IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【翻訳する時】おすすめのツール・ツールの使い方|使う目的/場面

自己啓発

IT技術の発展に伴い、翻訳ツールは非常に便利になりました。これらの翻訳ツールは作業効率を上げるので、非常におすすめであるといえるでしょう。こちらでは、おすすめの翻訳ツールを紹介し、より簡単に外国語の翻訳ができる環境づくりをお手伝いします。

更新日時:

翻訳するのにおすすめなツールについて

翻訳するのにおすすめなツールについて

昨今のグローバル化に伴い、英語を目にしたり。耳にする機会はとても増えてきました。そのため日本人であったとしても、最新の情報や知識を集めるためには、英語の学習や翻訳が必要不可欠になったといえるでしょう。 しかしながら、グローバル化とともに、インターネットやITも同時に発展したため、多くの便利なツールというのも無料で手にすることができるようなったといえるでしょう。翻訳は英語が理解できない場合には、ツールに頼ることが多いため、どういった翻訳ツールを選択するということが重要になるといえるでしょう。 そこで、こちらでは翻訳におすすめのツールやwebサイトについて簡単に紹介していきましょう。

翻訳におすすめの辞書ツールについて

翻訳におすすめの辞書ツールについて

やはり、英語の翻訳にまず必要になるのは、辞書であるといえるでしょう。後述の翻訳のおすすめPCサイトの時に、web上で使うことができる辞書について改めて説明しますが、特に年配の方やインターネットが苦手な方にとっては、紙ベースの辞書というのも選択肢の一つとして挙がります。 一般的な英文の翻訳であれば、高校時代に使った「Genious」などで問題ないでしょう。しかしながら、専門用語が多く散見する英文の翻訳の場合には、専門用語が多く掲載されている辞書を用いると良いでしょう。 紙ベースの辞書の何よりも優れている点は、オフラインでも問題なく使用できるという点にあるでしょう。そのためインターネット環境のない場所でも翻訳作業ができるので、そういった環境で使用するのであればおすすめです。 しかしながら、オンラインで使用する場合や持ち運ぶ場合には不便なことは間違いないので、注意する必要があります。

翻訳の際におすすめのアプリについて

翻訳の際におすすめのアプリについて

インターネット発展にともない、多くのアプリ―ケーションがリリースされるようになりました。これらのアプリケーションの中にも当然、翻訳に役立つアプリケーションが存在します。 その中でもおすすめのアプリケーションとしては、web辞書にアクセスすることができるアプリケーションです。その中でも、「weblio辞書」のアプリケーション版がおすすめです。 この辞書アプリの良い所としては、グーグル検索のように、ある程度の単語を入力すると、候補となる単語をサジェストしてくれます。翻訳を素早く行いたい場合などの際にはおすすめであるといえるでしょう。 このweblio辞書は、ブラウザ版もあるので、パソコンでも利用することができます。しかしながら、webアプリの宿命ともいえますが、オンライン環境でしか利用することができないものが多いので、オフライン環境で翻訳業務をする場合にはおすすめできません。

電子辞書

電子辞書は、webアプリの欠点を補い、紙媒体の辞書よりも持ち運びやすいという観点からも、オフラインで翻訳の仕事をする場合にはおすすめであるといえるでしょう。電子辞書をリリースしているメーカーとしては、カシオやシャープが有名です。 しかしながら、電子辞書はプリセットでは一般的な単語を中心にカバーされています。そのため生命科学などの専門用語を多くカーバする必要がある場合には、あまりおすすめすることはできません。あくまでも一般生活で目や耳にする単語を調べるのにおすすめのツールであるといえるでしょう。

PCからアクセスできる翻訳作業におすすめのツール

翻訳作業については、インターネットを利用したほうが圧倒的に有利です。近年では、インターネット上で利用することができるwebサイトも多数を出現し、これまでの翻訳よりもより便利にかつ楽に行うことができるようになりました。 こちらでは、翻訳の役に立つwebサイトについて、辞書サイト、翻訳サイトなどに分類して紹介していきましょう。これらのおすすめのサイトの中で、自身の翻訳の事情に合ったもの選ぶことができれば、より快適な翻訳ライフを送れること間違いなしです。

おすすめの辞書サイト

おすすめの辞書サイト

インターネット上では、さまざまな辞書サイトが存在します。大抵の場合には、グーグルで英単語を検索すると、これらのサイトがヒットすることが多いといえるでしょう。インターネットを利用した辞書の索引で最も便利でおすすめできる点としては、電子辞書とは異なり、コピー&ペーストで単語の入力が済んでしまうという所にあるといえるでしょう。 辞書サイトには、多くの種類が存在します。その中でもまず第一におすすめなのが、「weblio辞書」というサイトです。こちらについては、先ほどのアプリケーションの項でも説明しましたが、非常にたくさんの単語をカバーすることができているサイトです。一般的なニュースサイトなどを見るのであれば、このサイトで事足りることが多いといえるでしょう。 医療や科学系の論文を読む場合は、これらの辞書ではカバーできていない場合があるため、翻訳の際には他の辞書サイトを併用することがおすすめです。

専門性の高い辞書(ライフサイエンス辞書)

