IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スピーカーのノイズの原因と対処法・音割れ対策/ジー音対策

初回公開日:2018年05月01日

更新日:2020年05月13日

記載されている内容は2018年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ガジェット

今回は「スピーカーのノイズの原因と対処法・音割れ対策/ジー音対策」と題し、「スピーカーのノイズの原因と対処法・音割れ対策」についての詳細情報と、さまざまな場面での「スピーカーのノイズ」の用例についてご紹介します。ぜひご参考にしてみてください。

スピーカーのノイズの種類別の原因と対処法

どんなスピーカーからでもノイズというのは発生することがあります。このノイズの原因にはスピーカーにノイズの原因がある場合と、またインターネットなどのメディアを使用した場合では「電波の衝突・混線」などが原因になっている場合とがあります。 まずスピーカーから出るノイズを直す場合には、このノイズがどうして出ているのかを突き止める必要があり、その原因の究明によって対処法が違ってきます。スピーカー自体からノイズが出ている場合であればスピーカーそのものの修理を行うか買い替えるかし、また電波の受信によってノイズが発生している場合であれば受信設定を変更することが対処法になります。

スピーカーノイズが音割れする場合

スピーカーから出るノイズで音割れする場合のたいていの原因は、「ボリュームが大き過ぎる場合」をはじめ、電波の混線やスピーカーと配線プラグなどの接続不良などが原因となります。また受信する際のアンテナの不具合などもあり、音割れの原因を突き止めることが第一の作業となります。 しかし「音割れ」のノイズの一般的な原因は「ボリュームの設定が不適切な場合」が非常に多く、使用しているマイクロフォンやトランジスタのキャパシティを超えたボリューム設定をしている場合が多いため、使用している機器類に合わせたボリューム設定をしておく必要があります。

モバイルデバイスなどの音割れの場合

特にパソコンやスマートフォンなどで使われているスカイプやLine電話などでもこの「音割れ」のノイズが聞かれる場合が多く、この場合もそれぞれの機器類に合わせたボリューム設定をすることが大切です。スマートフォンなどではイコライザ機能という「高音と低音を調節する機能」がついているため、「設定機能」からこのイコライザをオフにしてみるのも方法の1つです。

スピーカーから「ジー」というノイズ

スピーカーからときどき「ジー」というノイズが聞こえることがあります。この「ジー」というノイズの原因には2種類あり、1つ目はスピーカーそのものの故障の原因と、2つ目はコンセントなどの配線に原因がある場合です。 特に「ジー」というノイズの原因は「電流が多量に入力されている場合」などに起こることが多く、この場合も使用している機器類の「電流を受信するキャパシティ」を超えている場合などが認められます。オーディオ設定を適切に調節することによってスピーカーのノイズを消せる場合もあるため、まずはスピーカーの配線の状態を確認することが必要です。 他にも「電波受信を行なう際の混線の場合」も含まれるため、その場合はまず機器類の電源をオフ設定し、電気信号の調整を行なうことも大切です。つまり電気信号には「チャンネル」という電信設定があらかじめあり、このチャンネルを適切に合わせる必要があります。

スピーカーから「サー」というノイズ

スピーカーから「サー」というノイズが聞こえる場合は、たいていそのスピーカーに原因があることが多いです。一般的に「サー」という音はマイクロフォンをはじめ、音を出すためのトランジスタそのものの具合の不良が認められ、スピーカーの機能設定を調節することによって直る場合がほとんどです。 それでも直らない場合は配線に問題があることが多く、この場合もスピーカーの原因となりますが、配線コードとその使用しているスピーカーとの接続不良を疑うことも必要になります。

スピーカーの種類別ノイズの原因と対処法

先述でもご紹介しましたように、スピーカーから発生するノイズの原因には実にさまざまな場合があるため、ノイズが発生した場合にはまず「そのノイズの根源的な理由」を突き止めることが先決になります。 そして、使用している機器類の種別によってもこのノイズの発生原因は変わることもあるため、自分が今使用しているデバイスの設定や機能を把握した上で、スピーカー設定やノイズの原因を確認する作業が大切となります。

PC内蔵スピーカーのノイズ

PC内蔵スピーカーのノイズの原因は、まず「電波や受信の際の混線」が非常に多いです。たとえばインターネット情報を受信する場合には、通常からさまざまなサイトからの電波を受信することとなり、この「さまざまな情報を受信する」という時点でパソコン内のスピーカー機能(設定)にそれなりの影響が及ぼされることになります。 そしてパソコン本体に影響がある場合もあり、この場合はホコリが付着していたり、また長い期間において使用していたことにより、パソコン機能そのものが寿命を迎えている場合もあります。 さらにスピーカーのノイズの原因としては、パソコンの設置場所の問題があり、電波を受信しにくい場所に設定することによってスピーカーからノイズが発生したり、無理に受信を行おうとした場合にはそのオーバーワークが祟ってヒートノイズに変わったりすることがあります。

windows10のスピーカーのノイズ

ウィンドウズ10では従来のパソコンと比べて、かなりデバイス機能の向上が見られているため、データ処理が破格に早いという特典が初めから付いています。この場合に、先でご紹介しましたヒートノイズ(オーバーワークが祟って機器類が加熱することで、本来の電流による働きがノイズに置き換えられて発生するノイズ)が起こることがよくあります。 これは、ウィンドウズ10ならではのノイズ原因となり、受信した情報をすべてパソコン内で「一気に、早く、処理しようとしてしまうこと」が原因となって起こるヒートノイズの影響がよく認められます。この場合はまず、パソコンのオーディオ設定を調整するか初期化するかして、「必要な情報だけを受信する」というように設定変更することが大切です。

USB接続のスピーカーのノイズ

これはUSB接続用のスピーカーの場合となりますが、この場合は主に「パソコン内の電流の混線」が原因でノイズを拾ってしまうことが多く、特に同じくパソコンに接続しているマウスやUSBメモリーカード、またヘッドフォンやアクセサリー(パソコン周辺機器)などを接続した場合の電力調整の不良が原因としてあげられます。 この場合の対処法としては、スピーカーをパソコン本体から引き離す/USBポートの差込口を変えてみるかクリンネスしてみる/スピーカーを接続している配線を交換してみる/他のパソコンでその配線とスピーカー機能を確認してみるなどの方法があり、それでもノイズが発生する場合はスピーカー本体に原因があることがほとんどです。

外付けスピーカーのノイズ

先述でもご紹介しましたが、もともとパソコンにはスカイプやチャットワーク用に使うオーディオが搭載されており、そのオーディオスピーカーを使って普通の電話やビデオ電話を利用できますが、このオーディオの代わりに外部接続用のスピーカーも市販されています。 この外部接続用のスピーカーというのは主に、ステレオデッキやカーステレオなどに使用されている外部スピーカーと同じ機能を持ち合わせているため、もしそのスピーカーからノイズが発生するとしたら「配線」か「スピーカー機能そのもの」に原因がある場合がほとんどです。 具体的なノイズ対応としては、まず「配線コードを変えてみる」、「接続ポートを変更してみる」、「他のパソコンでも同じかどうか確認する」、「パソコンのオーディオ設定でオーディオ機能をオフにしておく」などの4パターンの対処法があります。

CX5のスピーカーのノイズ

マツダ車のCX5のステレオをはじめ、フロントスピーカーから発生するノイズ対策となりますが、この場合は車の内装備品の適切な設定や、配線の調整を行なうことが必要となるでしょう。 車の中にはエアコンやカーテレビをはじめ、GPS機能が搭載されたカーナビゲーションなどのさまざまな機器類があるため、それらの内装備品の設定状態との不具合などもノイズ対策の配慮に含まれます。 特にCX5の場合のノイズ対策では、Boseコネクタの配線調整がよく必要とされ、このBoseコネクタを適切な位置に配置することによってノイズが収まる場合もよくあります。それでもノイズが発生する場合は「ノイズシールド用アルミテープ」を使用する方法もあります。

Nexus7のスピーカーのノイズ

Nexus7タブレットのスピーカーのノイズでよく聞かれるのは「音割れノイズ」でしょうか。この場合も先述しました「パソコンのオーディオ設定によるノイズ発生」や「外部からの電波受信の混線によってノイズが発生する場合」が非常に多く、まずはタブレット内の「設定機能」からセーフモードへの設定変更や、デバイスのアップデートなどの処理が必要になります。 「設定機能」から「端末情報」の状態確認をしておき、さらに「システム更新」をクリックしてファームウェアのアップデートを行なうなどの対処法も効果的です。 特にAndroidによるデバイスの場合はこの「アップデート更新」が頻繁に情報として通知されるため、ノイズ発生の多くの理由は「アップデート更新を行わないままの状態で、端末と電波受信の混線からノイズが発生する場合」がかなり多く見られます。

ツイーターからのノイズ

ツイーターというのは一般的に「カーオーディオの接続備品」として使われていますが、このツイーターからも「サー」や「ジー」などというノイズが発生することが多くあります。この場合のノイズの原因も、内装備品との調整不備やコネクタ配置によるノイズ発生が多く、ケーブル切り替えなどを行なってノイズ処理をすることが多いです。 各種内装備品のケーブル配線の位置取りや、他の機器類との電流配給の調節などを行ない、まず「何が原因でノイズが発生しているのか」について特定することが大切になります。内装備品との接触関係を調べていく過程において、1つずつの備品関係を探っていき、この作業をノイズが消えるまで続ける方法が主に取られる対処法となります。

スピーカーのおすすめノイズ対策

先述しましたようなさまざまな種類のノイズがあるため、現代ではこの「ノイズ処理に役立ついろいろな備品」が用意されています。中でも「ノイズキャンセル」や「ノイズフィルター」、また「あらゆるノイズを消すためのノイズシールド」などを利用して、少しでもノイズがなくなる方法を模索することも大切です。

ノイズキャンセル

ノイズキャンセル(ノイズキャンセリング)というのは、「マイクやスピーカーから発生するノイズ音を、同じく無音に近いノイズを発生させることによってノイズそのものを相殺させる機能や方法」を言い、つまり「水面の波紋を同じ波紋で打ち消す」といった音の同調によるノイズ払拭のことを意味します。 一般的にイヤーピースを使って耳に当てはめ、外部から聞こえてくるノイズ(騒音)を緩和させる・聞こえなくさせる効果を持つ日常備品が有名で、これによってあらゆるノイズがキャンセルされる(打ち消される)という効果があります。

ノイズフィルター

ノイズフィルターというのは一般的に「電気を使用したデバイスに取り付ける備品」のことを指し、このノイズフィルターの効果によって電源周波数の調整を計算し、電子回路の途上で発生するさまざまなノイズを払拭する働きが得られます。 このノイズフィルターは主に工場や特定の研究施設などで使用されており、自動制御装置の役割を持たされる形で「外部から入ってくるノイズ」を自動的に消していく効果を持ちます。 そのため、デジタル装置によって動くあらゆる機器類に取り付けられていることが多く、たいていノイズフィルターの効果によって電動時に発生するノイズや外部から受信する際に発生するノイズを払拭できます。

スピーカーの電源ノイズの除去方法

スピーカーの電源ノイズというのは文字どおりに「スピーカーを付けている際の電源から発生するノイズ」のことで、このスピーカー電源ノイズの除去に際して最適な方法は実にいろいろと考えられます。 家庭内で使用しているあらゆる電子機器類との回路配線の調整/エアコンや暖房器具などの同時点灯を避ける/充電器の使用の工夫/(パソコンの場合は)パソコンのオーディオ設定を調節する/(マイクやステレオデッキの場合は)配線コードの切り替え調整を行なってみる 他にもいろいろなスピーカー電源ノイズの除去方法がありますが、多く活用される方法では「配線コードの変更」や「他の機器類との同時使用を回避する」という方法です。スピーカーの設定によっては「電源を入れている」というだけでノイズが発生することもあるため、その場合はオーディオ設定のボリューム調節なども必要になります。

スピーカーのメーカー別ノイズ対策

ご紹介してきましたスピーカーにも実に多くのメーカーがあり、そのスピーカーのメーカー(機種)によっては「ノイズ発生の原因」もさまざまに変わってくる場合があります。自分がいつも使用しているスピーカーがまずどこのメーカーかを調べておき、そしてノイズの種類(ノイズ音の種別)によってノイズ対処法を工夫することが必要です。

サンワサプライ

サンワサプライでは主に、パソコンやタブレットをはじめ、それらの電子機器類・モバイルデバイスの周辺機器類まで製造しており、ノイズ対策機器なども多く販売しています。サンワサプライ製のノイズ対策機器には、ノイズフィルター、雷ガード付ノイズフィルター、RJ45用ノイズフィルターなどがあり、特にオフィス用のノイズ対策において活用されています。 さらにノイズフィルタタップなども人気があり、このノイズフィルタタップを使用することによって電源ノイズがまず発生しにくくなり、他の電子機器類と同時にスピーカーを使用する際でもほとんどノイズが発生することがなくなります。

elecom

Elecom(エレコム株式会社)では多くの電子機器類が製造されており、特にパソコンやスマートフォンなどのデバイス類は非常に人気が高い機器類として有名です。このエレコムでも先述のサンワサプライと同じく、ノイズフィルターやノイズキャンセリングなどをはじめ、ノイズ対策用のさまざまな機器類が製造されています。 中でもエレコム製品の場合では、LANケーブル用のデバイスを使用した際のノイズチューブが目玉商品となることが多く、このノイズチューブ(シールドチューブ)を使用することによってあらゆるノイズをシャットアウトすることが可能となります。通常価格も3,000円から5,000円以内で購入できるため、今日明日からでもすぐにノイズ対策が可能です。

正しい方法でスピーカーのノイズを回避しましょう

今回は「スピーカーのノイズの原因と対処法・音割れ対策/ジー音対策」と題し、「スピーカーのノイズの原因と対処法・音割れ対策」についての詳細情報と、さまざまな場面での「スピーカーのノイズ」の用例についてご紹介しました。 スピーカーのノイズの原因は、そのスピーカーを使用している時点の環境や設定状態などを含め、「これ」と特定することが非常に困難な場合が多いです。そのためノイズ対策をする際は、「そのノイズがどういう理由で発生しているか」ということを突き止め、正しくノイズ対策を工夫することが大切です。 そのノイズを回避するための正しい対策を考慮するためにも、現代で市販されているノイズ対策オプション機器や「ノイズ発生原因」を前もって調べておき、どんな場合にノイズが起こるのか、またどのようにすればノイズを消せるか、ということを状況別で判断できるようにしておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング