IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

正しい投資信託の選び方|運用方法/分配金/信託報酬

ビジネススキル

お金を増やしたいという方はたくさんいるのではありませんか。この記事では、その方法の1つとして<投資信託>を紹介します。選び方なども紹介しているので参考になるでしょう。あなたにあった<投資信託>を見つけ、しっかりとした選び方をしようという方、ぜひ読んでください。

更新日時:

投資信託はどういう金融商品か

投資信託はどういう金融商品か

<投資信託>という言葉を聞いたことがある方、すでに投資している方も多いのではないでしょうか。証券会社をはじめ、銀行、郵便局などの窓口でも販売されているので、目に触れる機会が増えた金融商品です。 <投資信託(ファンド)>とはどんなものかという初心者の方もいらっしゃるでしょう。投資家から集めたお金をひとつの大きな資金として一つにし、運用の専門家であるファンドマネージャーが株式や債券などに投資し、運用します。そしてその運用の成果で得られた利益を投資家の投資金額に応じて配分されるという金融商品です。

投資信託のメリット

投資信託のメリット

<投資信託(ファンド)>には次のようなメリットがあります。みなさんの<投資信託(ファンド)>の選び方の参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.少額資金から始められる

「投資」と聞くと、まず最初に、たくさんの資金や資産がなければできないと考える方はいらっしゃいませんか。直接株式を買い付ける<株式投資>では、株式の購入の1単位で100万円超という銘柄もあります。 しかし、<投資信託(ファンド)>では、1口1万円前後から買い付けができます。お小遣い程度の金額からスタートできるのは大きなメリットです。これなら誰でもチャレンジできそうではありませんか。

2.運用のプロであるファンドマネージャーに任せられる

<株式投資>ですと、「何に投資したら良いか分からない」「どの銘柄を選べば良いか、選び方が分からない」という方もたくさんいらっしゃるのではありませんか。<投資信託(ファンド)>では、運用の専門家であるファンドマネージャーが厳選したいくつもの銘柄に、あなたに代わって投資してくれます。 まったくの素人がほとんど何も分からずに<株式投資>をするよりも、ファンドマネージャーという運用のプロが投資する<投資信託(ファンド)>の方が安心感があります。 また、いちいち株式市場などをウォッチしている必要がありません。あなたに代わって、ファンドマネージャーがその市場をウォッチし続けてくれるからです。あなたは、いつもいつも市場を見続けて神経をすり減らすなどということはありません。

3.リスクを回避するための分散投資

例えば<株式投資>で1銘柄に集中投資したとしましょう。あなたが投資した企業が何らかの業績不振や不祥事を起こした場合、当然のように株価は下落します。不祥事の大きさによっては株価の大暴落、ひいては倒産などということもあり得ます。こうなると、株価が二束三文になったり、価値がなくなってしまうという辛い現実を受け入れなければなりません。 しかし、<投資信託(ファンド)>では、1銘柄に集中して投資するのではなく、ファンドマネージャーが厳選した多くの銘柄に投資しますので、万が一、1企業が業績不振に陥ったり、不祥事を起こしたり、最悪の場合、倒産したとしても、<投資信託(ファンド)>の価値がゼロになることはありません。

4.個人では投資しにくい金融商品にも投資できる

読者の皆さんの中で、ベトナムの株式に投資したことがある方はいらっしゃいますか。ロシアの株式に投資したことがある方はいらっしゃいますか。ブラジルやインドはどうでしょうか。これらの国々の企業の株式に投資するのは、私たち一般人にとってはハードルが高く、難しいものとなっています。 ですが、<投資信託(ファンド)>を活用すれば、これらの新興国の株式などに投資することが可能です。一般的に新興国というのは、日本の高度経済成長期と同じように経済の発展が著しく期待されています。そのため、株価の大幅な上昇など、現在の日本ではほぼ目にしないような資産価値の沸騰が現実になる大きな可能性があります。 一般の人の投資が不可能もしくは非常に難しい、こうした資産価値が大きく上昇する国や地域、資産などでも<投資信託(ファンド)>を通して投資できるというメリットが挙げられるでしょう。

