IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

おすすめの除草剤と噴射器|顆粒/液/芝生/ホームセンター

家事

除草剤の出現により、水稲作では、除草剤使用前では、40数時間かかっていたのが、現在では10時間程度に短縮されています。おすすめの除草剤と噴射機について述べたいと思います。芝生には何がいいかと、ホームセンターでは特にどのようなものがおすすめかを述べます。

更新日時:

タイプ別おすすめの除草剤

寒い季節も終わり、暖かくなってきた頃や、梅雨を迎える時期になると、雑草にとっては育ち盛りの時期となります。家の庭や駐車場、空き地や道路などの場所で雑草はいくら取っても次から次に成長し続けます。このようないくら草刈りをしても切りのない雑草に対しての対策としておすすめなのは除草剤です。 除草剤には、すでに生えている雑草を枯らす「茎葉処理型」液状タイプの除草剤と、これから生えてくる雑草を防ぐための「土壌処理型」粒状タイプがあります。 では、これらにはどのような特徴があるのでしょうか。また、おすすめの除草剤などはあるのでしょうか。

除草剤の「茎葉処理剤」液状タイプとは?

茎葉処理剤は散布した除草剤を雑草の茎や葉の表面から吸収させて、枯れさせるタイプの除草剤です。液状タイプのもので水で薄めて散布機にて散布します。 家の庭などに雑草が茂っているので、除草剤を使おうと考えている人はこの「茎葉処理剤」を選ぶと良いでしょう。代表的な物はグリホサート塩を主成分としたラウンドアップなどです。 これらは根や樹の木質化した幹からは吸収されず、 除草剤が直接かかった植物だけ枯らすので、葉にかからないように注意をすれば、果樹の下にある雑草にも使えます。 ただし、葉にかかってしまうと植物が枯れてしまうため、芝生に混じって生える雑草などには使えません。芝生には芝用除草剤をおすすめします。

サンフーロン 500ml 除草剤 原液タイプ

サンフーロンは水で希釈してから散布する除草剤です。晴れた日であれば6時間程度で除草剤が吸収され、根まで枯らしていきます。枯れるまでの時間は散布液の濃度や、草の種類、散布時期などにより多少異なります。 草刈りでは数週間で再び雑草が生い茂ってしまいますが、除草剤で雑草を枯らすことで再び草刈りまでする必要がなくなります。 ただし、注意点として、散布後に雨が降らない、風が強くないなどの、天気の良い日に使用する必要があります。また、希釈には綺麗な水を使用するようにしましょう。これらは守らないと使用効果が下がってしまいます。

10年ほど前から粉末タイプやそのまま使える液体タイプを使っていましたが、いまいち効果がなく、散布範囲も少なかったため濃縮の500mlタイプを近所のホームセンターで買ってから使いやすさと効果に驚き愛用していました。 濃度も表記されているが早く効果を出したいとき、周りの植木などに影響を及ばさないときは濃い目に作れるのもいいですよね。 ホームセンターで500mlタイプが600円するのでコスパ的にこの2Lが安いのでこちらで購入に至りました。

ラウンドアップマックスロードAL 2L

そのまま使えるシャワータイプです。キャップを開けて、そのまま雑草にシャワーするだけなので使い方も簡単でおすすめです。水で希釈する必要もなく、散布器具を用意する必要もありません。 この、ラウンドアップマックスロードを散布した当日は囲いや立て看板を立てるなどして、散布した場所に立ち入らないように注意喚起するようにしましょう。特にペットなどが誤って誤飲などしないように注意が必要です。また、使用する際には手袋などで除草剤が手にかからないようにしましょう。

家の周りにはドクダミが、庭には雑草が次から次へと生えて来るのに閉口していました。80坪以上もある庭ですので草取りがもう大変で、大変で今までは何日もかかって草取りをしていたのですが、昨年から今年にかけて体調を崩して以来、草取りが辛くなっていました。除草剤は初めてだったのですが、こちらの商品はジョウロのようになっているのですぐに使えて。私のように体力のない者にはとても助かりました。2Lと4.5Lの2本を使ったところかなり効果がありました。特にドクダミが増え続けていたので、急激に減ったのと雑草がかなり枯れたのは驚きでした。庭の雑草や笹はまだ少し残ってはいるものの梅雨明けになったら、再度除草を始めるつもりです。

バスタ液剤 500ml 除草剤 原液タイプ

この除草剤は効果が早く現れて、雑草を素早く枯らせてくれるのでおすすめです。散布後から2〜5日ほどで効果が出てきます。効果の確認が早くでき、長い抑草効果もあります。 また、イネ科や広葉を問わずに、特にスギナに対して高い効果を発揮し、桑園、花木、果樹園、野菜畑、水田畦畔、茶園など広範囲に使用できます。一年生雑草はもちろんのこと多年生雑草にも優れた効果を発揮します。 地面に落下した薬剤は、土に吸着され、微生物によて分解されて、最終的には「炭酸ガス」「リン酸塩」「水」になります。そのため、土中に残留、蓄積する心配はなく、すぐに薬剤の効果は消失するので、作物、人畜、環境にやさしい薬剤です。なので、散布後に効果の発現を確認したら、すぐに作物の種まき、定植をすることができます。

理屈はわからないが、散布したところだけ枯れる。気を付ければ作物の近くまで散布できる。即効性も良好。

芝生用除草剤 MCPP液剤

この除草剤は広葉雑草に効果を発揮する葉面接触型除草剤なので、クローバーなどのを除草したいときにおすすめです。ゴルフ場などでも使用されている芝生用除草剤です。 主な適用雑草は一年生広葉雑草、クローバー、チドメグサなどの多年生広葉雑草です。じょうろや散布器で散布しましょう。効果が出るには3~4週間ほどは必要で、少し時間がかかります。

庭のクローバーを殲滅する為に購入しました。 同時に購入した噴霧器で散布した所、芝生は枯らさずにクローバーだけ枯れてくれました。 枯れたと言っても根っこは残っていますので、それは手で地道に取り除きましたが作業がだいぶ楽になりました。 定期的に使っていきたいと思います。

除草剤の「土壌処理剤」粒状タイプとは?

土壌処理剤は水田用農作物に比較的害を与えず、対象とする植物を枯らす「水稲用除草剤」と、接触した全ての植物を枯らす「非農耕地用」の2種類があります。 水稲用除草剤は土の表面に残り、雑草が生える前の土壌に散布して、隠れている雑草の芽や根を枯らす除草剤です。作物を育てる前の耕したばかりの畑や水田など、これから作物の種や苗を植える前に、あらかじめ雑草を生えないようにさせておきたい場合などに使います。 一般向けとしては「非農耕地用」として、撒くだけの簡単な粒状タイプの物がよく売られています。これは道路や空き地などの非農耕地で使用することが前提とされた「非選択性除草剤」です。なので、野菜などの有用植物や、庭木などにも効果を発揮してしまうので、使う場所には注意しましょう。

除草剤 ハイバーX粒剤

鉄道関係の場所で雑草が生い茂ってしまうと困るような場面で長年にわたり使用され、実績を重ねている除草剤です。他にも空地や墓地、駐車場など、緑地管理をしなければいけない場所なそ、多くの場面で活躍しているのでおすすめです。 広葉やイネ科の雑草に対して一年生、多年生を問わず強い効果を発揮してくれます。また、土壌中で4ヶ月以上もその効果を維持してくれ、長期間に渡って雑草を抑えてくれることもおすすめのポイントです。 しかし、散布後土壌中で土の粒子に吸着されるため、ハウスの周りや井戸の周りなどでは使うことができません。また、粒剤なので特別に器具を用意する必要がなく、手で気軽に撒ける反面、強い雨が降ったりすると流されてしまうこともあります。

期待して購入しましたが、1kgでは我が家には足りず、追加で頼みました。もう少し価格が安ければ、と思いました。

カダン 除草剤 粒タイプ オールキラー

この除草剤は持続効果が約6ヵ月と長いのでおすすめです。また、雑草が成長しやすい時期にだけ使用するのであれば、年1回の散布でも十分な効果が得られます。そのため、駐車場や空き地など、頻繁に草刈りを行わない場所におすすめです。 ササやヨモギ、ススキ、スギナなど、多くの種類の雑草に効果があることもおすすめのポイントです。また、雑草を枯らすだけでなく、薬剤が土中に残存して、種や茎から新しく発芽した芽も枯らしてくれるため、雑草の発生も予防してくれます。 効果的な使い方は、雑草の背丈がまだ低いうちに散布することです。強力な種類の雑草に対しては、発生する前である秋から早春にかけて、雑草予防として散布しておくと良いでしょう。 散布のタイミングは降雨後で、適度に地面に水分があるときが効果的です。もし地面が乾燥している場合は、じょうろなどで水を撒いてから散布しましょう。

リピーターです いろいろな除草剤を試しましたが、蔦にもススキにもきいてくれるほかの除草剤にはあえず、いまのところこの除草王で何とか使えています。 いえの周りのたまじゃりの範囲なので、あまり量がいらないように思えますが、効き始めは1週間くらいですけど、3~4日くらいで追加でまき、3ターンくらいでほとんど根こそぎになる感じです。ですが、単純に規定量の3~4倍くらいまかないと地下茎の壊滅にはならなかったので、なかなか大変です。また、近所の家で雑草が残っていると、種子が飛んできてまたはえる場合あります。さすが雑草。あと、濃度が高くなると、さすがに土から粉っぽいにおいがし始めます。持続時間は半年くらい、それ以降は追加で規定量をまくだけで除草できています。

日産化学工業 水稲除草剤 粒状水中MCP

水田に多く発生する広葉雑草をはじめ、多年生雑草にも効果があります。 また、価格が3キログラム入りで1500円前後と、値段もそれほど高くないところもおすすめのポイントです。さらに、粒状で簡単に使えることもおすすめです。

シバキーププラスα

芝生の手入れで雑草に悩まされる人は多いです。この除草剤は、除草だけでなく雑草の発生を予防する効果もあります。さらに芝生に対しては肥料効果もあるため、芝生が綺麗に育ちます。粒状タイプのため、使い方も簡単で、約3ヶ月は効果が持続します。

毎年散布しているもので、近くのホームセンターでは手に入らないので、今回はこちらから購入しました。 効能については、満足しています。

使う場所でおすすめの除草剤

トピック1030242/要素4475413

除草剤は種類によって、効果がある雑草や、使う場所によって効果が薄れてしまったりなどすることがあります。なので、除草剤を使う場合は、その場所に適した物を選ぶ必要があります。

おすすめの芝生用除草剤

先に述べたとおり、芝生の手入れで雑草に悩まされる人は多いです。何も考えずに除草剤を使ってしまうと、芝生まで枯れてしまうので、芝生には芝生用の除草剤をおすすめします。

住友化学園芸 MCPソーダ塩

芝生で使う液状タイプの除草剤ではMCPソーダ塩がおすすめです。チドリグサやクローバーなどの広葉雑草を枯らしてくれる日本芝用の選択性の除草剤です。芝生に使う除草剤の定番的な存在で、この除草剤が一番使いやすいという人も多いです。

世の中に、芝生に使える除草剤は数ありますが、これが一番です。 他の肥料が入っている顆粒状の商品も3種類くらい試しましたが、ダメで、このMCPソーダが最高に効きます。 希釈なので、その点の面倒臭さは全く問題になりません。あっという間に効果がでます。 特にクローバーなんか一網打尽ですよ、あと意外に「笹」にも効きます。 ずっとこの商品を使います。

住友化学園芸 シバニードアップ粒剤

芝生内のメヒシバ、スズメノカタビラなどのしつこい雑草に効果が強いためおすすめです。また、効果が現れるのも早く、散布後から5~10日ほどで枯れ始めます。 また、約3カ月は効果が持続し、新しい雑草の発生も抑えてくれるのでおすすめです。また、散粒容器入りで、そのまま芝生に散布することができ、手軽に使えることもおすすめのポイントです。

春(4~5月頃)に芝がまだ茶色い時期に、数回蒔いて雑草を取るのに使用したときは、雑草を押さえて良い感じでした。 7頃には芝が綺麗に出てきました。(一部蒔きすぎのところは、芝が枯れてはげてしまいました。) 夏(8月初旬)に雑草が生えてきたときに再度使用しましたら、長く伸びた芝と雑草に白くなるほど蒔いたら芝ごと枯れました。((T-T) 量をうまく調整しないと、雑草だけ除去するのは難しい感じです。でも、良い製品かと思います。

小さな子供がいる場合

庭に雑草が生い茂ってしまって困っているという家は多いです。しかし、家に小さな子供がいたり、ペットを飼っている場合に除草剤を使うことをためらってしまうことがあります。このような場合は、食品成分で作られた除草剤や、薬剤を使わない除草剤を使うと良いでしょう。

みんなにやさしい除草剤おうちの草コロリ

食品成分生まれの安心して使える除草剤なのでおすすめです。トウモロコシや柑橘系、お茶やホップなどの身近な食品に含まれる成分から作られています。 そのため、小さな子供やペットがいる家でも安心して使うことができます。この除草剤はかけた場所の雑草だけを枯らすタイプで、1ヶ月ほど効果が持続します。

