IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

趣味がゲームしかない場合|就活や出会いでの対処法・ゲームが趣味の40代

更新日:2020年11月11日

コミュニケーション

「ゲームが趣味の人」をテーマにして、ゲームが趣味の人の特徴について、タイプ別に考察しています。また、ゲームしか趣味がない人が、他人に対して趣味について語る場合のポイントや注意点についてもまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ゲーム大好き!趣味がゲームしかない人の対処法

ゲームは、日本を代表する文化や娯楽の1つと言えるでしょう。日本で開発されたゲームの中には、世界中でプレイされているものもあります。また、日本のゲームのキャラクターが世界的にとなっている場合もあります。 最近では、スマートフォンなどでプレイすることができる、「ソーシャルゲーム」と言われるジャンルのゲームも増え、多くの人が気軽にゲームを楽しむことができる環境となっています。そのため、一昔前までは、所謂「オタク」といったイメージを持たれがちだったゲームも、現在では身近なものとして楽しんでいる方も多いと予想できます。 そこで今回は、「ゲームが趣味の人」をテーマにして、ゲームが趣味の人に関する情報や、周囲との接し方などについてご紹介していきます。

タイプ別!ゲームが趣味の人の特徴

一言で「ゲーム」と表現しても、さまざまなタイプや種類のゲームが存在します。どのようなゲームを好んでいるのかによっても、ゲームが趣味の人のタイプや種類は異なります。 そこでまずは、ゲームの種類別に、趣味がゲームの人の特徴について考察していきます。

タイプ別ゲームが趣味の人の特徴【1】:家庭用ゲームが好き

家庭用ゲームとは、ゲーム機やゲームのソフトなどを購入してプレイするタイプのゲームを指します。ゲームの発展を支えてきたのも、家庭用ゲームと言われており、「3DS」や「プレイステーション」なども、家庭用ゲームに当てはまります。 家庭用ゲームをプレイすることを趣味にしている方の中には、やりごたえのあるゲームが好きな方や、1人で黙々とゲームをプレイしたいという方も存在します。また、家庭用ゲーム機でプレイするゲームの中には、長い間シリーズで展開されているゲームタイトルもあります。家庭用ゲームが好きな方の中には、特定のシリーズや特定のゲームのキャラクターが好きという方もいらっしゃいます。

タイプ別ゲームが趣味の人の特徴【2】:ソーシャルゲームが好きな人

ソーシャルゲームとは、スマートフォンなどでプレイするタイプのゲームのことです。SNSで関係があるメンバーと一緒にプレイしたり、友人や知人と競いながら遊んだりすることもでき、最近では多くの方がプレイしているタイプのゲームです。 上記でもご紹介しましたが、ソーシャルゲームでは友人や知人と協力や競争をしてプレイすることができます。ですから、ソーシャルゲームが好きな方の中には、みんなでワイワイとプレイできる点が好きだと感じている方もいらっしゃるでしょう。 また、通勤・通学などの隙間時間にプレイできるのも、ソーシャルゲームの特徴です。そのため、ゲームで遊ぶこと自体はとても好きではないものの、暇つぶしとしてプレイしているという方もいらっしゃると予想できます。

どうすれば良い?趣味がゲームしかない場合の接し方

日常生活を送る中で、趣味について他人に話す機会は、意外と多いと予想できます。シチュエーションはさまざまですが、就職や転職に関わるシーンで趣味について語ることになるケースもあります。また、他人に自分がどんな人間かアピールする場面で、趣味について話すことになるケースもあるでしょう。そのような際に、趣味がゲームしかない場合、どう対応すれば良いのか、頭を悩ませる方もいらっしゃるでしょう。 そこで続いては、趣味がゲームしかない人の接し方や対処法などについてご紹介していきます。

趣味がゲームしかない人の接し方【1】:履歴書

就職活動や転職活動では、志望企業へ履歴書を送るケースがほとんどです。その際、履歴書に趣味に関する項目が設けられていることも多く、素直にゲームが趣味だと述べて良いものか、頭を悩ませる方は少なくないでしょう。 結論から言うと、志望する企業の業務内容や職種、業界によって、履歴書にゲームが趣味だと述べても良いのかどうかは、変わってきます。例えば、ゲーム業界やIT業界であれば、ゲームが趣味だと述べても問題ないケースも多いでしょう。一方で、ゲームや電子機器などにあまり関係がない業界の場合は、ゲーム以外の趣味を用意した方が良い場合もあります。無難なものでは、読書や音楽鑑賞、映画鑑賞などが挙げられます。

趣味がゲームしかない人の接し方【2】:面接

就職活動や転職活動の面接で、趣味について尋ねられるケースも少なくありません。面接で趣味について質問された際に、正直にゲームが趣味だと答えるかどうかを、企業の方針や志望先の業界、その場の雰囲気によって決めるのも、1つの方法と言えるでしょう。 履歴書の場合と同様に、志望している企業がゲーム業界やIT業界などの場合は、ゲームが趣味だと述べてもマイナスな印象にはなりづらいと予想できます。しかし、雰囲気が緊迫していたり、ゲームを趣味としていることで得られたものやメリットを述べることができなかったりする場合は、他の趣味を述べた方が無難でしょう。

趣味がゲームしかない人の接し方【3】:出会い

友人の紹介や何らかのイベントへの参加といった機会に、人と出会うこともあります。新しく出会った人とは、お互いについて話したり、自己紹介をしたりすることが多く、その際に趣味に関する話題になることもあるでしょう。 出会ったばかりの人に対して、趣味がゲームだと話すかどうかは、場合によって判断を変えることをします。出会いのきっかけやその場の雰囲気がカジュアルだった場合や、ゲームに関するものだった場合は、ゲームが趣味だと語っても問題ないでしょう。しかし、中には「ゲームは子供がやるもの」「ゲームは不真面目」といったイメージをお持ちの方も存在する可能性があります。ですから、雰囲気や相手の反応によっては、ゲームが趣味だと話すことをやめたり、ゲームの話題は軽く触れる程度にしておいた方が良いこともあります。

次のページ:40代で趣味がゲームしかない人の印象
初回公開日:2017年10月15日

記載されている内容は2017年10月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング