IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

レジュメの意味・使い方や例文|ビジネス/大学・違い|プリント

言葉の意味

ビジネスシーンでよく耳にする「レジュメ」という言葉。この言葉の正しい意味はご存知ですか?会社の会議や就職面接、大学講義など、使う場面によって「レジュメ」が指す対象は異なります。この記事では、シーンごとの「レジュメ」の意味を説明していきます。

更新日時:

知っていますか? 「レジュメ」の正しい意味と使い方

「レジュメ」は、大学などの研究機関やビジネスシーンで広く使われている言葉です。最近では、この言葉は当たり前のように使われていますので、会社や職場で耳にしたことがある人も多いでしょう。それでは、この「レジュメ」という言葉の正しい意味はご存知でしょうか。仕事で、この言葉を適切に使えているでしょうか。 言葉の意味を曖昧に理解したままでは、間違った使い方をしてしまいがちです。「レジュメ」の意味をしっかりと覚えて、仕事で使いこなせるようになりましょう。

「レジュメ」の意味とは?

意味1:要旨、要約など

「レジュメ」は、「要旨、要約、摘要、概論」などを意味します。その他、「論文の内容をまとめたもの」、あるいは「研究報告や講演、演説において、それらの内容を要約して記したもの」という意味でも使われます。

意味2:履歴書

また、「レジュメ」は「履歴書」の意味としても用いられることがあります。就職活動や転職活動の際に、この「レジュメ」という言葉を初めて知った方も多いのではないでしょうか。

意味で異なる? 「レジュメ」の語源

「要旨、要約」などの意味を持つ「レジュメ」の語源は、フランス語の「résumé」です。この「résumé」は、動詞「résumer」(レジュメィ=要約する、という意味)の過去分詞の名詞用法です。 また、「履歴書」を指す言葉として使われる「レジュメ」は、これとは別に、英語の「resume」を語源としています。

英訳する時は要注意?

ここで気をつけなければならないのは、英語の「resume」は「履歴書」のみを意味する言葉である点です。「要約」などの意味で使う「レジュメ」は、英語圏では「summary」 (要約)や「abstruct」(概要)などの言葉が使われています。 「レジュメ」の言葉の使い方によって、英訳する場合は注意すべきでしょう。

日本語英語
要約、要旨などを意味する「レジュメ」summary、abstruct
履歴書を意味する「レジュメ」resume

「レジュメ」の使い方や例文

複数の異なる意味を持つ「レジュメ」ですが、言葉を使うシーンによっても、その意味が少々異なってきます。

使い方1.ビジネス上で使われる「レジュメ」

使い方1.ビジネス上で使われる「レジュメ」

ビジネスシーンでは、「レジュメ」という言葉は「プレゼンテーションの資料」として使われる場合が多いです。 プレゼンテーションの場での「レジュメ」は、発表する相手(上司や他企業)への提案が上手に要約されているものが良いとされています。

ビジネス上で使われる「レジュメ」の例文
「今日のプレゼンで使うレジュメは、相手の企業ごとに作成してあります」
「このレジュメでは部長達には伝わりにくいから、もっと簡潔にまとめてください」

使い方2.会議で使われる「レジュメ」

使い方2.会議で使われる「レジュメ」

また、会社や職場においては、会議の際に配布される資料などで、この「レジュメ」という言葉を目にする機会が多いでしょう。この場合の「レジュメ」は「発表内容などの要点を、簡潔にまとめたもの」を意味しています。

会議で使われる「レジュメ」の例文
「皆様方のお手元に配りましたレジュメに沿って、説明させて頂きます」
「明日の会議で使うレジュメを、人数分、作成しておいてください」

使い方3.大学で使われる「レジュメ」

大学などの教育機関では、「レジュメ」は「演習(ゼミ)での報告や研究発表などの内容を、簡潔にまとめたもの」という意味で使われます。

大学で使われる「レジュメ」の例文
ゼミが始まるまでに、各自、「レジュメ」を用意しておいてください。
今日の研究発表で使う「レジュメ」を配ります。

使い方4.就職や転職で使われる「レジュメ」

上記の3種類の「レジュメ」の使い方は、「要約」の意味として用いられています。 これらに対して、就職活動や転職活動の場で使われる「レジュメ」は、「履歴書」のことを指しています。

使い方4.就職や転職で使われる「レジュメ」
就職や転職で使われる「レジュメ」の例文
それでは面接を始めますので、レジュメを提出してもらえますか。
こちらの転職サイトでは、レジュメがWEB上で作成できます。

使い分けてますか? 「レジュメ」に似た言葉

「レジュメ」という言葉はさまざまなシーンで使われていますが、似たような言葉や、同じように思われがちで実は意味がまったく異なる言葉が多くあります。 本来の「レジュメ」の意味や使い方を覚えた上で、これらの言葉の意味も理解して、それぞれの言葉を正しく分けられるようにしましょう。

「レジメ」と「レジュメ」は同じ意味?

「レジメ」は多くの場合、「レジュメ」の異なった言い方として使われます。 しかし、一部では「要約」を意味する時は「レジュメ」、「履歴書」を意味する時には「レジメ」と、言い方を使い分けている場合があります。これは先述したとおり、語源であるフランス語の「résumé」と英語の「resume」で、元々、意味が異なっていることが影響しているそうです。

「アジェンダ」と「レジュメ」の違い

「アジェンダ」もまた、最近ではビジネスシーンで頻繁に使われるようになっている言葉です。「アジェンダ」と「レジュメ」は、共に会議資料などで使われることが多く、日常生活では使う機会がほとんど無いため、混同しやすい言葉です。

「アジェンダ」=「議題、予定」

「アジェンダ」は、議事日程や予定表などを意味する英語「agenda」を由来としています。会社や職場では、会議の目的(議題)や流れ、決定するべき事項を指す言葉としてよく使われています。また、それらをまとめた資料を「アジェンダ」と言うことも多いです。

「レジュメ」と「アジェンダ」、どう使い分ければ良い?

これに対して、「レジュメ」という言葉は「発表内容の要点を、簡潔にまとめたもの」を意味しています。 「レジュメ」と「アジェンダ」、どちらも似たようなシーンで使われる言葉ですが、その意味は異なっています。大まかに言えば、プレゼンテーションなど一方的に発表する場では「レジュメ」(発表内容の要約)、出席者が話し合って検討する場では「アジェンダ」(検討、決定すべき課題)を使うのが適切です。

「プリント」と「レジュメ」の違い

小中学校や高校の授業では、授業内容のまとめや教材資料などの配布物を「プリント」と言っていますが、大学の講義では「プリント」という言葉は使わず、「レジュメ」が用いられているケースが多いです。 大学に進学した後に、同じようなものを指す言葉なのにどうして言い方が異なるのか、疑問に感じた人もいるのではないでしょうか。

「プリント」は印刷物の総称

「プリント」は、印刷物全てを総称する言葉です。つまり、印刷物の内容が「宿題用の学習プリント」であっても「運動会のお知らせ」であっても、どちらも「プリント」と言えます。 一方、大学では「レジュメ」は「研究発表などの内容をまとめたもの」という意味で使われていますので、やや意味を限定した使われ方であると言えます。

「レポート」と「レジュメ」の違い

また、大学などでは「レポート」という言葉も多く使われます。この言葉も「レジュメ」と同じようなシーンで使われる言葉です。 大学の講義の時間で、教官に「レポートとレジュメ、両方とも用意しておいてください」などのように言われ、どう違うのか戸惑った経験がある方もいるでしょう。

「レポート」の意味とは?

「レポート」は、「調査、研究などの報告書」を意味する言葉です。また、新聞やテレビの分野では「現地で取材して、状況を報告すること」を指す言葉としても使われます。 大学などでは、あるテーマに対して調査した内容をまとめたものを「レジュメ」、それに自分の推察や考察を加えたものを「レポート」としている場合が多くなっています。また、簡単な論文を「レポート」と言い、それを要約したものを「レジュメ」と言うケースもあります。 大学や教官によっても言い方が違う場合がありますので、迷った場合は素直に意味を確認するのが良いでしょう。

「レジュメ」の意味をシーンごとに使い分けよう

「レジュメ」は、使われるシーンによって、指し示す内容が大きく変わる言葉です。似たような言葉も少なくないため、意味を取り違えてしまうリスクもあります。 最近ではビジネス上でも頻繁に使われていますので、場面ごとで「レジュメ」の言葉を正しく使いこなして、仕事に活かしましょう。

関連タグ

アクセスランキング