IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

財務諸表分析の意味と方法|ツール/エクセル・指標/本/資格

事務

経理や税理士などの会計の仕事に必要な財務諸表分析ですが、会計の仕事をしていなかったら知る必要がないと思っていませんか。財務諸表分析を知ると、企業の経営状態が分かるので、自社や他社をいつもと違った視点から見ることができます。

更新日時:

財務諸表分析とは?

財務諸表分析は、経営者や事業責任者や投資家、それに取引先に現在の会社の情報を教えてくれる大事な書類です。決算日に必ず発行する義務があります。経理や会計など金融のお仕事以外の方もポイントを知ることで簡単に財務諸表分析を理解することができます。

意味

財務諸表分析は、その企業の良いところや悪いところを発見できる健康診断のような書類です。項目はたくさんありますが、代表的な分析項目をいくつかご紹介します。

財務諸表分析に使う指標と方法の具体例は?

財務諸表分析を見ることで、生産性や収益性や安全性そして成長性を知ることができます。 安全性と収益性は、現在の企業の状態を知るための大切な指数となっているので、投資家はこの数値を見ることで、企業が安全かどうかの判断ができ、また今後の株の動きをある程度予測をすることができると言えるでしょう。

方法

excelの表計算機能と電卓があれば簡単に財務諸表を作成することができます。

指標

財務諸表分析に使う指標は4つに分類されます。1つ目の安全性分析では企業の支払い能力があるかどうかと倒産のリスクがないかを知ることができます。 2つ目に収益性分析では、活用した資本が効率良く利益を稼いでいるかどうかを知ることが可能です。この中には自己資本率や損益分岐点などが含まれます。 3つ目の生産性分析は、企業が付加価値を出すために人や設備を使ってどれだけ有効活用できたのかを知ることができる指数です。労働分配率設備の生産性が含まれます。最後に成長性分析ですが、この分析は企業が将来成長するかどうかを見ることができる指数です。増収率や配当性向などこの項目に含まれます。

財務諸表分析の種類は?

財務諸表分析は、3種類の計算書類で構成されています。1つ目が損益計算書で、2つ目が貸借対照表そして3つ目がキャッシュフロー計算書です。この3つの計算式は財務三表と呼ばれていて、互いに密接な関係があるので一緒に覚えておくと良いでしょう。

損益計算書とは?

損益計算書は企業の一年間や四半期の一定期間の営業状態を記載する書類となっています。この書類を読むことで、どのくらいの利益を得てどのくらいの費用を使用したかを知ることが可能です。損益計算書は3つの収益と5つの費用と5つの利益で構成されています。 事業そのものの利益を知りたいときは営業利益を見て、企業の健全性を知りたいときは経常利益を見ると良いでしょう。損益計算書には他にも売上高や特別利益などの項目があります。

損益分岐点とは?

損益計算書(別名バランスシートb/s)の中で、特に大事なのが損益分岐点(採算点)です。これは売り上げと費用がイコールになる点で、この数字を超えた場合が黒字になり、この数字に満たない場合が赤字となります。 利益を増やすには、家賃や設備費などの固定費や月ごとに代わる変動費を削減したり、その商品の単価を上げたり企業の工夫で増やすことができるでしょう。利益の計算方法は収益から費用を引くと、最終の利益の当期純利益を求めることができます。

損益分岐点とは?

貸借対照表とは?

貸借対照表(別名プロフィットアンドロスp/l)は2つのことを表します。1つ目が資金調達が出資金かそれとも借り入れをした負債なのかということで、2つ目はその資金の使い道です。使い道として固定資産や商品の原価などがあります。 貸借対照表は3つの見るべきポイントがあり、1つ目が事業を続けていくための数値の流動性で、2つ目がすぐに現金にできるかどうかを見る当座資産そして3つ目が、純資産の中の自己資産を知るための自己資本比率を見ることで資金の流れを知ることができます。

キャッシュフローとは?

キャッシュフローとは?

キャッシュフロー計算書(別名キャッシュフローcf)は一定期間のキャッシュの増減のことで、いつどこから現金が入ってきて、その現金がどのように使用されたかを知ることができます。 キャッシュフロー計算書は3種類の項目に分かれていて、1つ目が販売や仕入れ(営業活動)による現金の増減で、2つ目が設備投資や企業買収(投資活動)などの現金の増減そして3つ目が、借り入れや配当など(財務活動)の現金の増減です。営業キャッシュフローから投資キャッシュフローを引いた残りをフリーキャッシュフローと言い、この数値が高い企業ほど経営が安定していると言えます。

財務諸表分析の資格の取り方は?

財務諸表分析の資格の取り方は?

財務諸表分析の資格として「ビジネス会計検定」があります。この資格は財務諸表分析の作成や読む力を身につけることができる資格です。経営者や一般の会社員や学生など誰でも受けることができ、希望の級から受験することができます。1級から3級まであり、1級が一番難易度が高くなっています。

ビジネス会計検定メリット

ビジネス会計検定を受けるメリットとして、学生の場合は新聞や雑誌の経済記事の理解を深めることができたり、内定後に入社までに周りとの差をつけるチャンスとなります。就職の場合には数字で考え、説明ができることによって説得力が上がります。 将来的に管理職に就いたときに会計の知識は必要不可欠なのと自社や他社の財務諸表分析が理解できると、次の戦略を練ることができるので、部下や上司からの信頼度も上がることでしょう。

資格

ビジネス会計検定の3級は、会計用語や財務諸表の基礎を理解しているレベルです。貸借対照表やキャッシュフロー計算書といった財務諸表の構造や読み方に関する基礎知識を身につけることができます。また、財務諸表の基本的な分析も行います。

2級

2級は財務諸表分析ができて、なおかつ企業戦略や事業戦略の理解ができているレベルとなります。損益分岐点分析や財務諸表分析を取り巻く諸法令に関する知識や安全性の分析や収益性の分析など財務諸表分析の応用が求められます。

1級

1級は財務諸表分析などの会計情報を元に評価ができるレベルです。ビジネス会計の応用で企業評価や経営方針などのマネジメントのスキルが身につきます。財務諸表分析の作成原理や財務諸表分析を含む会計情報や企業価値分析などより高度な分析の知識が求められます。

ビジネス会計検定を受けるにあたって、公式なテキストが、中央経済社刊行で大阪商工会議所編集の「ビジネス会計検定公式テキスト」が販売されています。過去問題もあるので、傾向や対策を知ることで、理解力が高まるでしょう。

分かりやすい財務諸表分析の本は?

初心者にも分かりやすい財務諸表分析の本として、矢島雅己さん著書の「決算書はここだけ読もう2018年度版」があります。ライザップやニトリなどの実際の企業の決算書をモデルに本が作られているので、読みやすくなっています。

使いやすい財務諸表分析ツールの例は?

エクセル

財務諸表分析を作るのにエクセルで作る方法が一般的です。売上高や営業利益など基礎的なものから本格的な項目のものまで使用することができます。

ソフト

財務諸表分析でソフトを使用するのにあたって過去5年分の財務諸表分析をボタン1つでできる「財務分析君」がおすすめです。生のデーターをダウンロードできるので、手入力作業から解放をされ、効率よく財務諸表分析の表を作ることができます。 また、財務諸表分析のグラフが20種類あり、一株当たりの指標や効率性など全てを網羅することができます。企業コードを入力するだけという簡単な作業なので、財務諸表分析に慣れていない従業員も安心して仕事をすることができるでしょう。

財務諸表レポートの書き方とは?

財務諸表分析のレポートの書き方として大きく3つに分けて書くと分かりやすいです。まず初めに従業員の人数や工事などの前提条件に関することで、次に財務分析(収益性や生産性や安全性そして損益分岐点分析)最後に上の2つを踏まえてどうするかを考えます。

会計に強くなりましょう

会計に強くなりましょう

財務諸表分析や決算書などの会計の知識は、経理や税理士などの仕事をしている方以外も知っておくと、今後活躍の場が広がるのと、知識があることで周りからの信頼度が増すでしょう。

関連タグ

アクセスランキング