運用会社

運用会社

<投資信託(ファンド)>は、投資家から集めた大きな資金を基に運用会社が作り上げます。そして、運用会社が、実際に買い付けを行う「受託会社」に運用の指示を行います。実績がある運用会社で<投資信託(ファンド)>を決めるのも、1つの選び方です。数ある運用会社の中から、いくつかを紹介します。

野村アセットマネジメント株式会社

野村ホールディングス傘下の投資顧問会社で、1997年に発足した日本の大手資産運用会社です。野村證券投資信託委託会社と、野村投資顧問株式会社が合併して誕生しました。資産運用残高は約36兆円にも上ると言われています。 こちらの運用会社の特徴は、もちろん資産運用残高の大きさもありますが、それだけではありません。グローバルな視点にもあります。国境を越えた運用に注力していて、日本だけではなく、アメリカ、ヨーロッパ、成長が著しいアジアの新興国などを中心に取り組みを行っているリーディングカンパニーです。 また、国内、海外の株式や債券などを幅広く取り扱っているとても充実したラインナップが魅力となっています。

日興アセットマネジメント株式会社

三井住友信託銀行の傘下で、投資信託の発案や管理、運営をする会社です。国内、海外のさまざまな資産に投資するファンドを運営しています。 証券会社・大手銀行・地方銀行・信託銀行・ゆうちょ銀行・信用金庫など、たくさんの販売ネットワークをがあるので、どこででもこの会社の運用している投資信託を購入できます。 また、運用チームは優秀な運用成果を出すことを第一の使命とし、何をするべきか、どうすべきかという決定権が各チームに与えられているため、現場の決定ですぐに対応ができることが強みになっています。

三菱UFJ国際投信株式会社

三菱UFJフィナンシャルグループに属している投信会社です。<三菱UFJ投信>と<国際投信投資顧問>の2社が2015年に合併し、誕生しました。それぞれの得意分野を活かしたサービスを提供し、さまざまな顧客ニーズに対応しています。 同業他社と比べた時に、投資対象を海外債券にした投資信託の取り扱いが多いことが特徴です。また、インターネット証券およびインターネット銀行向けの投資信託の運用に強みがあります。

フィデリティ投信株式会社

世界有数の独立系の資産運用グループである<フィデリティ・ワールドワイド・インベストメント>に属している投信会社です。1969年に東京に事務所を開設後、長年にわたり日本国内、海外の年金基金や機関投資家、投資信託の設定や運用など、幅広いサービスを提供しています。 ロンドン、東京、そして香港を中心として世界24ヶ国に拠点を持ち、そのワールドワイドな拠点網を活かして、各国各地で個人投資家や年金基金、機関投資家のニーズに応えています。

さわかみ投信株式会社

日本国内で最大規模を誇る直販系の投信会社です。TVの経済番組やコーナーなどで、代表の演説をご覧になった方も多いのではないでしょうか。国内の株式の中で割安な銘柄を購入し、割安感が薄れ、無くなったと判断した時に売却する方針を貫いています。 毎月1万円という少額から利用することができる積立型の投資信託を手がけています。設立は1996年です。21年もの実績があります。短期ではなく、中長期的な視点で投資するので、十分なリターンが得られるので、投資家からの信頼も厚いです。

運用方法

運用方法

<投資信託(ファンド)>の運用方法には、さまざまなスタイルや手法があります。その運用方法によって、<投資信託(ファンド)>の値動きも変わってきます。皆さんが実際に購入する時に、投資信託の選び方の1つとして参考にしてください。

<インデックス運用>と<アクティブ運用>

投資信託の運用方法は2種類あります。それが<インデックス運用>と<アクティブ運用>です。 <インデックス運用>は、目標とする指標(ベンチマーク)と同じ運用成績を目指す運用方法です。一方、<アクティブ運用>は、目標とする指標(ベンチマーク)を上回る運用成績を目指す運用方法となります。 では、「どちらの方が良いのか」と考える読者の方もいらっしゃるのではありませんか。現代のポートフォリオ理論では、分散投資を重要視しているので、投資信託に組み込まれている銘柄が十分に分散化されている<インデックス運用>が最も効率が良いとされています。 ですから、みなさんが<投資信託(ファンド)>の選び方として<インデックス運用>のものを選ぶのも1つの方法です。

<トップダウン・アプローチ>と<ボトムアップ・アプローチ>

投資信託の構成銘柄の選び方は2つあり、それぞれ<トップダウン・アプローチ>と<ボトムアップ・アプローチ>です。 <トップダウン・アプローチ>では、その国の経済成長率や為替、金利の動向といったマクロ経済の見通しや業種別の分析により、構成銘柄を決定します。マクロ(巨視的)の視点から入り、ミクロ(微視的)の視点に写っていく銘柄の選び方です。 <ボトムアップ・アプローチ>では、国や業種を考えるのではなく、企業分析や企業調査をした上で、将来有望で業績が伸び、利益が上げられると考えられる銘柄を決定します。こちらはマクロ的な視点を重要視しないで、個別の銘柄を分析し、ポートフォリオに入れるという銘柄の選び方をします。

<グロース>と<バリュー>、<大型株>と<中型株>と<小型株>

主に株式で運用する<投資信託(ファンド))の場合、どのような株式に投資するのか、そして、その<投資信託(ファンド)>がハイリスク・ハイリターンなのか、ミドルリスク・ミドルリターンなのか、ローリスク・ローリターンなのかが分かります。 投資対象企業の時価総額(発行済株式総数×株価)で分ける場合は、<大型株>、<中型株>、<小型株>のカテゴリーに分けます。時価総額が大きい企業株式は<大型株>、中くらいの企業株式は<中型株>、小さい企業株式は<小型株>です。 そして、成長段階によって分ける場合は、<グロース>、<バリュー>のカテゴリーに分けます。<グロース>運用での銘柄の選び方では、将来、成長が見込める企業の株式がターゲットになります。<バリュー>運用での銘柄の選び方では、割安で、値下がりするリスクが比較的低い企業の株式がターゲットになります。

投資対象

投資対象

<投資信託(ファンド)>の投資対象の区分を紹介します。投資対象の選び方によってはリターンが変わってきますので、留意したい点です。 1.投資対象地域 3つに分類できます。収益が国内の資産を源泉とするもの、収益が海外の資産を源泉とするもの、そして、収益が国内外双方の資産を厳選とするもの、の3つです。 2.投資対象資産 収益が株式を源泉とするもの、債券を源泉とするもの、不動産投資信託および不動産投資法人を厳選とする「不動産投信(リート)」などが挙げられます。 3.独立した商品 上記以外にMMF(マネー・マネージメント・ファンド)、MRF(マネー・リザーブ・ファンド)、ETF(上場投信信託)があります。

分配金

分配金

分配金に関しては、誰でも興味があるのではないでしょうか。分配金が支払われる回数は、保有している<投資信託(ファンド)>によって違いますので、購入時によく調べてみましょう。最近では、毎月分配金が受け取れる<投資信託(ファンド)>が人気になっています。 分配金を重視している方にとっては、この「分配金」に注目して投資を決定するのも、<投資信託(ファンド)>の選び方の1つです。 この分配金ですが、銀行の預金利子と同じと考えている方も多いのではありませんか。預貯金の利子と違い、分配金は、投資信託の運用成績により額が変動します。非常に多額の分配金をもらえることもあれば、運用成績によっては分配金が無いということもあります。

元本保証

元本保証

「元本保証」は読者の皆さんも気になるところでしょう。誰しも元金を減らしたくないというのが本心でしょう。 ですが、どんな<投資信託(ファンド)>にも「元本保証」はありません。預貯金と同じように考えないようにしましょう。 しかしながら、比較的リスクが低い<投資信託(ファンド)>もあります。また、<投資信託(ファンド)>の値上がり益および分配金を考えたとき、長期で保有しているメリットはたいへん大きいです。

投資信託の正しい選び方

投資信託の正しい選び方

実際に<投資信託(ファンド)>を購入する時に、「どういった選び方をすればいいのか」「選び方のポイントは何か」を知りたいという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。以下の選び方をチェックして、あなたにあったよりよい<投資信託(ファンド)>を見つけてみましょう。 選び方は、将来のリターンに影響がありますので、しっかりと吟味しましょう。