専門用語などの単語は、それが専門用語であることがまず理解することができないと意味不明な翻訳になってしまうことが多いといえるでしょうまた専門用語だと判明したとしても、翻訳の際、日本語に変換する時には、辞書で確認したい所です。 特に生命科学分野の翻訳を行う際におすすめなのが、「ライフサイエンス辞書」と呼ばれるサイトです。このサイトは和英辞書および英和辞書ともに対応していることから、翻訳だけではなく、英語論文の執筆などの英語媒体の文章を書く時にも非常におすすめです。 このライフサイエンス辞書は、生命科学分野の専門用語について多く取り扱っており、翻訳するべき英語文書の内容がこういった分野の際には、最初からライフサイエンス辞書を用いるというのもおすすめであるといえるでしょう。

日常生活上の単語、科学領域もどっちも対応している辞書(英辞郎)

おすすめの辞書サイト

科学分野の単語も取り扱っており、例文までたくさん載っている辞書サイトもあります。その名も「英辞郎」という辞書サイトです。アルクという会社からリリースされている辞書サイトで一部有料のものもありますが、基本的には無料でも十分すぎる機能を有しているといえるでしょう。 このサイトの非常に優れていておすすめの点というのが、その例文の多さです。辞書によって単語の意味が分かったとしても、文章でどのように用いられるかが理解できないと日本語に翻訳する時にニュアンスの違いが出現していまいます。 そういったときに、その英単語の例文を確認ができると、ニュアンスの違いなどが理解することができ、翻訳した内容の確認も行うことができるため、非常におすすめすることができます。 どの辞書を使うか困ったときには、とりあえず英辞郎を使うというというのも、おすすめです。weblio辞書とどちらかを使うかについては好みです。

翻訳サイト

翻訳サイト

AIなどのIT技術の発展に伴い、翻訳サイトも非常に使いやすくなってきたといえます。特にインターネット上では、英語の文章をコピー&ペーストすることにより簡単に翻訳することができるようになりました。 近年では、FacebookやGmailなどについても、プリセットで翻訳ボタンがついていることから、英語だけではなく、多くの言語で文章が書かれていても割と簡単にその内容を理解することができるようになりました。簡単に世界中の人とのコミュニケーションをとることができるようになるため、これらの翻訳ツールを積極的に使用することはおすすめです。 しかしながら、翻訳サイトを使ったことがある人ならわかるとは存じますが、文章の中には意味が通じない訳もあるため万能ではありません。そのため重要文書や職業として翻訳を行うときには、使用に十分な注意を払う必要があります。

グーグル翻訳、エキサイト翻訳

これらの翻訳サイトは文章をペーストするだけで簡単に、日本語訳を行うことができるので当然おすすめすることができるツールです。ただし、これらのサイトの長文を入力すると、文章の所々に意味が通じない文章があるのがわかります。 翻訳サイトが万能ではなく、単純におすすめできないのはこの部分が大きな理由として挙げられます。特に英語の翻訳を大学のレポートで課されたときに、グーグル翻訳に入力して提出して、再提出を食らう、もしくは受理されないなんてことはザラにあります。 したがって、文章の確認ツールとして使うことはおすすめすることができますが、それをメインとして使用することには危険があるので注意が必要です。 またこれらの翻訳サイトは文章の文脈まで察して翻訳してくれることは少ないです。そのため、代名詞の部分について、自身で熟読の上、補う必要があります。

翻訳するときのツールのおすすめの使い方

翻訳するときのツールのおすすめの使い方

では、実際に英語の文章の翻訳を求められた時には、どういったツールの使い方がおすすめなのでしょうか?こちらでは、翻訳ツールの効果的、かつおすすめな使い方について簡単に紹介していきましょう。

使う目的

翻訳のツールを使う目的は多く存在します。意味やイディオム、スラングの確認や文法のチェックなどが挙げられますが、たいていの場合には単語や連語の意味について調べるときに翻訳ツールを使用することがおすすめです。 当然辞書ツールが選択されますが、その場合には自身が置かれている環境や英語の文章の専門性を見て必要なツールを判断することがおすすめです。

使用する場面

翻訳ツールを使用する場面はたくさんあります。大学であれば、英語論文の翻訳、仕事でも英語圏のニュースの翻訳、クラウドソーシングでも英語文章の翻訳の案件は多く存在します。 大抵の場合は、インターネットが使用できる環境であるのであれば、webサイトにある翻訳ツールを使用することがおすすめです。オフライン環境と比べると作業効率が断然違います。 また英語の学習目的で翻訳作業を行うのであれば、紙辞書や電子辞書を使用するのが良いでしょう。単語を自分で学習できるので、最初は時間がかかりますが、だんだん作業効率が上がってきます。

使えるツールはどんどん使って楽しい英語ライフを

使えるツールはどんどん使って楽しい英語ライフを

グローバル化やIT技術の発達によって、簡単に海外の文章を翻訳して、情報を収集したり、SNSでつながることができるようになりました。ツールを使うことによって自分の世界を簡単に広げることができるので、どんどん世界中の情報を翻訳によりキャッチしてグローバルな人間になっていきましょう。

アクセスランキング