ちょっと臭いますが、手軽で使いやすく、よく効きます。長くは効かないのがやはり身体に優しいのかと思いますが、仕方ないかなと思います。

旭東 除草材「草枯れちゃん」5kg

完全無農薬なので、小さな子供やペットがいる家でも安心して使うことができます。効果も最長で10ヶ月ほどと非常に長いのでおすすめです。 塩害をヒントにして開発された除草剤で、天然素材に手を加えて作られています。天然素材から作られているため、土にも影響が出にくいです。 農薬のようにすぐに効果が現れはしませんが、多孔質セラミックにより、雨などの天候で効果が弱くなったりすることがありません。そのために、効果が10ヶ月と長く持続します。 ただし、この除草剤を使用したあとは、土が酸性化します。なので、草花を植える際にはホームセンターなどで販売されている石灰を混ぜて中和した状態に戻してから、少し時間をおく必要があります。

おすすめの水田用除草剤

一般家庭ではあまり使う機会がありませんが、水田用の除草剤という物もあります。この除草剤の特徴は、散布後に草花や作物などが栽培できるように開発された物が多いということです。

グリホエキス 5L(除草剤)

この除草剤は農耕地用で、葉から吸収させて根まで枯らします。枯れた雑草は成長しないので、何度も草刈りをする必要がなくなります。 この除草剤は土壌に吸着され、土にいる微生物によって分解されるので、除草剤散布後に苗の移植もできます。ただし、発芽抑制効果がないため、新しい雑草が生えることがあります。また、野菜などの農作物にも効果があるため、散布の際には注意が必要です。

住友化学園芸 除草剤 イッテツフロアブル

ノビエの他、一年生雑草、難防除雑草にもよく効きます。SU抵抗性雑草であるアゼナ類、ホタルイ、コナギや、難防除雑草のイボクサ、シズイ、コウキヤガラ、アシカキ、エゾノサヤヌカグサなど、幅広く効果があるのでおすすめです。 また、田植後から5日〜ノビエ2.5葉期まで使うことができ、水稲とて安全性が高い除草剤なのでおすすめです。

おすすめのお墓用除草剤

お墓周り草刈りは、庭の草刈りのように頻繁に行うことができません。そのため、お墓周辺によく発生する雑草に適した除草剤を使うと良いでしょう。

お墓の除草剤天然100%ヒマラヤ岩塩の除草塩

お墓に使う除草剤であれば、「お墓の除草塩」 がおすすめです。「お墓の除草塩」は粒タイプで、雨が降るたびにゆっくり溶けていくので効果が2~3ヵ月と長く続きます。 また、お墓に使用するため、ヒマラヤ岩塩の中でも「ミルキーホワイト」というお墓に合った岩塩を使用されています。使い方は粒タイプなので撒くだけです。また、原料が岩塩のため、手袋なども必要なく、小さな子供やペットが触れても安全であることもおすすめのポイントです。

シルバーウイークに、雑草を刈ってから撒いておきました。 1ヶ月半後に見に行くと、多少生えてきているものの大したことない程度でした。 継続して撒こうと思います。 これはお勧めです。

雑草を防ぐ砂

お墓周りの雑草を抑制ミネラルによって育成することを防ぎます。効果は長く約3ヶ月は持ちます。使い方も撒くだけのタイプです。この除草剤も無農薬、なので安心して使えるのでおすすめです。

ホームセンターでも買えるおすすめの除草剤

トピック1030242/要素4475414

ホームセンターでは非常に多くの除草剤が並べられています。それぞれ効果や特徴が違うので使用目的に合った除草剤を選ぶ必要があります。

ラウンドアップ

ホームセンターで取り扱われているおすすめの除草剤はラウンドアップです。定番の除草剤でもあるため、その種類も豊富で薄めてあるタイプもあれば、薄めて使うタイプもあります。なので、用途に合わせて選ぶことができることもおすすめのポイントです。 最初から薄めてあるタイプは容器がそのまま使えるシャワータイプになっているため、キャップを開けると、そのまま使うことができます。当然ながら、水で希釈する必要もなく、散布のために別に器具を用意する必要もないため、手軽に使うことができます。 薄めて使うタイプは自分で濃度を変えられるため、雑草の種類に合わせて濃度を合わせることができます。また、散布してから1時間以上経っていれば、多少の雨が降っても効果が薄れないこともおすすめのポイントです。

