IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バイト応募の電話のポイント・好感度を上げる方法・トーク例

アルバイト

バイト面接の電話をかける時、どのようなことに注意すればよいでしょうか。自分の希望する職種によっても違ってきますが、バイトに応募する時に最低限必要な電話マナーをまとめました。電話をかける前によく準備して、相手によい印象を与えられるようなトークをしてみませんか。

更新日時:

バイト応募の電話のポイント

バイト応募の電話のポイント

バイト募集に応募するときというのは、何度経験していても緊張します。電話の相手がどのような人か、相手が電話を取ってくれるまでわからないからです。コール音が鳴っている間、相手が電話を取ってくれるのを待っているのに、緊張のあまりなんとなく取ってくれないことを願っていたりすることもあるでしょう。 また、面接につなげるために自分を電話口でどのようにアピールすることができるのか、顔を見れない相手によい印象を与えるために、一生懸命練習して本番に臨むことでしょう。相手にあまりよくない印象を与えてしまうと、その後の面接に悪影響を与えることもあります。 どのように自己アピールをすることができるか、色々なシチュエーションを考えて自分の中で練習してみましょう。

話す内容を事前に書いておく

話す内容を事前に書いておく

電話をかける前に事前によく準備をしておくことは、電話でバイトに応募するときにかかせないといえます。なぜなら、見切り発車で電話をしてしまっては、相手によい印象を与えることができないからです。 自分がこれからかける電話の相手は、バイト先の上司になる人である可能性があります。その人に良い印象を与えるためには、事前に何を話すか前もって準備しておくことが肝心です。 最も重要なこととして、自分がいつバイトの面接を希望しているか考えましょう。自分の希望している日時をはっきりさせておけば、バイト先の面接希望日が自分の都合の悪い日だった場合に、調整をお願いしなければならないとしても、自分のやる気を見せることができます。 電話口でモゴモゴとまどってしまうと、相手にも優柔不断な人物だと印象付けてしまいますので、気を付けましょう。

筆記用具とスケジュール帳を用意

筆記用具とスケジュール帳を用意

普段、スマホでスケジューリングをしている人も、バイトの応募の電話をかける際には、筆記用具を身近なところに準備してから電話をかけるようにしましょう。なぜこれが大事なのでしょうか。 まず、基本的なこととして、電話をしている相手に言われたことを速記する必要が出てきます。バイト希望先の面接可能日はいつなのか、面接に際して必要な持ち物は何か、電話をしている相手の名前など、聞いたことをその場で書いていくのは、携帯やスマホでは間に合いません。 また、多くの場合自分の携帯から電話をかけているため、電話を掛けながらスマホに入力することは不可能でしょう。ミスタイピングを起こさないためにも、筆記用具を手元に置いて電話をするようにしましょう。 もちろん、スケジュール帳に自分の予定を書いている人なら、自分の面接希望日時と相手の希望日時を見比べながら、電話にスムーズに対応することができるのでお勧めです。

大事なことは複唱する

電話口で約束をする場合、言った言わないのごたごたを避けるためにも、大事なことを復唱することは肝心です。バイトの面接の場合、相手の方が立場的に上ですから、こちらが大事なことを聞き漏らしてしまった場合、そこでのバイト自体をあきらめなければいけなくなる場合があります。 バイト先の職種やオフィスの状況によって大事なことはさまざまです。しかし、相手に言われたバイト面接日時の確認、相手の名前、面接に行った時にどのように指定された部屋まで行けばよいか、面接時に必要な持ち物は何か、不測の事態が起こってバイト面接に行けない場合にどこに連絡すればよいかなど、一般的な必要事項はどのバイトも共通していることでしょう。 大事なことをあいまいにせずしっかり復唱すれば、相手もこちらの誠意を理解し、面接までスムーズに進むことができるでしょう。

かける時間帯や場所に注意

バイト先の職種によって、忙しい時間帯は違ってきます。相手がバイト面接専用の電話回線を持っていてくれれば良いのですが、基本的にはお店の共通の電話にバイト応募の電話をすることになるでしょう。 飲食店などは、お昼や夕方以降が稼ぎ時で忙しさもピークの時間帯です。その時間帯を避けて、午後の少し余裕ができる時間帯か、朝の始業直後のお客さんの数が少ない時間帯を狙って電話をかけるようにしましょう。 アパレル関係であれば、始業時間直後はお店の整理整頓や朝一で来るお客さんの対応で忙しい場合や、夕方の接客ピーク時にスタッフを多く入れるための人員不足も考えられます。午後の少し遅い時間、スタッフの数も増えて忙しさにひと段落ついた当たりの時間を狙って電話をかけるようにしましょう。 電話をするシチュエーションにも気を付けましょう。屋外や人混みなど、相手の言葉を聞き取れないような雑踏の中ではなく、家の中や静かなところで落ち着いて電話をかけることは大切です。案外、電話の相手には自分の声だけでなく、後ろの音もよく聞こえます。相手に失礼にならない場所を選んで電話をかけるようにしましょう。

変更をお願いする場合

バイト面接の日時が決まったあと、何らかの理由でその予定を変更しなければならなくなる場合があります。もちろん、バイトの面接もどうしても外せない予定のひとつですが、生活している中でそれよりも優先させないといけない予定もでてくるでしょう。 そのような場合は、面接に行けないと分かった段階で、すぐにバイトの面接相手に直接電話をかけましょう。もし、面接に行けない理由を述べることができるなら、こちらの誠意を伝えるためにも、相手に理由を説明して謝罪する方が良いでしょう。 その際、他の日時で自分が確実に面接に行ける日時を2~3日分あらかじめ書き出しておいて、別の日に改めてお約束させていただけるか、丁寧に聞くのを忘れないようにしましょう。相手から言ってもらうまで待つのではなく、自分から積極的に話を進めれば、相手も快く応対してくれるでしょう。

バイト先に合わせた挨拶

バイト先に合わせた挨拶

ここまで、バイトの面接の電話をする前にどのように準備をできるかを考えてきました。さて、いよいよ準備も整い、自分の希望するバイト先に電話をするときです。 肝心なのは、最初によい印象を相手に与えることです。電話で自分を上手にアピールするために、元気よく会話することは大前提ですが、挨拶をバイト先の職種に合わせたものにすれば、さらにイメージアップにつながります。さまざまな職種に合わせて、どのように挨拶を変えることができるか見てみましょう。

飲食関係

バイトと聞いてまずパッと思い浮かぶのが、ファストフードやファミリーレストランなどの飲食関係でしょう。そのようなところで働いている人のイメージはどのようなものでしょうか。きっと、溌剌としていて元気の良い印象を持っていることでしょう。 ということは、バイト先もそのような元気で明るい人材を募集しているということです。そこを理解した上で、電話でははっきりとした声のトーンで歯切れ良く受け答えをするようにしましょう。相手に何かを言われたら「はい」と爽やかに返事をして、相手にこちらの顔が見えないとしても笑顔で話すようにしましょう。 自分の表情は、自分では気づかないですが、相手には声のトーンとして伝わります。明るく元気にバイトをしたいことをアピールしましょう。

アパレル

アパレル関係でバイトをしたいと思う場合、どのように挨拶すればよいでしょう。アパレルショップで働いている人を観察していると、さり気ない気づかいや柔らかい物腰で近づいてくるスタッフが多いことに気づきます。飲食と違って、明るくはきはきしたイメージよりは、ふわっとした柔らかさが特徴でしょう。 アパレル関係のバイトに応募の電話をする場合、特に気を付けたいのは丁寧な挨拶をすることです。おどおどしたり、相手の言葉を詰まりながら復唱しては、アパレルショップのスタッフとしての力量を最初から疑われることになります。 「恐れ入ります」や「お手数おかけいたします」など、いつもよりワンランク上の挨拶をすれば、こちらの気持ちの余裕も電話先の相手につながります。

介護関係

最近は、介護職のバイト募集も目立ってきています。高齢化社会といわれている日本ですから、介護問題は常にあり、人材も常に必要とされています。 介護関係のバイト募集に電話をする場合、こちらももちろんのことですが、電話口でゆっくり、はっきり挨拶するようにしましょう。バイトを始めるようになれば、相手は主に高齢者や障害者の方です。こちらがモゴモゴ話していては、相手に何も伝わりません。 介護職は、非常にデリケートな問題を扱う職種でもあるので、元気なだけでなく電話口でも相手に対して良い印象を与えるためにも、はっきり元気に挨拶をするように心がけましょう。内気な人も普段からおしとやかな話し方の人も、電話と面接時はちょっといつもより声のトーンを高くして頑張ってみましょう。

バイトの電話で好感度を上げる方法

バイトの電話で好感度を上げる方法

電話でバイトに応募してから面接に至るまで、相手があなたを判断する要素はただ一つ、電話での対応です。ですから、電話で好感度を良くしておくことは、とても重要な要素だといえます。 電話は苦手だという人は良くいますが、苦手でもこの関門はとおり抜けなければ、次の面接というステップには進めません。どのように好感度を上げることができるでしょうか。いくつかの要素を見てみましょう。

しっかり挨拶

しっかり挨拶をすること、これはどういった状況であっても大事なことです。これがバイトの面接希望の電話であればなおさらです。はっきり挨拶をすることによって、相手にどんな印象を与えることができるでしょうか。 まず、こちらの誠実さを伝えられます。きちんと自分が意思を持って電話をしていること、そのバイト先で働きたいと真摯におもっていること、バイトを始めてからも挨拶や礼儀作法ががきちんとできる人であることをアピールすることができるでしょう。社会人としての一歩を踏み出すのですから、しっかり挨拶して相手に良い印象を与えましょう。

要件が的確

要件が的確であることも大事です。なぜでしょうか。個人の電話と違い、バイト先にはバイト応募の電話以外にもセールスやお客様からの電話、さらには取引先などからも頻繁に電話がかかってきます。そういった中で、こちらがバイト応募のために電話したことを相手に瞬時に判断してもらうことは、とても大事なことといえます。 こちらがグダグダと要件を言わないと、相手の仕事時間を奪うことにもなりますし、相手に対するこちらの印象が良くありません。電話を取った相手が面接のアポイントメントをる立場の人ではなかった場合、なおさらです。 先ほども述べたように、要件をメモにしておき、スムーズに電話で必要なことを伝えられるように事前に準備しておきましょう。

はっきり丁寧に話す

電話は、相手の顔や表情が見えません。電話で相手に良い印象を与える点で大切なことは、はっきり丁寧に自分の言いたいことを話すことです。 はっきり話さない人とは、面と向かって話すときも何度か聞きなおしてしまうことがあります。モゴモゴ下を向いて話す相手と、はっきりとこちらの顔を見て話す相手、どちらが印象が良いでしょう。もちろん後者です。電話でもその表情が声に表れて伝わります。 電話は、普段の生活よりも相手の声が聞き取りにくい事が多々あります。語尾までしっかり丁寧に発音するように心がけましょう。

声のトーン

声のトーン

電話でバイト応募の電話をする場合、声のトーンにも気を付けましょう。はっきり丁寧に話すこととも関連がありますが、電話は相手の声が通常よりも聞きにくいです。声のトーンが低いと、相手にこちらが不機嫌なような印象を与えかねません。 しかし、不自然に声のトーンを上げるのもよくありません。自然に声のトーンを上げるためには、電話ではありますが、笑顔で話すようにしましょう。口角を上げて話すと、自然とはっきり話せるようになり、声のトーンにも張りが出てきます。その雰囲気が電話を通して相手に伝わり、相手に好印象を与えることができます。

電話を切るのは相手から

バイト希望先の人との電話の最後、電話を切るのはどちらが先にするべきでしょう。それは、電話を受けた側です。つまり、バイト応募先の人です。 基本的に電話は、目上の人が先に切ることが正しい礼儀作法です。こちらから面接をしてほしいとお願いをしているのですから、相手がこちらの要件をしっかり受け取って了承してもらった後、相手に電話を切ってもらうのが正しいルールとなるでしょう。 時々、相手に電話を切ってほしいのに、その相手もこちらが電話を切るのを待っているような状況があります。そのような時は「では、失礼いたします」といって、少し待ってからこちらが電話を切っても構わないでしょう。状況判断を上手にして、悪い印象を残さないように気を付けましょう。

電話をかけなおす場合

何か事情ができて面接日時を変更したり、もう一度確認をしたい場合に、再度バイト希望先に電話をする場合があるでしょう。そのような時に気を付けたい点があります。 大切なことは、最初の電話の際に話した相手の名前を控えておくことです。これは、社会人としての一般常識です。相手が初めに自分の名前を名乗らない場合、要件をすべて話し終えた時に「こちらからもう一度お電話する場合、どなた宛てにかければよろしいでしょうか」と聞けば、相手は自分の名前を教えてくれるでしょう。 それでももし相手が名乗らない場合は、面接と同じ番号にかけなおし「先日お伺いした時に、こちらの番号にかければ担当者の方に取り次いでいただけるとお聞きしました」と伝えましょう。会社で統一しているルールであれば、適切な担当者に電話を取り次いでくれるでしょう。

バイト応募の電話トーク例

バイト応募の電話トーク例

バイト応募の電話をする際、どのように会話を持っていけばよいでしょう。どのように丁寧な言い回しをすることができるでしょう。例を挙げて考えてみましょう。

バイト面接の電話を手短にまとめる方法

バイト先に電話をする場合、相手の職種を考慮して忙しくないの時間帯に電話をするようにと前述でアドバイスしました。それを踏まえて、どのようにサッと手短に用件を伝えられるか、シミュレーションしてみましょう。 店「お電話ありがとうございます。○○です。」 私「お忙しい時間に恐れ入ります。アルバイトの募集要件を見てお電話させていただきました、△△と申します。」 店「ありがとうございます。面接をご希望ですか」 私「はい。もし可能であれば、今週中に面接をしていただけると嬉しいのですが。」 店「わかりました。2日後の午後3時はいかがでしょうか。」 私「大丈夫です。よろしくお願いいたします。何か必要な持ち物があれば教えていただけますか」 店「筆記用具をお持ちください。」 私「わかりました。失礼ですが、面接担当の方のお名前を頂戴できますでしょうか。」 店「※※といいます。」 私「ありがとうございます。では、2日後の午後3時に伺います。よろしくお願いいたします。」 質問があればあらかじめ纏めておき、こちらの要件をしっかり伝えることを心がければ、とてもスムーズに話をすすめることができます。頑張りましょう。

バイト電話は最初の面接

バイト電話は最初の面接

ここまで、バイト希望先に電話をかけるためのノウハウをお伝えしました。電話とはいえ、これは立派な第一回目の面接です。相手に自分の誠意を伝え、この職場で働きたいという意思を声や話し方ではっきり示せるようにしましょう。 バイト先には、そのバイトの枠を自分と争っている見えない敵たちも電話をかけています。そういった相手に一歩リードできるように、事前に良く準備して臨みましょう。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング