IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

日雇い労働者│日雇労働求職者給付金の制度・支給の流れ

制度

終身雇用が崩壊した今、非正規雇用として働く人が増えました。派遣社員、アルバイト、契約社員、パートタイマー、日雇いです。日雇い労働者には給付金制度があり、雇用主と契約を結ぶ事でハローワークでの手続きで給付金が給付される制度です。制度を利用しましょう。

更新日時:

日雇いで雇用されてる人の日雇労働求職者給付金制度がある

終身雇用が崩壊した現代では、さまざまな雇用形態が存在しています。派遣社員、契約社員、アルバイト、パートタイマー、日雇い、正社員とありますが、今、正社員になれたからといっても安心はできない時代になっています。サービス残業、過労死、給料がきちんと支払われないブラック企業などの存在があるからです。 その中で日雇い労働者の人は建設現場での作業や建設関係の土工、雑役などで働いている人が多く、一日分の給料をその日に支払われるので日雇い労働者と言われています。最近は親類のお店を手伝ったり、店舗での仕事でも日雇い労働者は増えており、建設現場のみでの雇用ではなくなってきています。 日雇い労働者として働いていて失業した場合は日雇労働求職者給付金制度という制度ができており、万が一失業した場合でも、給付金を給付されて次への仕事を探すための資金として配られるようになっています。 今は日雇い労働者といっても建設現場のみでの仕事ではなくなってきました。給料が日払いの場合はスーパーマーケットの仕事でも日雇い労働者になります。国は日雇い労働者として働く人の給付金制度を作る事で日雇い労働者が次の仕事を探しやすくするとともに、働く人がより働きやすくするため給付金制度を作り、失業者の削減に努めています。

日雇い労働者の失業という問題

日払いで給料を支払われていると月払いの仕事より給料が安定しないのはもちろん、仕事を探しながら仕事をしていく状態になります。社会保険や厚生年金、健康保険などはもちろん入る事は難しくなります。 非正規雇用でも日雇い労働者は派遣社員、契約社員、アルバイトとは違う雇用形態となり、雇用期間も短いため日雇労働求職者給付金制度がないと次の仕事が見つけづらくなります。 失業というのはどのような人にも訪れる可能性があり、人ごとではなくなっているのが現代の社会情勢です。技能習得手当、就業促進手当、育児休業給付などがあり、給付金は仕事をしていく上での大事な支えとなっています。

受給資格がある人の条件

日雇い労働者には日雇労働求職者給付金が給付されますが、ハローワークでの手続きなどをふまないと給付金はもらえないので給付金の支給の手続きをしなくてはなりません。雇用保険法では日々の雇用を契約している人で30日以内の契約をしている人が給付対象となります。 給付対象は適用区域内に居住し、適用事業に雇用される人で、適用区域外に居住する人で適用区域内にある適用区域内で雇用される人、その上で公共職業安定所長の認可を受けている人が日雇労働求職者給付金が給付されることになっています。 日雇い労働者が失業した場合は日払いで給料を受け取っている場合の人なので、給付金という制度がないと、次の仕事を見つける事が難しいために給付金制度ができました。

受給する場合の方法など

ハローワークへ資格習得届を提出して、日雇労働被保険者の認定を受ける事が必要です。その後、日雇労働被保険者手帳が交付され、仕事がある日は事業主に日雇労働被保険者手帳に雇用保険印紙を貼ってもらいます。仕事がない日はハローワークへ行き、手帳に保険印紙が26枚以上ある場合は求職の意思をハローワークへ伝えると、その日の分の給付金が支払われる制度になっています。 日雇い労働者として働く場合は日払いで給料が支払われるので、安定しない仕事を多く建設現場での仕事は現場での仕事が終わると仕事がなくなることもあり、給付金が次の仕事を探すための大切な資金となります。 最近は工場などでの軽作業でも日雇い労働者として働く事もあり、年々日雇い労働として働く業種が増えています。大手の派遣会社でも日雇いで雇う企業も出てきており、肉体労働で稼げる分安定しない雇用形態の仕事が増えているのも現実です。

日雇い労働者に給付金が支給される流れ

ハローワークへ行き、資格習得届けを提出して、日雇労働被保険者の認定を受け、手帳の交付を受けて雇用主に雇用保険印紙を貼ってもらい、ハローワークで給付金の交付を受けます。日雇い労働者として働く際は日雇労働被保険者手帳というものは必須になってきます。手帳の交付がなければ安心して日雇い労働者として働く事はできません。 雇用主にきちんと雇用保険印紙を貼ってもらい、ハローワークに申請をして給付金の交付を受ける事が当面の仕事を安定させる事でもあります。建設現場や工場での軽作業は雇用期間が短く、採用されても仕事に区切りがつくと解雇されることもあるので、日雇労働被保険者手帳というものが重要になってきます。

ハローワークでの手続き

ハローワークでは最終的に手帳の交付を受ける事を最終目標として手続きをします。資格習得届けを提出、日雇労働被保険者の認定を受け手帳の交付を受けることがハローワークですることです。ハローワークでは事務的な手続きなので交付までに時間がかかるでしょう。実際に手帳の交付までは2週間から1ヶ月を見ておいて行動していけば問題がないでしょう。 日雇い労働者として働く際は手帳の交付を受けなければ、安心して働けません。日雇労働求職給付金というものは次の仕事を見つけやすくするためにできた法案です。大いに利用して安定した日雇い労働者としての仕事をしていきましょう。

日雇い労働被保険者の認定を受けるには

ハローワークでの日雇い労働者として認められる事が必要になってきます。日雇い労働者として認められるには、雇用主と30日間以上の雇用契約があり、日雇い労働者として適用される区域での適用事業に雇用されている人で、公共職業安定所長の認可を受けている人がハローワークでの日雇労働被保険者手帳の交付を受けられます。 区域内でも区域外でも適用事業に雇用されていて公共職業安定所長の認可を受けていれば、申請する事は可能です。

日雇い労働被保険者手帳交付の交付

ハローワークで手続きをして交付を受ける事ができます。ここで注意しなければならないのが交付が受けられないような契約を雇用主としないことが大切です。手帳自体が交付されなければ、日雇労働求職給付金を受ける事ができないからです。 日雇労働被保険者手帳の交付を受けたらきちんと雇い主に雇用保険印紙を貼ってもらいましょう。雇用保険印紙を貼ってもらわなければ給付金を受けられなくなります。また手帳が交付されたら、なくさないようにしないと給付金自体がもらえなくなります。再交付にも普通の交付よりも面倒な手続きがあるのでなくさないように仕事をしましょう。

日雇い労働者の雇用保険印紙の種類

雇用保険印紙も種類があり、1級から3級の印紙があります。1級が一番高い給料の場合貼られる印紙で3級が一番低い賃金の場合の印紙です。

1級印紙の場合

日給が11,300円以上の場合に1級印紙が貼られます。1級印紙の場合、印紙保険料が日額176円で事業主と労働者が半分ずつ印紙代を負担します。

2級印紙の場合

2級印紙の場合、日給が8200円以上で11,300円未満の場合が2級印紙が貼られます。印紙保険料が146円で事業主と労働者で半分ずづ印紙代を負担します。

3級印紙の場合

3級印紙の場合、日給が8,200円未満の場合です。印紙保険料が96円で事業主と労働者で半分ずつ印紙保険料を負担します。

手帳を交付して日雇いでも安心して働ける様にしよう!

派遣社員、契約社員、アルバイト、パートタイマー、日雇いといった非正規雇用が増えていく一方正社員として働くにも雇用形態や労働環境や労働時間が曖昧になっているので正社員でも安心して働ける訳ではなくなってきました。 日雇い労働者の人達のために作られた日雇労働求職給付金制度を利用して、よりよい仕事を探す事が国の願いでもあり、日々日雇い労働者として働く人が働きやすくするためでもあるのが給付金制度です。給付金制度をよく理解することが日雇い労働者として働きやすい環境作りにもつながります。 よい事業主を探し、手帳を交付してより長く働けるように手帳に雇用保険印紙を貼ってもらい給付金を受けながら、よりよい仕事を長くできるように心がけましょう。

アクセスランキング