効きます。 7月末の雨上がりで数日は晴れる予報を見てから雑草に浴びせました。 数日後から枯れはじめるので焦って効かないとは思わないように。 8月末現在、草木一本生えません。 日当たり、雑草種類の異なる数箇所に使いましたが全てに効きました。 一般的な建屋脇や駐車場のアスファルトの隙間から生えるような雑草に効きました。

アイリスオーヤマ 除草剤 速効除草剤

とにかく早く草を枯らしてしまいたいという即効性を求める場合に有効な除草剤です。散布してから早ければ3日ほどで効果が現れます。この即効性はアミノ酸系とMCPAがダブル配合されているためです。 非農耕地用除草剤でボトルのまま使用できるタイプです。なかなか枯れないスギナにも効果があり、駐車場や庭などに使うことがおすすめです。

庭に撒いて翌日雨が降りました。それで地中に浸透したのか数日後には枯れ始め、1週間後にはほぼ全滅状態になっています。以前使っていたものは出口の目が詰まるのか出にくくなることがあったのですが、これは最後までよどみなく気持ちよく撒き続けることが出来ました。何人かの方がレビューでおっしゃっているように、撒くときに持ちにくく、手がつかれてしまいましたが、効果としては良かったのでお勧めです。

除草剤を撒くためにおすすめの散布器

トピック1030242/要素4475417

除草剤には容器の口がシャワーのようになっていたり、粒タイプで撒くだけの物など、手軽に使える物もありますが、散布器を使うと効率良く除草剤を散布することができる物もあります。

蓄圧式噴霧器 4L HS-401E

除草剤を気軽に使いたいという人におすすめの散布器です。気軽に使える理由として手頃な値段があります。この散布器はホームセンターなどでも取り扱っているところもあり、その値段は1000円から2000円ほどです。 使い方も簡単で、手動でポンプを押してタンクに圧力をかけることで、除草剤を噴霧させます。庭や狭いところに使いやすいのでおすすめです。

セフティー3 ハイパワー電池式噴霧器

上記の散布器は手動ですが、この散布器は乾電池で動きます。除草剤を広範囲に撒く場合は手動では大変なことがあります。乾電池なのであまりに広い範囲には向きませんが、少し広い範囲くらいであれば十分なのでおすすめです。 値段も5000円ほどなので、それほど高額ではありません。また、除草剤だけでなく、広い範囲の水やりに使うことにもおすすめです。

工進 背負い式乾電池除草スプレー 除草名人

こちらも上記と同じく乾電池式です。電動ポンプで散布することができます。この散布器は背負い式なので、長時間でも負担を抑えて使うことができるのでおすすめです。価格も9000円前後とお手頃です。 アルカリ単一電池4本で約6時間と稼働時間も十分あるので、作業中に電池が切れることも少ないです。

ハンディ散粒器 パラパラくん

粒状の除草剤を散布する物もあります。手で左右に振って撒くタイプです除草剤がうまく散らばってくれて、何度も手で除草剤を掴む必要もないので、疲れにくく、手も汚れません。価格は2500円前後くらいです。

丸山製作所 散粒機 GH10B

ハンドルを回して遠心力を起こして、粒状の除草剤を広範囲に撒けるのでおすすめです。散布幅が5m〜7mと広く、薬剤タンクも8Lとたくさん入ります。価格は6000円前後で耐久性も良く、使い勝手も良いのでおすすめです。

共立 手動散布機 G-9

こちらも粒状の除草剤をハンドルを回して遠心力で広範囲に撒けるのでおすすめです。大粒、中粒、細粒剤、微粒剤などの粒剤に対応しているのでおすすめです。価格は1万2000円前後します。

除草剤は用途を選んで注意して使いましょう

トピック1030242/要素4475418

除草剤は上手に使えば草刈りをする時間を大きくは省くことができます。しかし、使う場所や使い方を間違えると植物や作物に害を与える恐れがあります。なので、効率的に、安全に使うために除草剤についての知識は使う前に持っておきましょう。 また、除草剤は農薬です。そのため、農薬取締法に基づき国に農薬登録をされています。農作物に使えるのは「農耕地用」の除草剤で、樹木などに限定されているのが「非農耕地用」の除草剤です。「非農耕地用」の除草剤は農地には使えません。そして、「非農耕地用」除草剤は駐車場などでも周囲に畑や家庭菜園などがない場所にのみ使えます。 粒剤タイプの除草剤を使うときは周囲の環境をよく確認しましょう。特に川の近くや水路の近くは厳禁です。散布する時期と除草剤の種類を間違わないこと、継続して散布することができれば、意外にコストを抑えて雑草を防除できます。

アクセスランキング