IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

土日祝日休みの求人情報|正社員/パート/派遣・採用されるコツ

転職サービス・サイト

新卒、転職など仕事に就くとき、また新しい仕事を探すとき、何かと心配事や気になることが増えるものです。どんな服装が良いかや、雇用内容の確認のタイミングなど。小さなことだから周りに聞きづらいあれやこれ、ここで確認して、自信をもって挑みましょう。

更新日時:

採用されるコツと土日祝日休みの仕事の求人情報を得るコツ

土日祝日休みの求人情報|正社員/パート/派遣・採用されるコツ

希望の職種に採用されるコツはあります。そして例えば、土日祝日休みなど希望の休日を手に入れるコツもあります。それはすぐに実践できることです。これを会得しておくことで、自分の都合の良い環境で仕事を楽しむこともできます。早速、貴方も実践して、明るい未来を切り開くこともできます。

希望の職種に採用されるにはコツがある

土日祝日休みの求人情報|正社員/パート/派遣・採用されるコツ

希望の職種について、採用の試験や面接を受ける場合、自分のアピールポイントを中心に話してしまいがちです。しかしその職種では雇用するために必要な人材や能力など、求めているポイントがあります。こうしたポイントを押さえておくことで採用されるコツを会得することができます。

求人で採用されるコツとは

新卒の方でも、転職をお考えの方でも、自分の希望に合ったお仕事先を探すのって大変です。例えば、パートやバイトではなくできれば正社員若しくは派遣社員でも構わないと多少自分の希望を下げたとしても、土日祝日休みの希望を下げても、なかなか良い結果をもらえないこともあります。 こうしたとき、落ち込んで自分は魅力のない人間なのだろうかと卑屈になってしまうこともあるでしょう。でも、ここは我慢しましょう。まず、就職にしろ転職にしろ、一番はポジティブシンキングが大切です。 明るい気持ちで挑むことを忘れなければ、その努力はいつか必ず実を結びます。上手く採用に至らないときは、御縁が無かったのだと、執着しないこと。そして、次はきっと上手くいくと信じること。何度、失敗しても諦めない心を持ち続けることが一番です。

正社員やパートなど面接時の服装にも配慮

希望する職種で採用されるコツとして、挙げられることに面接時の服装があります。無難に紺色のスーツで行けばいいかな、なんて思いがちですが、この面接の際の何気ない配慮はその人となりを表す部分ともつながり、総じて、面接官にはその人となりが査定基準として表面化します。ここでいくつかの注意点を挙げてみます。

カフェや販売といった接客業の場合

まず、カフェや飲食といった接客業に関係する場合に配慮するポイントです。接客業で働く人を採用する側としては、人当たりの良さや、店内で何かあった場合に臨機応変に対応できるような対応力を求めます。 こうした業種では、誰でも持っているような紺色スーツを着用していても、顔色が明るく華やかに見えるシャツを選んだり、スカーフを上手に使うなど、自分の良さや明るさをアピールできるよう配慮すると良いです。 顔周りは特に、明るい色合いを入れることで華やかな印象を与えます。シャツ選びは試着してみるなど、自分の肌色に合わせたものを選びましょう。

工場など製造業の場合

工場などでは、製造部門によって異なるものの、清潔感は大切です。何気ない服装の中にもその人の清潔感を感じさせる箇所はたくさんあります。 シャツの襟や袖口が汚れて変色していないか、しわがついていないものかをチェックしましょう。見えないところに安心しないことです。襟口や袖口は、ふとした瞬間に相手に見えてしまう場合があります。キレイに洗っておきましょう。 またアイロンがけされピンと伸びたシャツや、折り目正しいパンツといったところには気を配りましょう。糊のきいたシャツが苦手な方なら、ご自宅でアイロンがけしてみることをオススメします。パンツの折り目は複数の線が出ないよう、またアイロンで生地が焼けて照りがないよう当て布することを忘れずに行いましょう。

看護士や介護関係の場合

看護士や栄養士、介護関係についても清潔感を忘れてはなりません。特に医療に関係する業種は、清潔感がなければいけない場所です。清潔な服装は必須と心得ましょう。 そしてこうした職種は時にハードワークとなり得る環境です。力強い、元気な人柄が好まれます。ハツラツとした印象を与えるためにも、自分の顔色が良く見える色合いを着用するよう心掛けましょう。

