IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書の免許/資格欄の書き方と正式名称一覧・何級から書けるか

更新日:2020年08月14日

書類選考

履歴書の資格欄は、採用担当者があなたのスキルなどをチェックする目安になります。しかし、持っている資格を全部書いていませんか?履歴書に書くべき資格はどんなものか?資格を持っていない場合はどうするか?書き方のポイントを抑えて採用担当者へ有効なアピールをしましょう。

保育士

「保育士」を履歴書に書く場合は、「保育士資格 取得」としましょう。「保育資格」「保育士免許」は間違いです。保育園で働く場合には重要な資格となるため、正式名称を間違えないようにしましょう。

幼稚園教諭

「幼稚園経論」を履歴書に書く際は「幼稚園教諭免許第○種免許 取得」としましょう。一般的に、四年制大学を卒業している人は1種免許、短大や専門学校を卒業している人は2種免許となります。保育士資格と一緒に取得する場合もあり、更新期間などもあるため確認しておくと良いでしょう。

教員免許

「教員免許」を履歴書に書く際は、学校の種類や教科により異なります。例えば、小学校の教員免許は「小学校教諭一種免許状 取得」、中学校は「中学校教諭一種免許状(国語)取得」、高等学校は「高等学校教諭一種免許状(数学)取得」のようになります。「第一種」のように「第」とつけるのは間違いなので注意しましょう。

介護福祉士

「介護福祉士」を履歴書に書く際は、「介護福祉士資格 取得」とすると良いでしょう。介護関係の資格はさまざまあり、取得中の場合にも記載しておくと有効な場合もあります。その場合は「○○研修を受講予定」「○○の資格取得に向けて勉強中」などと書きましょう。

危険物

「危険物」を履歴書に書く際は、「○種第○類危険物取扱者免状 取得」としましょう。危険物取扱者の資格は多岐に渡るため、多くの種類で分けられています。まず甲種・乙種・丙種の3種に分かれ、乙種では第1類から第6類にさらに分かれているため、自分の取得した種類を間違えないよう、注意しましょう。

看護師

「看護師」を履歴書に書く際には「看護師免許 取得」「准看護師免許 取得」などとしましょう。ただし、専門看護師や認定看護師の場合は書き方が異なります。「専門看護師(○○)」「認定看護師(○○)」とします。「(○○)」の部分にはそれぞれの分類である精神看護やガン看護などを書きましょう。 また、年月の欄には証書に記載されている年月を記入します。試験の合格日と間違えないよう、注意しましょう。

ワープロ

「ワープロ」の検定は主催する団体により正式名称が異なります。日本情報処理検定協会主催のワープロ検定で合格した場合は、履歴書には「日本情報処理検定協会主催 日本語ワープロ検定試験 ○級合格」と書きます。ただし、文字数が長くなり、枠内に収まりきれない場合は「日検定主催 日本語ワープロ検定試験 ○級合格」としても問題ないでしょう。 全国商業高等学校協会主催のワープロ検定で合格した場合の履歴書の書き方は、「全国商業高等学校協会主催 ワープロ実務検定 ○級」となります。上記の「日検」と同じく省略して「全商」としても良いですが、面接などで正式名称を聞かれた際に答えられるようにしておきましょう。

次のページ:書くべき資格と書かなくて良い資格とは?
初回公開日:2017年12月01日

記載されている内容は2017年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング