましょう。この時、無理のない配分を心がけましょう。無理があると途中挫折する原因になります。 3. <投資信託>を選ぶ 実際に配分が決められたら、それに沿うような<投資信託>を探してみましょう。1つに固執するのではなく、複数の<投資信託>を保有しても大丈夫です。 4. 購入窓口を決める どこの証券会社などで購入するか決めましょう。購入窓口によって手数料が変わってきたりしますので、よく比較検討しましょう。 5. <投資信託>の注文を出す 最後に、あなたが選んだ<投資信託>の注文を出します。これで、完了です。

分散投資のすすめ

先にも言ったように、一度に目一杯の資金で<投資信託>を購入してしまうのはリスクを伴います。そのため、リスク回避のため次のような分散を考えることをおすすめします。

おすすめその1 資産の分散

おすすめその1 資産の分散

株式にだけで構成されている<投資信託>もあれば、債権だけで構成されている<投資信託>もあります。また、「バランス型」と言われるように両方のバランスを考えて構成されている<投資信託>もあります。 株式のみや債券のみなど偏ったものではなく、バランスをとり、資産を分散した<投資信託>をおすすめします。万が一、株式が不調でも債券でカバーしたり、その逆もありますので、ダメージが少なく、緩やかな上昇が期待できます。

おすすめその2 地域の分散

おすすめその2 地域の分散

<投資信託>では、株式投資するよりもはるかに簡単に地域の壁を乗り越えられます。日本では買えない外国株を購入するのは非常に難しいですが、<投資信託>でしたら、その壁をクリアできます。 日本だけではなく、これから発展しそうな国や地域への投資を比較的簡単にできるのは、非常にメリットを感じられ、おすすめの点です。一つの国や地域が不調でも他の国や地域の好調さでカバーできます。

おすすめその3 時間の分散

おすすめその3 時間の分散

プロではない私たちが、虎の子である資金を一度に投入してしまうのは大きなリスクを伴います。良かれと思い投資したものの、基準価格が下がっていくとなると、気分も落ち込むのではないでしょうか。 そんなリスクを軽減するために、資金投入を何回かに分けて実行するのがおすすめです。いわゆる「時間の分散」です。 買い時かどうか、プロでも判断が難しいものに、我々素人が確実な判断ができるとは思えません。ですから、手持ちの資金を数回、場合によっては十数回、数十回に分けて投資すると、万が一下落したとしても、残りの資金で購入し、買付単価を下げていくことができます。

投資期間と利益のシミュレーション

投資期間と利益のシミュレーション

<投資信託>、特に今回おすすめしている<投信積立>は、長期で運用する金融商品です。短期的な目先の利益に惑わされず、じっくりと運用し、資産を育てていくのがおすすめです。 <野村證券>の【マネーシミュレーター「みらい電卓」~積立編】を添付しますので、興味のある方は、ぜひトライしてみてください。

投信積立のおすすめ銘柄

読者の皆さん、ここまで読み進めてくると、「では、おすすめの投信積立の銘柄は何か」と気になるところではないでしょうか。 おすすめできるのは、やはりコントロールできる「販売手数料」と「信託報酬」です。これらが極力低いものがベターです。また、<ノーロードファンド>を選ぶのも良いのではないでしょうか。 <ノーロードファンド>は、各証券会社などがたくさん取り扱っていますので、ここでは<ノーロードファンド>以外の商品を1つ紹介します。 <セゾン投信>の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」です。国際分散投資、株式と債券への分散投資、低コスト、運用状況も長期間で判断すると基準価格は上昇を続け、純資産総額も増えて行っています。詳細は商品ページを添付しますので、ぜひご覧になってください。

投信積立で資産を育てませんか

投信積立で資産を育てませんか

いかがでしたか。<投信積立>は、長期間で資産を育てていく方法であり、素人の私たちでも投資のタイミングなどを気にしないで投資できることが分かったのではないでしょうか。 初心者でもとても簡単に投資できる商品です。十数年後、数十年後の明るい未来を想像して、今から<投信積立>をやってみませんか。

関連タグ

アクセスランキング