[投資信託の選び方・ステップ1] 資産クラス

<投資信託(ファンド)>において「資産クラス」というのは、大まかな分類のことです。では、どのような分類があるのかと言うと、「国内株式」「外国株式」「国内債券」「外国債券」「国内不動産」などです。 投資信託の選び方の第1ステップとして、どの資産クラスに、どのくらいの金額を投資するか、あらかじめ決めましょう。それから個別の<投資信託(ファンド)>をチェックしていきましょう。

[投資信託の選び方・ステップ2] 信託報酬

資産クラスを決められたら、選び方の第2ステップに入りましょう。<投資信託(ファンド)>を保有していると、継続的に手数料がかかります。それが「信託報酬」です。 資産クラスを決めた後、あなたがチェックすべきことは、この「信託報酬」になります。信託報酬が高い投資信託よりも、低い投資信託の方が差し引かれる金額が少なくて済みます。 信託報酬も、何年、何十年と継続すると、思いの外、高額になるので、要注意です。選び方のポイントとして、この「信託報酬」の額は無視できません。

[投資信託の選び方ステップ3] 売買手数料

[投資信託の選び方ステップ3] 売買手数料

選び方の第2ステップをクリアしたあなたは、選び方の第3ステップに進みましょう。注目すべきは「売買手数料」です。<投資信託(ファンド)>を購入する時には、手数料がかかります。そして、その手数料は、販売するチャネルによって違っていることもあります。 「同じ<投資信託(ファンド)>なのに、手数料が違うの」と不思議の感じる方もいらっしゃるでしょう。手数料が異なっている場合もあるので、要注意です。 最近では<ノーロードファンド>と言って、購入時に手数料がかからない<投資信託(ファンド)>も多数ありますので、チェックしてみてください。選び方の1つとして、この<ノーロードファンド>をチェックするのも良いでしょう。

[投資信託の選び方ステップ4] 分配金

選び方の第3ステップを終え、次は選び方の第4ステップに入ります。「分配金」についてです。 最近とてもはやっている「毎月分配型」の<投資信託(ファンド)>があります。毎月分配金が出ると聞くと、非常に魅力的に感じませんか。 毎月分配金が欲しいという需要があるのは確かです。ですが、分配金が出ると<投資信託(ファンド)>の基準価格が下がっていることに気がつく方もいらっしゃるでしょう。すなわち、切り崩して分配金が出ている状態です。その上、分配金が出るたびに税がかかりますので、しょっちゅう税の分の金額が引かれていきます。 お金を増やすのが目的とする場合の<投資信託(ファンド)>の選び方としては、分配金が極力出ない<投資信託(ファンド)>を選ぶのも、賢い選び方だと考えられます。

[投資信託の選び方ステップ5] 運用成績

[投資信託の選び方ステップ5] 運用成績

選び方の第4ステップの次は、ついに、選び方の最終ステップです。あなたが候補に選んできた<投資信託(ファンド)>の「運用成績」を見てみましょう。 気をつけるべき点は「設定されてから3年以上経っているか」です。運用成績を比べる場合、その運用期間が3年未満ですと十分な判断材料にならないことがあります。なぜなら、短期的に相場が上昇していたり、下落基調、ひいては暴落しているということがあるからです。 ですから、<投資信託(ファンド)>の選び方として、この「運用成績」を見る時は、最低でも3年、できれば5年以上の運用成績をチェックしましょう。

賢く活用して、豊かな生活を!

賢く活用して、豊かな生活を!

投資信託とは何か、その種類、そして選び方を紹介しましたが、いかがでしたか。さまざまな種類や選び方があることが分かったのではないでしょうか。 投資信託の選び方がうまく行き、将来受け取れる金額が思いのほか増えて、受け取っているご自身を想像してみてください。楽しくなりませんか。 また、経済や政治などおっくうに感じていた方も、投資をきっかけに新聞を読んだり、経済番組などを視聴したりと、新しい世界が広がります。そんな自分を発見するのも楽しいのではないでしょうか。 <投資信託(ファンド)>の選び方1つだけでもさまざまな新しい世界を体験できます。

アクセスランキング