IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

介護職の志望動機の書き方|未経験/経験者/新卒・志望動機の例文

書類選考・ES

介護職は現在も人員不足のため募集が多くされています。介護職の素晴らしさは感謝をされる事が多くある事です。そして感謝をされる事でやりがいを感じます。人と人の交流が多いのが介護職であり、人との関わりを通して学ぶ事も多くあります。

更新日時:

介護職の志望動機の書き方

介護職の志望動機の書き方

未経験

介護職が未経験の場合の志望動機は、なぜ介護職に就きたいのかが重要視されます。まず、介護職の給料を考えると決して高いとは言えない現状があります。それでも、介護をやりたいと考えている事は人のためになりたいという意欲があるからではないでしょうか。 そのため、志望動機の書き方は、介護職の志望動機は人のためになる事ができる仕事は介護だと考えたからです。未経験のため、覚える事はたくさんありますが、人の役に立つために一生懸命覚えて困っているかたに介護を提供したいと考え介護職に応募しました。 など人のためになりたいという気持ちを書くことが大切です。

経験者

介護職の経験者の場合の志望動機は、既に介護をされているため、なぜもう一度介護をしたいと考えたのかを伝える必要があります。 介護の現場は特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、デイサービス、訪問介護など多くの職種があります。その中で、どうしてその現場に興味を持ち応募をしたのかを明確に伝える事が必要でしょう。

新卒

新卒で介護職に応募した場合は、既に介護福祉士の国家資格を保有されているでしょう。その場合は、今後実務経験をつめばケアマネジャーなどの資格をとることも可能です。志望動機では、介護をしていく中で将来の目標やビジョンを伝える事が必要です。 ケアマネージャーは、介護を受ける人にとって最適なケアプランを作成していきます。そのため介護の経験によって患者さんに最適なケアプランを導きだす事ができます。 さらにどんな要望があるのかを聞き出すためにコミュニケーション能力も必要です。将来的にケアマネージャーを目指し、介護を提供しながら、どのような介護が必要なのかを考えていき、必要な介護は何か聞き出すコミュニケーション能力も高めていきたいと目標を明確に伝える事が必要です。

高校生

高校生の志望動機は未経験者と同じように、人の役に立つ事ができるのが介護職である事を志望動機に書くことが必要です。高校生のような若い方が介護を目指すという事だけでも評価される事が多いですが、なぜ介護の仕事に興味をもったのかを一つはエピソードを伝える事が必要です。 高校生で介護を選ぶという事は、何かしらの経験があったのではないでしょうか。介護を純粋にやりたいと高校生の時に考えた事が、採用者もとても興味を持ちます。素直になりたいと思った気持ちを伝えましょう。

介護職の志望動機の例文

介護職の志望動機の例文

履歴書

介護職に関わらずに履歴書は重要なポイントのため、訂正する箇所がないようにしましょう。最初に練習用の履歴書を書いてみましょう。手本を作った後に正式に履歴書を送る紙に手本を見ながら書いていくと訂正する事がなくなります。また、字に自信がない場合もあるでしょうが、一生懸命に丁寧に書くことで必ず面接官に伝わるので走り書きはせずにゆっくりと書いていきましょう。 さらに、漢字で書くべき言葉を平仮名で書くこともマイナスポイントとなってしまうため、実際に書けない場合でも辞書を開いて漢字を書きましょう。履歴書が完成した場合は、間違いがないか最後に確認する事も忘れずにしましょう。 履歴書を作成することは既に面接が始まっているのと同じだという事を理解しているだけでも書き方は変わってくるでしょう。介護職では志望動機が特に重要なポイントになります。志望動機が自分自身の中で明確であれば、それは仕事を続けていく力にもなります。 さらに、介護職の志望動機がしっかりと定まっていると上司のスタッフに対しての評価も高くなる事でしょう。志望動機は履歴書の中で一番考えて書くことが必要な部分です。

面接

面接

面接の時は志望動機を聞かれます。 1なぜ介護に興味をもったのか。 2なぜうちの施設で働きたいと思ったのか。 です。 面接を受ける前に、自分で介護に興味を持ち仕事をしたいと思った志望動機をまとめましょう。そして、何度も答える事ができるように声を出して読みましょう。 また、介護の施設は多くあり、なぜこの現場に興味をもったのかを調べましょう。それぞれの施設には施設長がおり、理念を掲げている事が多いです。面接を受ける前に理念を覚えて、その理念に惹かれた事が介護職の志望動機に繋がったと答えましょう。

作文

面接の後に作文を書くことがあります。作文のテーマとしては、介護に関する事が多く1000文字以内で1時間で書くように言われる事が多いでしょう。 テーマとして考えられる事は、 1どのうような介護士になりたいか。 2高齢化社会の実情に対してどのように考えているか 3介護をするきっかけとなった志望動機 などです。 作文のテーマで介護の志望動機を求める事も多くあります。志望動機がテーマにでた場合は、履歴書に書いた志望動機と違う動機を書きましょう。テーマに沿った作文を書く事と共に作文の書き方を復習していきましょう。また、適切な漢字を使う事も必要になります。

職務経歴書

職務経歴書は今まで勤めている企業があれば、記載してください。 面接では、なぜ以前の職場をやめたのか聞かれる事が多いです。辞めた理由はそれぞれありますが、決してネガティブな答えは言わないようにして下さい。人間関係や仕事の不満のために辞めたとなると、これからもそのように感じたら辞めてしまうと思われるからです。 志望動機の理由としては、介護に興味を持ったために辞めたと繋げる事がいいでしょう。

状況別での介護職の志望動機の書き方やアピールポイント

状況別での介護職の志望動機の書き方やアピールポイント

転職者の志望動機の書き方~例文~

私は以前から介護職に興味を持っていましたが、介護職に就かずに別の仕事に就きました。仕事をしながらも介護職の事が気になり、介護の仕事について考える事がありました。社会に出ると人と人の繋がりがいかに重要なのかを知る事が多くありました。人と繋がっていくことで、より近い距離で関わる事ができる事はないかと考えた時に介護職が改めて浮かびました。 やりたいと思っていた事をやりたいと考え、今回介護職になりたいと考え応募させてもらいました。アピールポイントは、以前の仕事で良好な人間関係が築く事がいかに重要なのかを学び、今後も良き人間関係を築いていきたいと考えています。

ニートの志望動機の書き方~例文~

私はニートで仕事をしていない期間がありました。仕事をしたい気持ちはありましたが、社会に出ていない期間が多くなる事でさらに仕事をつくことに恐怖を覚えてしまいました。しかし、元々は人の役に立ちたいと思う気持ちが強く、介護をしたいと考えていました。何もせずに過ごすのではなく、今後は人の役に立ちたいと強く考え介護職を志望しました。 アピールポイントは情報収集です。パソコンを使ってわからない事は率先して学ぶ姿勢があります。介護の仕事の中でもわからない事が出てきますが、きちんと調べて学習をしていきます。

無資格の志望動機の書き方~例文~

志望動機は現在は無資格ですが、今後を資格を取得していきたいと考えています。ホームヘルパー2級の取得を考えていますが、仕事をしながらも可能であるため、今後は仕事をしながら資格習得にも励んでいきます。ゆくゆくは、介護福祉士やケアマネージャーなども資格も習得し介護のプロに近づけるようにしていきます。 アピールポイントは学ぶ向上心が高い事です。知らない事に対して理由と動機付けをして知識を深めていく事が多くあり、今後も介護の中でも知識習得に励んでいきます。

介護職復帰者の志望動機の書き方~例文~

介護の仕事をもう一度行いたいと考えたのは、離れる事によって気づいた事があったからです。 介護を提供すると、ありがとうと言ってもらえる事が多くありました。お礼をいってもらうために介護をしていた訳ではありませんが、自分自身が介護した事を直に感謝される事でやりがいを感じていました。私自身も介護をさせてもらう事に感謝していました。 人と人が良好な関係を結ぶ事がは互いに感謝の気持ちを忘れない事です。人に感謝される事は難しい事です。介護の仕事を通して、介護の知識習得にもより磨きをかけてより良い介護を提供できるように励んでいきます。もう一度、介護をし貢献していきたいと考えています。

介護職は人と人の繋がり

仕事を通して人と人が繋がっていくこと多くありますが、介護職は特に人の繋がりが一番強い職業であります。人と接する事が好きな方には特にお勧めです。 あなたの笑顔と手助けを求めているかたは多くいますが、介護の人材は不足している世の中です。少しでも興味のあるかたは、介護の現場の体験やボランティア活動を通してからでも検討されてみてはいかがでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング