IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接で短所を聞かれた場合の答え方・上手に話すコツと具体例

就活の面接

面接で必ず聞かれる短所の質問。誰にでも短所はあり、短所がダメだということではありません。短所の質問に関する答え方をしっかりと準備しておけば、面接でも乗り切ることが出来るでしょう。ポジティブな答え方や別の言い換え表現など、さまざまな答え方を読んでみてください。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接官が短所を聞く理由

面接官が短所を聞く理由

面接の時に面接官より短所を聞かれることがあります。聞かれると、どうしても自分自身が責められている、短所があること自体がダメなのかなと思いがちです。短所を述べるということは、思わず目をそむけたくなる・他の人に言いたくないことに向き合わないといけません。自分の短所を堂々とこれだと言える人間はそう居ないからです。 しかし、誰にでも短所がありますし面接官もそのことは理解しています。それでもなお、なぜ短所を聞く必要があるのでしょうか。主な理由は3点あります。

自分を客観視できているか

短所が何かを考えるときに必ず自分が何が苦手なのか、ということに向き合うことになります。面接官は短所を聞くことで、自分のことを客観視できる人間なのかを判断しています。 しかし、自分のことなのでなかなか短所は見えづらいです。短所を見つける方法としては、過去の出来事を振り返り、他人の評価が良くなかったことを書き出すことや、家族や周りの友達に自分の短所を聞くことが効果的です。

問題解決能力

短所を聞いた時に必ず面接官は、あなたに短所をカバーする方法があるのかを質問します。それは短所という一つの問題・課題に対してあなたがいかに向き合って改善策を講じているかを見ています。 入社後の仕事においてもたくさんの課題が出てくるでしょう。その際に改善に向かう力があるのか、解決できるのか、ということは短所でも同じことです。把握できた問題をそのまま放置してしまう人間は、会社にとってマイナスです。問題を見つけたら改善してほしい、その姿を面接で見られています。

企業の仕事内容と合っているか

長所や短所がぴったり企業が求める人材とマッチする必要はありません。しかし、企業のカラーや仕事内容からあまりにかけ離れていると入社後苦労することになるでしょう。 例えば、企業側が「少数精鋭で個人の能力重視・仕事は自分でつくること」を掲げているとします。あなたの長所短所は「強調性があり、人に合わせてしまいがち・与えられた仕事ならば全力でする」だったとします。この場合、どうでしょう。 同じ環境で業務することが辛いと感じてしまうのではないでしょうか。このように、短所を聞くことによって面接官が客観的にあなたを見ることができます。そして面接官はあなたとこの会社はあまりにもカラーが違うのではと考えることもできます。

面接官が見ているポイント

面接官が見ているポイント

面接官が短所を聞くことで見ているポイントは、主に2つあります。

短所をどのように仕事においてカバーするのか

仕事にはさまざまな場面があり、あなたが苦手とする場面もたくさんあるでしょう。その時に逃げ腰ではなく、自分なりの対策法で乗り切ることができるのかを面接では見ています。 緊張しやすい短所の方にも社内のプレゼンテーションの役割は回ってくることもありますし、大勢の前で司会を務めることもあるでしょう。自分が苦手だと引いてしまいがちな場面とどのように向き合っていくのか、面接官は知ろうとしています。

あらかじめ自己分析・準備をしているのか

あらかじめ自己分析・準備をしているのか

近年は面接において、短所は必ず聞かれる項目と言っていいでしょう。そのため、準備を怠っているとすぐにバレてしまいます。本当に入社したい企業ならば念入りに、エピソードなどプラスして答える準備をしましょう。 自分自身と向き合ったうえで、企業を志望している人と準備はしていないが面接に臨んだ人とでは面接官の目には違いが明らかに写るでしょう。あらかじめ自己分析をしていることは志望する企業への本気さが伺えます。 予想される課題への柔軟な対応、準備ができているのかを面接官は見ています。

面接で短所を聞かれた際のNG回答例

面接で短所を聞かれた際のNG回答例

短所を答える上で面接では避けなければならない事柄もあります。 ポイントと例を紹介します。

ビジネスマナーの欠落を意味する短所は避ける

ビジネスマナーの欠落を意味する短所は避ける

例として「時間にルーズ」「他の人とコミュニケーションがとれない」という短所です。これらはカバーすることがほぼ不可能ですし、業務上支障をきたしてしまう恐れがあります。 多くの企業で必要とされる社会人としてのビジネスマナーが欠落していることになるからです。 言って良いこと悪いことが必ずビジネスの場面でも出てきます。取引や交渉の場では社会人として言葉に気を付けなければならないのです。そういった姿勢も面接では見られています。 どの企業のいかなる場面でも通用しない短所はあるでしょう。それはあなたの印象を悪くしてしまうだけなので存在を伏せましょう。

短所はありません、はやめましょう

表裏一体という言葉があるように、あなたの長所も裏を返せば短所です。短所がない人間はいません。それを知った上で面接官も質問しています。 「短所がありません。」と仮に答えたとしましょう。面接官はあなたに自己分析能力がなく、信用できない人間と印象づけます。その後続く面接の質問においても信用性がなく、雰囲気も悪くなってしまいます。 採用に遠のいてしまう結果となります。面接では短所がない、と答えるのはやめましょう。

面接で聞かれた際に問題ない短所選びのコツ

面接で聞かれた際に問題ない短所選びのコツ

特に面接官に問題と感じられない短所があります。選ぶコツとしては「業務に深く関係ないもの」と「改善策を提示でき、克服できるもの」です。 ビジネスマナーの基本はしっかりとあることが前提で、仕事で大きな損害にならない短所は面接で述べて良いでしょう。また、面接において短所と共に述べる改善策は過去のエピソードと交えると具体性が増します。 実際に克服するための行動をすでに実行しているんだなと考えられますし、問題を改善する前向きな姿勢を持っていることがわかります。

短所をポジティブに話すコツ

短所をポジティブに話すコツ

短所自体が暗い印象を持たせてしまうので、面接ではポジティブに話したいです。そのために、以下2点のコツがあるのでご紹介します。

短所の表現方法を変える

短所はいいかえれば長所になります。例えば「すぐにカッと怒ってしまう、怒りっぽい」という短所は「ついつい熱が入りやすい、熱意がある」という表現に言い換えることが出来ます。 「他人に厳しい」という短所は、「高いレベルを求めてしまう、理想が高い」と表現を変えることが可能です。「気が弱い」という短所は、「相手の気持ちを察して行動することが出来る」と言い換えられます。 このようにマイナスに聞こえがちな短所も言葉を変えれば長所のような響きになります。 面接官への印象も良いままでキープできますし、良い雰囲気のまま面接を進められるでしょう。

短所と改善策を一緒に話す

短所が「切り替えができない」という場合に、「切り替えががなかなかできません。」だけ述べてしまうと面接での印象は悪いままです。短所の質問への回答にポジティブに終わるためには、どう改善したのかということまで答える方法があります。先述した短所であれば、改善策も含めて答えます。 「私は切り替えが苦手で、家に帰っても仕事のことを考えてしまいがちなので最近はヨガやランニングなど趣味に打ち込む時間をきちんととるようになりました。結果的に学校での課題の効率も上がり、気持ちも楽になりました。」 「私は慎重になりすぎて行動まで時間がかかっていました。しかし、大学生時に居酒屋でのアルバイトの経験を経て素早く判断して行動するということが身に付きました。」 続く面接の質問で、短所に対する対応策が聞かれることもありますが、短所を聞かれた際に答えてしまうのも良いでしょう。

短所を聞かれた場合の具体的な回答例

短所を聞かれた場合の具体的な回答例

たくさんの短所がありますが、具体的な回答例をエピソードに交えてご紹介します。

優柔不断

何事にも迷ってしまうということは、変換すると「選択に対して慎重な性格」と言えるでしょう。 「私は選択に時間をかけすぎる慎重な性格が短所です。しかし、チームで分担作業する際にこのままではいけないと思い、自分で考える時間を決めて結論を出すことを意識しています。」 「私は優柔不断な性格が短所です。選択する上でどちらが自分にとってプラスなのかマイナスなのか、それぞれ深く考えすぎてしまいます。そのため学祭で実行委員をする際にチームの進行を遅らせてしまい負担をかけたことがあります。 その経験から、選択する際には紙にプラスとマイナスを一度書きだした上で、選択するようにしました。一度目に見える形にすることでスピーディーに選べるようになりました。」

緊張しやすい

「私は大勢の人の前で話をする際につい先読みをしすぎてしまいます。すると肩に力が入りすぎてしまい、本来の自分の力が発揮できないときがあります。 そのため準備は念入りに行い、多くの友人の前でリハーサルを重ねる練習を繰り返すようにしました。また、世界で活躍している方でも緊張するということを知りました。その時に自分だけではないのだと思えるようになり緊張する自分を受け止めるようになりました。受け止めたことでリラックスできますし、そんな自分がダメと責めなくなりました。」

心配性

「私は心配性な性格で、サークルに部長として属していた際に自分とは違うチームの行動や進み具合も監視していました。学園祭の前に私の度重なる確認がチームの士気を下げてしまい、信用していないと思われているとメンバーから言われました。 心配で確認していたことが結果的にチームに負担をかけていたことを知りました。改善策としてこちらが見に行くのではなく、チームごとに報告するように方針を変えました。」

神経質

「私は几帳面な性格で、行動を起こす前にすべてのスケジュールを立ててから進めるようにしています。行動を起こす前に予想できる問題と改善策も考えるので、問題が起こった時は臨機応変に対応することが出来ます。 準備していることで、あらかじめ予想している問題以外のことが起こった場合も余裕をもって対処することが可能です。」

マイペース

「私はマイペースな性格なので、地道にコツコツと仕事ができます。周りのペースや選択に乱されずに、常に自分のペースを守って仕事するので、焦って間違えることも少ないです。」 「私はマイペースな性格なので、人の顔色を窺うことなく行動できます。そのため、ミーティングや会議でも人の意見に流されず、自分の意見を述べていました。」

せっかち

「私は仕事や決断をできるかぎり早くスピードを優先する性格です。その性格のため以前は納期までに早く終えたいという思いからケアレスミスが多く、周りに迷惑をかけてしまうこともありました。改善策として一度済んだ仕事を一呼吸おいて確認することを心掛けるようにしていました。」 「私はせっかちな性格ゆえにアルバイト中にいつも時間を気にしています。そのせいで一緒に働いてる人たちのペースも焦らせてしまったことがありました。焦るとミスが増えて、お客様が落ち着いた空間で食事ができないと思い反省しました。その経験から相手の状況をよく確認して自分の今の行動が良いのか、周りを見て判断するようになりました。」

短気

「短気」は「強いこだわりがある」「情熱をかけやすい」という表現に言い換えられます。 「私は物事に対して積極的になりやすく、自分が思い入れのあるものに情熱をかけがちです。そのため周囲が見えなくなることも以前は多かったです。改善策として取り組んだことは一呼吸置くことでした。一度客観視することで落ち着き、自分ひとりで仕事をしているのではないのだ、と思えるようになりました。」 「私は物事に対して情熱をかけやすく、同じ熱量を周りに求める性格をしていました。応援団に属していた時も周りのメンバーに長時間練習を一緒にさせてしまい、メンバーの中で体調を崩してしまう人もいました。 その経験からチームの輪を乱さないように、自分ひとりで突っ走って行動しないように心がけました。」

頑固

「私は一度こうだと決めたらそこから動かない性格です。自分が選んだことが正しい良いものだと思い込み、一度サークルのメンバーに負担をかけさせてしまったことがあります。 その経験から、今では一人の意見で進めていくのではなく、周りにいる人の少なくとも10人には意見を聴くように意識しています。そうすることで考えが偏ってしまうこともなくなり、柔軟に対応できるようになりました。」

おせっかい

「私はおせっかいな性格で人から相談されるとつい距離の取り方を間違えてしまいがちです。サークルの先輩として後輩の仕事を見守る立場であっても、自分が手を貸してしまっていました。 しかし、それでは後輩がいつまでもサークル全体を支えていくことを学べないことに気づきました。それから、私は客観視できる距離で見守ることを意識しています。」

準備をしておくことで面接の短所に関する質問も答えられる

準備をしておくことで面接の短所に関する質問も答えられる

たくさんの短所の質問に対する答え方、いかがだったでしょうか。面接ではどうしても時間を空けずに答えなければ不自然です。加えて集団面接の場合、答える時間もそこまで長くありません。 そのため、面接で聞かれるであろう短所の質問には準備を怠らず柔軟に対応したいです。ポジティブな言い回しや改善策と一緒に答えるなど、切り返し方は多数あります。自分に合っていると感じる言い回しを使用して、志望する企業の面接を乗り切ってください。

関連タグ

アクセスランキング