IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お酒の種類6つ・初心者におすすめのお酒4選

初回公開日:2017年11月27日

更新日:2020年07月10日

記載されている内容は2017年11月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

趣味

世界中で飲まれているお酒には、たくさんの種類があります。この記事ではたくさんの種類の中から有名なお酒の種類を6つ紹介します。また、あまりお酒を飲んだことが無いというお酒初心者の方向けに飲みやすいおすすめのお酒も紹介します。ぜひ参考にして下さい。

お酒にはたくさんの種類がある

「お酒」と言っても多くの種類と楽しみ方があります。 宴会などの席ではビールなどがでてくることもありますが、それだけがお酒の種類ではありません。アルコール度数の高いものから低いものまで、魅力的なお酒は他にもあります。

お酒の種類6つ

お酒の種類6つ
※画像はイメージです
出典: 250+ Great Bar Photos

ここからは代表的なお酒の種類を6つご紹介します。 ビールや日本酒はもちろん、ワインや蒸留酒から果実酒にリキュールまで、代表的な銘柄や有名な産地を挙げて説明しています。

種類1:ビール

近年では消費量の低下がしばしば話題になりますが、ビールの人気はまだまだ根強いものがあります。 日本では酒税法によりビールの定義は厳密に定められていますが、この項目では一般的に「ビール」とイメージされている3種類のお酒について紹介します。

生ビール

日本においては、製造工程で熱処理を施されていないビールが生ビールと呼ばれています。 代表的な銘柄として、アサヒの「スーパードライ」、キリンの「一番搾り」などが挙げられます。

発泡酒

発泡酒は1990年代の中盤から登場したお酒です。ビールと比べて麦芽の使用比率が少なめで、味が薄いという方やライトな味わいで飲みやすいと言う方など、好みがわかれています。 代表的な銘柄として、キリンの「端麗グリーンラベル」、アサヒの「スタイルフリー」などが挙げられます。

雑種

「第三のビール」とも呼ばれているお酒で、ビールや発泡酒よりも低価格で販売されています。 代表的な銘柄として、サントリーの「金麦」やキリンの「のどごし<生>」などが挙げられます。

種類2:日本酒

日本酒はお米を原料にした日本古来のお酒です。日本酒というとなかなか手が伸びないという人もいますが、最近では女性でも飲みやすい軽い飲み口のもの、フルーティな味わいのものなど種類も豊富になっていまおり、飲みやすい日本酒が多く造られています。

純米

関連タグ

アクセスランキング