具体的にどんな服装がいいのか

土日祝日休みの求人情報|正社員/パート/派遣・採用されるコツ

正社員でも派遣でもパートでも、どんな立場の雇用でも例えば、華美な服装を避けてというキーワードを聞いたことがあるでしょう。でも具体的に華美って何でしょう。例えば土日祝日休みに自分の好みの原色ファッションをしているという人に華美といっても、原色を華美という認識で感じていないとその人が土日祝日休みにしている格好は華美と思われません。 また、モノトーンのファッションが好きな人に、華美と聞けば原色と答えるでしょう。このように近年はファッションの多様化によって、定義は変化しています。 企業人事部経験者にお伺いしたところ、その人に似合っていてTPOに合っていれば華美と言えないとの回答でした。でもこれでは抽象的です。そこで面接時の服装について業種別に具体的なおすすめファッションを提案してみました。

カフェや販売業を希望する場合

カフェや飲食店、また販売業など接客業を希望される場合、素材にこだわってみてはいかがでしょう。現在、お仕事をされている方、学生さんで新卒で就職を希望している方、土日祝日休みの場合には、休みを利用してウィンドショッピングをしてリサーチしましょう。 リサーチ結果、見えてくることもあるでしょう。例えば季節に合った素材があります。その素材を取り入れながら、例えばスーツで面接を受けるなら、中に着用するシャツは流行りの素材を見せ、白色若しくは肌色が良く見えるようピンクや黄色系のパステルカラーのシャツも良いです。 襟や袖口にも注意が必要です。レースいっぱいだったり、リボンが長いものは、華美に当たります。シンプルでありながら、ほんの少しのレースや飾りボタンなどで可愛らしさを演出するというのも良いでしょう。

看護士や栄養士、介護関係の場合

土日祝日休みの求人情報|正社員/パート/派遣・採用されるコツ

医療関係や栄養士、介護関係の職種を希望されているとき、基本的には白衣などのユニフォームがあるから、服装は気にならないという場合が多いです。でも、面接の際にはどうでしょう。意外とその人がチョイスする格好は、面接官がその人を査定するのに基準としています。 そのため、面接の際に気が抜けないのが、面接時の服装です。面接の際スーツが良いです。その色は紺色やダークグレーなど、落ち着いた色合いを心掛けましょう。あまりお洒落なデザインのものは、少し華美な印象を与えてしまうので、デザインも少し気にした方が安心です。 中に着用するシャツはシンプルなものを選びましょう。パリッと糊のかかった方が好印象です。女性の場合、固めのシャツは逆に印象が悪くなることもあります。柔らかい素材のシャツに少しハリを持たせる程度が、一番スッキリと見えます。

事務業や工場などの製造業の場合

土日祝日休みの求人情報|正社員/パート/派遣・採用されるコツ

工場といった製造業では、一番に清潔感が求められます。襟や袖口が汚れていたり、ほつれているようでは見栄えが良くありません。また、ボタンの縫い口のほつれなども目につきます。意外に、目立つのはサイズが合ってないものを着用してくる場合です。 自分のサイズに合ったスーツなどを準備することは必須であることを忘れないでください。ほんの少しだと自分で思う部分も、面接官からみれば、スーツの中で身体が泳いでいるという表現が似合う程、服装と本人が合っていないことが顕著に見えてしまいます。 事務業の場合には、サイズのほか、清潔感も必須になることは言うまでもないことです。目見当という言葉がありますが、事務職は総合的な内容を求められる職種のため、自分のサイズが分からないような人では仕事を任せることに不安を感じてしまいます。

面接時に注意すべき服装以外のポイント

さて、面接時の服装について自分の中で決めごとが一つ定まったところで、服装以外にも注意すべきポイントがあります。 面接時の言葉遣いやどんな姿勢、態度で挑むかです。自分をよく見せたい場合に、人は無理をしてしまいがちです。でも、常に面接を行っている面接官には、そんな無理はお見通しです。心構えとして、自分を品良く見せるということを大切にしましょう。 面接官の質問には、正直に答えましょう。でも、正直に言うということは、明け透けなく言うということではありませんので、そこは配慮することです。そして、長々と話さないことです。端的に分かりやすく伝えることを心掛けましょう。 話すときは、笑顔でハキハキと受け答えすることです。答えに詰まったら、はにかみながら考えるなど、難しい表情を避けて接するように心がけましょう。

