IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お酒の種類6つ・初心者におすすめのお酒4選

初回公開日:2017年11月27日

更新日:2020年07月10日

記載されている内容は2017年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

趣味

世界中で飲まれているお酒には、たくさんの種類があります。この記事ではたくさんの種類の中から有名なお酒の種類を6つ紹介します。また、あまりお酒を飲んだことが無いというお酒初心者の方向けに飲みやすいおすすめのお酒も紹介します。ぜひ参考にして下さい。

純米酒は、白米、米こうじ、水の3つだけを原料として作られたお酒です。他の日本酒に比べて、濃い味わいに特徴があります。 新潟県の越後桜酒造や福島県の大七酒造の純米酒が有名です。

吟醸

吟醸酒は、「吟醸造り」によって作られたお酒です。「吟醸造り」によって作られたお酒は、吟醸香という独特なフルーティーな香りに特徴があります。 亀の井酒造の「ばくれん」や、八海山が有名です。

種類3:ワイン

種類3:ワイン
※画像はイメージです
出典: Free stock photos of ...

ワインは日本でも人気があります。毎年11月の第3木曜日に解禁されるボジョレー・ヌーボーは、すっかり季節の風物詩になりました。 お肉にあうポリフェノールたっぷりの赤ワインに、シーフードにあうさっぱりとして飲みやすい白ワイン、淡いバラ色のロゼなど、世界中で製造されているだけあって種類も豊富です。

白ワイン

白ワインは、主に白ブドウを原料とした薄い黄色が特徴的なワインです。魚介類に美味しさを引き立てるさっぱりした飲み口です。 フランスのブルゴーニュ地方で作られた白ワインが世界的に有名です。

赤ワイン

赤ワインは、赤ブドウなど色の濃いブドウを原料とした、赤色のワインです。白ワインと比べて濃渋みが強い分、赤身肉やチーズによく合います。 フランスのボルドー地方で作られた赤ワインは、ワインの女王とも呼ばれています。

ロゼワイン

ロゼワインは、赤ワインと白ワインをかけあわせたような淡い色合いが特徴的なワインです。「ロゼ」は「ピンク」という意味を持つ仏語です。 フランスのプロバンス地方は、ロゼワインの一大産地として有名です。

スパークリングワイン

スパークリングワインは泡の出るワインの総称で、発泡性ワインとも呼ばれています。 日本ではシャンパンと混同されがちですが、この2つは同じではありません。スパークリンクワインの内、一定の製法を守ってフランスのシャンパーニュ地方で製造されたスパークリングワインだけが、シャンパンと名乗ることを許されています。

種類4:蒸留酒

蒸留酒は醸造酒を一定の温度に温め、アルコールを抽出したお酒です。一般的にアルコール度数が高くなりますが、アルコールが複雑でないため適度な量であれば悪酔いしにくい種類のお酒でもありまし、単体で飲むだけでなくカクテルのベースとしても用いられ、さまざまな楽しみ方ができます。

ウイスキー

ウイスキーは、蒸留酒の一つで、大麦、ライ麦、トウモロコシなどを麦芽の酵素で糖化し、これを発酵させ蒸留したものです。 いくつかの種類のあるウィスキーですが、世界の五大ウィスキーにも数えられる「ジャパニーズウィスキー」のうち、日本でウィスキーを広めたサントリーウイスキー「トリス《CLASSIC》」は、やさしく甘い香りと、丸みのあるなめらかな味わいが特徴です。

関連タグ

アクセスランキング