IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

婚活で重視される男性のスペック|年収/年齢/顔など

ビジネススキル

男性が婚活する際にどんな点に注意すれば良いのでしょうか?婚活が上手く行く方法や婚活で男性に求められるスペックを知って、婚活を有利に進めたいですよね。今回は婚活で重視される男性のスペック、コンプレックス対処法、年代別婚活事情をご紹介します。

更新日時:

婚活における男女比は?

婚活における男女比は?

婚活は男性不足

婚活市場は基本的に男性不足で、女性が余ってしまう構図になっています。これは女性には出産のタイムリミットがあり、結婚に対して焦る人が多いためです。また女性よりも男性のほうが結婚することにメリットを感じていない、独身生活に満足している人が多いことも原因のひとつです。

男性が少ない理由

婚活市場で男性が少ない理由は他にもあります。結婚相談所、婚活パーティー、婚活サイトの料金設定は男性のほうが高く、女性が安い傾向にあります。このため婚活をするには男性側のハードルが高くなります。 また男性は婚活において年収を重視されることが多いですが、現実には年収の多い男性は少なく、年収の少ない男性が自信を持てず結婚を考えられないことも男性が少ない原因です。

婚活で重視される男性のスペックは?

婚活で重視される男性のスペックは?

年収

婚活で男性は女性から年収を求められがちです。男性がどうしても年齢の若い女性に目が行くように、年収の多い男性を好む女性は一定数います。年収を重視する女性が男性に望む年収は600万円以上で、これは日本人男性の平均年収である400万円をはるかに上回っています。

年齢

女性ほどではありませんが、男性も婚活において年齢を重視されることが多々あります。ただし女性は若いほうが良いとされるのに対し、男性は女性より年上であることが好まれる場合もあります。 女性が男性に求める年齢は同じくらいの年代であること、自分より年上であること、自分より年下であることなどさまざまですが、あまりにも若かったり年齢を重ねていたりすると避けられる原因となります。

婚活において男性の顔、スタイルや見た目を重視する女性も多くいます。その際女性はイケメンかどうか、というよりは自分の好みかどうか、自分が愛せるタイプの容姿かどうか、という基準で判断します。

婚活でのコンプレックス対処法は?

婚活でのコンプレックス対処法は?

低身長

低身長の男性は身長がコンプレックスになることが多く、婚活でも不利に思えてしまうでしょう。しかし婚活において男性の身長を気にしない女性は多くいます。実際結婚している人にも低身長の男性は多いので、低身長であることを気にしすぎず婚活すると良いでしょう。

低収入

低収入の場合のコンプレックス対処法はふたつあります。ひとつは低収入である場合は共働き家庭となりやすいため、自分が家事もできることを女性にアピールすることです。共働き家庭で家事をしてくれる夫は女性の目に魅力的に映ります。 もうひとつは年収を上げようと努力することです。今の仕事で年収アップが難しいなら、転職や副業を考えてみるのもひとつの手段です。

派遣社員

派遣社員の場合のコンプレックス対処法は、派遣社員である理由や、今後のキャリアをどうしていきたいのか説明することです。派遣社員は働く期限が決まっていることが多く、婚活相手としてはどうしても先行きに不安を感じてしまいます。 こちらから先手を打って派遣で働く理由や今後のキャリアプランを提示することで、相手の不安を和らげることができます。今は派遣だけど正社員を目指している、そのために資格の勉強をしている、など具体的なプランが提示できればベストです。

人見知り

人見知りの場合のコンプレックス対処法は、会話のパターンをあらかじめ用意して婚活に臨みましょう。まず相手の趣味を聞く、次に自分の趣味の話をして、その次は好きな食べ物を聞く、など会話をマニュアル化しておくと婚活相手と話すときに戸惑わなくて済みます。

ニート

ニートの場合のコンプレックス対処法は、仕事を探すことに尽きるでしょう。無職のままでは婚活相手に良い印象を与えられません。ハードルが高いと思う場合はアルバイトや短期バイト、在宅ワークなど自分のできそうなものから始め、徐々にステップアップしていくと良いでしょう。

受け身

受け身の場合のコンプレックス対処法は、会話やデート先の提案でできるだけ自分から発言するように意識してみましょう。自分から発言できるようあらかじめ会話内容やデート先を考えたり調べたりしておくと良いでしょう。

婚活でモテる男性の特徴は?

婚活でモテる男性の特徴は?

服装

服装が洗練されている男性は婚活でモテます。服装は清潔感を第一に考え、グレーやネイビーのジャケットにシャツ、スラックスを合わせるなど真面目さと上品さを出すコーディネートにすると良いでしょう。

高収入

高収入の男性は婚活市場で引く手あまたでしょう。高収入であればたくさんの女性から好感を持たれ、自分好みの女性を選ぶことができます。ですが高収入であることにあぐらをかいて、女性に対しぞんざいな扱いをしてしまうと良質な縁を逃してしまうので、謙遜の気持ちを忘れず女性には丁寧に接すると良いでしょう。

ハイスペック

学歴が高い、イケメン、仕事で重要な役職に就いている、などハイスペックの場合も高収入と同じく、婚活を非常に有利に進めることができます。傲慢になりすぎないように注意しながら、自信を持って婚活を進めましょう。

婚活でうまくいく自己PR例文は?

婚活でうまくいく自己PR例文は?

婚活では自己PR文が重要になってきます。多くの人に好感を持ってもらえるよう、わかりやすくポジティブな文面にしましょう。 自己PR例文「仕事で忙しく出会いがないので登録しました。趣味は映画鑑賞でハリウッド大作のようなわかりやすい映画が好みです。最近は時間がなくDVDばかりですが映画館にも行きたいと思っています。休日は掃除に読書など、穏やかに過ごすのが好きなので、一緒に穏やかな時間を過ごせる相手に巡り会えればと思っています。」

年代別男性の婚活事情は?

年代別男性の婚活事情は?

20代前半

20代前半の女性は婚活でモテますが、20代前半の男性はモテるわけではない、というのが現実です。男性はどうしても経済力を期待され、20代前半では女性が期待するような経済力を築けていないことが多いためです。20代前半で婚活する場合は結婚に対する真剣さを前面に出しましょう。

20代後半

20代後半~30代前半は男性が最も女性からモテる時期です。そのタイミングを逃さず、幅広い女性と知り合い積極的に出会いを広げていきましょう。

30代

30代男性は婚活女性からモテる時期ですが、同時に結婚に対して焦りを感じる男性が増え、ライバルも多くなります。自分は何ができるのか、女性にアピールできるポイントは何か分析してアピールしていくと良いでしょう。

40代

男性も40代になると婚活において不利になってきます。あまり若い女性には相手にして貰えなくなってしまうでしょう。自分と同じ年代か、少し若いくらいの年代を狙っていくと成婚率が上がります。

50代

50代になると婚活ではかなり不利となり、さまざまな条件を妥協しなければ結婚できなくなります。そのことを踏まえて謙虚に、自分とお付き合いしてくれる女性を探すと良いでしょう。

経験者が語る男性の婚活現状は?

経験者が語る男性の婚活現状は?

疲れた

婚活を続けていると婚活疲れという状態に陥る人が増えてきます。自分の条件に合う人を探しメールする、メールのやり取りをする、会う日程を取り付ける、実際に会って話をする、という工程を何度も繰り返すと非常に疲れてしまいます。相手からお断りされることも多く、努力してもなかなか実らない、というのも疲れる原因でもあります。

うまくいかない

自分の好みの相手にメールをしても返事が無い、メールのやり取りができても会ってくれない、会うことができても会話が弾まずお断りされてしまう、など婚活ではうまくいかない場面が多々あります。うまくいかない理由が年収など自分のスペックが原因だと改善が難しく、婚活が長引く原因となります。

高望み

自分のスペックに対して相手に高望みすると婚活がうまくいかない原因となります。婚活はボランティアの場ではなく、基本的にお互いが釣り合うような男女でないと上手く行きません。50代なのに20代女性を希望している、無職なのにモデル並みに可愛い20代の子を探している、という高望みは叶えられる確率が低いでしょう。

婚活の特徴を理解し成婚を目指そう

婚活の特徴を理解し成婚を目指そう

婚活は普通の恋愛とは違い、男性は年収が重視され条件に達しないと相手にしてもらえない、などの厳しい一面もあります。ですが婚活の特徴を理解すれば、確実に結婚できる確率は上がっていきます。婚活市場の特徴を理解して、幸せな成婚を目指しましょう。

関連タグ

アクセスランキング