なるべく質問してみましょう

面接の際に、ただ質問に答えるだけでなく、面接官に質問するつもりでいることも大切です。本来は、相手の質問に答えて自分をアピールするのが面接です。しかし、貴方自身がその職種にどれだけ興味があって、この仕事をしたいのか表現する方法として、質問するという手段もあります。 しかし、土日祝日休みなどお休みがいただけるのか、残業はあるのかというネガティブな質問は避けましょう。ここで疑問にもつポイントのキーワードは、仕事に対する意欲です。その仕事をする上で配慮している点など、意欲を感じさせる質問は大切です。 問題意識という言葉がありますが、強すぎる問題意識は困りものでも、ある程度の意識がなければ、仕事の意欲にもつながらないし、なにより会社側も頼りがいを感じません。こうした点に配慮して質問項目を考えておくのもポイントの一つです。

福利厚生面の把握をしておく

面接の際に、会社の担当者から、その会社の福利厚生について説明を受ける場合があります。この時に知る場合もあるでしょうが、できれば事前に把握しておきましょう。インターネットや求人情報に福利厚生の記事が掲載されている場合があります。 事前にある程度把握しておくことで、自分の事情に合うか、面接の際に確認するといった行動も可能です。仕事をする上で、その職場で受けられる福利厚生面は大切です。これは、確認できるならすべき事象です。 というのも、土日祝日休みなどの休日や手当などはもちろん、会社によっては利用できる施設があったり、割引特典など、経済的に利点になる福利厚生も存在しています。知らなかったら勿体ない情報ですから、事前把握しておくべきです。

自分の立場を知ること

土日祝日休みの求人情報|正社員/パート/派遣・採用されるコツ

お仕事をする上で、自分の立場を知ることは大切です。例えばどんな環境におかれるのか、土日祝日休みと聞いていたから、などと勝手に土日祝日休みを慣行しつづけていたら、先輩や同僚は土日祝日休みではなかったということにならないよう知っておく必要があります。 これは、土日祝日休みなど休日に関係することだけではありません。働き始める環境に早く順応するためには、自分が置かれる立場に関するリサーチも必要ということです。 どんな環境で働くのか、土日祝日休みなのか、事前に見て確認できない場合でも、質問して把握するなど、自分の働く環境での立場を知っておくことで、働き始めてから失敗を感じることなく、楽しんで仕事できる状況を切り開くこともできます。

土日祝日休みの希望をどのタイミングで確認するべきか

土日祝日休みの求人情報|正社員/パート/派遣・採用されるコツ

では、どのタイミングで休日などを確認すればいいのか。最初から土日祝日休みですかなどと休日の話をするような態度だと、印象悪くならないか心配になります。でも確認しておかないで、休日が希望と違うことになっても後味が悪い。 採用が決まった後は、雇用契約の取り交わしの際に、福利厚生に関しての説明があります。これは正社員でもパートでも、変わりません。本来、会社で働く人にはその人の人権や処遇を保護するようにと決められた法律があります。その法律で、こうした説明をするよう決められているからです。 この福利厚生の説明の際に、他の質問と併せて例えば土日祝日休みなど休日に関しての確認を行うのが良いです。休日だけでなく、気になることはなんでも聞いておいて、疑問なく働けるようにしておくことをおすすめします。

土日祝日休みの職種を探すコツ

土日祝日休みの求人情報|正社員/パート/派遣・採用されるコツ

自分のスケジュールに合わせるため、土日祝日休みの職種を選びたいという場合、選び方にもいくつかのコツがあります。参考までに紹介しましょう。

自分に合った職場環境を探すには

さて、面接の際に注意するべきポイントを抑えたところで、次に自分の希望に合った職場環境を選ぶポイントをご紹介しましょう。例えば、土日祝日休みのお仕事に就きたいと考えている方なら、求人情報などで土日祝日休みを選ぶなど実践しているでしょう。 でも求人情報だけでなく、実際に土日祝日休みか自分の目で見て把握してみましょう。会社によっては表向き土日祝日休みを謳っても、実際そうできない事情がある場合もあります。事情によるため、求人情報に偽りがあるという場合だけではありません。 しかし、求人情報の説明だけを鵜呑みにせず、自分の目で確認することでの選択方法も大切なポイントであり、後から失敗したと思わないためにも、ひと手間を惜しまないことです。

求人情報だけでは分からないことも多い

土日祝日休みの求人情報|正社員/パート/派遣・採用されるコツ

土日祝日休みといっても会社の閉庁時間を指す場合には、土日祝日でも従業員が多く出入りしており、駐車場から車両がひっきりなしに出入りしていることもあります。この場合、本当に土日祝日休みでしょうか。 でも毎週末、土日祝日休みかを、探偵のように調査する必要はありません。時々見かける程度で結構です。会社の状態を自分の目で見ることが大切です。ただし、ここで一つ忘れてはならないことがあります。 どんな企業でも業績は大切です。それが自分たちの会社の今後を左右します。その中で、どうしても避けられない事象は起き得ます。完全に土日祝日休みにしたくても、そうならない事情がおきることだってあります。 常時、土日祝日休みに見えないのか、どんな状況であるのか把握し、そのうえで、例えばその会社が基本的には土日祝日休みなのかなど、その会社の状況を知ることも大切です。

土日祝日休みというキーワードだけに執着しない

家族と時間を共有したい場合や、自分の趣味の時間がある場合、また長年、土日祝日休みの環境で生活してきた場合など、新しい仕事を探すときに、土日祝日休みの職種を選びたいと考える場合があります。 こうした方は、できれば土日祝日休みの方が生活スタイルも大きく変わらないから、雇用条件に土日祝日休みとあれば、それを目指して雇用を受けたいと希望することでしょう。でも、雇用条件の土日祝日休みだけに絞って選んでいると、上手くいかないこともあります。 求人情報に土日祝日休みとの記載がなく、休日はどう決めているのか、気になる方は事前にハローワークなどを通じたり、該当する会社のホームページを見て、土日祝日休みなどを確認するのも一つの手です。

雇用内容に掲載されていなくても土日祝日休みの場合がある

新卒の場合には、初めてのことも多いでしょう。でも転職された方や、以前は正社員として働いていたが、子供ができて派遣社員として働いているという場合、またパートやバイトでも、その職場で働いてみると、それまで見えなかったことが理解できるということが多いでしょう。 職場の環境によって、休日の変動をせざるを得ない職場もあります。カフェや販売業などは土日祝日休みが少ないように見えますが、意外にも土日祝日休みという環境で働くことができる場合があります。 シフト制での勤務の場合、それぞれの環境に合わせた曜日勤務としている場合があります。こうしたとき、土日祝日休みで勤務することも可能です。もちろん、土日祝日に勤務を望む同僚がいることを前提としています。

同僚との関係性確保で土日祝日休みを得ることも

土日祝日休みの求人情報|正社員/パート/派遣・採用されるコツ

雇用条件の中に、土日祝日休みという記載がなかった場合でも、販売業やカフェ、また工場などシフト制によって勤務時間が決められている環境の場合には、土日祝日休みという環境を得ることもできます。 その環境には、土日祝日に勤務を望む同僚がいるということが重要です。中には休日に勤務して他の人が働いている時間帯にのんびりしたいという方も存在しているからです。実際、看護士や介護関係、また消防士や警察官といったシフト勤務の方にはこうした方が多いです。 給料面で休日手当てが加算されるという企業もあります。こうしたところを好む同僚がいる場合には、図らずも土日祝日休みという環境を得ることができます。しかしこうした環境は始めから手に入るものではありません。

感謝の気持ちを忘れずに

同僚との関係性が構築される距離を得ることができれば、土日祝日休みという環境を得ることができます。こうした機会を待つか、それともあえてこうした環境を生むか、それはそれぞれの考え方によります。 でも、忘れないでください。仕事は一人でできるものではありません。どのような仕事でも他人との関わりによって生まれることがきっかけになっています。同僚の存在がなければ、土日祝日休みという環境以前に、仕事自体、達成できなこともあったはずです。 そして、こうした感謝の気持ちを忘れずに仕事を続けていれば、例えば土日祝日休みという環境も意外と簡単に手に入ることもある、といえます。

地域ごとの土日祝日休みの求人情報と採用のコツ

土日祝日休みの求人情報|正社員/パート/派遣・採用されるコツ

地域性という言葉があるように、雇用にも地域ごとの特性があります。その特性を把握することでスムーズに採用を受けられる場合もあります。地域ごとの特性を紹介します。

札幌や盛岡や仙台などの関東以北で探すコツ

関東以北の地域は、とくに北に向かう程、冬期間には雪が降り積もります。比較的雪の多い時期は雇用の動きが少ないのが特徴です。そのため、雇用情報を把握するには、雪解けの春先がオススメです。 また4月になってから動き出すよりも、予定を見越して2月や3月、もしくは急な動きがあったあとの5月頃というのが、雇用条件を選ぶ時期のポイントです。逆に11月を過ぎる、寒冷地であれば降雪がはじまりますので、10月頃を選ぶと良いです。

埼玉や東京や横浜や千葉で探すコツ

東京都心に近い、埼玉や横浜、千葉など関東エリアで土日祝日休みの求人を探す場合、まず地域柄を把握しましょう。例えば学生の多いエリアであれば、平日学生が利用するような時間帯の求人が多い一方、家族客が利用する機会が多いエリアは土日祝日の雇用が多くなります。 地域の特性は、初めて訪れた地域となるとわかりづらい場合もあります。商店の様子を見たり、日中の利用者を確認したり、最寄りの公共施設や美容院などを利用して情報収集するという手もあります。 首都圏は求人数は多いものの、比較的自分の希望に合った雇用に巡り合える機会を得るのが難しいところでもありますので、事前リサーチをして、自分の希望する環境を見つけることをオススメします。

名古屋や大阪で探すコツ

名古屋など中京地域で探す場合、また大阪や京都で探す場合には土地の特性を把握しましょう。名古屋など中京地域には、工業団地が多いエリアが広がっていたり、大阪に至っては観光客向けの広々とした商店街エリアがあったり、エリアによっての特性が異なります。 働きたい場所があるということでなければ、まず自分が希望する雇用条件、例えば土日祝日休みといった環境のエリアを探すことが一番です。官公庁エリアなどでは土日祝日休みなどの企業に向けた食堂など、周辺の状況に併せた環境を見つけましょう。 中京地域や関西地域は、多くの人が行き交う繁華街の多いエリアですから、自分の希望を見失わないよう、好みに合ったエリアをリサーチしておくことをオススメします。

福岡や宮崎で探すコツ

福岡や宮崎といった九州地域で自分の希望に合った雇用を探すコツとして、まず、九州地区は職人の多いエリアであることを把握しましょう。古来より様々な職人が腕を磨く地域が広がっています。そのため、やみくもに探しても上手に自分の希望に合った雇用を見つけるのは難しいことです。 繁華街となると、家族連れに向けたところが多くなり、土日祝日休みといった希望が叶う可能性は低くなります。またシフト制などの環境でも、人員配置の関係から土日祝日休みでも勤務可能なところもあります。 地域の特性を把握することで自分の希望に合った雇用を探すことは可能です。

沖縄で希望の職場を探すコツ

沖縄では比較的、年間を通して雇用があります。また、短期的な雇用を求める業種も多くあります。長期的な就業を望まないのであれば、土日祝日休みなど希望について事前に調整することで、自分の希望する環境で働くことも可能です。 また沖縄には多くの島々があります。比較的、閑散とした地域でも問題ないのであればこうした地域で自分の希望する職場を探すということもできます。

貴方自身が働きたいと思える環境が大切です

土日祝日休みの求人情報|正社員/パート/派遣・採用されるコツ

一番、忘れてはならないことは、貴方自身がその職場を愛せるかです。休日が土日祝日休みであれば良いなど、希望はたくさんあるでしょう。希望がすべて叶えば、働き甲斐があるでしょうか。転職を繰り返すことは悪いことではありません。しかし、自分が愛せる職場で長く働ける方が誰でも働き甲斐を感じます。 貴方に合う職場は、必ずあります。そのために少しだけ、頑張る必要があるというだけです。でも、頑張って希望の職場に就けたとき、やりがいは、今あなたが考えている以上のものがあります。希望を持ち続け、前向きな姿勢を貫くこと。 その先には、貴方が今まで見たこともなかった、新しい扉が開かれる瞬間が待っていることでしょう。

アクセスランキング