IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バイトの志望動機の作り方と例文・志望動機を印象よく伝えるコツ

アルバイト

「バイトの志望動機に何を書いたら良いかわからない」と感じていませんか。さまざまなバイトがあり、さまざまな人が応募します。そのバイトによって、その人の立場によって志望動機を相手に印象良く伝えられるようになりましょう。そのためにポイントや例文をお伝えします。

更新日時:

アルバイトの志望動機

バイトの面接や履歴書作成の際に必ずあるのが「志望動機」です。みなさんはこの志望動機に悩ませれていませんか?志望動機をうまく、相手側に好印象を与えられる文章を書きたい。そう考えますよね?安心してください。志望動機を書くときのポイントやコツ、例文などを職種別・求職者のタイプ別でお伝えしていきます。もうあなたもバイトの志望動機で悩む必要はありません。ポイントをしっかり押さえたうえで、例文を参考にしながら、好印象を与えられる、志望動機をつくりましょう。

アルバイトの志望動機

好印象を与える志望動機をかけるようになろう!

バイトの志望動機を考える上で大切なことは素直な気持ちを伝えることです。志望動機なので「やりたい」と考えた理由を伝えればいいです。しかし、ここで注意しないといけないことがあります。素直になることは大切ですが、素直すぎるといけない場合があります。「時給が良いから」や「家から近いから」と言った理由では好印象を与えることができません。好印象を与えるためには、そこのバイト先にしかない理由を伝えることが大切です。 またそのバイトをすることで何のメリットがあるのかを伝えることも大切です。「ここのバイトをすると、こんな力が付くと考えたので」という言い方もしっかりとした志望動機となります。 それではいくつかポイントや例文を紹介していきます。

カフェのバイトの志望動機ってどう書くの?

カフェのバイトの志望動機ってどう書くの?

一度はあこがれるカフェでのバイト。志望動機もしっかり言いたいですね。カフェでは、ファミレスや飲食店とは違い、落ち着いた環境でバイトができます。志望動機を考える上で、「落ち着いた雰囲気の中で」「接客のマナー」といったことが言えると良いです。そのバイト先のスタッフについて述べられるともっと良いでしょう。 また仕事内容に直結した志望動機をいえると良いです。カフェは接客を中心とするバイトです。そこでは、今までの経験や接客業が好きな気持ちを伝えましょう。意気込みや、働き出してからの展望を伝えましょう。 接客業でのバイト経験がない場合は、カフェのバイトをしたいという意気込み、やる気、接客業に向いてると考えるポイントを伝えられると良いでしょう。

例文

「飲食店のホールをしていました。仕事の手際の良さや、笑顔、接客の良さを評価されていました。以前から憧れであったカフェでのバイトで、評価されていた長所を活かしてみたいと考え応募致しました。」 「アルバイトをするのは初めてですが、お客様と会話したり、落ち着いた雰囲気の仲で接客を磨きたいなと考え応募致しました。」

飲食店のバイトの志望動機ってどう書くの?

飲食店のバイトと言っても「調理スタッフ」と「ホール」の二つがあります。どちらを主としてバイトをしていくのかをはっきり伝えましょう。その時、なぜその仕事を選んだのかをしっかり伝えることが大切です。そのお店ならではの志望動機を見つけましょう。そのお店のサービスの良さや、接客の良さ、店の雰囲気をポイントとして志望動機を考えてみましょう。 飲食店でバイトをするメリットを考え、何のスキルが身につくのか、今までの経験がどう活きるのかを伝えていきましょう。

例文

「料理が大好きであり、料理の腕をもっと磨きたいと考えています。以前このお店を訪れた時、料理の盛り付けや味付けがとても素晴らしいなと感じました。料理技術を身に着けいたいと感じたので、調理スタッフとしてアルバイトをしたいなと考え応募いたしました。」 「以前も飲食店でホールスタッフをしておりました。接客の仕方や、仕事内容を次のバイトでも活かしたいと考えております。こちらのお店の店員さんはいつも笑顔で、来るたびに元気をもらいます。今までの経験を活かすとともに、さらなるスキルアップができるなと感じましたので、こちらのお店に応募させていただきました。」

居酒屋のバイトの志望動機ってどう書くの?

居酒屋のバイトの志望動機ってどう書くの?

居酒屋のバイトでは、お酒の種類やがとにかく多いです。お酒に詳しい人というのが大切になります。また客層をも若い学生から、サラリーマンまで幅広くなります。さらに、社長さんが同僚を連れてやって来るなど、接客もおろそかになってはいけません。そして何より、酔っ払っている方の接客となります。些細なことで言いがかりをつけてきたり、嫌な絡み方をされるかもしれません。それでもやりたいという意思を志望動機として伝えましょう。 居酒屋では金曜日・土曜日・日曜日がとても忙しいです。特に夕方から深夜にかけては客数も多くアルバイトの人数がたくさん必要となります。この三日間はシフトを出すことができる人は優遇されやすいです。忙しい時期にシフトを入れられるといった点を志望動機としてアピールしましょう。 また短期のバイトで募集している居酒屋は少ないです。仕事を早く覚え、長く続けてくれるバイト生を探しているお店がほとんどです。仕事内容を早く覚えられることや、長期間継続的に働いていきたいと伝えていきましょう。

例文

「お酒についての知識を増やし提供する側に立ちたいなの考えて応募いたしました。接客の面では、礼儀正しくそして元気よくハキハキとしている長所を活かしていけるバイトだなと感じました。この店で、お酒の知識を増やし、さらに接客のスキルを向上させたいなと考え応募いたしました。」 「志望動機は、体力には自信があり、長時間働くことができます。また急なシフト要望にも柔軟に対応できます。そして何より、土日や祝日、年末年始や、ゴールデンウィークも働くことができます。お店が忙しい時期に働きお店に貢献したいと考えています。」 「居酒屋では幅広い年齢層のお客様を相手にするため、さまざまな年齢層に対する接客の仕方を学べると考えております。以前から接客業に興味があり、接客のスキルを学びたいと考えておりました。ぜひこのお店で働き、接客のスキルを磨きたいなと考え応募いたしました。」

コンビニのバイトの志望動機ってどう書くの?

コンビニのバイトは誰でもできるバイトです。だからこそ、志望動機をしっかり言えると良いでしょう。コンビニのバイトは接客から品出し、お店の業務、レジ打ち、また郵便の手続きなど幅広い仕事内容です。そういった点を志望動機としてあげられると良いでしょう。 またコンビニで働いた経験があればその経験について伝えられると良いでしょう。これまでの経験をなるべく具体的に志望動機として伝えられると良いでしょう。 コンビニは24時間営業です。深夜働ける人材が不足しがちなバイトです。深夜は入れる方はアピールポイントとしてしっかり伝えていきましょう。また不定期にシフトを入れるより、一週間で何曜日は必ず入りますといった曜日指定があるとお店側は助かります。それは深夜のバイトでも同じです。何曜日の夜から、何曜日の朝方までは必ず入れますと伝えられる人はしっかりと伝えましょう。志望動機の中で長時間入りたいと一言付け加えておくのがポイントです。

例文

「昼間は授業や部活などで忙しいため、深夜働けるバイトを探していました。月曜日・火曜日・金曜日は毎週深夜働きたいなと考えています。また以前2年間コンビニでバイトをしておりました。その時の経験を活したいなと考えています。」 「レジ打ちや、品出し、郵送の手続きなど、コンビニのバイトではさまざまな仕事があります。幅広い経験を積んで身に着けていきたいなと考え応募いたしました。」 「以前こちらで買い物をしていた時、バイトの方の接客がとてもよく買い物しやすかったです。ほかのコンビニの接客もいいですが、やはり一番買い物をしやすかったのがこのお店です。相手を思いやる接客を学びたいと考え応募いたしました。」

スーパーのバイトの志望動機ってどう書くの?

スーパーではレジ打ちや、品出し、また中には果物のカットや、野菜のカットなどもやる場合があります。食材にかかわる仕事なので衛生面がとても大切になります。包丁がしっかり使えることも志望動機のポイントとなるでしょう。レジ打ちではスピードが大切です。早く打てる人材を求めているため、レジ打ちの経験があったり、以前バイトをしていたと志望動機に入れられる人は優遇されるでしょう。 日中ずっとシフトを入れられる点も魅力的です。曜日によって短時間しか入れなかったりする場合もいるでしょう。柔軟にシフト対応ができることをポイントとし志望動機をて伝えられると良いでしょう。 スーパーでは開店直後・お昼時・夕方・閉店直前にお客さんが多く訪れます。それはセールがあったり、ご飯を作る食材を買いに来る時間帯だからです。その時間帯を考えたうえで、どの時間にシフトが出せるのかを考え志望動機として伝えていくと良いでしょう。

例文

「以前レジ打ちのバイトをしており、レジ打ちの速さには自信があります。お客様に快適にお買い物をしていただきたいと考えております。混雑時でも冷静に接客をし、買い物しやすい環境を作りたいと考えています。このスーパーでは、店員さんの迅速な対応をよく見ます。今までの経験を活かし、さらにスキルアップができる環境だと考えたので応募させていただきます。」 「こちらのスーパーは自宅からとても近く、多くの時間をバイトに費やすことができるなと考えました。また、急なシフト要望でも対応できると感じ、お店に貢献できると考えております。土日・祝日では日中はもちろん夕方など混雑する時間帯でもしっかりとシフトを入れることができます。より多くの時間をバイトに費やせる環境であり、授業料や生活費を稼ぐことができるのでこちらのスーパーに応募いたしました。」

郵便局のバイトの志望動機ってどう書くの?

郵便局では慢性的に人手が足りません。なので長期のバイトをしたいと考えている人材をほしがっています。長期間継続的にバイトができるという点はとても大きなアピールポイントです。志望動機として伝えられると良いでしょう。「一つの仕事を長く続けたい」や「長期間働ける仕事をさがしており」などと言えると良い志望動機になるでしょう。 また郵便局は直接的に社会貢献ができるバイトです。はがきや出紙の仕分けや、郵便物の仕分けなど、なくてはならない仕事です。その仕事をやらさせていただけるという気持ちになり志望動機を考えましょう。

例文

「長期間続けられるバイトを探しており、長期間継続的に働くことができます。また社会に役に立つ仕事がしたいなと考えております。郵便物の仕分けやはがきの仕分けなど、細かい作業を得意としていま す。このバイトなら得意な部分を活かすことができるなと考え応募いたしました。」 「以前新聞配達のバイトをしていました。配達のスピードやスキルを活かしたいと考えこのバイトに応募いたしました。」

本屋のバイトの志望動機ってどう書くの?

本屋のバイトの志望動機ってどう書くの?

本屋のバイトをしている方は本が好きでないといけない。なんてことは決してありません。本屋でのバイトをする時も、特別本に関係した志望動機を考えないといけないわけではありません。そこの本屋で働きたいと考えた理由を率直に伝えればいいです。「授業がない時間帯に長時間働くことができる。」とか、「ここの本屋でバイトをすると、自宅から近いため多くの時間をバイトに費やすことができる。」と言った考えを素直に伝えていけると良いでしょう。 本が好きな方はそのことを伝えると良いでしょう。「本が好きでもっと多くの本を知りたいと考えています。」といった内容を伝えていきましょう。「本についての知識が多いので、困ったお客さまに本を進めたり、好きな本について紹介したりできるので、個々の本屋でバイトをしたい。」という志望動機も素晴らしいです。 しかし冒頭で述べた中に、「素直過ぎるとかえって悪い印象を与えてしまう」とありました。なのでその点には十分注意して志望動機を考えましょう。

例文

「本が大好きであり、この本屋をいつも利用していました。本選びに困っている時や、読みたい本を探していた時、このお店の店員さんはオススメの本を教えてくれたり、幅広いジャンルの本について説明してくれました。いつも利用しており愛着のあるこの本屋でバイトをしたいと考え応募いたしました。」 「この本屋では、本の配置や本棚の雰囲気がほかの本屋とは違いとても魅力的に感じました。また、本の紹介や、人気の本の紹介などがあるので、ついついその本も買いたくなってしまいます。本が大好きの人のことを考えているこのお店でバイトをしたいなと感じ、このお店のバイトに応募いたしました。」

引っ越しのバイトの志望動機ってどう書くの?

引っ越しのアルバイトでは日給制をとっているところがほとんどです。今すぐにお金が必要であったり、シフト制ではないからこそ、空いている日に一日働いてがっつり稼ぎたいという内容の志望動機が考えられると良いでしょう。 また引越しのバイトでは、力仕事です。力に自信があったり、体力に自信があったりする場合はそのこをポイントとして伝えていきましょう。「昔からずっと体を鍛えており、引っ越しのバイトならその経験を活かせると考えたから」や「体力には自信があり、その長所を活かせるのは引っ越しのバイトだと考えたから」といった志望動機が良いでしょう。 他にも「新しい家の中に家具を運ぶことによって、新居の内装を見ることができ、以前から建築や設計、間取りに興味があるので」といった、引っ越しのアルバイトならではの志望動機を伝えられると良いでしょう。

例文

「志望動機は、引っ越しのバイトでは接客は少ないですが、建物に関係した仕事であり、以前から建築や設計、家の間取りや、新居にとても興味があったので、引っ越し作業をしてみたいと考えたからです。」 「引っ越しのバイトは日給制で、今すぐにお金が必要なのでこちらで働きたいなと考えました。また、一日がっつり働いてバイトをしたいと考えていましたので、こちらに応募させていただきました。」

アパレルのバイトの志望動機ってどう書くの?

アパレルでバイトをしたい場合では、あなたを採用することによってそのお店にはどういったメリットがあるのかを志望動機として伝えていきましょう。ブランドに詳しかったり、以前から笑顔を褒められることが多かったりと、以前からアパレルの仕事に向いていると感じていた趣旨を志望動機として伝えていきましょう。 アパレル業では、ブランドが好きということはだ前提であります。そこをどうアピールするのかが志望動機を考えるうえでとても大切になるでしょう。

例文

「以前からこのお店を利用していましたが、こちらのお店では今はやりの商品はもちろん、独自の商品も取り入れておられ、またサイズ直しや、試着室への案内など、接客に対しても高い意識を持たれており、ほんとに大好きなお店でした。そのお店で働きたいなと考え応募いたしました。」 「以前は飲食店でホールをしていました。アパレルのバイトでも共通して言えることがしっかりとした言葉遣いと接客態度です。以前のバイト先では明るさや笑顔、接客について評価していただきました。この経験を活かし、アパレルの仕事でも、お客さまに気持ちよく買い物をしていただくためさらに接客技術をを身に付けたいなと考え応募いたしました。」

コールセンターのバイトの志望動機ってどう書くの?

コールセンターのバイトの志望動機ってどう書くの?

コールセンターでのバイトでは、まず第一に話すことが得意なことが最大の条件であります。話すことが仕事の大半を占めているので個々のポイントをしっかりと押さえていきたいです。また、さまざまな内容の問題を解決したりするので、社会的な勉強になります。 お客さま対応のマナーや常識などが身に付きます。そういった心得をしっかりと持っていることを伝えていきましょう。

例文

「機会について非常に興味があり、機器の機能や性能についての理解が比較的早く、そういった長所を活かすことができるのがこちらのバイトだと考えました。また日中に仕事をしたいと考えており、その時間帯に仕事ができるといった点も希望に合っていたので応募しました。さまざまなお客さまの対応をすることにより、社会的なマナーが身につくと考えています。今までの経験のおかげで端末操作や、機械の操作は何も問題ありません。日中の勤務になりますがよろしくお願いいたします。」 「以前もコールセンターで三年ほどバイトをしておりました。世話好きな性格上、商品の紹介やオススメをすることに向いていると考えております。また困っているお客さまをサポートする仕事に携わりたいと考えており、その点からも希望に合っていると感じたので、応募いたしました。働ける時間帯は、平日の16:00~20:00です。どうぞよろしくお願いいたします。」

短期のバイトの志望動機ってどう書くの?

短期のバイトでは、なぜ短期しか働けないのかをしっかりと伝え、その短期間でお店にどう貢献していきたいのかを伝えていく必要があります。短期だからこそできる仕事、短期だからこそ身につけたいスキルがあると良いでしょう。また、入れる時間帯や曜日が希望日とあっていることや、仕事内容が希望とあっていることをポイントとして志望動機を伝えていけるといいでしょう。短期で募集しているとこが希望とあっていたと付け加えれると良いでしょう。

例文

「6月より留学へ一年間行こうと考えており短期でのバイトがあればいいなと考えていました。、1日限りの勤務で大丈夫な事に魅力を感じました。また自宅から無理なく通える勤務地な事も志望理由です。短い間の勤務となってしまいますが、よろしくお願いいたします。 」 「以前からこの仕事にとても興味を持っており、一度やってみたいと感じていました。そして何より、就業期間の条件が希望に合っていましたので応募いたしました。来月から留学の予定があり、その前にお金を貯めたいという希望もあり、こちらでバイトできれば光栄だなと考えたので応募いたしました。」

求職者のタイプ別バイトの志望動機の作り方を学ぼう!

バイトの志望動機どうすればいいんだろう?と悩んでる高校生のあなたへ!

高校生のバイトでは、なぜ高校からバイトを始めたいのかというところがとても大切です。高校生でバイトを始める理由はいくつかあるでしょう。大きく分けて次の二つになります。一つ目は家庭の事情です。家が貧しく、バイトをして足しになるお金を稼ぎたいといった志望動機があるでしょう。二つ目はお小遣いを自ら稼ぎたいという理由です。高校生になると行動範囲がぐんと広がり、友達と出かける時もお金を多く使います。両親からのお小遣いに頼りたくないと考える人が多いでしょう。 志望動機を伝える際には、置かれている立場や事情を入れながら、その働きたいお店で働くとどんなメリットがあるから働きたいのかと言った内容をしっかりと考えて伝えられると良いでしょう。高校生なので深夜のバイトはできません。バイトを選ぶときはのこのお店の忙しい時間帯に入れるのかどうか確認してからにしましょう。いくら内容の良い志望動機を考えたとしても、忙しくない時間帯で人材が足りている時間帯を希望してしまっては、なかなか受かることができないでしょう。 そこのお店が一体どんな人材を求めているのか、またどの時間帯で働くことができる人材を求めているのかをしっかりと踏まえたうえで、志望動機を考えられると良いでしょう。例えば「こちらのお店では、○○時頃が大変混んでいる様子をいつも見ていましたが、その時間帯に入ることができ、いつも使っており愛着のあるこのお店に貢献したいなと考えた」などと言えると良いでしょう。

バイトの志望動機どうすればいいんだろう?と悩んでる大学生のあなたへ!

バイトの志望動機どうすればいいんだろう?と悩んでる大学生のあなたへ!

大学生になるとバイトをしていない人のほうが珍しいです。また大学生はとても自由です。なので志望動機を考える時も、なぜこのお店で働こうと考えたのかをしっかりと伝えましょう。数アルバイトの中からなぜそこのお店を選んだのか、その理由を志望動機として伝えましょう。 やはりここでも素直になぜこのお店で働きたいのかという理由を志望動機として書ければ良いです。大学生なのでその理由もたくさんあるでしょう。例えば「バイトのシフトが空いた時間とあっているから」とか、「このお店で働くと○○の技術が身につくと考えたから」などと様々な志望動機があります。 「このお店でないとダメなんだ」と考える理由を伝えていきましょう。そう伝えることで、バイトに対する熱意も伝わるでしょう。

バイトの志望動機どうすればいいんだろう?と悩んでる主婦のあなたへ!

バイトの志望動機どうすればいいんだろう?と悩んでる主婦のあなたへ!

主婦の方で志望動機について悩んでいる方は、なぜののバイトを始めたいと考えたのか伝えることが大切でしょう。子育ての空いた時間でバイトをしたい。臨機応変にシフトを入れたい。などが志望動機としてあげられるでしょう。 学生やフリーターの若い方とは違って、主婦の方の多くは幅広い経験があるでしょう。その経験をこのお店ではどういった形で活かしていきたいのかを志望動機としてはっきり伝えましょう。接客の経験がある方は、その経験をこのバイトでも活かしたいと志望動機として伝えれば良いでしょうし、料理の経験が豊富な方は、料理技術をこのバイトなら活かすことができると考えました。といった内容の志望動機になります。 主婦の方ならではの志望動機を考えればいいでしょう。「得意分野や知識が豊富な分野なのでここのバイトで活かしたい」ということが伝えられるために志望動機を考えていきましょう。

バイトの志望動機を印象良く伝えよう!

学費を稼ぎたい時はどう伝えるの?

学費を稼ぎたい時はどう伝えるの?

学費を稼ぎたいといった理由では、マイナスなイメージを持つ方がいますが、逆に志望動機として武器になるアピールポイントです。目的があるバイト生は長く続けられます。そして、自らの力で学費を稼ぐという誠実な一面を志望動機として伝えることができます。 自らのことは自らの力で行うといった、自主自立の精神や、親の助けをしたいといった趣旨ををお店側の人にうまく伝えていきましょう。

生活費を稼ぎたい時はどう伝えるの?

生活費では、大学生になり日々の生活に必要なお金は自らの力で稼ぎたいといった内容を志望動機として伝えていきましょう。生活費を自らの力で稼ぎたい事を伝える同時に親から自立したいといった趣旨の志望動機にしていくと良いでしょう。 相手のお店で長く働きたい、身の回りのことは自らの力で稼いだお金でやりくりしたい、学生のうちはずっと働きたい、と強く推すことで志望動機として立派な内容になっていきます。

留学費を稼ぎたい時はどう伝えるの?

留学をしたい時の志望動機では、具体的にいくら稼ぎたいのか、どの時間帯に働きたいのかを志望動機として伝えていきましょう。そうすることで、お店側にも、どの程度シフトに入ることができ、月にどのくらい出勤できるのかということが伝わり、見通しが立ちます。見通しを立たせる事はバイト生を雇うときにとても大切な点です。 志望動機として、バイト先にこの期間でこれくらい出勤し、毎回○時間程度働きたいですといった内容を志望動機として伝えていきましょう。

家から近い時はどうやって伝えるの?

素直に近いから選びましたと伝えるとお店側の人はがっかりしてしまいます。なぜなら、近いだけならほかの近いお店で働けばいいじゃん。と考えるからです。家が近いとどんなメリットがあり、近いバイト先がいくつもある中で、なぜそのお店を選んだのかを志望動機として伝えていきましょう。 例えば、「家の近くにあるため、学校帰りに出勤することができ、お店に貢献することができる。」といった内容や、「家が近くにあり普段からこちらのお店をよく利用させていただいておりましたが、こちらのお店の接客はとても明るく使っていて気持ちがよかったです。こちらでの仕事を通じて接客のスキルを磨いたり、コミュニケーション力やマナーを身に付けたいなと考えたから」といった内容の志望動機にするとよいでしょう。

バイトの志望動機 NG集!

未経験者でも志望動機を印象良く伝えられるようになろう!

未経験者でも志望動機を印象良く伝えられるようになろう!

未経験者の場合は、バイト経験が全くないので、初めてのバイトでは何を気を付けて、また何を学びたくてそこのお店を選んだのかを考えましょう。「初めてだからこそ、バイトの方と仲良くなり、人選を豊かにできると考えた」など、働いている方とのコミュニケーションにもポイントを置いて志望動機を考えられると良いでしょう。 またバイトをしてないからこそのフレッシュさを前面に出していきましょう。「初めてのバイトで楽しみにしている」「スキルを磨きたい」「長期間継続的に仕事をし、多くのことを学びたい」といった内容の志望動機を考えましょう。

細かく丁寧に

細かく丁寧に

これまで様々な職種別・求職者のタイプ別・使用場面別でのポイントや例文をお伝えしてきました。 ポイントを抑えると、お店側がどんな人材を求めているのかについて考え、それに合った志望動機を考える必要があります。また自らのスキルや経験をどう活かしていきたいのか、そのお店で働くことによりどんな力を身に付けたいのか、またどういった形でお店に貢献していくのかを考えて伝えていけるといいでしょう。 お店側の忙しい時間には入れたり、お店側が希望するスキルを持っていたりすると、そのポイントを押さえて志望動機を考えることができます。バイトに入れる時間帯をのべ、その希望とあっているかどうか、また長期間の募集なら長期間働けるといった内容が書かれているのかをしっかりとチェックしましょう。 「志望動機についてどう書いていいのかわからない」と感じている方はとても多くいます。自らが働きたい理由を細かく伝えることが大切です。素直に伝えることは大切ですが、相手のお店の方に不快な気持ちを与えないため、伝えずらい内容は違った言い方に変えプラスな印象を与える言い回しに変えて伝えられると良いでしょう。 皆さんの参考になるとうれしいです。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング